ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テレコムスクエア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テレコムスクエア」に関する情報が集まったページです。

海外渡航時のデータ通信 何がおトク?(レンタルWi-Fi・プリペイドSIM編)
夏休みで海外渡航が増えるこの時期、気になるのが海外での通信手段。とりわけSNSを使うならデータ通信をどうするかは悩みどころだ。そこでこの記事では、レンタルWi-Fiサービスや海外用プリペイドSIMを紹介する。(2018/8/11)

SIM通:
茨城県で初のSIMカード販売機「あみプレミアム・アウトレット」に設置
三菱地所・サイモン株式会社は、「あみプレミアム・アウトレット」にプリペイドSIMカード自動販売機を設置した。外国人旅行者の来場が増加していることなどに対応したもので、「Prepaid LTE SIM by So-net」の215MB/日、3GB/60日の2種類を販売する。(2016/5/27)

SIM通:
テレコムスクエア、被災者向け通信機器の無償レンタルを発表
テレコムスクエアは、熊本地震の被災者を支援する団体または個人を対象に、モバイルWiFiルーターや携帯電話などを無償レンタルすると発表した。福岡空港などにある同社カウンターにて受け付ける。(2016/5/19)

SIM通:
テレコムスクエア、訪日外国人向音声通話付プリペイドSIM発売
テレコムスクエアは、訪日外国人向けの音声通話付きプリペイドSIM「Wi-Ho! Data&Voice Prepaid SIM カード」の販売を5つの空港で開始しました。(2016/2/5)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
総務省案件が多かった年末年始、実効速度公開や料金値下げ議論の効果は?
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの大手3社は、総務省の要請に基づき全国各地で通信速度の実効速度を公開。また政府主導で生まれた「1GBプラン」は料金値下げにつながるのだろうか?(2016/1/26)

SIM通:
訪日外国人向けプリペイドSIM、各MVNOの本人確認の実状
最近、MVNO各社から訪日外国人向けプリペイドSIMカードが登場しています。その多くは、データ通信専用で、本人確認が必須ではありません。そのため、MVNOによって、本人確認の有無、する場合の確認方法に違いが出ているようです。(2015/7/1)

SIM通:
充実するプリペイドSIM。訪日外国人向けサービスも続々と。
円安の影響もあり、海外から日本への観光客が増加中。それに伴って、格安で使える訪日外国人向けSIMカード、いわゆるビジターSIMが手軽に購入できる環境が整いつつあります。(2015/2/24)

MVNOに聞く:
2日以上持つウェアラブル端末も準備しています――ビッグローブのMVNO戦略を聞く
早いタイミングでMVNO事業に参入し、スマートフォンとのセット販売も積極的に仕掛けてきたビッグローブ。今後はSIMロックフリーのウェアラブル端末の投入も予定している。そんなビッグローブに、MVNO事業の戦略を聞いた。(2015/2/23)

BIGLOBE、テレコムスクエアが提供する訪日外国人向けプリペイドSIMの販売を支援
BIGLOBEは、テレコムスクエアが訪日外国人向けに提供する電話通訳サービス付きプリペイドSIMカード「Wi-Ho! Prepaid SIM」にサービス基盤を提供し、販売を支援。(2015/2/10)

ルータープリンスの「5分で知る最近のモバイル通信&ルータ事情」:
CA対応で国内最速の「303ZT」/選択肢広がる旅行者向けネット環境/SIMフリー「iPhone 6」は最強のルーター?
CA対応によってスペック上は“国内最速”となるモバイルルーターがソフトバンクから登場。MVNOではぷららから容量無制限プランが発表されたほか、訪日外国人向けのプリペイドSIMも拡充された。そしてiPhone 6は最強のルーターとしても使えるかもしれない。(2014/9/25)

テレコムスクエア、羽田国際線ターミナルに訪日外国人向け店舗をオープン
テレコムスクエアは国内用Wi-Fiルーターや携帯電話のレンタル、プリペイドSIMカードを販売する「モバイルセンター羽田空港 2階到着ロビー店」を開店する。(2014/8/27)

スマートフォンが使えると海外でも機動力アップ:
ここから選ぶ! 海外旅行で使えるプリペイドSIM
やっぱり年末年始は海外だよね! という紳士淑女のみなさまに使ってもらいたい海外定額データ通信手段をまとめてみました。(2013/12/27)

