ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「流行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モルカー」がバーチャル背景に テレ東が無償公開 Twitterトレンド入りの人気作
テレビ東京は1月19日、アニメ番組「PUI PUI モルカー」のバーチャル背景画像を無料で公開した。(2021/1/19)

「集英社」名乗る者からSNSに大量の削除申請、集英社が「第三者によるもの」と否定 「Shueisha」が世界中でトレンド入り
現在対応を検討中とのこと。(2021/1/18)

モノづくり最前線レポート:
COVID-19でイノベーションが加速、CES 2021に見る6つのトレンド
CESを主催するCTA(Consumer Technology Association)は2021年1月12日(現地時間)、オンラインで開催中の「CES 2021」(2021年1月11〜14日)において、2021年のテクノロジートレンドを発表した。(2021/1/15)

ニューノーマル時代の企業存続を左右する4つのテクノロジートレンドとは
アトラシアンの予測によると、2021年以降、コロナ禍によって拡大したテレワークなどの新しい働き方が本格化するとともに、ニューノーマル時代を勝ち抜く企業づくりに向け、「自動化」「エコシステム」「データ管理」の重要性が増大するという。(2021/1/15)

EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版:
半導体業界 2021年に注目すべき10の動向 ―― 電子版2021年1月号
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版2021年1月号を発行しました。今号のEE Exclusive(電子版限定先行公開記事)では、2021年に注目すべき半導体業界の10のトレンドを紹介します。そのほか、Apple製プロセッサに関する記事などを掲載しています。ぜひダウンロードの上、お読みください。(2021/1/15)

Mobile Weekly Top10:
「小さなiPhone」は正義/スマホカメラのトレンドはどうなっていく?
「iPhone SE(第2世代)」「iPhone 12 mini」と、2020年は比較的小さなiPhoneが「豊作」でした。両者の違いを知ることが、小さなiPhone選びをする上で重要です。(2021/1/14)

「さよならau」から一転……KDDIの新プラン「povo」はおおむね好評 その強みとは?
KDDIが新プラン「povo」(ポヴォ)を発表。1カ月前に発表したプランは不評で、「さよならau」などのワードがTwitterトレンドに入ったが、povoはおおむね好評だ。このプランの強みは何なのか。(2021/1/13)

Microchip Technology プレジデント兼COO Ganesh Moorthy氏:
PR:エンジニアに“革新を起こす自由”を提供したい、豊富な製品群とサポートで業界を支えるMicrochip
5GやIoT、自動運転、AIなど「6つのメガトレンド」を軸に成長を目指すMicrochip Technology。2020年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を受けつつ、サプライチェーンを素早く立て直し、堅調な売上高を維持した。Microchip Technologyのプレジデント兼COOを務めるGanesh Moorthy氏は、同社のトータルソリューションでエンジニアを支えたいと強調する。(2021/1/13)

ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
2021年にマーケターが理解したい6つのトレンド(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」が不定期で提供する無料eBook。今回は「B2B」「データ分析」「営業支援」「メディア運営」「EC/オムニチャネル」「デジタル広告」という6つの記事ジャンルごとに2021年の動向をまとめました。(2021/1/8)

モビリティサービス:
コロナ禍で自動車の移動は増えた? コンチネンタルが日米欧中で調査
コンチネンタル・オートモーティブは2020年12月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大が続く中での世界各国における移動手段のトレンドの調査結果を発表した。ドイツ、フランス、米国、日本、中国を対象に調査を実施。他人との接触を避けられる自家用車での移動を選択する人が増加し、公共交通機関やライドシェアのユーザーは世界中で大幅に減少したことが分かった。(2021/1/8)

チャイナボタンや刺しゅうがかわいい「中華シューズ」にブーツタイプが登場 足元にトレンドのチャイナテイストを取り入れたい
ブーツタイプは冬にぴったり!(2021/1/7)

