ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「国会」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「国会」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

河野太郎議員のツイートで明らかに:
外務省、“ほぼ”FAX廃止→原則メールに 企業では意外と現役?
外務省が、一部を除き、FAXの利用を原則廃止していたことが分かった。前行政・規制改革担当相で、自由民主党(自民党)の広報本部長を務める河野太郎衆議院議員のツイートで外務省のFAX廃止が話題となっており、外務省に確認したところ、事実関係を認めた。業務効率化や紙の使用量削減などが主な狙いだという。(2022/6/23)

ヤフーが“政党マッチング診断”公開 10個の設問で意見の合う政党が分かる
第26回参議院議員選挙の公示を受け、ヤフーが、10個の設問に答えると自分の考えと近い公約を掲げている政党が分かる「政党との相性診断」サービスを公開した。(2022/6/22)

参院選の投票に行くと最大100万円相当が当たる NewsDigestアプリがキャンペーン
JX通信社の運営するニュース速報アプリ「NewsDigest」は、最大100万円相当のポイントが当たる「NewsDigest 投票率アゲアゲ!選挙でポイ活祭」を開始。対象は参院選の投票に参加し、アンケート回答したユーザー。(2022/6/22)

Web会議・ライブ配信中の選挙カーにご用心? “身バレ”リスクも 参議院選挙きょう公示
第26回参議院選挙が6月22日に公示され、立候補者の受け付けが始まった。投票日の前日(7月9日)まで、候補者は“選挙カー”を使った選挙運動が可能になる。期間中、Web会議やライブ配信を行う場合は、騒音や個人情報の漏えいなどに注意が必要かもしれない。(2022/6/22)

最大で100万円相当:
投票でポイント贈呈 JX通信社、参院選の投票率アップへ「ポイ活」キャンペーン実施
報道ベンチャーのJX通信社は、6月22日に公示された第26回参院選の投票率向上に向けたキャンペーンを始める。(2022/6/22)

機密情報取り扱い資格を制度化へ 経済安保、改正案を来年提出
政府は、経済安全保障に関する機密情報の取り扱い資格「セキュリティー・クリアランス」の制度化に向け、2023年の通常国会に経済安保推進法改正案を提出する方針を固めた。(2022/6/21)

Facebook、政治家と若者がVR空間で議論するイベント 議員は「没入感がある」「実証実験に使える」など
Facebook JapanがVR空間で若者と政治家がディスカッションするイベント「メタバースで政治・選挙はどのように変わるか」を開催した。参加した衆議院議員は「没入感がある」「政策の実証実験に使える」「法案提出を急ぎたい」などと話したという。(2022/6/17)

国会議員のSNS発信力などをランキング化 最もSNSを活用している議員は?
国政に関わる公開情報をまとめた政・官・財界人事情報アプリ「国政DATA」を手掛けるインタークロス(東京都千代田区)は、国会議員の経歴やSNS発信力を数値化した「国会議員公開情報分析ランキング」を公開した。(2022/6/15)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が国会で成立した。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(2022/6/14)

広がる「言葉の刃」 SNS普及で誰もが加害者、被害者に 侮辱罪厳罰化に期待
侮辱罪の厳罰化を含む改正刑法が13日、国会で成立した。SNS(交流サイト)の活用が広がる中、悪意や勘違い、安易な正義感による「言葉の刃」は、インターネット上で瞬く間に届く。「誰もが加害者にも、被害者にもなり得る」。いわれのないデマを流され、苦しんだ経験を持つ女性は、厳罰化がこうした状況に歯止めをかける契機になることを願っている。(松崎翼)(2022/6/13)

ネット上の誹謗中傷対策 侮辱罪厳罰化の改正刑法成立 
インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷対策で「侮辱罪」を厳罰化し、現行の懲役や罰金刑の対象とする改正刑法が13日、参院本会議で可決、成立した。令和2年に女子プロレスラーの木村花さん=当時(22)=が交流サイト(SNS)で中傷を受けた後に死去したのを機に、見直し議論が拡大。国会では、憲法が保障する表現の自由との兼ね合いが論点となってきた。(2022/6/13)

道のり険しいオンライン国会 緊急事態の定義など課題多く
国会のオンライン審議は、今国会で実現に向けた議論が始まったものの、導入時期の見通しは立っていない。法律や設備の整備など越えなければならない課題が山積しているためだ。(2022/6/13)

