ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「流行」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(2):
電動化の先へ、自動車業界で加速する脱炭素技術開発 CES 2024レポート(後編)
この連載では、MONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。前回に続き、2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCESより、第2弾では自動車業界の脱炭素化のトレンドについて紹介します。(2024/2/20)

GU「2290円カーディガン」がお得すぎる! 1着なのにアレンジが多用で今年流行しそう
肌見せの割合を変えられます。(2024/2/19)

ハイテク企業は成長第一戦略から効率を重視した戦略へ転換:
生成AI以外も注目のIT業界に与える10のトップトレンド Gartnerが発表
Gartnerは「2024年にテクノロジープロバイダー(技術提供者)に影響を与えるトップトレンド」を発表した。(2024/2/19)

展示会、イメージが下がる企業の特徴は?
「展示会で見た際に、その企業のイメージが下がった」という声は2割近くに上ったことが、NEXERの運営する日本トレンドリサーチとリオエンターテイメントデザインによる調査で明らかとなった。展示会でイメージが下がる企業の特徴とは。(2024/2/19)

サンスター文具のデコット:
70年代に流行った「色変わりペン」が人気 51万本も売れた秘密を聞いた
サンスター文具の色変わりペン「DECOT (デコット)」シリーズが売れている。2024年1月末時点でシリーズ累計出荷数が約51万本とヒット商品に。開発の背景と発売後の反響を聞いた。(2024/2/19)

マルチモーダルAI、小規模言語モデル、シャドーAIなど:
IBM、2024年に注目すべき9つのAIトレンドを解説
IBMは、2024年に注目すべき最も重要な9つのAIトレンドを公式ブログで解説した。(2024/2/16)

日本市場に対応したバックアップを提供 ヴィームが製品アップデート状況を解説
ヴィームは事業戦略説明会を開催し、データ保護における4つのトレンドを踏まえて、レッドハットとの協業や自社製品アップデートの最新状況を発表した。(2024/2/14)

世界の展示会で見たモノづくり最新動向(1):
ここまで進んだ自動車業界の生成AI活用 CES 2024レポート(前編)
この連載ではMONOistとSalesforceのインダストリー専門家が協力して、世界各地の展示会から業界の最新トレンドをお届けします。第一弾では2024年1月9日〜12日にかけて米国のラスベガスで開催されたCES (Consumer Electronics Show)より、自動車業界の生成AI活用のトレンドについて紹介します。(2024/2/19)

元KOHH、引退から2年ぶりの新名義デビュー曲がトレンド入りへ “王者の復帰”に感動交じりの反響「急な伝説の再開」「サプライズ過ぎ」
“あのころ”と良い意味で変わってない。(2024/2/13)

MetaのThreads、Twitterの「トレンド」的な「topics」テスト開始
Metaは、Twitter(現X)の「トレンド」のような機能のテストをまずは米国で開始した。検索ページと「For You」フィードにAIが選んだトピックが表示される。(2024/2/13)

あなたはどっち派? 顔の右側を2014年、左側を2024年の“流行り”に仕上げた半顔メイクに反響集まる【海外】
特に印象が異なるのは目元。(2024/2/13)

Microchip Technology 社長兼CEO Ganesh Moorthy氏:
PR:「6つのメガトレンド」に照準 2023年の難局を切り抜け、長期成長の基盤を固めたMicrochip
5GやIoT、データセンター、eモビリティなど「6つのメガトレンド」にフォーカスして事業展開を進めるMicrochip Technology。2023年は世界的に半導体需要が減速する中にあっても、長期的成長に向けた戦略を推進し、難局を突破した。引き続き需要の先行きが見えない2024年だが、マクロ経済環境が好転した際に機を逃さない万全の態勢を整備し、主要メガトレンド分野における顧客の課題を解決するトータルシステムソリューションを強化しているという。今回、同社の社長兼CEO(最高経営責任者)を務めるGanesh Moorthy氏に2024年の事業戦略を聞いた。(2024/2/8)

