ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TKIP」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Windows To GoやPrint 3Dも削除へ:
Microsoft、「Windows 10 May 2019 Update」以降の削除機能リストを公開
Microsoftは、「Windows 10 May 2019 Update」で削除された機能と今後削除予定の機能をまとめたリストを公開した。(2019/5/30)

ワイヤレス通信アセスメントサービス:
操作端末のタブレット化が新たな侵入経路に!? ワイヤレス通信に潜む危険性
PwCサイバーサービスは、Wi-Fiや特定小電力無線などの“ワイヤレス通信のセキュリティリスク”を調査および検証する「ワイヤレス通信アセスメントサービス」の提供を開始。一連のアセスメントを通じて、ワイヤレス通信におけるセキュリティ対策の課題を明確にし、適切な対策を促したい考えだ。(2018/2/23)

サイレックス・テクノロジー CDS-2150:
CAN通信を無線LANに変換する産業用車両向けブリッジ
サイレックス・テクノロジーは、産業用車両向けにCAN/無線ブリッジ「CDS-2150」を発売した。CAN情報を無線LANに変換、配信、ロギングし、有線CAN配線を省配線化できる。(2018/2/16)

組み込み開発ニュース:
CAN通信を無線LANに変換する産業用車両向けブリッジを発売
サイレックス・テクノロジーは、産業用車両向けにCAN/無線ブリッジ「CDS-2150」を発売した。CAN情報を無線LANに変換、配信、ロギングし、有線CAN配線を省配線化できる。(2018/2/6)

組み込み開発ニュース:
LTEモバイル通信に対応したプログラマブルIoTゲートウェイを発売
サイレックス・テクノロジーは、LTEモバイル通信に対応したプログラマブルIoTゲートウェイ「GW-100AN」「GW-100」を発表した。遠隔での接続や遠隔監視の初期開発コストを低減する。(2018/2/2)

組み込み開発ニュース:
置くだけで簡単に無線LANを構築できるメッシュネットワークシステム
サイレックス・テクノロジーは、置くだけで簡単に無線LANを構築できるメッシュネットワークシステム「BR-400AN」を発表した。「切れない無線」が必要とされる用途に向け、順次展開予定だ。(2017/12/20)

特集:セキュアで高速な無線LAN環境構築のために知っておくべき全て(2):
「守り切るのは無理」――最高ハッキング責任者が語る無線LANセキュリティ
無線LANを取り巻く現状をひもとく本特集。「セキュリティ」と「管理性」という無線LANが抱える課題が明らかになった前回を受け、“無線LANのセキュリティ”をより掘り下げるべく、サイバーディフェンス研究所 最高ハッキング責任者 林真吾氏に話を聞いた。(2016/7/15)

短時間でcookie解読、RC4暗号通信を破る新手法
HTTPS通信などに使われる暗号アルゴリズムの「RC4」を突破する新たな方法をセキュリティ研究者グループが発表した。(2015/7/17)

ネットワーク管理の基本Tips:
端末からアクセスポイントの情報を調べるには? iwlistコマンド
クライアント機としてのLinuxマシンには、無線LANネットワークインターフェースが必携となっています。その接続の基礎ともいえる無線LANアクセスポイントの検出/スキャンには、「Wireless tools for Linux」(wireless-tools)に収録されているコマンド「iwlist」を利用できます。(2015/6/16)

マスターIT/暗号技術:
第1回 暗号化の基礎
暗号化技術は、情報の保護やコンピューターセキュリティに欠かせない技術である。今回は暗号化技術の基礎として、暗号化の基本、暗号の安全性、共通鍵暗号と公開鍵暗号について解説。(2015/4/27)

エレコム、有線LANポートを備えたコンパクトな“ホテルルーター”を発売――11acにも対応
エレコムは、11ac対応の高速Wi-Fi通信を利用できる小型Wi-Fiホテルルーター「WRH-733Gシリーズ」を発売する。(2015/3/25)

半径300メートルのIT:
「無線LAN、暗号化してるから大丈夫」と思い込んでませんか?
空港の公衆無線LANが暗号化されていないので危険だと話題になりました。では、暗号化してあれば安全なのでしょうか?(2014/9/1)

Windowsネットワーク管理者のためのAndroid活用入門:
第2回 Android端末を無線LANに接続する(基本編)
社内でも外出中でも自宅でも、携帯端末の活用に無線LAN接続はいまや必須。Android端末から無線LANアクセス・ポイントに接続する手順や注意点を解説する。(2013/4/10)