本田雅一の時事想々:
スパコン富岳が世界1位から転落 「2位じゃダメなんでしょうか?」を、もう一度考える
理化学研究所と富士通が共同開発したスーパーコンピュータ(スパコン)「富岳(ふがく)」が、計算速度の世界ランキング「TOP500」で世界2位に転落した。このニュースに伴い、富岳の開発背景を振り返りながら、2009年にスパコンの予算を巡る国会の事業仕分けで発された「2位じゃダメなんでしょうか?」という問いについて考える。(2022/6/3)

NHK国会中継はなぜ2カ月なかったのか? どういう基準で放送してるのか含め、NHKに聞いた
NHKが放送していない場合、Webサイトでも見ることができます。(2022/6/2)

対策を間違えると逆効果も:
この「印籠」が目に入らぬか 悪質クレーマー防止に効く意外な“切り札”とは?
客が悪質なクレームを店側に突き付ける「カスタマーハラスメント」。従業員を下の立場と見なして無理な要求や暴言、暴力行為などをはたらく悪質な実態が報告されており、国会でも法制化に向け議論が始まっている。カスハラ防止に向け、独自に対策を取る店もあるが、一歩間違えると、悪質クレーマーの怒りに油を注ぎかねない危険性もはらむ。(2022/6/2)

サブスク解約を容易に 改正消費者契約法が成立 必要情報の提示が努力義務に
参議院本会議で改正消費者契約法が成立した。サブスクリプションなどの消費者契約における事業者の努力義務として、解約に必要な情報を提供すること、解約料の算定根拠を説明することを追加した。(2022/5/26)

国立国会図書館が所蔵する絶版本、PCやスマホで閲覧可能に 約153万点 きょうから
国立国会図書館が、絶版になった本など入手困難な資料を、個人がネット経由で閲覧可能にするサービスを始めた。蔵書をデジタル化したもののうち、3カ月以内に入手困難な状態が解決する可能性が低い資料約153万点を閲覧可能にする。(2022/5/19)

電動キックボード免許不要、自動運転「レベル4」解禁へ 改正道交法のポイントまとめ
電動キックボードの公道での走行ルールなどを盛り込んだ道路交通法(道交法)の改正案が衆議院で可決され、成立した。改正道交法のポイントをまとめた。(2022/4/21)

電動キックボード、最高速度20km以下なら免許不要に Luupはサービスエリア拡大や販売事業参入へ
衆議院本会議で、電動キックボードの車両区分について定める道路交通法改正案が賛成多数により可決された。これにより、最高速度が時速20km以下の電動キックボードは「特定小型原動機付自転車」と区分される。(2022/4/19)

自民河野氏、参院選にらみSNSの「令和版目安箱」発表
自民党が新たな広報プロジェクト「ライブボイス改革!」を開始すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大やウクライナ情勢を踏まえ、SNSを通じて国民の意見を集める。「令和版目安箱」として、政策立案や公約づくりに生かしたい考えだ。(2022/4/12)

河野太郎議員「便利な日程管理アプリを教えて」 Twitterユーザーたちが勧めるカレンダーアプリは?
「スマホで日程を管理をするのに便利なアプリを教えてください」──河野太郎衆議院議員は4月10日、このようなツイートを投稿した。これに対して、Twitterユーザーたちはさまざまな日程管理アプリを勧めている。(2022/4/11)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
同時通訳ってやっぱりすごいよ……機械翻訳が進化しても「言語を学ぶ」は廃れない?
ウクライナのゼレンスキー大統領が衆議院で行った演説で同時通訳が話題となっていた。かなりのハイレベルが求められる同時通訳だが、機械翻訳に取って代わるようになるのだろうか。編集者二人の意見。(2022/3/25)

ゼレンスキー大統領の国会演説、衆議院公式中継あり 会議室の様子を撮影
衆議院議会は3月23日に実施する、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領の国会演説を「衆議院インターネット審議中継」で配信する。中継開始時刻は午後5時50分。(2022/3/23)

ゼレンスキー大統領の国会演説が23日18時から YouTubeやニコニコでも視聴できるぞ
外国の元首による国会演説がオンライン形式で行われるのは初めて。(2022/3/23)

浦上早苗「中国式ニューエコノミー」:
不妊治療助成に学生出産奨励……、政治家の「産めよ増やせよ」が「女に死ねというのか」と炎上
一人っ子政策を廃止して「3人目容認」に舵を切り、不妊治療の助成や育児休業拡充を次々に導入した中国。国会に相当する全国人民代表大会では、政治家が出生率向上に向けさまざまな提言を行ったが、女性の立場や社会の実情を無視した的外れなものも少なくなく、ネットではブーイングの嵐だった。(2022/3/17)

