ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

人気連載まとめ読み! @IT eBook(54):
コンテナ技術やKubernetesをこれから学ぶ人に送る電子書籍
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第54弾はコンテナ技術や「Kubernetes」を活用したソフトウェア開発や運用がどのようなものなのか、登場の背景から環境構築までを解説した連載『これから始める企業のためのコンテナ実践講座』をPDFとしてまとめました。(2019/7/22)

運用コストを減らす3つのポイントとは:
「インフラ怖い」が生んだSREの業務負担――freeeはどう改善したか
本番環境にKubernetesを活用するfreeeでは、SREに運用管理業務が集中して疲弊してしまった。そこで、開発チームにサービスの運用管理業務を任せることで改善していったという。その方法とは?(2019/7/19)

自然エネルギー:
まちづくりを再エネ由来電力100%で実現、大和ハウスが国内初のプロジェクト
大和ハウス工業が千葉県船橋市で進めているまちづくり事業において、建築施工からユーザーの暮らしまで、再生可能エネルギー由来電気100%で運用すると発表。日本初の取り組みだという。(2019/7/19)

クラウド支援のテラスカイ、量子コンピュータ子会社設立 検討から実運用までサポート
量子コンピュータの研究や導入の相互支援を行う他、「組み合わせ最適化問題」を解きたい企業のコンサルティング・導入支援を実運用まで一気通貫でサポートする。(2019/7/19)

韓国への輸出管理強化は中長期的に技術移転の加速をもたらす
日本の経済産業省が進めている韓国向け輸出管理の運用見直し。韓国が日本に依存している部品や素材の国内生産や調達先の多角化を進めるきっかけになるかもしれない。(2019/7/19)

WaaS時代はマスター管理で疲弊しない:
PR:Windows 10を導入するなら知っておきたいマスター管理効率化テクニック
「Windows 10」は従来と異なる提供ポリシーのため、導入や運用を今まで通りで進めるリスクは予想以上に大きい。だからこそWindows 10の特性を理解した運用が重要だ。カギは日本であまり知られていないある技術にある。(2019/7/19)

ロボット:
維持管理計画にも役立つビル壁面を走行する“打音検査ロボット”、5分で1m2を点検
高松建設と青木あすなろ建設は、「壁面走行ロボットによる外壁点検システム」を開発し、2019年8月から実物件で運用を開始する。ビル壁面の点検にロボットを採用することで、足場の仮設が不要となり、コスト削減や点検期間の短縮がもたらされる。(2019/7/17)

老後2000万円問題はピンチかチャンスか
老後資金が年金以外に2000万円必要という金融庁レポート。国民の間では「年金だけでは足りないなんて、いまさら言われなくても当然」といった覚めた意見や、「これを機に資産運用を始めなければ」という意見も。資産運用サービス各社は、ユーザーの関心が高まっているのを肌で感じている。(2019/7/18)

プログラム責任者に聞いた:
「GitHub Sponsors」は、OSSコントリビューターの「お金」問題をどう解決できるのか
GitHubは2019年5月、OSSの開発者/コントリビューターを金銭的に支援するスポンサーシッププログラム、「GitHub Sponsors」を発表し、β版として運用を開始した。責任者であるデボン・ズーゲル氏に、同プログラム誕生の経緯と目的、仕組み、今後の展開を聞いた。(2019/7/17)

なぜ韓国は「ホワイト国」から外されるのか(時系列まとめ)
経済産業省の韓国向け輸出管理の運用見直しが各方面に大きなインパクトを与えた。当日の新聞には、「報復」「禁輸」など刺激的な見出しが踊ったが、実際には安全保障を全面に出した内容だった。7月前半の動きをまとめた。(2019/7/16)

ベテラン記者が裏側を読み解く:
AWS、MS、Google――群雄割拠の“クラウド戦国時代”を制するのは誰だ?
企業向けのクラウドは、ここ数年で圧倒的に充実し、IaaSやPaaSなどその機能や運用の選択肢も増えた。顧客やニーズの変化を受け、大手ベンダーはときに競い合い、ときに手を組む。その裏側に見える各社の狙いや、未来への展望を探った。(2019/7/16)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(4):
6年間の大規模オンラインゲーム運用によるトイルをなくしたい――AWS移行でサムザップのSREはNoOpsを実現できたのか
2013年から6年にわたって配信してきたオンラインゲーム「戦国炎舞 -KIZNA」では、それまで基盤としてきたプライベートクラウドで、一部ゾーンでのサービスが終了するのをきっかけにAWSに移行し、複数の課題を解決した。(2019/7/16)