PoE動作対応、iOS/Android対応MDM機能も実装:
“スマホ時代”に適した無線LAN機器、ヤマハが投入──BYOD対応、SMBのスマートデバイス化を積極支援
SMB向けネットワーク機器で多くのシェアを獲得するヤマハが、同市場向けの無線LANアクセスポイント「WLX302」を投入。「無線LAN見える化」機能など、企業のスマートデバイス対応化を支援するSMB・SOHOニーズに沿った機能を実装する。(2012/11/1)

仕事耕具:
無線LANを見える化――ヤマハが無線LANアクセスポイント「WLX302」
ヤマハは、タブレットPCやスマートフォンなどの普及を見込んで無線LANアクセスポイント「WLX302」を2013年3月に発売。見えない無線LANの電波を可視化できる「見える化」機能を搭載した。(2012/11/1)

LTE Category4をサポート:
イー・アクセス、下り最大150Mbpsに対応した「Pocket WiFi LTE」を発表
イー・アクセスは、LTEの“UE Category4”をサポートし、下り最大150Mbpsの超高速通信が可能なHuawei製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi LTE(GL04P)」を発表した。(2012/6/6)

2年後も満足できる?:
PR:4つのポイントで考える 今、次世代通信サービスを選ぶなら「EMOBILE LTE」になる理由
次々とスタートした次世代高速通信サービスのなかで、本命中の本命が「LTE」。なかでも料金・エリア・端末ラインアップが評価されているのがイー・アクセスの「EMOBILE LTE」だ。どんな点が評価されているのか、4つのポイントから探った。(2012/5/7)

ほほう、これは楽しい:
新しいiPadとの相性はどう? 地デジ内蔵無線LANルータ「Wi-Fi TV」検証
iPadなどを手軽に地デジ化できる、実売1万円台の地デジチューナー内蔵無線LANルータが登場。無線接続で家中どこでも、お風呂テレビ・寝ながらテレビも自由自在な「Wi-Fi TV」の使い勝手をチェックした。(2012/4/19)

電源があればWi-Fiルーターになるデータ通信端末「Stick WiFi(GD03W)」
イー・アクセスが、また新たなモバイルWi-Fiルーターを発売する。「Stick WiFi(GD03W)」は、USBスティックタイプのデータ通信端末だが、電源を確保すればモバイルWi-Fiルーターとして動作する。(2012/2/22)

下り最大75Mbps:
イー・アクセス、「EMOBILE LTE」対応データ端末を3機種発表
イー・アクセスが、下り最大75MbpsのLTE通信サービス「EMOBILE LTE」に対応したモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi LTE(GL01P)」「Pocket WiFi LTE(GL02P)」と、USBスティック型端末「GL03D」を発表した。(2012/2/22)

富士通、重量420グラムの7型ビジネスタブレット「STYLISTIC M350/CA2」
富士通より7型サイズの法人向けAndroidタブレットが登場。持ち運び用途に適する小型軽量ボディを採用し、ビジネス/教育+電子書籍での利活用シーンを想定する。(2012/2/3)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
初のWiMAXハイパワー対応ホームルータ──「URoad-Home」で“ギリギリ圏外”は改善するか
月々のネット接続費を節約したい。それなら「WiMAX 1本」にしてしまってはいかがだろう。“ギリギリ圏外”が改善される可能性があるというWiMAXホームルータの新モデル「URoad-Home」を試した。(2011/12/9)

ウィルコム、ULTRA SPEED対応ルーター「HX009ZT」を法人向けに販売
ウィルコムが11月15日から、3Gデータ定額ビジネス(S)に契約する法人ユーザー向けに、ソフトバンクモバイルのULTRA SPEEDに対応したモバイルWi-Fiルーター「HX009ZT」を販売する。(2011/11/10)

下り最大42MbpsのモバイルWi-Fiルータ――「007Z」
ULTRA SPEED対応のモバイルWi-Fiルータ「007Z」を、ウィルコムブランドで提供する。(2011/9/21)

東芝、無線LAN機能搭載のSDHCメモリーカード「FlashAir」
東芝は無線LAN機能を搭載したSDHCメモリーカード「FlashAir」を2012年2月より販売開始する。(2011/9/1)

無線通信技術 Wi-Fi:
挿し込むだけでワイヤレスデジカメに、東芝がWi-Fi搭載のSDHCメモリカードを発売
東芝は、無線LAN機能を搭載したSDHCメモリカード「FlashAir」を開発し、2012年2月に販売を開始する。FlashAirに対応したデジタルカメラ間であれば、このメモリカードを両者に挿し込むことで、PCを介さずに直接ワイヤレスで画像をやりとりできる。(2011/9/1)

