ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「Unity」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Unity」に関する情報が集まったページです。

世紀のバカゲー「ペプシマン」を現代向けにリメイク!? 海外ファン制作のデモ動画が超クオリティ
オリジナル版は一部で1万円以上の値が付くレアものです。(2021/2/17)

ETロボコン2021:
ETロボコン2021もオンラインで開催! 「新たな教育価値」をいかに生み出せるか
ETロボコン実行委員会は2021年2月16日、組み込み開発エンジニアによるロボットのレース競技「ETロボコン2021」の競技説明会を開催した。新型コロナウイルス感染症の対策として、前回大会に引き続きオンラインで開催する。(2021/2/17)

“まるで本物”日本刀、花札の3DCGを作る少数精鋭集団 こだわりでリアルさ追求 「目指すはナンバーワン」
まるで本物のような3DCGを作る制作集団がいる。名前は「Bunnopen」(ブンノペン)。伝統工芸や文化にフォーカスした3DCGを手掛ける彼らに、結成の背景や制作の過程を聞いた。(2021/2/1)

ETロボコン2020:
ETロボコンも初のオンライン開催に、シミュレーター活用で見えた新たな可能性〜ETロボコン2020チャンピオンシップ大会〜
コロナ禍の中で2020年のETロボコンも、パシフィコ横浜でのリアル大会の開催を見送り、シミュレーターを活用した完全オンライン開催となった。19回目にして初となったオンライン大会で、従来の競技をどこまで再現できたのだろうか。(2021/2/1)

製造IT導入事例:
メンテナンス作業者向けに、ARを活用した体感型トレーニングシステムを構築
電通国際情報サービスは、明電舎が新たに開設した体感型技術研修センター「Manabi-ya」に、メンテナンス作業者向けARトレーニングツール「バーチャルアセット」を納入した。(2021/1/21)

「叩くと光が飛び出すクッション」「印を結ぶと動く忍者扇風機」―― 技術×アイデアの実験で生まれた体験型作品たちが楽しすぎる
見てるだけで気持ちよくてテンションが上がる魔法の作品!(2021/1/19)

「ドーナツに穴を開ける仕事」ってこんなにカオスなの? 何もかもヤバいドーナツ工場で働く無料ゲームが「無限にできる」と話題呼ぶ
世界観のクセが強い。(2020/12/30)

【座談会】Flashは滅びぬ! 何度でもよみがえるさ―― あのころ、僕らが夢中になった「Flashの時代」を振り返る(後編)
前編に続いて、「Flash黄金期」に活躍した職人たちと、Flashについて語る座談会を行いました。(2020/12/28)

TechTarget発 世界のITニュース
Dell、2021年度第3四半期ストレージ売上高は7%減 「PowerStore」好調も新規が不調
2021年度第3四半期決算を発表したDell Technologies。ストレージ関連の減収が目立った理由として、同社幹部はミッドレンジストレージアレイの売り上げ伸び悩みを挙げる。(2020/12/15)

「HoloLens 2 Development Edition」の国内販売がマイクロソフトストアで開始
日本マイクロソフトは、開発者向けMRデバイス「HoloLens 2 Development Edition」の国内販売開始を発表した。(2020/12/8)

CloseBox:
視点を変えても立体物がそこにあるように見える「Looking Glass Portrait」ディスプレイ、クラファン中(ただし、ホログラムではない)
ホログラムではない、立体視技術を使ったディスプレイがKickstarterに。(2020/12/4)

制作中のCGが勝手にパワーあふれる変顔 夜中に開発者を不意打ちした衝撃バグに「マジでお茶吹いた」
いっそお笑いVTuberとかに活用できないだろうか。(2020/11/21)

自動車業界の1週間を振り返る:
10年後、20年後、30年後、私たちはどうやって移動しているのか
みなさんこんにちは。金曜日です。今週は火曜日に文化の日があり、一般的なカレンダーでは祝日でした。会社(あるいは業界)のカレンダーの都合で稼働日だった方、月曜日も休んで4連休を満喫された方、1日だけ休んだ方、どの過ごし方が多かったのでしょうか。今週の一番の出来事といえば、米国大統領選挙ですね。(2020/11/6)

