ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

SQL Server動的管理ビューレファレンス(65):
並列クエリのワーカーの利用情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、並列クエリのワーカーの利用情報を出力する方法について解説します。(2021/11/30)

iPhoneとPixel 6は「技適不適合」端末? 法令違反ではない? 総務省に確認した
iPhoneやPixel 6/6 ProでデュアルSIMを運用すると、緊急通報できない不具合が発生することが判明した。これを受けて総務省は、「電気通信機器の基準認証制度における技術基準への不適合等」の対象端末に追加した。ユーザーは対象端末を使い続けても問題ないのか? 総務省に確認した。(2021/11/29)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(64):
バッチの実行プランをXML形式で出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、バッチの実行プランをXML形式で出力する方法について解説します。(2021/11/29)

EDRを導入したものの、臨戦態勢から解放されない担当者の実態:
PR:ゼロトラスト型のエンドポイント対策とEDRを組み合わせ、現場に即した「ゼロカロリーのセキュリティ運用」とは
「脅威の侵入を100%防ぐことは困難」という前提に立ち、EDRを導入する企業が増えてきたが、今度は「とても運用し切れない」という課題が浮上している。この課題の解決策として、ゼロトラスト型のエンドポイントセキュリティ製品と独自レポートを組み合わせる方法がある。果たして、どのぐらい有効なのだろうか。(2021/11/26)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ビジネスへのAI導入を阻むハードル、8社に学ぶ製品選定や運用改善の課題解決法
DXに伴いAI活用が進む一方、導入に当たっては企画から開発まで最適な製品やサービスを選定する必要があり、導入後も運用改善を定常的に実施せねばならず、ハードルは低くない。これらを解決する、先進AIパートナー企業8社の取り組みとは?(2021/11/19)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(63):
コンパイル時のリソースセマフォに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/24)

「富岳」のコロナ飛沫研究にスパコンのノーベル賞「ゴードン・ベル特別賞」
理化学研究所や神戸大の研究チームがゴードン・ベル賞の特別賞を受賞した。理研が運用するスパコン「富岳」を使って、せきや発話で生じる飛沫をシミュレーションし、新型コロナの感染予防対策に貢献した成果が高く評価された。(2021/11/22)

ゼロトラストをワンストップで:
PR:Microsoft 365で実現するゼロトラストセキュリティとModern SOC
新しいセキュリティの考え方として注目を集めるゼロトラスト。Microsoft 365で実現するゼロトラストセキュリティと、ゼロトラスト導入後の運用課題およびその解決策について紹介したウェビナーの内容をお届けする。(2021/11/22)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(62):
クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、クエリオプティマイザーの操作統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「駅のホームドア」が普及しているが、安全基準はどうなのか
京王電鉄京王線で発生した傷害放火事件は記憶に新しいが、犯人の動機などは社会学、心理学の範疇(はんちゅう)で鉄道側としてはなんともしがたい。ただし、鉄道については「防犯」と「防災」の議論が起きた。ホームドアなどの関連する各種施設や機器とその運用、これまでの法令等を見ながら、課題や今後のあり方を考える。(2021/11/20)

神社・お寺の検索サイト「ホトカミ」、登録寺社数1000件突破 コロナ禍の2年で9倍に増加
 神社お寺の投稿サイト「ホトカミ」の開発運用などを行うDO THE SAMURAI(東京都渋谷区)は11月18日、「ホトカミ」に無料で公式情報を掲載できる「公式アカウント」登録数が1000件を突破したと発表した。(2021/11/19)

WealthNavi、「おまかせNISA」に「買い直し」機能を追加
 ウェルスナビ(東京都渋谷区)は11月17日、ロボアドバイザー「WealthNavi」のNISA口座で、自動でおまかせの資産運用を行う「おまかせNISA」に、「買い直し」機能を追加したと発表した。NISA口座で、自動でおまかせの「買い直し」を行う機能は日本初となる。(2021/11/19)