テレコムスクエア、海外用プリペイドSIMをヨドバシカメラで販売
テレコムスクエアは、「Wi-Ho」ブランドの海外用プリペイドSIMをヨドバシカメラで販売する。対象は米国、台湾、香港、中国の4地域。(2013/12/18)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2013年9月版:
拍子抜け? 台風をよそに比較的平穏な1カ月
9月は大規模な流出も攻撃も起こらず、世間もTLもおおむね平穏無事に過ぎていきました。9月18日に中国から大規模なサイバー攻撃が行われるとの予告もありましたが、ほぼ影響はなく、2度の三連休は無事に休めた人が多かったようです。(2013/10/8)

テレコムスクエア、サーバからユーザー個人情報流出
テレコムスクエアのサーバから、2012年6月1日から2013年2月5日までにサービスを利用したユーザーの個人情報が流出している可能性を明らかにした。(2013/9/20)

海外モバイルインターネット事情リポート :
第1回 自分に合った海外モバイル通信の手段を探そう
世界200もの国と地域のネットインフラを知る筆者が、現地での使い方・活用法・お国事情までを紹介する連載がスタート。第1回では、国際ローミング、モバイルWi-Fiルーター、プリペイドSIMなど、海外でモバイルデータ通信をするための方法を、あらためて取り上げる。(2013/8/9)

テレコムスクエア、「Wi-Ho!」世界周遊タイプの利用エリアに19カ国を追加
テレコムスクエアが提供する海外用モバイルWi-Fiルーター「Wi-Ho!」にて、ビジネス世界周遊タイプの利用可能エリアが拡大。計19カ国の新エリアを含め、世界102カ国での利用が可能となった。(2013/4/11)

テレコムスクエア、4月24日まで紛失&盗難補償制度を無料提供
テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルーターレンタル「Wi-Ho!」において、紛失や盗難の補償制度「安心補償スタンダード」を無料提供。また海外旅行中の写真をFacebookへ投稿すると、抽選で写真をプリントしたオリジナルチョコレートをプレゼントする。(2013/4/2)

1日1000円:
テレコムスクエア、オーストラリアで4Gサービスを開始
テレコムスクエアは、オーストラリアでのレンタルWi-FiルーターサービスにLTEを使った4Gタイプを追加した。料金は1日1000円で3Gタイプから据え置く。(2013/3/6)

テレコムスクエア、海外旅行予約者向けのWi-Fiルータ“3日間無料”レンタルキャンペーンを開始
テレコムスクエアは、i.JTB運営の海外旅行予約サービス「トルノス」との共同キャンペーンを発表。予約者先着200名限定で、「Wi-Ho!」のデータ通信料金を3日間無料で提供する。(2013/3/1)

テレコムスクエア、米国・ハワイ用のWi-Fiルーターレンタルを1日500円で提供
テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルーターレンタル「Wi-Ho!」において、アメリカ・ハワイ用を期間限定500円で提供する。(2013/1/17)

国内3社のレンタルサービスを比較:
海外で使うモバイルWi-Fiルーターはどれが便利?(韓国編)
海外を訪れるときのネックになるのが通信手段。携帯会社が提供している海外パケット定額サービスも便利だが、モバイルWi-Fiルーターをレンタルする方が安く済むケースが多い。国内3社のレンタルサービスを使い、韓国で試してみた。(2012/12/25)

今すぐ使えるスマホレシピ:
第11回 渡航前に必要な準備は? パケット料金はどうなる?―――スマホを海外で快適に使う
スマホを使い始めたはいいが、もっと便利に使えることを知らないまま何となく使っている人は多い。そんなユーザーに向けて、使い方の基礎から一歩進んだ活用法を取り上げる本コーナー。第11回では海外旅行先でスマホを使う方法を紹介しよう。(2012/12/5)

テレコムスクエア、香港向け4G対応モバイルWi-Fiルーターをレンタル開始
テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルーターレンタル「Wi-Ho!」のラインアップを拡充。香港専用の高速4GWi-Fiルーターを1日700円で提供する。(2012/11/21)