転換期のハイブリッドクラウド【第2回】
AWS、Azure、IBM、国産 「VMware」ベースのハイブリッドクラウド製品の違いは
ハイブリッドクラウドの運用を実現する手段として、オンプレミスで幅広く利用されているVMware製品ベースの仮想環境を、クラウドにも構築する製品がある。ベンダーによる製品特性の違いを考察する。(2019/7/23)

特集:EDRの理想と現実(2):
ツールありきではなく、運用ありきで――DeNAがEDRを導入した理由と製品選定のポイント
「防御」の次を見据え、脆弱性検査やCSIRTなどのセキュリティ対策を内製化してきたDeNAでは、2018年にEDR製品を導入し、自社での運用を開始した。背景には、さまざまなゲームやWebサービス開発に必要な多様な環境でも誤検知を減らし、スピードや利便性を損なうことなくセキュリティを一歩一歩高めていきたいという同社ならではの考え方があったという。(2019/7/12)

JR東日本が「スマホ定期券」を試験導入 Suica未導入地区の高校生が対象
東日本旅客鉄道(JR東日本)が、バス乗車券アプリを提供するウェルネットと共同で「スマホ定期券」を試験的に導入する。Suicaの導入されていない一部線区の高校生を対象にモニタリングを実施し、運用面での課題を洗い出す。(2019/7/11)

「はやぶさ2」2回目のタッチダウン成功
探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用が成功した。(2019/7/11)

カメラで自動顔認証、電子申告ゲートを国内6空港の税関検査場に導入 NEC発表
カメラの位置を意識せず、ゲート内を歩くだけで本人確認が完了する。既に成田国際空港第3旅客ターミナルで運用されており、新たに新千歳空港、成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港に導入される。(2019/7/11)

「はやぶさ2」きょう2回目のタッチダウンへ 9時半ごろからライブ配信
JAXAは、探査機「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用を、7月11日午前10時5分ごろから45分ごろまで行う予定だ。4月に作成した人工クレーターの近くに降り、小惑星の地下にあった物質を採取する計画。(2019/7/11)

CAEニュース:
タイヤの設計開発期間を数カ月短縮、TOYO TIREの設計基盤「T-MODE」はAIを融合
TOYO TIREは、AI(人工知能)技術を融合した新たなタイヤ設計基盤技術「T-MODE」を発表。「タイヤの設計開発にかかっていた期間を数カ月単位で短縮できる」(同社 執行役員 技術開発本部長 商品開発本部長の守屋学氏)としており、2019年末から同社内での本格的な運用を開始する方針である。(2019/7/11)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(3):
15年間口コミサイトをオンプレで運用してきたウエディングパークが、コンテナ化、マイクロサービス化を見据えてAWSを選んだ理由
多数の事例取材から企業ごとのクラウド移行プロジェクトの特色、移行の普遍的なポイントを抽出する本特集「百花繚乱。令和のクラウド移行」。ウエディングパークの事例では、クラウドベンダーやコンテナサービスの選定を中心に移行のポイントをお届けする。(2019/7/11)

「はやぶさ2」2回目のタッチダウン、11日午前にライブ配信へ
JAXAは、「はやぶさ2」の小惑星「リュウグウ」への2回目のタッチダウン運用を予定通りスタートした。高度20キロのホームポジションから降下を始めたことを、10日午前11時1分に確認した。11日午前にタッチダウン運用を行い、その様子を動画でライブ配信する予定だ。(2019/7/10)

料理イベント予約サービス「クックパッド・ドゥ!」終了へ
クックパッドは、料理イベントの検索や予約が行えるサービス「クックパッド・ドゥ!」を、2020年3月末に終了する。「市場環境や運用課題、今後の事業方針など、様々な要因を踏まえ総合的に検討した結果」継続は難しいと判断したという。(2019/7/10)

自然エネルギー:
JR東日本の男鹿駅を再エネ由来100%で運用、トラッキング付き非化石証書を活用
JR東日本が男鹿駅(秋田県男鹿市)で使用する電気を100%再エネ由来に切り替え。環境価値(CO2が排出されないこと)を証書化した「非化石証書」を活用している。(2019/7/10)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタを預かり管理・運用・保守を丸ごと代行、DMMが新サービスを開始
DMM.comは、XYZプリンティングジャパン、イグアスとパートナー契約を締結し、3Dプリンタの販売および運用代行サービスを開始することを発表した。(2019/7/10)