車載ソフトウェア:
自動車向け没入型リアルタイム3D HMIの開発で協業
ElektrobitとUnity Technologiesは、設計と開発プロセスを合理化し、リアルタイムレンダリングの性能を拡張するために協業する。両社の知見を組み合わせ、信頼性の高い開発基盤を構築し、次世代の没入型リアルタイム3D HMIの開発を加速させる。(2020/11/4)

「ゲームエンジン」はいかに世界を変えつつあるのか
Unreal Engine、Unityの2大ゲームエンジンの活躍の場はゲームの領域にとどまらない。(2020/10/22)

VRニュース:
「モノ感すげー」、ソニーの空間再現ディスプレイが設計開発を進化させる!?
ソニーは高精細の3D CG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR:Spatial Reality)ディスプレイ「ELF-SR1」を開発。特別なメガネやヘッドセットなどを使わず、その場に実物があるかのような立体的な空間映像を再現して裸眼で見られることが最大の特徴だ。(2020/10/19)

3DCGを裸眼で立体視 ソニーが“空間再現ディスプレイ”発売 実売50万円で
ソニーは空間再現(Spatial Reality )をうたう高精細の裸眼3Dディスプレイ「ELF-SR1」を発売する。実売50万円前後。(2020/10/16)

カルトゲーム「クーロンズゲート」新作、いよいよ本格始動か 九龍城に怪しいメッセージがおどる映像が公開
まだ九龍城のアセットを演出して見せている段階ながら、ムード満点でワクワク。(2020/10/14)

B2BもB2Cも網羅:
「Oracle Unity」を軸に広がるOracleのCXソリューション 差別化のポイントは?
Oracleは2020年9月にCDP「Oracle Unity」の機能強化を発表。これを軸にB2BとB2Cそれぞれのマーケティングプロセスはどのように刷新するのか。(2020/10/13)

VR:
Unityでフル3DCGの“VRマンション内見”、コロナ禍のリモート提案用に積木製作が提供開始
積木製作は、コロナ禍によりマンションの対面での内見が難しくなっている実情を受けて、Unityをエンジンにしたフル3DCGでバーチャルモデルルームを制作し、リモートプレゼンテーションを後押しするサービスを開始した。(2020/10/13)

おい、握手しろよ 「遊戯王」感染症対策を逆手に取った“コロナ1ターンキル”が考案される コナミの見解は?
ネタだと分かっているけども!(2020/9/19)

ゲーム感覚で家作り体験できるアプリ「BoxWorld」登場
ジブンハウスは、9月1日にカスタマイズした家をゲームのように動き回れる家作りアプリ「BoxWorld(ボックスワールド)」のパブリックベータ版をリリース。外観、インテリア、照明、天候・時間帯も自由に変更できる。(2020/9/1)

ゲームエンジンのUnityがIPO申請
Apple対Epic Gamesの訴訟で話題の「Unreal Engine」と競合するゲームエンジン「Unity」を手掛けるUnity Softwareが新規株式公開の登録書を提出した。ニューヨーク証券取引所にティッカーシンボル「U」で上場する。(2020/8/25)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」がUnityに対応
スウェーデンのAlgory Simulation ABは、建機の開発や工事前に現場でのワークフローを確認するのに役立つ建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」のUnity用プラグイン「AGX DYNAMICS for Unity」をリリースした。(2020/8/5)

TSUKUMO、ゲーミングPC「G-GEAR」にMSI製パーツ採用の新モデル
Project Whiteは、MSI製マザーボードとグラフィックスカードを標準搭載したゲーミングデスクトップPCの新モデルを発売した。(2020/8/3)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
積木製作がVRトレーニングの新コンテンツ「脚立作業の危険性」を開発
積木製作は、現場作業員向けVR体験型の教材として、「安全体感VRトレーニング」の新コンテンツ「脚立作業の危険性」を制作した。(2020/7/28)