テレコムスクエア、アジア11カ国のルーターレンタルを1日700円に
テレコムスクエアのモバイルWi-Fiルーターをレンタルできる「Wi-Ho!」の料金が、11月11日からアジア11カ国で1日700円に値下げされる。(2012/11/9)

テレコムスクエア、台湾専用Wi-Fiルーターのワンコインキャンペーンを11月末まで延長
テレコムスクエアが、台湾専用のパケット定額Wi-Fiルーター「Wi-Ho!」を500円で提供するキャンペーンを11月30日まで延長する。(2012/10/2)

テレコムスクエア、カナダ専用の4Gルーターをレンタル開始
テレコムスクエアが、モバイルWi-Fiルーターのランアップにカナダ専用の4GWi-Fiルーターを追加する。速度は3Gの4.6倍となるが、従来のレンタル料金から変更はない。(2012/8/23)

ふぉーんなハナシ:
米国のLTE通信を体験してきた――実効速度はどれくらい?
先日、米サンフランシスコに出張する機会があったので、VerizonのLTEルーターをレンタルして通信速度を測ってみた。すると、Verizonが掲げる通信速度を上回ったこともあった。これはなぜ?(2012/8/13)

価格、サービス、サポート――総合力で勝負する海外携帯レンタルの老舗 テレコムスクエア
いよいよ夏本番。海外旅行に出かける人はその際の通信手段を決めただろうか。国内キャリアの海外パケット定額も便利だが、さらに料金を安くしたい人には、モバイル通信機器のレンタルサービスがオススメだ。(2012/8/3)

テレコムスクエア、中部国際空港にレンタル店をオープン
テレコムスクエアが、渡航者向けに携帯電話、モバイルWi-Fiルータなどの貸し出し、返却のレンタル業務を行う空港内カウンター「モバイルセンター中部国際空港」を8月1日にオープンする。(2012/7/31)

テレコムスクエア、台湾用Wi-Fiルーターを1日500円でレンタルするキャンペーンを実施
テレコムスクエアが、台湾渡航者向けに、モバイルWi-Fiルータを1日500円でレンタルする「夏の“ワンコイン”キャンペーン」を実施。期間は7月17日から9月30日まで。(2012/7/17)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
Ivy BridgeでWindowsとMacのノートはどう変わるか?
TDP 17ワットの第3世代Coreが発表されるとともに、各社からUltrabookの新モデルが続々と登場している。MacBook Proの刷新が期待されるWWDCも来週に迫ってきた。この新CPUでWindowsとMacのノートはどのように進化していくのだろうか。(2012/6/5)

日本でも使える:
テレコムスクエア、海外データレンタルに「アジア周遊タイプ」を追加
テレコムスクエアの海外向けレンタルデータ通信サービス「Wi-Ho!」に「アジア周遊タイプ」が追加された。日本を含む16の国と地域で利用できる。料金は1日2700円。(2012/6/1)

「LTEもプリペイド」な海外定額データ通信:
海外プリペイドSIM+無線LANルータ導入マニュアル──「アメリカ・サンフランシスコ 2012年」編
新世代通信サービスの普及により、海外渡航のプリペイド手段でもLTEによる通信環境をかなり手軽に入手できるようになってきた。今回はアメリカ・サンフランシスコのプリペイドLTE環境を検証しよう。(2012/5/24)

海外プリペイドSIM導入マニュアル 特別編:
海外旅行出発前に要チェック──「1日数百円から」の海外データ通信、国・地域別の価格一覧
海外でもスマホで地図アプリを使いたい、もちろん安く──。それなら現地で「海外プリペイドSIM」を入手しよう。連載「海外プリペイドSIM導入マニュアル」より、国・地域別プリペイド製品の価格をまとめた。(2012/4/26)

一番知りたい情報を特別公開!:
テレコムスクエアの海外レンタル、キャリアとデータ転送速度の国別一覧
へぇー、海外旅行に行くんだ。モバイルルーターをレンタルするから旅先の写真を投稿するねって、その国で使えるキャリアとデータ通信速度は分かっているの?(2012/4/23)

テレコムスクエア、海外用モバイルWi-Fiルーターのレンタル料を大幅値下げ
テレコムスクエアは海外用モバイルWi-Fiルーターのレンタル価格を大幅に値下げする。韓国、台湾、香港、中国の各国タイプは1日1200円から760円へ、また欧州周遊タイプの価格は1500円から1200円になる。(2012/4/16)

