ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国会」に関する情報が集まったページです。

スケバン娘登場の「不適切にもほどがある!」、元祖“ヤンキーキャラ”が食いつく「ん?……私が出てきた!」 タレントから40年後の転身に反響「人生わからない」
元祖ヤンキーキャラから国会議員へ。(2024/2/25)

ただならぬ不穏な雰囲気……! 雪の降る国会議事堂を撮った写真が“あのアニメ”を思い出させる
1台だけ停まってるパトカーが不気味……!(2024/2/6)

衆院のデジタル化へ与野党各会派が検討会 質疑のオンライン化、ペーパーレス化など検討
与野党が、衆院の各会派代表者らによる国会のデジタル化に向けた検討会の初会合を国会内で開いた。会合では、委員会の参考人質疑などの際にオンラインを活用することやペーパーレス化のさらなる推進、各委員室へのモニターの設置などが検討項目として挙げられた。(2024/1/30)

蓮舫、30年以上前の“パンクスタイル”で故人を追悼 グラドル時代の逆髪&ラメ服姿に「モデルも超一流」「マリリンマンソン?」
この13年後に参議院議員になった蓮舫さん。(2024/1/6)

石川温のスマホ業界新聞:
自民党がNTT法のあり方を検討する組織を格上げ ――次の衆院選を乗り切り、NTT法廃止にこぎ着けられるか
自民党内の「『日本電信電話株式会社等に関する法律』の在り方に関するプロジェクトチーム」が、特命委員会に格上げされるという報道が一部でなされている。甘利明衆議院議員が旗振り役のようだが、もくろみ通りNTT法を廃止できるかは、今後の自民党の情勢次第となりそうだ。(2023/12/24)

SEMICON Japan 2023:
「Rapidusは是が非でも成功させる」、東会長が強調
「SEMICON Japan 2023」(2023年12月13〜15日/東京ビッグサイト)のオープニングのキーノートパネルには、Rapidus 取締役会長の東哲郎氏の他、自由民主党 衆議院議員 自民党 経済安全保障推進本部 本部長 半導体戦略推進議員連盟 会長の甘利明氏らが登壇した。東氏は、Rapidusについて「是が非でも成功させる」と強調した。(2023/12/19)

NTT法の再来年廃止、島田社長「私どもは言っていない」自民提言こだわらぬ姿勢
NTT法の見直しを検討する総務省の有識者会議は、NTTの島田明社長ら通信大手4社の首脳を招き意見を聞いた。島田氏は2025年の通常国会をめどにNTT法を廃止すべきだとした自民党プロジェクトチーム(PT)の提言について「私どもが言っているわけではない」と述べ、期限にこだわらずに議論すべきだとの考えを示した。(2023/12/13)

「NTT法は2025年をめどに廃止を」自民党が提言 NTTは「法整備等の議論に積極的に協力する」とコメント
自由民主党 政務調査会が12月5日、NTT法の在り方に関する提言をまとめた。所要の法改正などを行った上で、現行のNTT法は2025年の通常国会をめどに廃止することを求めた。提言を受け、NTTもコメントを発表している。(2023/12/5)

KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなど181者が意見表明 NTT法廃止は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判
KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルなどの電気通信事業者や地方自治体など181者が12月4日、NTT法見直しに関する意見表明を行った。2025年の通常国会をめどに、NTT法の廃止を求めるとの報道があった。この決定は「国民の声を十分に聞いたものとはいえない」と批判する。(2023/12/4)

石川温のスマホ業界新聞:
NTT法は2025年の通常国会までに「廃止」が「既定路線」か――防衛財源の確保という「建前」はうやむやに
自民党のプロジェクトチームにおいて議論されている「NTT(日本電信電話)」の在り方。2025年の通常国会(常会)をめどに“廃止”する方向で調整されていることが分かった。2024年は、NTTを含め日本の通信業界全体が“激動”する可能性がある。(2023/12/3)

国会内でスマホ解禁を 河野太郎氏への注意が契機、高まるデジタル化の気運
与野党からスマホの使用禁止を疑問視する声が挙がっており、国会でデジタル化への対応の機運が高まりつつある。(2023/11/29)