オンライン国会なお課題 「出席」見解を議長報告
衆院憲法審査会と与野党が、オンラインでの国会出席について、緊急事態発生時などに例外的に認められると解釈できるとの見解を報告した。国会のオンライン審議が実現に近づいたが、詳細なルールやシステム構築が必要で、導入には時間がかかりそうだ。(2022/3/9)

モノづくり最前線レポート:
半導体強国復活に向けて日本は何をすべきか、日米連携でポスト3nmプロセス誘致へ
エレクトロニクス製品サプライチェーンの国際展示会「SEMICON Japan 2021 Hybrid」(以下、SEMICON Japan、2021年12月15〜17日、東京ビッグサイト)のオープニングキーノートでは、衆議院議員自由民主党の甘利明氏が「半導体強国復活に向けて」と題して講演した。(2022/3/9)

緊急事態のオンライン国会審議を容認 衆院憲法審が見解
衆院憲法審査会が「緊急事態が発生した場合等においてどうしても本会議の開催が必要と認められるとき」に限り「例外的にオンライン出席も含まれると解釈できる」としてオンライン国会審議を認める見解を取りまとめ、可決した。(2022/3/4)

ネットの誹謗中傷 はびこる「凶器」、厳罰化やむなし
社会問題化するインターネット上の誹謗中傷対策として、侮辱罪の厳罰化を盛り込んだ刑法改正案が今国会に提出される見通しだ。可決されれば一定の抑止効果が期待されるが、なお抜本的解決には程遠い。ネット空間に自浄作用は期待できるだろうか。(2022/3/1)

オンライン国会可能? 憲法審で参考人質疑
衆院憲法審査会は24日、憲法56条が議員の「出席」を国会審議の条件としている中、オンライン審議が憲法上認められるかどうかをめぐり、憲法学者2人を招き参考人質疑を実施した。(2022/2/25)

義務違反企業には罰金 IT規制法案全容判明
総務省は今通常国会に電気通信事業法改正案を提出する。利用者数1000万人以上の国内外のIT大手に「利用者情報統括管理者」の選任を義務付け、違反した場合は200万円以下の罰金を科すことが柱となる。(2022/2/24)

オンライン審議、各党認識の違いも 衆院憲法審
衆院憲法審査会が、オンラインによる国会審議の是非について自由討議を行った。共産党以外はオンライン審議を可能とすべきと主張。自民党は改憲議論の一環に位置付けるべきとしたが、立憲民主党や公明党、国民民主党は衆院規則の改正で十分と訴えた。(2022/2/18)

国会でオンライン審議導入焦点 「出席」の解釈が障壁に
オンラインでの国会審議の導入が今国会の焦点として浮上してきた。憲法では、開会と議決できる条件を「総議員の3分の1以上の出席」としており、一般に「出席」とは物理的に議場にいることを意味すると解されている。(2022/2/15)

行政手数料キャッシュレス法案を閣議決定 交通反則金は24年度末以降に
政府が交通反則金など国の行政手数料の納付をクレジットカードなどでできるようにするキャッシュレス法案を閣議決定した。国会審議を経て2022年度中の施行を目指す。交通反則金については24年度末以降に導入する。(2022/2/9)

公明・北側副代表「オンライン国会、早急に検討を」
公明党の北側一雄副代表は「緊急事態の際に国会機能をどう維持するかとの観点からオンライン国会の問題がある。憲法上、許容されるとすればどういう手続きが考えられるか。早急に検討しなければならない」と述べた。(2022/2/4)

インフラ機器導入に事前審査 対中念頭、経済安保法
政府が今国会提出を目指す経済安全保障関連法案の概要が23日、判明した。先端技術で先行し安保上の懸念がある中国を念頭に、エネルギーや通信などのインフラ事業者が機器やシステムを導入したり、他の事業者に維持管理を委託したりする場合の計画を政府が事前審査する制度を新設。半導体などの重要物資をめぐり国内の製造基盤を強化する制度も設け、サプライチェーン(供給網)の強靱(きょうじん)化に取り組む。(2022/1/25)

市井紗耶香、参院選立候補を辞退 「子育てと選挙活動を両立していくことの厳しさも痛感」
2019年の参院選では落選していました。(2022/1/24)