システム監視、運用をIIJのセキュリティエンジニアが行う:
F5のWAFエンジンをIIJの知見で運用、「IIJマネージドWAFサービス」提供開始
IIJは2019年7月9日、企業のWebサイトを防御する「IIJマネージドWAFサービス」を発表し、提供を開始した。システム監視、運用は同社のセキュリティエンジニアが行うことで、フルマネージドの運用が可能になるという。(2019/7/10)

ドラマのダイジェスト版、AIで自動生成「ドラジェ」 TBSドラマで試験運用
ドラマのダイジェスト動画を自動生成するシステムのβ版を博報堂DYメディアパートナーズと東京理科大学が作成し、TBS系列で7月9日にスタートするドラマ「Heaven?〜ご苦楽レストラン〜」で試験運用する。(2019/7/9)

プロジェクト:
場所に縛られないライフスタイルの提供を目的に、共同運営型の施設「LAC」の運用をスタート
LIFULLは、地方型シェアサテライトオフィスと宿泊機能を持つ共同運営型の施設「LivingAnywhere Commons」(以下、LAC)の運用を開始した。自宅やオフィスといった場所に縛られないライフスタイルを提供することを目的に展開し、2023年までに、100拠点の設立を目指す。(2019/7/9)

VR:
VR住宅展示場がハウスメーカーの営業ツールに、スマホで内覧を実現
日本ユニシスは、自社が運営するバーチャル住宅展示場「MY HOME MARKET」の仕組みを、ヘーベルハウスを展開する旭化成ホームズが営業ツールとして採用し、既に運用していると発表した。(2019/7/8)

データ管理をもっとシンプル、スマートに
「箱から出して30分」超手軽なミッドレンジストレージはどこまで使える?
「当社もそろそろハイエンドストレージに」と安易にストレージを選ぶのは危険だ。性能を最大限に生かすには、相応の運用体制と工数がかかる。専任管理者不在の環境でも、シンプルに運用できるストレージはあるのだろうか。(2019/7/10)

幸楽苑HD 勤務シフト作成の自動化プログラム導入 
今月中に試験運用を始め、来年8月をめどに全店舗での導入を目指す。(2019/7/5)

特集:百花繚乱。令和のクラウド移行(1):
クラウド移行の失敗・成功を分かつもの〜そもそも運用管理とは何か〜
クラウド移行は企業の“花”。雲の上で咲き乱れるのは、果たして「花」か「徒花」か――技術の進展を受け、大幅にハードルが下がったクラウド移行だが、多数の成功事例には、どのような共通点があるのだろうか。移行の鉄則を探る。(2019/7/5)

製造ITニュース:
マイクロソフトとオラクル、クラウド間の相互運用機能を提供
マイクロソフトとオラクルは、クラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」と「Oracle Cloud」間の相互運用に関する提携を発表した。両クラウドが直接接続できるようになる他、ネットワークやIDの相互運用が可能になる。(2019/7/4)

通信各社が「災害用伝言板」「災害用音声お届けサービス」を提供中 九州地方の大雨に伴う避難指示で
九州地方南部を中心に降っている大雨の影響で、一部の市町村の全体または一部区域で避難指示が発出されている。それに伴い、通信各社が災害用伝言版や災害用音声お届けサービスの運用を開始した。(2019/7/3)

第2の「Mirai」被害を受けないために:
実装すべき39種類のセキュリティ IoT機器向けチェックリストをJPCERT/CCが公開
JPCERT/CCが公開したIoTセキュリティチェックリストには、IoT機器を安全に運用するために実装すべき39種類のセキュリティ機能が挙げられている。IoT機器の開発者がチェックすべきことと、利用者がチェックすべきことを併記した。(2019/7/1)

専門家のイロメガネ:
中小企業で男性社員の育休取得率100%を実現してみた
厚労省が進める男性社員の育休取得。「イクメンプロジェクト」として形は整ってきたが、育休に絡むトラブルが炎上するなど、定着への道のりは厳しい。男性社員の育休取得100%を実現した企業の経営者が、制度を円滑に運用するための工夫について説明する。(2019/7/1)

CAEニュース:
製品ライフサイクルを加速する、工学シミュレーションソフトウェアの最新版
ANSYSは、工学シミュレーションソフトウェアの最新版「ANSYS 2019 R2」を発表した。製品コンセプトの着想から設計、製造、運用に至るまでの製品ライフサイクルの加速化、効率化、簡素化に貢献する。(2019/7/1)

産機設計者が解説「公差計算・公差解析」(5):
「データム記号」の使い方と設計者が身に付けておくべき作法
機械メーカーで機械設計者として長年従事し、現在は3D CAD運用や公差設計/解析を推進する筆者が公差計算や公差解析、幾何公差について解説する連載。第5回はデータム記号の使用方法を説明する。(2019/7/1)