ソフトバンク、ULTRA SPEED対応の法人向けWi-Fiルータを開発
ソフトバンクモバイルが、下り最大42Mbpsの「ULTRA SPEED」に対応する法人向けモバイルWi-Fiルータ「ULTRA WiFi 007Z for Biz」を開発。10月以降に発売する。(2011/8/18)

旅行・出張用に便利:
プラネックス、バスパワー動作+300Mbps対応のポケットルータ「MZK-RP300NPU」
プラネックスが、出張・旅行先などで便利に使えるポケットサイズの無線LANルータを発売する。USB子機付き、本体はUSBバスパワー動作が可能。価格は6300円前後(税込み)。(2011/8/12)

5GHz帯無線LAN+下り最大450Mbps通信対応:
テレビを無線LAN化──アイ・オー、AV機器向けの高速無線LANアダプタ「WN-AG300EA」シリーズ
アイ・オー・データ機器は、家庭用AV機器向け「5GHz帯対応無線LANアダプタ」と「高信頼HDD」を発売する。無線LANアダプタの導入で、テレビを手軽に「高速無線LAN対応」に強化できる。(2011/8/10)

リモートアクセス機能を標準搭載:
スマホ+テレビともバッチリ連携──NEC、高機能ルータの新モデル「AtermWR8600N」
NECアクセステクニカは、2.4G/5GHz帯同時利用に対応する無線LANルータ「AtermWR8600N」を7月下旬に発売。スマートフォンアプリ+Webカメラと連携して「留守カメラ」を容易に構築できる機能も備えた。(2011/7/13)

ソフトバンクモバイル、「ULTRA SPEED」対応のモバイルWi-Fiルーターと月額3880円の専用プラン発表
ソフトバンクモバイルは、下り最大42Mbpsの高速データ通信サービス「ULTRA SPEED」に対応するモバイルWi-Fiルーターの“ULTRA WiFi”「007Z」と、専用のパケット定額プランを発表した。月額は4980円だが、11月末までに契約するとずっと3880円で利用できる。(2011/7/5)

ソフトバンク、モバイルWi-Fiルーター「006Z」発売――月額1400〜4380円の専用プラン「データし放題」を同時提供
ソフトバンクモバイルは、ZTE製のモバイルWi-Fiルーター「006Z」を6月18日に発売する。合わせて、月額1400〜4380円でデータ通信が使い放題になる専用プラン「データし放題」も開始する。(2011/6/15)

写真と動画で見る、「42Mサービス版Pocket WiFi」「7型タブレットA01HW」
42Mサービス対応の新型Pocket WiFiとイー・モバイル初のタブレット「A01HW」はどんな形状か。実動チェックはソフトウェア部分の開発段階につき“まだやめてくれ”と言われたが……、サイズ感やデザインを写真と動画でチェックする。(2011/6/15)

イー・モバイル、下り最大42Mbps対応のWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」とUSB型端末「GD01」
イー・モバイルは、下り最大42Mbpsに対応した「EMOBILE G4」シリーズのデータ端末として、Wi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」とUSB型データ端末「GD01」を発表した。(2011/6/14)

“WiMAX Speed Wi-Fi”レビュー:
“10時間動作のWバッテリー”だけじゃない、クロウト好みの機能にもニヤリ──「URoad-9000」実力検証(前編)
“Wバッテリー”と“円形デザイン”。WiMAXルータ「URoad-9000」は、他機種とはかなり異なる特徴がある。実際に“使える”のか、機能はどうか、ハードなモバイルユーザーにも向くのかの点をねっちりチェックする。(2011/5/19)

ネットが体の一部になる――「EVO WiMAX」で“ノマドワーク”を実践してみた
3GとWiMAXに対応し、最大8台のテザリングもできるauのAndroid端末「HTC EVO WiMAX ISW11HT」――。ガジェット好きはもちろん、モバイル環境でマルチデバイスやクラウドサービスを活用したいビジネスユーザーにとっても気になるモデルだ。その使い勝手を検証する。(2011/4/8)

イー・モバイル、下り最大21Mbpsに対応した「Pocket WiFi(GP01)」発売
「Pocket WiFi(D25HW)」の上位モデルとなる「Pocket WiFi(GP01)」が登場。小型サイズを維持しながら、より高速の下り最大21Mbpsに対応するほか、連続待機時間や操作性も向上している。(2011/3/4)