岸田首相、掛け声だけでは賃上げ普及は無理だ
 岸田文雄首相は、国会での初の施政方針演説で、「近年、賃上げ率の低下傾向が続いていますが、このトレンドを一気に反転させ、新しい資本主義の時代にふさわしい賃上げが実現することを期待します」と宣言した。(2022/1/21)

交通反則金などカード払いOKに 政府法案概要判明
交通反則金や旅券(パスポート)、自動車検査(車検)などの国の行政手数料の納付をクレジットカードなどでできるようにする行政キャッシュレス化法案の概要が20日、分かった。現在、印紙を購入して平日に窓口で行うなどの手間がかかる各手数料の納付が、クレカなどでいつでも自宅から可能になる。旅券と車検の手数料キャッシュレス化については令和4年度から実施する予定で、政府は法案を今通常国会に提出する。(2022/1/21)

交通反則金などキャッシュレス化 政府法案概要判明
交通反則金やパスポート、車検などの国の行政手数料の納付をクレジットカードなどでできるようにする行政キャッシュレス化法案の概要が分かった。旅券と車検の手数料キャッシュレス化は2022年度から実施する予定で、政府は法案を今通常国会に提出する。(2022/1/21)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
岸田首相も同調した「自社株買い規制」、実現すれば明治時代に逆戻り?
“株もたぬ首相”、岸田文雄氏による金融市場のへ締め付けがとどまるところをしらない。岸田氏は14日の衆議院予算委員会において、企業が実施する自社株買いの質疑応答の場面で「自社株買い規制」を「重要なポイント」としたうえでガイドラインの制定に言及した。(2021/12/17)

漫画家の赤松健さんが参院選出馬の意向固める 『UQ HOLDER !』『ラブひな』など連載、「表現の自由を守るため」
報道を受け、本人がTwitterで認めた形。(2021/12/16)

2050年のカーボンニュートラルはただの「お題目」:
選挙カーで、大量のCO2を排出する“大罪” なぜ日本で「選挙DX」は進まないのか
第49回衆院選挙は10月31日に投開票が行われ、激しい選挙戦を終えた。期間中、風物詩の「選挙カー」をうるさいなあと感じた人も多いだろう。テレワーク、ハンコ廃止など企業のデジタル化やDXはどんどん進むのに、なぜ選挙はこんなにも「アナログ」なのだろうか。海外ではネット投票やデータを活用した選挙戦略が目立つにもかかわらず、日本に「選挙DX」が起こらないのはなぜか?(2021/11/11)

衆院選投票日、「零票確認ガチ勢」の投稿が盛り上がる 一番乗りした人からの報告続々
いい意味でのお祭り感。(2021/10/31)

「選挙で投票した人」が対象 ユネッサンでキャンペーン
 温泉アミューズメントパークの箱根小涌谷ユネッサンでは、10月31日に投開票が行われる衆議院議員総選挙で投票した人を対象とした、同施設をお得に利用できるキャンペーンを2021年11月1〜30日の期間で実施すると発表した。(2021/10/25)

ワタミが「衆院選投票でドリンク1杯無料」キャンペーン 「選挙への関心を高めていただきたい」
対象期間は10月25日〜11月7日。(2021/10/22)

自分の考えに近い政党が分かる「投票マッチング」がTwitterで話題に 「選挙に関心持ってもらいたい」
10月31日に開催される第49回衆議院議員総選挙に出馬する政党の中で、自分の考えに最も近い政党が分かるサービス「投票マッチング」がTwitter上で話題だ。(2021/10/21)

安倍晋三元首相、YouTubeチャンネルを開設 「今までのやり方を変えなければいけない」
衆議院議員候補の安倍晋三元首相は、公式YouTubeチャンネル「あべ晋三チャンネル」を開設した。(2021/10/19)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
立民「年収1000万円以下所得税ゼロ」 1番トクするのは高収入の独身ビジネスマン?
衆院選マニフェストの中でも目を引くのが、立憲民主党の掲げる「年収1000万円未満世帯の所得税免除措置」だ。立憲民主党の枝野代表は「経済を良くするには、分厚い中間層を取り戻し、あすの不安を小さくすることが大事」と発言しており、実現すれば家計の負担が減少すると巷でも歓迎する意見も散見される。(2021/10/1)

改正のポイント:
よく分かる「改正育児・介護休業法」 男性育休は何週間? 休業中に仕事をしたら?
通常国会で、育児・介護休業法改正案が成立しました。今回の改正の柱の一つが、男性の育児休業取得促進です。改正のポイントは何でしょうか?(2021/9/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。