Maketing Dive:
Cookieレスと生成AIでマーケターの未来は明るい? 真っ暗?――「Marketing Dive」の8つの予言【7】【8】
「Maketing Dive」が予言する2024年のトレンドの7つ目「透明性へのアプローチが変わる」と8つ目「AIに対する目はますます厳しくなる」について詳しく紹介する。(2024/2/10)

竹内結子さん主演「ランチの女王」が令和にトレンド入り 初の無料配信決定で「マジで最高なドラマ」の声
2月11日から無料配信されます。(2024/2/8)

X代替なるかSNS「ブルースカイ」、招待制廃止で誰でも利用可能に
ツイッター(現X)の共同創業者、ジャック・ドーシー氏が開発した新たなSNS「ブルースカイ」が6日(日本時間)、従来の招待制を廃止し、誰もが登録可能になった。日本語対応も果たし、SNS上では「招待制廃止」「招待コード不要」などの言葉がトレンドに上がった。(2024/2/7)

「不適切にもほどがある!」が初回の歴代記録を更新 無料配信総再生数340万回を突破
X(Twitter)にも2週連続でトレンド入り。(2024/2/5)

櫻坂46、2024年初シングルの全ジャケ写解禁 BACKS曲情報も→「ちゅけセンター」トレンド入り
ちゅけセンター!(2024/2/5)

Cybersecurity Dive:
米国の専門家たちが2024年に注目する「5つのサイバーセキュリティトレンド」
ランサムウェアの脅威はかつてないほど深刻で、予防策は依然として不十分であり、新たなインシデント報告とコンプライアンス規制の波が押し寄せている。専門家たちが2024年に注目する5つのセキュリティトレンドとは。(2024/2/3)

「寿司」「焼き鳥」「天丼」に注目集まる 高級立ち食い店のトレンド調査
ホットペッパーグルメ外食総研が「高級立ち食い店」に関する調査結果を発表した。(2024/2/3)

クロちゃん、前代未聞の急な“100万円捜索”でトレンド独占 万札の束手にした“雄姿”に評価うなぎのぼり「急な生放送なのに面白い」「すごいテレビw」
芸人の底力を見た。(2024/2/1)

【節分レシピ】巻きす不要、子ども喜ぶ「トラの恵方巻」作り方が580万再生 「天才です」「めちゃかわいい、流行りそう」
節分の食卓を華やかに。(2024/2/1)

期待されつつもトレンド入りは難しそうなテクノロジーを予測:
エンタープライズ5Gや折りたたみ式端末は2024年のトレンドになる? ならない?
ABI Researchは2024年、期待されてはいるが実現困難なテクノロジーについての予測を発表した。エンタープライズ5G、折りたたみ式端末の主流化などを挙げた。(2024/1/30)

「このApple IDは有効ではありません」と表示されるトラブルが複数発生 Xトレンド入りする事態に
1月28日ごろからApple IDでトラブルが起きたとする報告が相次いでいる。複数のユーザーで発生しており、X(旧Twitter)でも「Apple ID」がトレンド入りする事態となっている。(2024/1/29)

Social Media Today:
TikTokは非ゲームアプリ10年分の収益を3カ月で稼ぐ――2024年のモバイルアプリトレンド【前編】
主要モバイルアプリの利用トレンドをまとめた「2024年版モバイル市場年鑑」がリリースされた。その中から注目すべきトピックスを紹介する。(2024/1/29)

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

男性が選ぶかっこいいと思う輸入車 3位「ラングラー」、2位「Sクラス」、1位は?
NEXERが運営する日本トレンドリサーチが、グーネット中古車と共同で「かっこいい輸入車」に関するアンケート調査を実施した。男性が選ぶかっこいいと思う輸入車の1位とは。(2024/1/28)

AI基礎解説:
多くの産業分野で導入が進むAI、2024年に注目すべき3つのトレンド
多くの産業分野で導入が進むAI(人工知能)はさまざまな変革をもたらしている。本稿では2024年のAIに関する注目すべき3つのトレンドを取り上げる。(2024/1/26)