ふぉーんなハナシ:
答弁中にスマホを取り出して注意された河野デジタル大臣 何を調べていたの?
11月27日の参議院予算委員会で、河野太郎デジタル大臣が、答弁中にスマートフォンを利用して注意される場面があった。参議院の委員会ではスマートフォンの使用が禁止されている。ただ、答弁の前後を聞くと、調べていたのは意外な内容だった。(2023/11/27)

河野大臣、参院予算委の答弁中にスマホ利用→「控えて」と注意受ける SNSでは賛否両論に
11月27日に開かれた参議院予算委員会で、河野太郎デジタル大臣がスマートフォンを使い、注意を受ける一幕があった。(2023/11/27)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
356億円が消えた「クールジャパン機構」の大失態 その“楽観的すぎる計画”の中身
10月31日の国会中継では、官民出資のファンドである「クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)」の356億円にも上る巨額の累積損失が厳しく追及された。日本のアニメ、ファッション、食品などの文化コンテンツを海外市場に展開することを目的とするファンドだが、運用上の問題や損失が度々指摘されており、その経営効率と透明性が問題視されている。(2023/11/6)

小泉進次郎氏「紙ですか?」 国会改革巡り持論
自民党の小泉進次郎元環境相は10月27日の衆院予算委員会で、ペーパーレス化進展などの国会改革について持論を述べ、岸田文雄首相の見解を求めた。(2023/10/27)

「マイナカード、国会でどう議論された?」 議事録を自然文で検索できるChatGPTプラグイン公開
ChatGPT上で動作する、国会議事録の検索プラグイン公開。「マイナンバーカードのセキュリティ問題について、国会で出た主な意見を整理して教えて」などと自然文に回答。(2023/6/19)

技術継承問題も解決:
ホリエモンの宇宙ビジネスに政府が投資していく理由 スタートアップ支援に勝機あり
自民党政権は、日本経済が再成長するのに必要な産業の一つが宇宙・海洋だと見ている。スタートアップ推進議員連盟事務局長の今枝宗一郎衆議院議員は「宇宙ビジネスは世界で勝ち筋がある市場だ」と語った。インターステラクノロジズの事例から、ビジネスで市場参入を後押しする機会をどう見極めるかを探りたい。(2023/6/14)

国会図書館でも未解決の「もう一度読みたいけど題名を忘れた本」がTwitterの集合知で即特定 「AIもいいけど“物知り”もすごい」と話題
わずか45分で答えが出ていました。(2023/5/26)

健康保険証廃止、マイナ保険証に一本化する、マイナンバー法改正法案衆院可決
4月27日、健康保険証を廃止しマイナンバーカードに一本化することなどを盛り込んだ、マイナンバー法改正案が衆議院で可決した。成立すれば、2024年秋に健康保険証を廃止し、カードに一本化する方針だ。(2023/4/27)

OpenAI・アルトマンCEOのプレゼン資料が公開 自民党に何を語ったか
米OpenAIのサム・アルトマンCEOが自民党本部での会合で使ったプレゼン資料がネット上で閲覧可能になった。会合に出席した塩崎彰久衆議院議員が公開した。(2023/4/11)

河野大臣、ChatGPTなどのAI活用は「積極的に考えていきたい」 霞が関の働き方改革巡り答弁
河野太郎デジタル大臣が、衆議院内閣委員会の答弁で、政府におけるChatGPTなどAI活用について「積極的に考えていきたい」と考えを述べた。(2023/4/7)

ChatGPTが国会にも登場、質問案を作成 岸田総理 vs.AI で答弁の比較も 誠実なのはどっち?
2022年にAIチャットbot「ChatGPT」が出現して以降、多くのユーザーが利用し話題になっている。このほど国会議員がChatGPTで質問を作成し、岸田文雄内閣総理大臣に問いかける一幕が見られた。(2023/3/29)

「NISAの資産を使い国産SNSを開発」 参政党の神谷議員の国会質問が話題に 発言の真意は?
参政党の神谷宗幣議員が「NISAで集まった国民の資産で、国産SNSの開発などを行い、事業利益を非課税で国民に分配するような仕組みを考えて欲しい」と要望したというツイートが話題(2023/3/17)

「リスキリング」ってどういう意味? リスもゲームも無関係 DX・AI化と深い関わり 岸田発言で物議
産休・育休中の「リスキリング」を後押しする――1月27日、岸田文雄首相が国会の答弁で行ったこんな趣旨の発言が物議をかもしている。(2023/2/1)