「Wi-Ho!」に40カ国で利用できる新サービス「欧州周遊タイプ」が登場
海外渡航時にモバイルルーターをレンタルするサービス「Wi-Ho!」に、1契約でヨーロッパ40カ国での利用が可能になる「欧州周遊タイプ」が登場した。(2012/2/24)

ニフティ、海外用モバイル通信のレンタルサービスを開始
ニフティは、海外でモバイルデータ通信を定額料金で利用できるレンタルサービスを開始する。テレコムスクエアと提携し、「Wi-Ho!」「スマートWi-Ho!」「U-Ho!」の3プランを用意。(2012/2/21)

海外スマホレンタル「スマートWi-Ho!」に1日1000円の定額パック登場
海外でテザリング対応のスマートフォンが定額料金で利用できる「スマートWi-Ho!」に、1日1000円で利用できる7日利用パックと15日利用パックが登場した。(2011/8/1)

テレコムスクエア、1000円/日からの海外渡航者向けスマートフォンレンタルサービス
海外渡航者向けの機器レンタルサービス「スマートWi-Ho!」が、端末+データ通信料金込みの料金を割り引くキャンペーンを実施。1日換算1000円で借りられる。(2011/8/1)

海外旅行者向け、テザリングに対応したAndroidスマートフォンのレンタルサービス
テレコムスクエアは、海外旅行者向けにWi-Fiルーター機能を備えたスマートフォンをレンタルできる「Wi-Ho!スマート(仮称)」を5月下旬より開始する。(2011/5/13)

羽田空港国際ターミナルに「イー・モバイル スポット」を開設
イー・モバイルが、羽田空港国際ターミナルの「モバイルセンター羽田空港」内にイー・モバイル スポットを開設する。訪日外国人向けに新規契約や機種変更、端末の修理受付などの対応を行う。(2010/10/20)

羽田空港新新国際線ターミナルにケータイやWi-Fiルータのレンタル店を開設
羽田空港新国際旅客ターミナルに、海外対応の携帯電話やモバイルWi-Fiルータのレンタルや販売を行う専門店「モバイルセンター羽田空港」がオープンする。(2010/10/19)

IBM Impact 2010 Preview:
PR:企業の次なる成長戦略を導くビジネス・アジリティ
日本IBMは7月6日に「IBM Impact 2010」を開催する。ビジネスプロセスの変革やSOAによるIT基盤を活用したビジネス・アジリティ(俊敏性)の獲得が、変化する環境の中で企業の競争力を高めることにつながるという。(2010/6/10)

定額モバイルルータを海外で――テレコムスクエアの「Wi-Ho!」
テレコムスクエアが、海外でモバイルWiFiルータが使い放題になる定額レンタルプラン「Wi-Ho!」の提供を開始。1日1500円で米国、中国でモバイルルータが使い放題になる。(2010/3/29)

ウィルコム、中国語でサポートが受けられる「Baidu PHSレンタルサービス」を開始──12月12日から
ウィルコム、Baidu(百度)とテレコムスクエアの3社は12月12日から、訪日する中国語ユーザー向けのPHSレンタルサービス「Baidu PHSレンタルサービス」を開始すると発表した。12月5日から先行Web申し込みを受け付ける。(2008/12/5)

徹底解説 ウィルコムのPHSを中国で使う方法:
第4回 北京にあった、“待望”のプリペイドPIMカード
日本のPHS「X PLATE」は、格安の通話料金が期待できる中国のPHS“小霊通”になる。今回は広州、上海に続いて、北京オリンピックを間近に控える北京で小霊通を契約した。店頭で役立つ「筆談用の会話文例」のおまけ付き。(2008/7/15)

月額525円でPIMカードを貸し出し──「ウィルコム海外レンタルサービス」
ウィルコムは7月10日、月額525円でPIMカードを貸し出す「ウィルコム海外レンタルサービス」を7月15日に開始すると発表した。対応端末「X PLATE」とセットでを1日210円で貸し出すサービスも同時に開始する。(2008/7/10)

外国人旅行者を携帯でナビ──テレコムスクエア、多言語ナビシステム「Monavi」を発売
(2007/3/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。