2023年10〜12月にZ世代に流行ったもの 3位「ちょんまげ小僧」、2位「ちいかわ」、1位は?
LINEヤフーが運営する「LINEリサーチ」は、若年層の流行に関する定点調査(2023年下半期)の結果を発表。12月期(10〜12月)の1位は「BeReal」だった。(2024/1/25)

生成AIは金融企業を破たんさせる? データ分析の専業ベンダーが示す2024年の変化とは
SASは2024年の金融サービス業界のテクノロジーとトレンド予測を発表した。銀行破綻の増加、生成AIによる詐欺の洗練、気候変動による保険業界の危機、AIを利用したリスク管理の強化などが予測されている。(2024/1/24)

自動車/航空宇宙業界も注目:
PR:3Dプリンター活用をもっと身近に! 「3D-FABs」が選ばれる理由とは
オリックス・レンテックが2023年5月に提供を開始した3Dプリントの造形シミュレーションサービス「3D-FABs」。手持ちの3D CADデータを使って造形の可否判定から費用の概算までワンストップかつ無料でできるWebサービスだ。利用者の反応やユースケース、金属3Dプリンター活用のトレンドを担当者に聞いた。(2024/2/5)

サイバーセキュリティトレンドと取るべき戦略を紹介:
ゼロトラスト、LotLランサムウェア――2024年CISOが直面するセキュリティ上の課題トップ6とは
Broadcomは、CISOの意思決定の在り方を大きく変えるサイバーセキュリティトレンド6選を同社の運営するセキュリティブランド「Symantec」の公式ブログで公開した。(2024/1/23)

HANNOVER MESSE 2024:
データ共有やAI、水素など最先端の産業トレンドが一堂に、ハノーバーメッセ2024
ドイツメッセは東京都内で記者会見を開き、ドイツのハノーバーで開催する世界最大級の産業展示会「ハノーバーメッセ(HANNOVER MESSE)2024」の概要や見どころを説明した。(2024/1/22)

PR:20年前に流行した「オールインワンERP」に再び脚光 令和になぜ? 「mitoco ERP」で考える“全体最適化”のインパクト
(2024/1/19)

「崖」だけでは済まない 2024年にERP刷新の責任者が知るべき10の技術トレンド
企業経営の核をになうERPの導入、刷新担当者が抱えるプレッシャーは過去最大級といえるだろう。責任者として押さえておくべきトレンドをまとめておこう。(2024/1/19)

医学部へ進学、周りに「いる」が約2割 大変そうだったことは?
日本トレンドリサーチを運営するNEXERは、全寮制医進予備校を運営する太宰府アカデミーと共同で、医学部受験に関する調査を実施。その結果、「周りに医学部へ進んだ人がいる」は22.4%だった。(2024/1/19)

Splunkが「2024年の予測レポート」を発表 経営層、CISO、CIOが知るべき最新トレンド
Splunkは「2024年の予測レポート」を発表した。AI時代に向けて「エグゼクティブ」「セキュリティの専門家」「オブザーバビリティの専門家」が知るべきトレンドをまとめた。(2024/1/19)

2025年までにデータセンターのストレージ容量は約8.4ゼタバイト規模に:
2024年以降もテープストレージの利用が進む4つの理由
Tape Storage Councilは、2023年のテープストレージ業界のトレンド、展望をまとめた「Tape Storage Council Market Outlook 2023」を発表した。(2024/1/17)

セキュリティニュースアラート:
アカマイ、2024年のクラウドとセキュリティの最新トレンドを公開
アカマイはクラウドおよびセキュリティについて2024年のトレンドを発表した。ハイブリッド/マルチクラウドの普及やAIを活用したランサムウェアの出現などが予測されている。(2024/1/17)