Unity、Apple Silicon搭載Macへの対応を発表
ゲームエンジンをApple Siliconに対応させるための条件も明らかにした。(2020/6/24)

クラウド×ロボットの現在(2):
品質確認の時間も短縮、ルンバも使ったクラウドシミュレーターの可能性とは
クラウドを活用してロボットの開発や運用、管理を行うクラウドロボティクス。連載第2回ではAWSのシニアアーキテクトがクラウドシミュレーターの種類や活用方法の紹介を行う。(2020/6/23)

AIが現実世界のボードゲームで一緒に遊んでくれるARアプリが注目集める 「すごいし、かわいい」「この子と遊びたい」
AIがぼっち遊びをサポートしてくれる……!(2020/6/16)

任天堂、Stay Homeで運動できる“なわとび”ゲーム無料公開 在宅勤務中にUnityで開発
任天堂は、Nintendo Switch向けゲームソフト「ジャンプロープ チャレンジ」を無料で公開した。同社社員が在宅勤務期間中にゲームエンジン「Unity」を使って短期間で開発したという。(2020/6/16)

「INDIE Live Expo 2020」発表タイトルまとめ 隠し玉枠は「クラフトピア」? 「中国版子育てゲーム」も面白そう
新情報があれば随時追加予定です。【追記】(2020/6/6)

「クラウドファースト」と「M&A」を推進
不動産サービス企業がOffice 365を遅くしないために「SD-WAN」を選んだ訳
「Office 365」などのクラウドサービスの利用拡大に伴い、不動産サービス企業のCushman & Wakefieldは「SD-WAN」でネットワークを再構築した。なぜSD-WANを採用し、どのような成果を得たのか。(2020/6/1)

静岡の風景を「3次元点群データ」で映像化した動画がゲームみたいで不思議 「よくわからないけどすごい」「災害シミュレーションに生かせそう」
静岡県が公開したデータを使用しています。(2020/5/19)

「DELTARUNE」最新情報来るか!? インディーゲーム開発者らによるオンラインイベント「INDIE Live Expo」開催決定
インディーゲーム版「Nintendo Direct」みたいな感じ?(※追記あり)(2020/5/13)

「ゴリラが人類を強制的にSTAY HOMEさせるゲーム」が楽しすぎる 人間をブン投げておうちにシュート!
笑えるし、ちゃんと遊べる(ゴリラを強化しすぎなければ)。(2020/5/7)

VRニュース:
現場視点で進化を続ける「pronoDR」、目指したのは“全ての人が使えるVR”
プロノハーツはオンライン記者説明会を開催し、製造業向けVR(仮想現実)デザインレビューシステムの最新バージョン「pronoDR 3.0」の提供開始を発表した。(2020/4/27)

【令和】ドリキャスを遊んでいる人インタビュー:
【令和だけどセガハードの話をしようか】20代の若者に聞く「ドリームキャストを今でも遊んでいる理由」
ドリキャスより年下じゃないですか!(2020/5/15)

「密です」3Dゲーム版が登場 都知事がアイアンマンばりに飛翔し「密」集団にソーシャルディスタンス指導
密集する人々を、「密です」チョップで解散だ!(そんな設定ではない)(2020/4/21)

WHOとゲーム事業者、新型コロナ対策で協力 「みんな離れてゲームをしよう」 #PlayApartTogether
世界保健機関(WHO)とゲーム関連事業者は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大防止のため、「#PlayApartTogether」キャンペーンを始めた。(2020/3/31)

PR:学生に最適な学習用PCを! TSUKUMO×MSIがUnityを全力でバックアップする理由
さまざまな企業だけでなく、教育機関にも広く浸透している統合開発環境のUnityだが、快適に利用するにはPCが欠かせない。この日本で数々の推奨PCを手がけてきたProject White(以下、TSUKUMO)が、長年Unityと手を携えてきたその歩みと、教育機関にかける熱い思いを聞いた。(2020/3/24)

