ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TouchFLO」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TouchFLO」に関する情報が集まったページです。

HTCってどんな会社なの?:
【台北発】SBMからHTC Desire後継の新Android端末登場か?
HTCのアジア・パシフィックプレス向けツアーに参加した@ITの西村記者が、HTC本社の様子やHTCの最新の取り組みをリポートする。(2010/10/7)

Windows phone一番乗り:
HTC、Windows Mobile 6.5搭載のタッチスクリーン携帯「Touch2」発表
10月6日に世界で同時発売される“Windows phone”として、まずはHTCが「Touch2」を発表した。(2009/9/3)

世界市場の実績が“世界初、日本初”のAndroidケータイにつながった――HTCのデビッド・コウ氏
日本初のAndroidケータイ「HT-03A」を、ドコモ向けに提供した台湾メーカーのHTC。スマートフォン市場で大きな存在感を示している同社の日本市場における戦略について、日本法人代表取締役社長のデビッド・コウ氏に聞いた。(2009/5/23)

「T-01A」Kinoma Playの秘密:
QuickTimeの父が作り上げた、“iPhoneを超える”メディアプレーヤー
東芝のWindows Mobile端末「T-01A」には、iPhoneのiPod機能を超える操作性のメディアプレーヤーが搭載されている。Windows Mobile上でiPhone以上の操作性を実現できたのには、理由がある。(2009/5/21)

T-Mobile G1ユーザーの実像とは:
“Android”でケータイ市場はこう変わる――「HT-03A」で加速するイノベーション
ついに日本に上陸したAndroidケータイ「HT-03A」。開発したHTCのデビット・コウ氏は、世界初のAndroidケータイ「T-Mobile G1」のユーザー像を紹介し、HT-03A投入で起こる新たなイノベーションを予言した。(2009/5/21)

au初のスマートフォン「E30HT」、5月1日発売――個人向けにも販売
auのHTC製スマートフォン「E30HT」が5月1日に発売。OSにはWindows Mobile 6.1 Professional Editionを搭載し、下り最大3.1Mbps、上り最大1.8Mbpsの通信ができる。法人ユーザーのほか、個人ユーザー向けにも販売される。(2009/4/27)

au初のスマートフォン「E30HT」は5月発売、定額でのモバイルルーター機能も
KDDIは3月17日、同社初のスマートフォン「E30HT」の提供条件を発表した。発売は5月の予定で、料金プランはダブル定額やダブル定額ライトなどの定額サービスも利用できる。(2009/3/17)

Mobile World Congress 2009:
HTC、「Touch Diamond2」と「Touch Pro2」を発表
ビジネス向けのTouch Pro2には電話会議に便利なスピーカーフォン機能「Straight Talk」が付いた。(2009/2/17)

2009年は「Windowsケータイ」でスマートフォンデビュー(端末編)
iPhoneの影響もあって何かと話題のスマートフォン。中でも多種多様なバリエーションを用意しているのが、OSにWindows Mobileを搭載した「Windowsケータイ」だ。現在、個人で入手できるWindowsケータイにはどんなものがあるのか、紹介しよう。(2009/1/14)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(ライター太田編):
ケータイの楽しみ方を広げる新サービスが続々登場
スポーツや動画、エージェントサービスなど、2008年はパケット定額プランの利用を前提としたケータイの新たな楽しみ方を提示する新サービスが続々登場した。太田百合子氏が注目したのは、そんな新サービスに対応した機種だ。(2008/12/25)

ITmediaスタッフが選ぶ、2008年の“注目ケータイ”(編集部平賀編):
よく考えると「N906iL onefone」ってすごいなと思う
マルチキャリア戦略で日本のスマートフォン市場を席巻したHTC端末や、2台目シンプル需要を狙い打ちした「HONEY BEE」も注目だが、コンシューマーに無線LANでケータイを使わせようとした「N906iL onefone」の試みはすごいと思う。(2008/12/24)

“白戸家”上戸彩が劇中で使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2008年秋──ドコモ編
連続ドラマで使われているケータイを、公表資料と実際のオンエアを元にチェックする「ドラマで使われるケータイたち」の2008年秋版。今回は、ドコモスポンサーどのドラマに上戸彩が出演するなど、興味深いトピックがいくつかあった。(2008/12/20)

ドコモ版“Touch Diamond”「HT-02A」発売──価格はバリュー分割1855円/月、ベーシック一括2万円台後半から
厚さ12.9ミリのドコモ版“Touch Diamond”「HT-02A」が発売された。価格はバリューコースの選択で24回分割1855円/月、一括4万5570円、ベーシックコースの選択で2万9820円から。新規と12カ月以上機種変更時の価格が割安に設定されている。(2008/12/19)

