ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東宝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東宝」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
どうなる「関西スーパー」争奪戦 勝負に出た「オーケー」に“危うさ”を感じてしまう理由
エイチ・ツー・オー(H2O)リテイリングが関西スーパーを買収すると宣言。オーケーも同スーパーの買収をすると表明した。オーケーにはどんな事情があるのだろうか?(2021/9/14)

「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」再び映画館に 4KリマスターのIMAX版、9月公開
バンダイナムコアーツは20日、押井守監督の映画「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」(1995年公開)を4KリマスターのIMAX版として9月17日に公開すると発表した。(2021/8/20)

「リトル・ゾンビガール」公演中止から2年、新キャスト迎え再始動 「みんなのうた」の名曲ちりばめたミュージカル
みんなのうたオブザデッドかな?(2021/8/18)

11月開業予定:
セブン&アイ、大阪府松原市に大型複合施設「セブンパーク天美」を開業
セブン&アイ・ホールディングス(東京都千代田区)は、大阪府松原市に「セブンパーク天美」を開業する。約6万7000平方メートルの敷地内に、約200の店舗やフードコート、イベント会場などがそろう大型複合施設だ。(2021/8/5)

本田雅一の時事想々:
ネットフリックスは「伸び悩んでいる」は本当か? ゲーム参入でも踏襲する“必勝パターン”
加入者数のペースが鈍化、ゲーム事業への参入が明らかになり、「伸び悩み」が懸念されているネットフリックス。そもそも同社は、伸び悩んでいるのだろうか?(2021/8/5)

「おそ松さん」実写映画化、ジャニーズ「Snow Man」主演で ネット上では双方のファンが互いに気づかう状況に
東宝は3日、人気アニメ「おそ松さん」の実写映画を2022年春に公開すると発表した。ジャニーズ事務所の「Snow Man」が主演を務めるとあってネット上でも大きな話題になっている。(2021/8/3)

コナンもヒット:
東宝の21年3〜5月期、純利益30倍 「シン・エヴァ」ヒット、全面休業だった前年同期から回復
東宝の2021年3〜5月期の連結業績は、純利益が前年同期比約30倍の66億円だった。「シン・エヴァンゲリオン劇場版」などがヒット。コロナ禍で全面休業となった前期からの反動もあって、大幅増益となった(2021/7/14)

関東ランキングはTOHOシネマズが4館:
オリコン、「満足度の高い」映画館ランキング発表 全国1位の施設は?
oricon MEが「映画館についての満度調査」を実施した。(2021/7/2)

「どんな逆境やつらいことがあっても、とにかく前向きに」 映画「夏への扉」主演の山崎賢人に聞く作品との共通点
「悲しみとかつらいことを知っている人の方が人にも優しくできる」。(2021/6/30)

モルカーの映画は全国88の劇場で ほぼ3D対応
東宝は「とびだせ! ならせ! PUI PUI モルカー」の上映館を公開した。88カ所のうち85カ所が3Dで上映する。(2021/6/25)

「ファスト映画」投稿者3人を逮捕、全国初 「アイアムアヒーロー」「冷たい熱帯魚」など無断投稿
累計被害額は950億円超にのぼるとして、業界団体が対策に乗り出していました。(2021/6/23)

YouTube総再生数8億回超の“タイBLドラマ”が映画に 布教漫画で学ぶ劇場版「2gether THE MOVIE」が気になる
そうだ、映画館行こう。(2021/6/22)

映画「鬼滅の刃」、7月の特別上映決定に「また乗車する」の声 延期していた特典配布で
アニプレックスは、コロナ禍の影響で配布を延期していた映画「鬼滅の刃 無限列車編」の入場者プレゼント「煉獄杏寿郎のバースデーカード」を7月22日から29日までの特別上映で配布する。(2021/6/22)

映画「呪術廻戦0」は「来たる12月24日」公開
人気アニメ「呪術廻戦」の映画「劇場版 呪術廻戦0」公開日が作中の百鬼夜行決行日と同じ、12月24日に決まった。全国の東宝系劇場で上映する。(2021/6/14)

モルカー、映画化決定 まさかの3D・MX4Dで全話一挙上映 7月22日から
東宝は8日、パペットアニメ「PUI PUI モルカー」の映画化を発表した。7月22日から3D・MX4Dでテレビシリーズ全12話を一挙上映する。2週間限定。(2021/6/8)