ビックカメラ、WiMAXルーター「URoad-9000」を2月下旬に発売
ビックカメラが、BIC WiMAX SERVICE専用のWiMAX Speed Wi-Fi端末「URoad-9000」を2月下旬から販売する。直径8センチのコンパクトなボディと標準/大容量の2種類のバッテリーを同梱するのが特長だ。(2011/2/17)

「SH-01C」の“ここ”が知りたい:
第1回 Wi-Fi機能で何ができる?――「SH-01C」
今冬のドコモケータイの中で高いスペックを有する端末の1つである「SH-01C」。スマートフォンを除くシャープ製のドコモケータイでは初搭載となる無線LAN(Wi-Fi)機能では何ができるのか、調べてみた。(2010/12/20)

「F-06B」の“ここ”が知りたい:
第4回 FOMAカードなしで使える?――「F-06B」のWi-Fi機能をチェック
F-06BはIEEE802.11b/g準拠の無線LAN(Wi-Fi)機能を搭載しており、クライアントとしてだけではなく、アクセスポイントとしても利用できる。どんな機能が使えるのか、検証してみた。(2010/8/25)

iPhone 3Gより軽い/価格は1万9800円:
これでイチキュッパなら安いヨ、たぶん──WiMAX対応の無線LANルータ「URoad-7000」ファーストインプレッション
最近、“より便利”にモバイルデータ通信を利用できる小型無線LANルータが続々登場している。今回はそのうちの1つ、シンセイ「URoad-7000」のファーストインプレッションをお届けする。(2010/6/21)

ネットワークの基礎を学習する CCNA対策講座(30):
無線LANセキュリティの必要性と対策
本連載では、シスコシステムズ(以下シスコ)が提供するシスコ技術者認定(Cisco Career Certification)から、ネットワーク技術者を認定する資格、CCNA(Cisco Certified Network Associate)を解説します。2007年12月に改訂された新試験(640-802J)に対応しています。(2010/5/25)

出張などにも便利:
ロジテック、手のひらサイズの低価格無線LANルータ
ロジテックが、小型で安価な無線LAN機器2機種──USB給電対応の手のひらサイズルータとゲーム機向け簡単設定アクセスポイントを発表。価格は4300円から。(2010/5/21)

ソフトバンクモバイル、「942SH KT」「Pocket WiFi C01HW」を3月26日に発売
ソフトバンクのハローキティコラボモデル「942SH KT」と小型の無線LANルータ「Pocket WiFi C01HW」が3月26日から販売される。(2010/3/24)

イー・モバイル、上り最大5.8Mbpsの3G対応モバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi(D25HW)」
電車や屋外でもWi-Fi対応のゲーム機などを楽しめる3G一体型モバイルWi-Fiルータ「Pocket WiFi(D25HW)」が登場。最大5台までの同時接続に対応する。(2009/10/29)

ロジテックが150Mbps対応の小型無線LANルータ「LAN-PW150N/R」を発売
ロジテックが、IEEE802.11nに準拠した「手のひらサイズ」の小型無線LANルータを8月下旬から発売する。価格は7875円だ。(2009/8/12)

安くて速いお手軽無線LAN:
“新生活者”にぴったりの無線LANルータ――NECアクセステクニカ「AtermWR4500N」
NECアクセステクニカの「AtermWR4500N」は、IEEE802.11b/g対応無線LANルータでありながら、「11nテクノロジー」の採用により、理論値で最大150Mbpsという高速通信と、実売で1万円を大幅に切る価格を実現した製品だ。(2009/3/26)

仕事耕具:
ロジテック、手のひらサイズの無線LANルータ
ロジテックは、手のひらサイズの無線LANルータ「LAN-PWG/R」を発売する。設置場所を問わないスリムさで、ポケットに入れて携帯できるという。(2009/3/26)

もはやWPAでも危ない?
WPAの無線LANセキュリティ攻撃を避けるには
WPAのセキュリティが破られたことにより、企業ネットワークの安全が脅かされる恐れがある。この暗号攻撃の被害に遭わないためにはどうすればいいのか?(2009/1/26)

2009年半ばに確定の見込み
無線LAN管理フレームの悪用を防ぐIEEE 802.11w
IEEE 802.11wは、無線VoIPなどのアプリケーションで十分な通話品質と可用性を実現しながら、無線セキュリティを保証するための無線暗号化規格だ。(2008/12/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。