“かぐや様”浅川梨奈の熱演で「藤原書記」がトレンド入り 再現度の高さが絶賛される「仕上がり具合半端ない」
千花ちゃん最高でした。(2021/1/6)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
スマホカメラのトレンド考察:新鮮だった「Xperia 1 II」のアプローチ、一番面白かった「Galaxy Z Fold2」
2020年のスマートフォン向けカメラは「コンピューテーショナルフォトグラフィ」全盛だった。複数の撮影を行い、それらをコンピュータによって解析し合成して1枚の写真を作り出すこと。そんな中で逆のアプローチをしてきた「Xperia 1 II」が面白かった。(2021/1/6)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
2021年は「呪術廻戦」が“ネクスト鬼滅” 「〇〇の呼吸」はもう時代遅れに?
若年層の関心について検討を深めると、2021年は鬼滅の刃でよく用いられた「○○の呼吸」や「全集中」といったワードが、「領域展開」という決めゼリフに置き換えられつつあることが分かった。今回は、「領域展開」という“謎の単語”の理解を深め、21年のトレンドを確認したい。(2021/1/1)

ハロー、自作キーボードワールド 第9回:
地上波進出、ハイエンドキーボードの流行──2020年の自作キーボード振り返り
2020年には「マツコの知らない世界」でも紹介された自作キーボード。2020年の主なトピックやトレンド変化を振り返る。(2020/12/31)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
テスラからの争奪戦が勃発、中国自動車業界へ参入するメガITの勝算
2020年の自動車業界の最大トピックは、トヨタを抜き世界首位となったテスラの時価総額だろう。販売台数ではトヨタの10分の1もないが、中国マーケットを取り込んで業界に変革を起こし、中国新興EVメーカーは勢力を拡大、さらにメガIT企業の参入も呼び込んだ。そこで21年に台風の目となりそうな、中国自動車業界の注目トレンドを紹介したい。(2020/12/31)

2020年のアキバまとめ後編:
多方面でAMDが存在感を示した1年――アキバの1年を振り返る【後編】
PCパーツ市場の動向を中心に振り返ると、トレンドを作ったいくつものジャンルでAMDが顔を出すことに気づく。コロナ禍の中で自作PCの新たな需要もわき起こった特殊な1年を、キーになったパーツごとにたどってみよう。(2020/12/30)

トレンドに突如表れた「クソデカ林製薬」にTwitter民困惑 「深夜に何があったのが誰か教えてくれ」
クソデカ林製薬のクソデカ糸ようじお得な30億本セット。(2020/12/29)

2020年のアキバまとめ前編:
空気感で追う新型コロナと秋葉原自作街――アキバの1年を振り返る【前編】
2020年の自作PCパーツ街を振り返るとき、新型コロナウイルスの存在を無視することはできない。流通と往来、モノの流行、売り場の雰囲気に至るまで、新型コロナの波に揺り動かされた1年だった。(2020/12/29)

「ドラクエ3」RTAで見事世界記録が誕生し「ホットプレート」がトレンドに 解説「これがホットプレートの力です」→ そして焼肉へ…
どこから突っ込んでいいのか分からないけどおめでとうございます!(2020/12/28)

6つのカテゴリーで整理
「テレワーク」実現で中堅・中小企業が成長するには
新型コロナウイルスの流行により、2020年に事業環境が悪化した中堅・中小企業は少なくない。場所にこだわらない勤務スタイルとして「テレワーク」が注目されているが、対応するIT人材や予算が限られていることもあり、継続することが難しい。どうすればよいのだろうか。(2020/12/28)

“VTuber言葉”デビュー配信でトレンドに 「スクールデイズ」一挙放送を自ら実況するという伝説を打ち立てる 「そっか覚醒してるんだぁ」
これは伝説だった……。(2020/12/26)

LINEリサーチ調べ:
「2020年に流行ったモノ」ランキング 58万人に聞いた結果は?
2020年に流行ったと思うものは? LINEが運営するLINEリサーチは、全国約58万人を対象に調査を実施した。(2020/12/26)