週末に「へえ」な話:
94年の歴史に幕 なぜミズノの淀屋橋店に入ると「ワクワク」するのか
ミズノの淀屋橋店が94年の歴史に幕を閉じる。もともと本社があったそのビルは、どのような特徴があるのだろうか。ユニークなデザインのエレベーター室があったり、大食堂があったり。その構造は、まるで……。(2021/6/6)

「全国再始動!」 東京・大阪の映画館が制限付きで営業再開 新作も相次ぎ公開へ
緊急事態宣言で営業を休止していた東京や大阪の映画館が制限付きながらも動き出した。公開を延期していた新作映画の封切り、舞台挨拶といったイベントも再開する。(2021/6/1)

TOHOシネマズ、毎週水曜は「誰でも」鑑賞料金が1200円に TOHOシネマズデイ・レディースデイなどは終了へ
うれしい!(2021/5/26)

NO MORE休業! 映画泥棒、先の見えない映画館の自粛にすっかり心が折れてしまう「私も商売あがったり」
スクリーンでまた会える……かな?(2021/5/25)

「シドニアの騎士」「賭ケグルイ」「100日間生きたワニ」も 緊急事態宣言延長で映画の公開延期相次ぐ
緊急事態宣言の延長を受け、新作映画の公開延期が相次いだ。5月10日は「シドニアの騎士 あいつむぐほし」「100日間生きたワニ」「賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット」が延期を発表した。(2021/5/10)

ジブリ映画「アーヤと魔女」公開延期 新型コロナウイルスの感染拡大で
東宝は4月23日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、映画「アーヤと魔女」の公開を延期すると発表した。(2021/4/23)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
有名ブランドの服を“激安”で売る「オフプライスストア」が増殖中 背景にバーバリーの焼却事件
売れ残った有名ブランドの洋服や靴を激安で販売する「オフプライスストア」が増えている。大手アパレルのワールドやゲオグループなどが参戦。単に安く売るのではなく、ある特徴を備えているという。(2021/4/19)

司書みさきの同人誌レビューノート:
平成から令和へ、改元の瞬間なにしてた? サークルメンバーがあの日を振り返る同人誌『改元タイムライン』
あなたはなにをしていましたか?(2021/4/18)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
西武園ゆうえんちの準備は整った しかし、足りない要素が2つある
西武園ゆうえんちが5月19日、「新しくて古い都市型エンターテイメント」として生まれ変わる。1960年代の商店街を中心に据え、海外から認知度の高い日本発キャラクターを登場させることで、従来の「鉄道沿線遊園地」から「日本型テーマパーク」へ進化を遂げる。しかし、沿線外に訴求するには「あと2つの要素」が必要だ。(2021/4/16)

「シン・ゴジラ」の第2形態が床掃除 サンスター文具、フローリングワイパーカバー発売 部屋のインテリアにも
映画「シン・ゴジラ」に登場する“ゴジラ第2形態”のフローリングワイパーカバー登場。掃除をすると床を這いずり回っているように見える。(2021/4/14)

コロナの影響大:
「鬼滅」の大ヒットに恵まれた東宝が決算を発表 通期の結果は?
東宝が通期の連結決算を発表した。『鬼滅の刃』の大ヒットに恵まれたが、業績はどうだったのか?(2021/4/14)

映画館の新しいコロナ対策、パーテーション付きシートが快適だった! イオンシネマの新座席を体験リポート
イオンシネマの一部で設置されている「アップグレードシート」をリポート。(2021/4/12)

TikTokと東宝がタッグ 「“縦型動画”にまだ開拓の余地がある」──映画祭でクリエイター発掘狙う
動画共有サービス「TikTok」を運営する中国ByteDanceの日本法人と東宝は、新たなクリエイターの発掘と育成を目的に映画祭「TikTok TOHO Film Festival 2021」を開催すると発表した。(2021/4/8)

映画「シン・ウルトラマン」公開延期 コロナ禍がスケジュールに影響
東宝、カラー、円谷プロダクションは3月26日、映画「シン・ウルトラマン」の公開延期を発表した。初夏を予定していたが、コロナ禍で制作スケジュールに影響が出た。(2021/3/26)

映画「シン・ウルトラマン」、COVID-19のため公開延期 ファンからは「仕方ない」「エヴァでさえ26年待った」との声
新たな公開日は現在調整中。(2021/3/26)

「名探偵コナン 緋色の弾丸」特報公開 コテコテな名古屋弁のコナンと赤井に「ネタだと思ったら公式」の声
特報映像はタイアップ企画の一環。(2021/3/16)