働き方の見取り図:
国会でも問題視 障害者雇用「支援」サービスは、何が問題なのか メリットとデメリットを冷静に整理する
障害者雇用の「代行」サービスを巡る報道が物議を醸している。批判が集まる一方で「雇用はされている」と擁護する声も。実際のところ、何が問題なのか。メリットとデメリットを整理する。(2023/1/23)

図書館の「貸出ゼロ特集」話題に 今まで一度も貸し出されていない本を集めたコーナーに「相当やり手な人がプロモしてる」の声
国会図書館で催してほしいです。(2022/11/17)

マイナカード推進、「是非をいちいち国民に聞いて進めるものではない」平井卓也初代デジタル大臣
幕張メッセで開催された「ブロックチェーンEXPO」の講演で、初代デジタル庁大臣を務めた平井卓也衆議院議員が、マイナンバーカードの普及に対して持論(2022/10/27)

レトロな明治・大正のデザインにうっとり 著作権フリーのビジュアル資料をまとめた国立国会図書館「NDLイメージバンク」が話題に
創作にもいろいろ使えそう!(2022/8/18)

閣僚にも働き方改革?:
「今晩遅くなるので」──就任会見延期で話題の河野太郎デジタル相 きっかけに過去の問題提起
前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員がデジタル相に就任した。2021年9月の自民党総裁選出馬に向け、大臣を辞任して以来、約1年ぶりの閣僚復帰となる。(2022/8/11)

マストドンつまみ食い日記:
参院選当選の暴露系YouTuber「ガーシー」、SNSをマストドンに立てる
マストドン連載、ひさびさの話題は、暴露系YouTuberで参院選に当選したガーシーこと東谷義和さんによる独自SNSだ。(2022/7/15)

赤松健氏に53万票 参院選比例候補トップ
参院選で、自民党の比例から立候補し、当選した漫画家の赤松健氏に投じられた個人名票は約53万。全政党の比例候補者中トップだった。(2022/7/12)

電力、夏は安定供給できる見通しに 「クーラーを上手に使って」と岸田首相
岸田文雄総理大臣は11日、参議院選挙の結果を受けて行われた記者会見の場で、今夏は電力を安定供給できる見通しになったと明らかにした。(2022/7/11)

自民党の生稲晃子さん陣営、テレ東に「事実と異なる」と抗議 陣営が「国会議員としての資質足りない」と発言したとの報道
国会議員としての資質を問う声が上がっていました。(2022/7/11)

市川レポート 経済・相場のここに注目:
参院選の結果と日本株への影響を考える
26回参議院議員通常選挙は7月10日に投開票が行われました。株式市場は、参院選での与党勝利と岸田政権長期化の可能性について、相応に織り込んでいたと思われ、選挙結果は想定内とみられます。(2022/7/11)

「応援して良かった!」「日本終わってる」 暴露系YouTuber「ガーシー」が参院選当選で賛否渦巻く
“異例の事態”を受け、今後の政局を心配する声もありました。(2022/7/11)

参院選、「漫画家初」赤松健氏当確 暴露系YouTuber「ガーシー」氏も
7月10日に投開票が行われた参院選で、自民党の比例から立候補した漫画家の赤松健氏の初当選が確実に。N党から比例で出馬した“暴露系YouTuber「ガーシー」”こと東谷義和氏も当確。(2022/7/11)

業界シェア率8割:
「たなかたろう」を「田中太郎」とすぐ判断 選挙の開票作業を救う「分類機」の仕組みとは
7月10日に行われる参院選の開票作業において、活躍が期待されるのが、ムサシが手掛ける選挙機器だ。中でも、有権者が記入した投票用紙の文字を識別し、候補者ごとに自動で分類する「投票用紙読取分類機」は、開票作業の効率化に大きく貢献している。(2022/7/10)

誕生から35年:
実は「紙」じゃなかった! 書き心地“半端ない”「投票用紙」の正体と開発秘話
参院選に採用されている「投票用紙」の素材や開発秘話を取材した。(2022/7/10)