Weekly Memo:
「生成AI」はセキュリティをどう脅かすのか? 大手5社の脅威予測から探る
2024年も話題の中心になりそうな生成AI。そのリスクを大手セキュリティベンダーはどう見ているのか。トレンドマイクロやVeeam Software、Trellix、CrowdStrike、そしてネットワーク大手でセキュリティも手掛けるCisco Systemsが発表した脅威予測から探る。(2024/1/15)

中国vivoのカメラ特化スマホ「X100 Pro」を試す 10万円台でこの性能は驚異的
vivoはここ数年で一気にカメラ性能特化の機種を展開し、業界トレンドをけん引するところまで登りつめたメーカーだ。「vivo X100 Pro」は中国向けの上位モデルだが、そのカメラ性能について詳しく見ていきたい。(2024/1/15)

東京都心で初雪 「大粒の雪きた」「降ってきた!」 雪降る様子、SNSに続々
「東京初雪」がトレンド入り。(2024/1/13)

「頭おかしい」「変態すぎるだろ」 トヨタ世界初公開の新車、衝撃のオプション装備でSNSをざわつかせる事態に→トレンド入り
マジか。(2024/1/12)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
今年はどんなデジカメが登場する? メーカー動向と技術トレンドから予想してみる
2023年に発売されたデジカメは一時期に比べて少ないものの、小型軽量で価格も手頃なカジュアルなモデルが充実していた。では今年は?(2024/1/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜ「ちゃん系ラーメン」支持される? 背景に高齢化 こってり、がっつりだけではない新潮流
「ちゃん系ラーメン」と呼ばれるラーメン店が都内を中心に流行している。その背景にあるのは高齢化だと筆者は指摘する。ラーメンの潮流から最新の動向を読み解く。(2024/1/5)

Social MediaToday:
2024年、成功したいデジタルマーケターがやるべきこと5選
2024年のマーケティングプランニングにおいて注目すべき5つの主要なトレンドについて、ポイントを絞って解説する。(2024/1/4)

石野純也のMobile Eye:
Pixelの大躍進、折りたたみスマホの民主化、安ハイエンドの台頭――2023年のスマホ動向を振り返る
2023年のスマートフォンは出荷台数が大きく低下。その反面、フォルダブルスマホのラインアップが広がったことに加え、より手に取りやすい価格帯のハイエンドモデルのラインアップが徐々に増えた。機能面では、IT業界のトレンドともいえる生成AIをデバイス上の処理で実現する動きも健在化している。(2023/12/30)

ハロー、自作キーボードワールド 第13回:
もはや「◯軸」呼びは古すぎる “最高のメカニカルキーボード”に不可欠なキースイッチ最新事情と選び方
HHKB Studioでも話題になった「メカニカルキースイッチ」。赤軸や青軸といった呼び方がかつては主流でしたが現在では? いまトレンドのキースイッチがどんな観点で評価されているのか、自作キーボード開発者のびあっこさんが解説。(2023/12/29)

23年ネット流行語の認知度 2位「ウマ娘 プリティーダービー」、1位は?
2023年にネットで流行した言葉の認知度について調査。回答者を50代以下と60代以上に分け、それぞれの結果をランキング化した。(2023/12/29)

古田拓也「今さら聞けないお金とビジネス」:
「無料で通い放題」のカラクリは? 相次ぐ脱毛サロン倒産、その“詐欺的”なカネの流れ
駅やテレビといった権威性のあるメディアや有名人を起用することで女性の若年層をターゲットにする脱毛サロン業界。足元では、SNSを中心に、お試し施術で高額なギフト券をプレゼントするという趣旨の広告展開も流行している。しかし、その内実は「美容版ポンジスキーム」とよんでもいいほどの、ずさんな内容であると言わざるを得ない。(2023/12/29)

スノボ・スキーで人気の国産車 3位「アルファード」、2位「ハイエース」、1位は?
スノボやスキーに行く際、乗りたいクルマは何か。日本トレンドリサーチ・グーネット中古車が共同で調査した結果を発表した。(2023/12/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。