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』BD&DVDが6月発売 完全生産限定版の早期特典予約キャンペーンも
6月16日発売。どこで買うかが問題だ。(2021/3/15)

映画「鬼滅の刃」、6月にBD/DVD発売
アニプレックスは「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」のBlu-ray Disc(BD)とDVDを6月16日に発売する。特別仕様の完全生産限定版も用意する。(2021/3/15)

「シン・エヴァ」本編の盗撮映像がネットに違法アップロード 東映・東宝・カラーが「しかるべき対処」
アップロード元は匿名でも特定が可能です。(2021/3/14)

「シン・エヴァ」上映館で「特務機関NERV防災アプリ」の動画広告
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の上映前に「特務機関NERV防災アプリ」の防災啓発動画を上映。12日から。(2021/3/5)

おばたのお兄さん、“千と千尋”舞台化で逆オファー「既に経験あるので……」 過去には“釜爺ものまね”が大きな話題に
スキルは十分。(2021/2/27)

古いデジタルビデオカメラで今の新宿を撮影した映像に反響 「エモすぎる……!」「タイムスリップしたみたい」
エモい。(2021/2/27)

ジブリ最新作「アーヤと魔女」、4月に劇場公開 初の3D CG 一部カット追加
スタジオジブリと東宝は、2020年の年末にNHKで放映した「アーヤと魔女」を4月29日から劇場公開する。一部カットを加え、映像と音響を劇場クオリティで制作したという。(2021/2/12)

「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
リモート環境で映画を作る「リモートフィルムコンテスト」グランプリ作品。(2021/2/1)

映画「シン・ウルトラマン」特報公開 「そんなに人間が好きになったのか、ウルトラマン。」
カラーは1月29日、映画「シン・ウルトラマン」の特報映像と2つのビジュアルを公開した。シン・ウルトラマンの世界観が垣間見えるという。(2021/1/29)

ポケモン映画のナンバーワン投票が始まる 上位5作品をYouTubeで一挙配信
東宝が歴代のポケモン映画を対象にした投票企画「ポケモン映画ナンバーワン決定戦」を始めた。各シリーズで最も多く支持を集めた作品を2月7日にYouTubeで一挙配信する。(2021/1/27)

小津監督「東京物語」などアマプラで「然色映画」として何者かがカラー化配信 松竹「松竹から提供しているものではありません」
「作品に対する冒とく」との批判も。(2021/1/21)

21年2月期:
「鬼滅の刃」大ヒット、東宝が上方修正 緊急事態宣言の影響は「限定的」
東宝が「鬼滅の刃」のヒットを受け、2021年2月期通期の連結業績予想を上方修正。最終利益は140億円(前期比61.8%減)になる見通し。(2021/1/12)

劇場版「鬼滅の刃」効果 東宝、業績予想を大幅に上方修正
東宝が21年2月期の業績予想を上方修正。「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が大ヒットしたためで、営業収入は前回予想から210億円拡大し、1860億円になる見通しだ。(2021/1/12)

「エヴァ新劇場版:Q」IMAX版は9日から順次上映 IMAXが急ぎ対応
カラーと東宝は、「エヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.333」のIMAX上映を9日から順次開始すると発表した。修正データが納品されたという。(2021/1/9)

IMAX社、「エヴァ」ファンや作品関係者に「深くお詫び」 技術不備により「ヱヴァQ」IMAX版が公開日当日にドタキャン 1日遅れで上映開始へ
早期解決してよかった。(2021/1/8)

映画館各社、チケットの事前販売を一部休止 緊急事態宣言を受け1都3県で
TOHOシネマズ、ユナイテッド・シネマ、イオンシネマなどが発表。(2021/1/5)

映画「鬼滅の刃」が歴代興行収入1位に 324億円越えで「千と千尋の神隠し」を抑える
興行収入第1位が入れ替わるのは19年ぶり。(2020/12/28)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
『鬼滅の刃』歴代興行収入1位、それでも止まらぬ映画業界「未曽有の危機」
『鬼滅の刃』が日本での映画興行収入歴代1位に。ただ、映画業界の危機的状況は続くと筆者は分析。コロナ禍が露見させた業界の課題とは。(2020/12/28)

「夢や希望もありゃしない世界」 窪田正孝×西野亮廣インタビュー、“バッシング社会”で生き抜くために
「大人になるにつれ、なくしていくものの方が多い気がしていて」。(2020/12/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。