投票に行かないことによるデメリットとは…… 参院選が迫る中、大事なことを教えてくれる漫画
今回の参議院選挙のあと、衆議院の解散がなければ、次の国政選挙は3年後。(2022/7/8)

スタグフレーションの時代【後編】:
森永康平が斬る 「値上げラッシュ本格化」の深層、「若者の結婚離れ」のウソ
参院選の各党の政策が出そろう中、政府も「骨太の方針」をはじめとする経済政策の方向性の議論を重ねている。経済アナリスト森永康平氏は、緊縮財政か積極財政かを議論する前に、そもそも税金の役割がきちんと理解されていないことが問題だと指摘する。値上げラッシュがなぜ本格化したのかといった疑問や、税金の本来の役割、少子化や地方の衰退といったテーマについて聞いた。(2022/7/8)

Twitterユーザーが注目する参院選の争点 2位は「憲法」、1位は? JX通信社が調査
Twitterユーザーが注目する参院選の争点は? 報道ベンチャーのJX通信社がこんな調査の結果を公開した。6月22日から7月5日に公開された、Twitterの投稿約1000万件(リツイート含む)を分析。最も言及された回数が多いのは「経済・物価高」の話題だった。(2022/7/7)

全国約50社・2500店舗以上が参加:
投票すると「ラーメン替え玉1杯無料!」 “選挙割”を実施する企業はなぜ増えたのか?
7月10日投開票の参議院選挙に向けて、「選挙割」という活動に参加する企業・店舗が増えている。選挙割の仕掛け人で、主催団体の選挙割協会の佐藤章太郎代表理事に、活動開始の経緯や企業が参加する狙いなどを聞いた。(2022/7/8)

Tinderアプリ内で若者に投票を呼び掛け 狙いは?
Tinder Japan(東京都港区)は、同社のアプリ「Tinder」で、参議院選挙に合わせて加入者に投票を呼び掛けることによって若者にアプローチする。若者の政治参加を目指す一般社団法人「NO YOUTH NO JAPAN」とパートナーシップを組み、シナジーを狙う。期間は投票日の7月10日まで。(2022/7/7)

「結局どこに投票すればいいんだろう……」 そんなあなたのために、選挙で参考になるサイトをまとめてみました
今回の参議院選挙のあと、衆議院の解散がなければ、次の国政選挙は3年後に。(2022/7/6)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
なぜ“交通系の話”はあまり出てこないのか 「参院選 2022」の公約イッキ見
参議院選挙が始まった。125議席に対して545人が立候補し、公示は6月22日、投開票は7月10日。赤字ローカル線廃止、新幹線建設、鉄道事業者経営危機、モーダルシフトなど、鉄道のみならず交通分野は問題山積だ。545人の立候補者のうち、何人が交通問題を公約に明記しているか。(2022/7/4)

「最高」「攻めてる」 テレ東、“参院選前”の選挙動画が話題に 「視聴者から『投票前に』という声が寄せられていた」
テレ東に配信を始めた理由を聞きました。(2022/7/1)

スマートニュース、国会議案データベースを無償公開 過去20年分をGitHubで
国会の過去20年分以上の議案データを収集・整理し、オープンデータ化した国会議案のデータベースを、スマートニュースがGitHubで無償公開した。(2022/7/1)

河野太郎議員のツイートで明らかに:
外務省、“ほぼ”FAX廃止→原則メールに 企業では意外と現役?
外務省が、一部を除き、FAXの利用を原則廃止していたことが分かった。前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員のツイートで外務省のFAX廃止が話題となっており、外務省に確認したところ、事実関係を認めた。業務効率化や紙の使用量削減などが主な狙いだという。(2022/6/23)

ヤフーが“政党マッチング診断”公開 10個の設問で意見の合う政党が分かる
第26回参議院議員選挙の公示を受け、ヤフーが、10個の設問に答えると自分の考えと近い公約を掲げている政党が分かる「政党との相性診断」サービスを公開した。(2022/6/22)

参院選の投票に行くと最大100万円相当が当たる NewsDigestアプリがキャンペーン
JX通信社の運営するニュース速報アプリ「NewsDigest」は、最大100万円相当のポイントが当たる「NewsDigest 投票率アゲアゲ!選挙でポイ活祭」を開始。対象は参院選の投票に参加し、アンケート回答したユーザー。(2022/6/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。