数百人から数万人が参加できる:
PR:人気ゲームを支える「エンジン」が、企業の次世代コミュニケーション基盤として有望な理由とは?
働き方改革ではテレカンファレンスが可能な環境構築を求める声が多い。「VRやARを活用すれば画期的な情報共有ができるはずだが、これらのXR系技術についてどこから手を付けたらよいのか分からない」、こう思っていないだろうか。実はゲーム業界で磨かれた上で、XRソリューションを盛り込み、クラウドサービスでも使える通信エンジンがある。(2020/3/18)

TSUKUMO、Unity推奨のゲーミングデスクトップPC計2製品を販売開始
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」にUnity推奨モデルを追加、販売を開始した。(2020/3/10)

3月開催予定だったゲーム開発者会議「GDC 2020」、新型コロナで今夏に延期
新型コロナウイルス感染者が確認されたカリフォルニア州サンフランシスコで3月16日から開催予定だったゲーム開発者会議「GDC 2020」が今夏に延期になった。参加予定だったソニーやMicrosoftが不参加を表明していた。(2020/2/29)

「GDC 2020」参加取りやめ続く Microsoft、Unity、Epic Games、EA、Amazon
新型コロナウイルス感染症「COVID-19」の感染が広がる中、3月16日からサンフランシスコで開催予定のゲーム開発者会議「GDC 2020」への参加を取りやめる企業が続いている。Microsoft、Unity、Epic Games、EAが新たに不参加を表明した。【UPDATE】Amazonも。(2020/2/28)

算数が苦手な娘のため父親が計算問題でゾンビと戦う学習ゲームを開発→娘さん大喜び、正式リリースへ
「算数 オブ ザ デッド」と、Twitterでも大好評。(2020/2/13)

エプソンダイレクトのクリエイター向けノート「Endeavor NJ7000E 3DCG 制作 Select」が“Unity 推奨パソコン”に認定
エプソンダイレクトは、同社製ノートPC「Endeavor NJ7000E 3DCG 制作 Select」が「Unity 推奨パソコン」として認定されたと発表した。(2020/2/12)

MONOist 2020年展望:
自動運転で広がる非競争領域、足並みを速やかにそろえられるか
自動車業界の大手企業が自前主義を捨てることを宣言するのは、もう珍しくなくなった。ただ、協調すること自体は目的ではなく手段にすぎない。目的は、安全で信頼性の高い自動運転車を速やかに製品化し、普及させることだ。協調路線で動き始めた自動車業界を俯瞰する。(2020/1/28)

VRニュース:
マルチプラットフォーム向け統合開発環境を学べる企業向け公式教育施設
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、公式教育施設「Unityトレーニングセンター 品川」を開設した。企業を主な対象とし、マルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」の各種トレーニングを実施する。(2020/1/28)

エプソンダイレクト、RTX 2060搭載ノートPC「Endeavor NJ7000E」に“3DCG制作Select”モデルを追加
エプソンダイレクトは、3DCG製作者向けモデルとなる15.6型フルHD液晶ディスプレイ搭載ノートPC「Endeavor NJ7000E 3DCG制作Select」を発売する。(2020/1/15)

Autodesk University Japan 2019:
BIMの先に広がる可能性――。隈研吾氏の事例やGIS連携、入札アプリなどAutodeskが解説
建設業界では、入職者数の減少や技術者の高齢化による退職数の増加に伴い、働き手が減り、従来より少ない人数で現場を運営しなければならない厳しい状況に直面している。Autodeskは、こういった現場の生産性を向上するために、BIMやジェネレーティブデザインなどの新製品の開発を進めている。2019年10月8〜9日、東京都内のグランドニッコー東京 台場で、開催されたプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」では最新のソリューションや活用事例が紹介された。(2020/1/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。