日本マクドナルドの活用事例も紹介:
Twitterの2020年新広告商品振り返り 「Branded Likes」「プロモトレンドスポットライト」他
2020年末になって広告ビジネスに活気が戻ったTwitter。新たな広告メニューをテストした日本マクドナルドの事例と共に、2020年の動向を振り返る。(2020/12/25)

「マスク」ツイート、団結→怒りに風向き変化 新型コロナのトレンド分析、Twitter Japanが公開
JX通信社が「マスク」とともにツイートされたハッシュタグをハッシュタグを分析。当初の団結ムードからいら立ちや怒りの声が増えてきたとの結果を、Twitter Japanのブログ上で公開した。(2020/12/25)

布袋寅泰、英ロンドンから「無事に帰国しました」 新型コロナ変異種流行で、英国からの入国制限敷かれる中
2021年1月に武道館でコンサートを予定。(2020/12/24)

“深津絵里”がクリスマスイブに突然のトレンド入り 伝説のCM連想させるNHKの手腕にバブル世代から反響
朝ドラ史上初の3人ヒロイン。(2020/12/24)

最も多く検索されたのは「SaaS」:
「DX」と一緒に検索されているキーワードとは ビズリーチが「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表
ビズリーチは「レジュメ検索トレンドランキング2020」を発表した。「SaaS」「クラウド」「DX」などの検索件数が2019年と比べて増加した。新型コロナウイルス感染症対策でDXが急速に進んだことが影響したとみられる。(2020/12/24)

原作者「半沢直樹は想像上の人物」 “モデル実在説”トレンド入りでうわさを否定
実際の名前の由来についても触れています。(2020/12/23)

Twitterトレンド大賞、1位は「コロナ(新型コロナ)」 最多いいね・リツイートは「100日後に死ぬワニ」
2位、3位には「#検察庁法改正案に抗議します」「緊急事態宣言」がそれぞれ選ばれました。(2020/12/22)

三菱UFJ銀行、新頭取に“半沢氏”就任へ → 「半沢頭取」がトレンドに
直樹ではない半沢氏。(2020/12/22)

「面白かった」「桃鉄やりたくなってきた」 総移動距離9000キロ、“リアル桃鉄”番組がトレンド入りの大反響
リアルでやっちゃうところがすごいな。(2020/12/22)

タイムアウト東京のオススメ:
東京、2020年のトレンド
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/12/22)

「ITmedia マーケティング」eBookシリーズ:
現代人の購買心理を知るキーワード「パルス消費」とは?(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定期でお送りしています。今回のテーマは「パルス消費」です。(2020/12/21)

「コロナはただの風邪」「なんで鬼滅観てないの」 2021年に持ち越したくない「流行禁句大賞2020」が強烈
2020年に置いていきたい。(2020/12/18)

2021年のカギを握る国内ITトレンドは? IDCが主要10項目を発表
IDCは、2021年の国内IT市場でカギとなる技術や市場トレンドとして「DXとFuture Enterprise」や「AIによる自動化」など主要10項目を発表した。2021年は企業が新たなビジネスモデルや競争の方法を模索する「ネクストノーマル」の時代が訪れるという。(2020/12/18)

DHC会長が自社サイトにヘイトメッセージ掲載で批判 「ドン引き」「おぞましいほど直球の差別」
ハッシュタグ「#差別企業DHCの商品は買いません」もトレンドに。(2020/12/16)

AI・機械学習のツール&ライブラリ:
PyTorch vs. TensorFlow、ディープラーニングフレームワークはどっちを使うべきか問題【2021年】
2大フレームワークであるTensorFlow/PyTorchに対して検索トレンドや研究論文数、Kaggle実用数などでの比較を行う。総括として「現状はどういう状況で、今後はどうなりそうか」について筆者なりの考察を加える。(2020/12/16)