施工:
“酸化被膜”を防ぎ分厚いサビを取る「CoolLaser」新型機、レーザー施工はインフラ老朽化の活路となるか?
橋や鉄塔など全国で老朽化が進む、インフラ構造物の維持修繕工事は、膨大な数に対して人手が圧倒的に不足しているため、社会課題となっている。そうした状況下で、新たな施工法として注目を集めているのが、トヨコーが実用化したレーザー技術を用いてサビや塗膜、塩害のもとになる塩分を除去する「CoolLaser」だ。今般、従来モデルではできなかった厚みのあるサビも除去する高出力の新型機をリリース。同社が設立に関わった産官学も参画する「レーザー施工研究会」では、ルール整備や資格制度の運用も2021年から始まっており、レーザー施工技術はインフラ老朽化が抱える諸問題の解決策となり得るのかを新機種の発表会で探った。(2021/11/19)

「面倒なくスタートアップ企業と同じようなアプリが作れる」:
ローコード開発のOutSystemsが、マイクロサービス化した次世代版「Project Neo」を発表
OutSystemsが、同社のローコード開発プラットフォームで、コンテナとクラウドを活用する次世代版、「Project Neo」を発表した。マイクロサービス化しており、スタートアップ企業と同じようなアプリケーションサービスの開発と運用が、一般企業でも煩雑な作業なしにできるとしている。(2021/11/19)

パブリッククラウドとオンプレミスを一元管理:
PR:ハイブリッドクラウド型インフラ運用を推奨する2つの理由
DXによるビジネスモデル変革がうたわれる昨今、注目される「クラウドネイティブ」。クラウドネイティブを構成する5つの技術要素を理解し、それをどのように自社のビジネスやアーキテクチャに当てはめていけばよいのか考えていこう。(2021/11/19)

スマホへ「かざす」だけ 営業・接客に必要な情報を提供する、デジタルIDカード「UNICA」正式版リリース
 分散型ID活用データプラットフォームの開発運用を行うcanow(東京都千代田区)は11月17日、デジタルIDカード「UNICA(ユニカ)」正式版をリリースしたと発表した。NFC技術により、スマホへ「かざす」だけで営業および接客に必要な情報が提供可能となる。(2021/11/18)

NECがデータセンター新設、ハイブリッドクラウド需要受け
NECが千葉県印西市にデータセンターを新設する。2022年4月から運用し、自社のプライベートクラウドと他社製パブリッククラウドの接続性向上に活用。SI事業などの強化につなげる。(2021/11/18)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(161):
「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供開始、SMB over QUICでWindows 11との安全なファイル共有が可能に
Microsoftは2021年11月上旬、「Windows Server 2022 Datacenter:Azure Edition」の一般提供を発表しました。同時に、これまでプレビュー提供であったAzure Editionだけの機能「SMB over QUIC」と「Azure拡張ネットワーク」の一般提供も開始され、実運用環境で利用できるようになりました。(2021/11/18)

PR:AIは“放置”で賢くならない ビジネス活用で気を付けるべきデータガバナンスと運用の掟
(2021/11/18)

バックオフィスから踏み出すDX:
PR:ゼロベースから一足飛びで実現! 電子契約は導入前から運用管理、BPOまで見据えた“トータル支援”に頼るが正解
リモートワークの普及で、一気に脚光を浴び始めた「電子契約」。あらゆる面で「紙」とハンコより優れるとされる電子契約だが、実際にはどのようなメリットがあり、また対応サービスはどのような機能に注目して選ぶべきなのか? 「電子契約ソリューションパッケージ」を提供するNTTビジネスソリューションズと、ワンビシアーカイブズに話を聞いた。(2021/11/22)

世界のスパコン性能トップ10 顔ぶれはほぼ変わらず
スーパーコンピューターの計算速度の世界ランキング「TOP500」が15日(日本時間16日未明)発表され、理化学研究所が運用する「富岳(ふがく)」が4期連続の1位となった。(2021/11/17)

産業動向:
高出力レーザー機器の屋外取り扱い安全ガイドラインが完成
レーザー施工研究会は、工事発注者・元請業者・施工業者に向けて、屋外工事において高出力レーザー機器を安全に運用するための安全ガイドライン案を安全部会で策定した。(2021/11/17)

HPCやビッグデータアプリに特化:
Xilinx、アクセラレーター「Alveo U55C」を発表
Xilinxは、HPCやビッグデータワークロードの用途で、優れたワット当たりの性能を可能にするアクセラレーターカード「Alveo U55C」を発表した。同時に発表したAPI駆動型クラスタリングソリューションを活用することで、FPGAの大規模運用が容易に可能となる。(2021/11/18)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(61):
セッションごとのWorkspace Memoryに関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、セッションごとのWorkspace Memoryに関する情報の出力について解説します。(2021/11/16)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(60):
キャッシュされたプロシージャの実行統計を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、キャッシュされたプロシージャの実行統計の出力について解説します。(2021/11/15)