ドコモ、PRIMEシリーズ「SH-03A」とPROシリーズ「HT-02A」を12月19日に発売
NTTドコモは、タッチパネルと8M CCDカメラを搭載したシャープ製の「SH-03A」と、小型ボディにタッチパネルを備えたHTC製の「HT-02A」を12月19日に発売すると発表した。(2008/12/15)

写真で解説する「Dual Diamond」(S22HT)
イー・モバイルが、「Touch Diamond」(S21HT)に続くスマートフォンとして「Dual Diamond(S22HT)」を発表した。幅約43.4ミリというスレンダーなボディを実現し、ホーム画面から簡単にメールやWebなどにアクセスできるメニューを採用するなど、ケータイライクに使えるのが大きな特徴だ。(2008/12/4)

「S21HT」レビュー 後編:
フルブラウザと文字入力もタッチ操作のTouch Diamond――「S21HT」は“モデム”としても魅力的
独自UIの“TouchFLO 3D”を搭載した「Touch Diamond」(S21HT)。指先で待受画面を快適にタッチ操作できるのは分かったが、果たしてフルブラウザや文字入力の使い勝手はどうだろうか。そのほかの実用面もチェックした。(2008/12/2)

QWERTYキー搭載Windowsケータイ「Touch Pro X05HT」、12月5日発売
ソフトバンクモバイルは11月28日、HTC製のWindows Mobile搭載スマートフォン「Touch Pro X05HT」を12月5日から販売すると発表した。HTCのTouch Proは、すでにNTTドコモも11月28日から「HT-01A」として販売を開始している。(2008/11/28)

「N-02A」「HT-01A」発売――新規バリューコースは月々2000円台前半
ドコモの「N-02A」と「HT-01A」が発売された。都内量販店では、新規価格(24回払い)はN-02Aが月々2380円、HT-01Aが月々2065円と案内されていた。(2008/11/28)

「S21HT」レビュー 前編:
本当に“iPhone対抗”なのか――イー・モバイル版「Touch Diamond」の実力とは
イー・モバイルから登場した「Touch Diamond」(S21HT)は、独自UIの“TouchFLO 3D”を搭載したWindows Mobile端末。コンパクトなボディで快適なタッチパネル操作を実現したことから“iPhone対抗機”ともいわれるが、その実力はいかに。(2008/11/27)

厚さ12.9ミリの「N-02A」とドコモ版Touch Pro「HT-01A」、11月28日発売
NTTドコモは11月28日から、厚さ12.9ミリのスリムなボディに5.2Mカメラやワンセグを搭載したSTYLEシリーズの「N-02A」と、HTC Touch ProをベースにしたQWERTYキー搭載のWindows Mobile搭載スマートフォン「HT-01A」の販売を開始する。(2008/11/25)

ソフトバンクモバイルの「X04HT」、新規の実質負担額は2万円代後半
ソフトバンクモバイルの冬モデル「Touch Diamond X04HT」が発売された。都内量販店では、新スーパーボーナス加入時の新規価格が月々1180円と案内されており、24回払いの実質負担額は2万8320円となる。(2008/11/17)

ソフトバンクモバイル2008年冬モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ソフトバンクモバイルが10月30日に発表した2008年冬モデルは全16機種。3.8インチHXGA液晶搭載のフルタッチスライド「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」、OMNIA日本モデル「930SC OMNIA」、8M CCDカメラ搭載搭載の「930SH」から、HTCのTouchシリーズ、Nokia端末など多彩な機種が登場。このソフトバンク冬モデルの“ここが知りたい”を募集します。(2008/11/11)

ソフトバンクモバイル、11月8日に「Touch Diamond X04HT」発売
ソフトバンクモバイルが、HTC製のタッチパネルケータイ「Touch Diamond X04HT」を11月8日に発売する。S!メールや絵文字を利用できるなど、キャリア独自の拡張機能も備える。(2008/11/6)

PROシリーズ:
手のひらサイズのタッチパネルスマートフォン、ドコモ版Touch Diamond──「HT-02A」
イー・モバイルから発売され、人気となっているHTCの薄型タッチパネルスマートフォン「Touch Diamond」のドコモ版が「HT-02A」だ。下り最大7.2MbpsのFOMAハイスピードに対応し、ダイヤモンドカットデザインの背面を採用している。(2008/11/5)

PROシリーズ:
VGAタッチパネルにQWERTYキー、HTCの”Touch Pro”がドコモにも──「HT-01A」
KDDIの「E30HT」、ソフトバンクモバイルの「Touch Pro X05HT」として登場予定のWindows Mobile端末「HTC Touch Pro」がドコモからもリリースされる。(2008/11/5)