「ネット流行語100」大賞は「鬼舞辻無惨」に決定 pixiv賞「ツイステ」、ニコニコ賞「たべるんごのうた」
無惨様ブラック企業大賞おめでとう! ってあれ?(2020/12/15)

サイバー攻撃で使われるシェルスクリプトの高度化を観測――トレンドマイクロ
シェルやシェルスクリプトは以前からサイバー攻撃に使われているが、最近内容の高度化が見られるとトレンドマイクロが指摘した。検出を回避するために難読化のテクニックを取り込まれつつあるとされている。今後さらに高度化する可能性がある。(2020/12/14)

クラウドサービスへの攻撃が増加:
2021年のサイバーセキュリティ動向を予測 ファイア・アイ
FireEyeは2020年11月、2021年における世界のサイバーセキュリティ動向を予測した報告書「グローバル・リセット:サイバーセキュリティ予測2021」を発表した。日本法人執行役副社長兼CTOの岩間優仁氏に、同書が示す2021年のセキュリティトレンドなどを聞いた。(2020/12/14)

流行に全力で乗っかるスタイル “爆チュー問題”、恒例のクリスマスライブは「鬼やっつけ隊」の剣士コント
爆チュー問題「全チューチューで観てねー!」。(2020/12/12)

やばい予感しかしない 過去映像だけで作られたドラマ「蛭子さん殺人事件」がカオスでトレンド入り
もはや発想の勝利。(2020/12/12)

石野純也のMobile Eye:
auの新料金プランはなぜ炎上したのか? 料金は他社と同水準も、不誠実な打ち出し方が問題
auの新料金プラン「データMAX 5G with Amazonプライム」は、データMAX 5Gとそれぞれのサービスを個別に契約するより、わずかながらお得になる。しかしネットには失望の声も広がり、いわば炎上状態になってしまった。Twitterでは「au解約」や「さよならau」がトレンド入り。新料金の特徴とともに、その理由を読み解いていきたい。(2020/12/12)

姿勢に共感:
大学生が最も尊敬する起業家・経営者 3位堀江貴文氏、2位孫正義氏、1位は2年連続で……
マイナビが「大学生が選ぶトレンドアワード2020」を発表。今年最も尊敬した起業家・経営者ランキングでは、前澤友作氏が2年連続で1位だった。前澤氏の活動や姿勢に共感する学生の票が集まった。(2020/12/12)

2020年の流行「全集中」な商店会ポスターが「もはや潔い」と話題 86歳の炭治郎は何者? 話を聞いた
「全集中!年末年始スタンプラリー」「倍返しの恩返し!」「ニジュー万円だ!」(2020/12/11)

2020年流行はネット配信から 巣ごもりで躍進 テレビ局も力
新型コロナウイルスの感染拡大で「巣ごもり」を余儀なくされた今年は、インターネットで配信される動画の影響力が増した一年となった。(2020/12/11)

新型コロナ、AI解析深化に30億円超 政府、3次補正に計上へ
政府が新型コロナ対策として、AIを活用した解析を深化させるため、2020年度第3次補正予算案に内閣官房の調査研究業務として30億円超を計上する方向で調整している。ビッグデータを活用して流行の兆しをつかむ技術の開発や富岳の活用を進める。(2020/12/11)

2020年流行はネット配信から 巣ごもりで躍進 テレビ局も力
コロナ禍で「巣ごもり」を余儀なくされた2020年は、インターネットで配信される動画の影響力が増した一年となった。地上波の番組を配信で見る人も増えており、テレビ各局は若年層を中心とする配信視聴者の取り込みにも力を入れる。(2020/12/11)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
トレーラーハウスも登場、“働く場所”をどう選ぶ? シェアオフィスのカタチを探る三井不動産の戦略
三井不動産は法人向けシェアオフィス「ワークスタイリング」の新サービスとして、個室特化型の施設を展開する。コロナ禍によって、個室の利用が3倍に増えたからだ。新サービスの狙いと、トレンドの変化に対応し続けるワークスタイリングの戦略を聞いた。(2020/12/11)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。