リテール&ロジスティクス:
埼玉県春日部市で延べ2万m2の物流施設が竣工、ロジランド
ロジランドは、埼玉県春日部市で計画を進めていた物流施設「LOGI LAND 春日部I」が2021年10月1日に竣工したことを公表した。LOGI LAND 春日部Iは、一棟貸倉庫として、トナミ運輸へ同日に引き渡され、運用が開始されている。(2021/11/12)

OktaがOkta Infrastructureを国内のAWSリージョンから提供へ 国内で運用を完結
Okta Japanは「Okta Infrastructure」を2022年2月に日本国内で稼働させる。AWSを基盤にサービスを提供する計画だ。(2021/11/12)

ふくおかFGは減収増益 十八親和合併で経費削減
ふくおかフィナンシャルグループ(FG)が10日発表した令和3年9月中間連結決算は、一般企業の売上高にあたる経常収益が前年同期比1.3%減の1396億円、最終利益が同6.4%増の279億円で減収増益だった。金融市場が堅調に推移したことで有価証券の運用益や投資信託の販売手数料が伸びたことに加え、長崎が拠点の十八親和銀行の合併効果による経費削減が増益に寄与した。(2021/11/11)

横河電機、セキュリティ運用基盤にServiceNowを採用 インシデント対応を30%効率化
横河電機は、グループ全体のセキュリティを強化するため、自社開発したセキュリティ監視センターの運用基盤としてServiceNowの「Security Operations」と「IT Operations Management」を導入。セキュリティインシデントへの対応時間を短縮し、対応作業を30%効率化した。(2021/11/10)

日立造船がメタネーション実証施設運用開始 脱炭素に期待
日立造船は9日、大阪市内に新設した水素関連事業の拠点を公開し、水素と二酸化炭素(CO2)から都市ガスの原料メタンを合成する「メタネーション」の実証設備を披露した。(2021/11/10)

連載「9割の会社が人事評価制度で失敗する理由」:
社員の仕事ぶりが見えなくて……人事評価制度の“流行り”に飛びついた企業が失敗した、真の理由
「テレワークが増え、社員の仕事ぶりが見えにくいので、HRテックを用いたジョブ型人事評価を取り入れたが、運用がうまくいかなかった」。筆者のもとに、企業経営者からこんな相談が寄せられました。失敗の真の理由は……?(2021/11/10)

便利そうなAIOps、実際は?
AIOpsがもたらす具体的なメリットと、検証に伴う「リスク」の有無
AIを応用した運用支援。便利そうなことは分かるが漠然としているAIOpsは、具体的にどのようなメリットをもたらすのか。AIOpsの効果が期待できる例を紹介する。(2021/11/10)

JAL デジタル証明書アプリ「VeriFLY」、ワクチン接種証明書の登録が可能に
 JALは、デジタル証明書アプリ「VeriFLY」を10月から日本発米国本土行きにおいて本格運用を開始している。11月8日、米国に入国する渡航者のワクチン接種義務化に合わせ、同アプリでワクチン接種証明書の登録が可能となったと発表した。(2021/11/9)

ワクチンの接種証明登録で渡米がスムーズに JALが米証明書アプリ「VeriFLY」の運用開始 国内初
 日本航空(JAL)が米Daonのデジタル証明書アプリ「VeriFLY」を使ったワクチン接種証明書の登録に対応した。あらかじめワクチン接種証明書をアプリに登録し、チェックインカウンターでアプリ内の渡航判定結果を提示することで、スムーズな搭乗手続きが可能になるという。(2021/11/9)

「VM」と「コンテナ」のどちらを利用すべきか【後編】
「Kubernetes」がマルチクラウドに適している“納得の理由”
コンテナはマルチクラウドで動かしたいアプリケーションのインフラに適している。それはなぜか。コンテナの運用管理に利用できるツール、VMとコンテナを併用するメリットと併せて説明する。(2021/11/9)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(59):
実行プランの属性情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、実行プランの属性情報の出力について解説します。(2021/11/9)