写真で解説する「X04HT」「X05HT」(ソフトウェア編)
同じTouchシリーズとして開発された「Touch Diamond X04HT」と「Touch Pro X05HT」。ハードウェア的な違いはQWERTYキーボードの有無で確認できるが、ソフト面ではどうだろうか。2台を比べてみた。(2008/11/2)

写真で解説する「Touch Diamond X04HT」(外観編)
イー・モバイルの「S21HT」に続き、ソフトバンクモバイルからも「X04HT」として登場する“Touch Diamond”。S21HTやQWERTYキーボード付きの「Touch Pro X05HT」との違いはどこにあるのだろうか。(2008/11/2)

写真で解説する「Touch Pro X05HT」(外観編)
印象的なダイヤモンドカットデザインの「Touch Pro X05HT」は、タッチパネル液晶と指先での簡単操作を実現する「Touch FLO 3D」、そしてQWERTYキーボードも備えたコンパクトなスマートフォンだ。(2008/11/2)

QWERTYキー搭載のWindows Mobile 6.1 Proスマートフォン──「Touch Pro X05HT」
VGA表示に対応した2.8インチのタッチパネルとスライド式のQWERTYキーを組み合わせた高機能スマートフォン”Touch Pro“のソフトバンクモバイル版が「Touch Pro X05HT」。海外版と同じカッティングデザインの裏面パネルを装備して登場する。(2008/10/30)

S!メール対応の薄型タッチパネルスマートフォン──「Touch Diamond X04HT」
HTCが開発した薄型タッチパネルスマートフォン「Touch Diamond」のソフトバンクモバイル版が「Touch Diamond X04HT」だ。S!メールや絵文字をサポートするなど、キャリア独自の拡張仕様も用意する。(2008/10/30)

Touch ProやNokia E71などスマートフォンも4機種登場:
ソフトバンクモバイル、2008年冬モデル16機種発表――3.8インチスライドAQUOSや8M CCDカメラ搭載、日本版「OMNIA」、初のカシオ端末など
ソフトバンクモバイルが2008年冬モデルを発表。3.8インチのハーフXGA液晶を搭載したスライドボディの「AQUOSケータイ FULLTOUCH 931SH」や、800万画素CCDカメラ搭載の「930SH」、Samsung電子製のタッチパネルケータイ「930SC OMNIA」など計16機種を用意する。(2008/10/30)

10月11日〜10月17日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
冬モデル発表のシーズンが近づく中、ドコモが冬モデルからシリーズを再編することが分かった。ドコモ端末については、Symbian陣営がHSUPA対応プラットフォームを共同開発すると発表。スマートフォン2モデルを主要キャリア向けに提供するHTCは、戦略説明会で、「国内シェア5%を目指す」とした。(2008/10/20)

目標は国内シェア「5%」――スマートフォンでケータイ市場の変革に挑むHTC
HTCがTouch DiamondおよびTouch Proに関する事業戦略説明会を開催。独自UIの「Touch FLO 3D」やデザイン性の高いコンパクトボディなど、その魅力を説明した。また、グローバルモデルの早期国内投入の裏側も明かした。(2008/10/16)

国内最薄、最軽量スマートフォン「Touch Diamond」発売――初期費用100円から
HTC製のスリムなスマートフォン「Touch Diamond」が発売された。イー・モバイルのキャンペーンを利用すれば、初期費用100円で購入できる。(2008/10/10)

CEATEC JAPAN 2008:
ドコモのスマートフォン「個人ユーザープランも積極的に」──ドコモロゴ入りHTC Touchシリーズ公開
ドコモはCEATEC JAPANに先日発表した「BlackBerry Bold」とHTCから提供発表があった「HTC Touch」シリーズの“ドコモロゴ入り”デモ機を展示。ビジネス向けだけでなく個人ユーザー向けの機能や施策、新料金プランも積極的に議論しているという。(2008/9/30)

写真で解説する「Touch Diamond」(S21HT)
イー・モバイルのHTC製スマートフォン「Touch Diamond」(S21HT)は、下り最大7.2MbpsでのHSDPA通信が行えるスマートフォン。コンパクトボディを採用し、快適な片手操作が可能な「TOUCH FLO 3D」を搭載した。(2008/9/19)

「Touch Diamond」10月10日発売――お披露目には“アイのうた”の福井舞さんも登場
イー・モバイルはTouch Diamondの発売日を10月10日と発表した。お披露目イベントには、「アイのうた」でデビューした新人シンガーソングライターの福井舞さんも駆けつけ、Touch Diamondの魅力を語った。(2008/9/19)

