ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「Twitter議員」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Twitter議員」に関する情報が集まったページです。

データ放送画面にTwitterのつぶやき TBSの参院選開票特番で
TBSが7月11日の参院選開票特番で、Twitterと連携したデータ放送を行う。番組を見ながら参院選に関するつぶやきを追いかけられる。(2010/7/6)

ネット選挙解禁法案、成立は絶望的か 鳩山首相退陣で
鳩山首相の退陣表明で国会審議がストップし、重要法案の成立が不透明に。ネットを使った選挙運動の解禁を盛り込んだ公職選挙法改正案の成立も、極めて厳しい状況だ。(2010/6/3)

どう思う? Twitter議員の“国会中継”
Twitterを使う国会議員が増えており、「国会にPCを持ち込み、リアルタイムにつぶやく」と宣言する議員も登場。「情報源が増え、画期的」と歓迎する声がある一方で、「議員は議論に集中すべきだ」という批判も起きている。(2010/1/26)

ウェブ学会シンポジウム:
「初音ミク出馬」も? ネットが導く「民主主義2.0」
ネットは民主主義をどう変えるか――12月7日の「ウェブ学会シンポジウム」で、濱野智史さんや東浩紀さん、津田大介さんなどが議論した。(2009/12/7)

ネット選挙解禁、懸念は“炎上” 議員向けに勉強会、Twitter議員がリポートも
国会議員などがネットの政治活用について学ぶ勉強会が開かれ、Twitterで様子をリポートする議員も。ネットで情報発信した際の“炎上”を心配する声が挙がっていた。(2009/11/25)

Web研究を日本から世界へ 「ウェブ学会シンポジウム」が12月7日に
第一線の研究者などが、Web研究やビジネスについて議論する「ウェブ学会シンポジウム」が開かれる。国会図書館の長尾館長や批評家の東浩紀さん、ジャーナリストの津田大介さんらが参加する。(2009/11/18)

「今年と同じ選挙でいいですか?」 ヤフー、ネット選挙活動の解禁求め署名活動
インターネット上の選挙活動解禁を求める署名活動をヤフーがスタート。来夏の参院選での実現を目指し、国会議員や関係省庁に働きかけていく。(2009/10/28)

ネットの逆流(22):
記者クラブという降り積もった塵をネットメディアは掃除できるか
ついに政権交代が実現した。しかし、当初実施されるとみられた「記者クラブ」の開放が成らなかったことに批判が寄せられている。記者クラブには国民の税金も投入されている。「徹底的に無駄を省く」とする中で、民主党はこの問題にどう対処するのか。(2009/9/21)

企業とTwitterの向き合い方:
Twitterを使っているのは誰なのか
Twitterの流行に伴い、マーケティングやプロモーションにTwitterを使う企業が出始めている。本連載では4回にわたり、企業のTwitter活用法を取り上げる。まずはTwitterユーザーの実態を明らかにしよう。(2009/9/16)

オルタナブログ通信:
インターネットと選挙――オルタナブロガー、かく語りき
200組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々、発信するビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は、「夏の思い出」「Twitter」「選挙」をテーマに紹介する。(2009/9/11)

「当選確実なう」 Twitter議員がつぶやく
8月30日投開票の第45回衆院選で、北海道8区で当選を確実とした民主党前職の逢坂誠二さんが、Twitterで「当選確実なう」とつぶやいた。(2009/8/31)

自民、民主が公示後もサイト更新 「政治活動なら問題なし」 候補者サイトは沈黙
自民党と民主党がそれぞれ、衆院選公示後もWebサイトの更新を続けている。両党ともサイト更新を「政治活動」と位置付け。総務省も「問題ない」とみている。(2009/8/24)

Twitter定点観測:
Twitterは進化をやめない
Twitterは日々進化を続けている。公式機能としてのRTの実装や新たなトレンド分析サービスの台頭はユーザーの働き掛けから広がったものだ。一方で選挙活動において政治家はTwitterを使えなくなるなど、問題も見えてきた。8月中旬のTwitter動向を振り返る。(2009/8/22)

オルタナブログ通信:
Twitterの限界
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、200組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々、発信している。今週は、その中から「花火大会」「地震」「Twitter」「携帯電話」をテーマに紹介する。(2009/8/21)

ねとらぼ:
「理不尽」「悪法も法」──衆院選公示、“Twitter議員”もつぶやき停止
衆院選が公示され、各党の党首が街頭で第一声を上げたが、ネット上では各党・候補者とも沈黙している。いわゆる“Twitter議員”の候補者も一斉につぶやきをストップした。(2009/8/18)

Twitter議員のつぶやきをニコニコ動画に“勝手に”表示
Twitterを利用している国会議員・前議員のつぶやきをニコ動の動画視聴画面に“勝手に”流す試みが始まった。(2009/8/12)

オルタナブログ通信:
Twitterは政治“家”を変えるのか?
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、200組を超えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを日々、発信している。今週は、その中から「Twitter」「携帯電話」そして「死ぬまでに成し遂げたい3つのこと」をテーマに紹介する。(2009/8/7)

ネットの逆流(20):
Twitterとマスメディアは連携できるか
朝日新聞社など、マスメディアによるTwitterが始まった。政治家による国会中継も行われた。果たしてTwitterは新たなメディアの発信源になるのか。マスメディアはTwitterをいかにして使うべきなのだろうか。(2009/7/25)

オルタナブログ通信:
Twitter議員は政治を変えるのか
ITにまつわる時事ネタなどを、200組を超えるブロガーが日々発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。今週は、その中から「ネットと政治」「Twitter」「携帯電話」「エコ」をテーマに紹介する。(2009/7/17)

Twitterは政治や報道を変えるのか
オバマ大統領がTwitterを使い、イランでは改革派の若者がTwitterで世界に情報発信している。日本でも国会議員が使い始めた。Twitterは政治や報道を変えるのか。津田大介さんなどが議論した。(2009/7/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。