よくある失敗から学ぶ!:
SFA・CRMの「入力が面倒くさい」「活用しきれない」を防ぐためのチェックリスト
SFAやCRMの導入が進み、営業活動において“なくてはならない存在”になりつつある。一方、「入力が面倒くさい」「活用し切れていない」との声も多い。よくあるSFA・CRM活用の失敗パターンに触れながら、どうすればうまく運用できるのかを考える。(2021/11/8)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(58):
SQL Serverに送信されたステートメントを出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、SQL Serverに送信されたステートメントの出力について解説します。(2021/11/8)

公的年金運用のGPIF、7-9月の運用成績は+0.98%
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は11月5日、第2四半期(7-9月)の運用状況を公開した。運用実績はプラス0.98%となり、1兆8763億円の収益を積み増した。(2021/11/5)

「テスト」としても期待:
東京都「ワクチンパス」スタート、特典も
新型コロナウイルスのワクチン接種記録を登録する東京都の「TOKYOワクションアプリ」の運用が1日から始まった。(2021/11/4)

「VLAN」を使う目的とノウハウ【中編】
「VLAN」を使いこなす“4つの視点” 設定ミスをなくすこつは?
企業内のネットワークの設計や運用において「VLAN」は欠かせない。VLANを適切に設計し、運用するために知っておくべき4つのポイントを紹介する。(2021/11/4)

SIEMとSOARの連携【前編】
SIEMを機能させるための必要条件
SIEMからメリットを引き出すには条件がある。正しい運用体制を整えなければ役に立たない。もちろん、SIEMを使いこなすスキルがなければそれを補う手段がある。(2021/11/4)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(57):
キャッシュされた関数の実行統計に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、キャッシュされた関数の実行統計に関する情報の出力について解説します。(2021/11/2)

AI:
トンネルの変状が外力で生じたかを判定するAIを開発、パシフィックコンサルタンツ
パシフィックコンサルタンツは、トンネルの変状を外力で生じたかを判断する「外力性判定支援AI」を開発した。今後、同社は、国と自治体に導入・運用している点検結果の管理ソリューション「トンネル台帳システム」と外力性判定支援AIを連携し、過去点検との比較により変状の進行を見える化して、トンネルの維持管理業務を効率化していく見通しだ。(2021/11/1)

3D CADとJIS製図(6):
2D図面の“一義性”を考える【その4】断面図を使用した図形の表し方
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第6回では、断面図を使用した図形の表し方を詳しく取り上げる。(2021/11/1)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(56):
PolyBaseのワーカーごとの処理に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、PolyBaseのワーカーごとの処理に関する情報の出力について解説します。(2021/11/1)

どうすればIT運用管理はもっと楽になる?
従業員100人未満の企業に聞いて分かった「IT運用管理で本当に必要なもの」
テレワークが当たり前の選択肢になり、企業の働き方は大きく変化している。だが、“従業員100人未満の企業”のIT担当者の多くが、こうした変化に大きな不安を抱えている。多忙な中で変化に対応するためにIT運用管理はどうあるべきか。(2021/11/1)

アフターコロナ、脱Cookieを見据えて!:
PR:LINE公式アカウントの効果を最大化! 顧客接点拡大、維持、CX向上――全ての効果を爆上げする“LINE超活用”って?
業界や規模を問わず、BtoC事業をメインに活用されているLINE公式アカウント。コロナ禍をきっかけに足が遠のいた顧客接点の拡大や維持を意図して導入したはいいものの、運用し切れず持てあましている――なんてことはないだろうか。公認テクノロジーパートナーとしてLINEの公式アカウント拡張ツールを開発、提供するMicoworksに、その課題点と解決策を聞いた。(2021/11/1)

10倍に膨れたAWS運用費をどう減らす? ユーザー急増のnoteが挑む「コスト削減作戦」の裏側
巣ごもり需要によってユーザーが急増、これに伴い提供基盤であるAWSの運用コストも約10倍になったというnote。膨れ上がったコストの削減に取り組む「SREチーム」に、無駄を削減する具体的な手法を聞く。(2021/10/29)

NECと日本オラクル、基幹システムのクラウド移行支援に向け協業強化 設計時間を半減、移行時間を3割減
NECと日本オラクルが、基幹システムをクラウド移行するサービスの拡充に向け、協業を強化した。オンプレミス上で運用されているデータベースを以前より安全・高速にクラウド基盤に移行する技術を共同開発。この技術を活用したサービスを提供するという。(2021/10/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。