KDDI、法人向けでスマートフォンを初投入
KDDIは、HTC製スマートフォン「E30HT」を2009年春に発売。まず法人市場で展開する。(2008/9/11)

KDDI、HTC製スマートフォン「E30HT」投入──VGAタッチパネルにQWERTYキー搭載
KDDIは9月11日、Windows Mobile 6.1 Professionalを搭載したKDDIとしては初のQWERTYキーボード搭載スマートフォン「E30HT」を発表した。「HTC Touch Pro」ベースの端末で、EV-DO Rev.Aに対応し、2.8インチのVGAタッチパネルを搭載する。(2008/9/11)

iPhone対抗「Touch Diamond」、イー・モバイルから10月に
イー・モバイルは、タッチパネルを備えた台湾のHTC製スマートフォン「Touch Diamond」を10月上旬に発売する。(2008/9/10)

イー・モバイル、国内最薄のタッチ型スマートフォン発売
イー・モバイルは、iPhone対抗スマートフォンとして注目されるHTCの「Touch Diamond」を発売する。(2008/9/9)

iPhone対抗の「Touch Diamond」、日本ではイー・モバイルから登場
イー・モバイルは、HTC製のWindows Mobile搭載スマートフォン「Touch Diamond」を10月上旬に発売すると発表した。進化した独自UIの「TouchFLO 3D」を搭載したほか、下り最大7.2Mbpsの高速通信が行える。(2008/9/9)

開発陣に聞く「WILLCOM 03」 第3回:
Windows Mobileへのこだわりはないが、期待はしている――WILLCOM 03の今後
“W-ZERO3シリーズの集大成”として登場したウィルコムのシャープ製スマートフォン「WILLCOM 03」。果たして、今後はどのように進化するのだろうか。採用OSやUIの展望について、開発担当者に聞いた。(2008/8/27)

韓国携帯事情:
台HTCの「Touch Dual」が韓国上陸――海外ケータイは生き残れるのか
現在の韓国ケータイ市場には海外端末があまり流通していない。Motorolaが「RAZR」シリーズで一時代を築いたのは過去の話であり、Nokiaはわずか1年半で撤退。最新スマートフォンをひっさげて参入するHTCはどうだろうか。(2008/7/29)

イー・モバイル、「EMONSTER lite」を7月19日に発売
イー・モバイルが7月19日から、フラットタッチパネルと“ケータイ感覚”で使えるスライド式のダイヤルキーを備えたHTC製のWindows Mobile搭載スマートフォン「EMONSTER lite」を発売する。(2008/7/9)

HTC Nippon スマートフォン ショーケース:
iPhone対抗の「HTC Touch Diamond」、日本でも間もなく登場か
HTC Nipponが、自社のスマートフォン全10機種を一堂に紹介する「HTC Nippon スマートフォン ショーケース」を開催。HT1100ユーザーというIKKOさんが、七夕の織姫をイメージしたドレスで登場した。(2008/7/4)

徹底活用! Windowsケータイ「HT1100」:
PR:ネット・音楽・PC連携――ひと味違うケータイ「HT1100」を楽しむ
ドコモから登場したスリムでコンパクトなWindowsケータイ「HT1100」。スマートフォンとしてPCに匹敵するパワフルな機能を持ちながら、ダイヤルキーとタッチパネルでカジュアルに操作できるのが魅力だ。(2008/6/20)

「HT1100」デビューイベント、東京ミッドタウンで開催
マイクロソフト、ドコモ、HTCの3社は、東京ミッドタウンで6月14日に「HT1100」のイベントを開催した。実機を触れることができるほか、製品の特徴を伝えるショーや関連グッズのプレゼントが行われた。(2008/6/16)

6月7日〜6月13日:
5分で分かる、先週のモバイル事情
米Appleが「iPhone 3G」を発表し、日本中の話題をさらった先週。同日イー・モバイルも2008年夏モデル2機種を発表した。ドコモは7月1日から、バリューコース向けの料金プランタイプSS バリューの基本料金を下げ、基本料が半額になる割引を適用すると月額980円で利用できるようにする。(2008/6/16)

開発担当者に聞く「HT1100」:
PR:新世代Windowsケータイ「HT1100」に込められたドコモの思いとは
ドコモから登場したHTC製Windowsケータイ「HT1100」。いち早くスマートフォンを世に送り出してきたドコモが、満を持して発売したHT1100には、一体どんなメッセージが込められているのか。開発担当者に話を聞いた。(2008/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。