「ストラングラーパターン」とは?:
2000年から運用してきたECサイト「Oisix」をマイクロサービス化 オイシックスのエンジニアが語る舞台裏
2000年から運用してきたECサイトにマイクロサービスを導入したオイシックス・ラ・大地。モノリシックなECサイトのアーキテクチャをどのようにマイクロサービス化させていったのか、同社のシステム基盤部で基盤刷新セクションの川上徹氏が語った。(2019/7/1)

クルマの駐車場に旅客機が停まってる!? 墜落事故が相次いだ「ボーイング737」運用禁止で修理工場がキャパオーバー
空港の駐機場を借りるも限界突破(2019/6/28)

管理要員も約30人から5人に削減:
500台のサーバ集約と運用アウトソースを10カ月で完了 日鉄ソリューションズ
みらかホールディングスは、日鉄ソリューションズのITアウトソーシングサービス「NSFITOS」を導入した。同社の「クラウドサービス」「データセンター」と組み合わせることで、管理要員を約30人から5人に削減した。(2019/6/28)

コンテナセキュリティの基礎知識【後編】
「コンテナ」「オーケストレーター」のセキュリティを脅かす4大脆弱性
コンテナとオーケストレーターを安全に運用する上で、対処すべき代表的な4種類の脆弱性がある。それらの概要と、脅威を軽減する手段を紹介する。(2019/6/28)

「なるべく既存DBアプリを生かして運用を続けたい」に応える
DBAの希望「もう少し11gが必要だけれど、運用は楽にしたい」は実現可能か
アップグレードもシステム改修も「すぐには手を付けられない」。古いOracle Databaseで業務アプリを構築した企業にとって保守サポートの終了は頭の痛い問題だ。延命しながら運用を効率化する第三の選択肢を取材した。(2019/6/28)

横河レンタ・リースの「Win10運用マスターへの道」(14):
Windows 10運用に「設定をプリインストール」が通用しない理由
過去のWindows OSと同じように「マスターPC」と同じ設定をプリインストールしたら、ある日突然設定が消えた――こんな“事件”を避ける運用のポイントを解説します。(2019/6/28)

五輪へ目光らせる防犯カメラ 競技会場と最寄り駅 警視庁が運用開始
昨秋からカメラの設置を始め、「有明エリア」や「東京体育館エリア」など競技会場がある区域ごとに最大25台程度、合計140台を信号機のポールなどに据え付けた。(2019/6/27)

データ管理に振り回されないために
データ管理者の悩みのタネ「ストレージ容量と拡張性」を一気に解決する方法
ファイルサーバやNASによるデータ管理には運用性や拡張性の面で課題が多い上、データの活用もしにくい。運用管理に手間が掛からず、かつ容量効率と性能、拡張性を解決する手段はないものか。(2019/6/28)

IT業務部の挑戦!:
積水ハウスの全工程“一気通貫”CADプラットフォーム、業務別200以上のアプリを開発
積水ハウスは、住宅業界におけるITを活用した働き方の改革の取り組みを進めている。その象徴である2010年からプロジェクトがスタートした「邸情報プロジェクト」は、総額89億円を投じ、社内でこれまでバラバラに運用されていたCADシステムを一元化するだけでなく、開発から、設計、生産、施工、引き渡し、アフターケアまで全工程一気通貫の全社最適化を実現した。この成果として、年間87億円もの継続したコストダウンが達成されたという。(2019/6/26)

年40万円弱で実現
国内出荷ナンバーワンの運用監視ソリューションでハイブリッド環境を攻略
オンプレミスとクラウドが混在する環境は企業規模に関係なく広がっている。予算が潤沢なら統合的な監視を実現する選択肢は少なくないが、コストなどのリソースが限られている場合はどうしたらいいのだろうか。(2019/6/27)

FAニュース:
産業用IoTの導入と運用に必要な機能をパッケージ化したサービスを提供
アムニモは、産業用IoTの導入と運用に必要な機能をパッケージ化した産業向けIoTサービス「amnimo sense beta」の提供を開始した。データ取得、通信、運用、監視、セキュリティといった機能が基本サービスに含まれている。(2019/6/24)

オン/オフ横断の広告配信と効果検証へ:
電通のマーケティングプラットフォーム「STADIA」とLINE Ads Platformがデータ連携
電通デジタルは、電通が提供する統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」を活用し、LINEの運用型広告プラットフォーム「LINE Ads Platform」においてオン/オフ横断の広告配信と効果検証ソリューションを提供開始した。(2019/6/21)

将棋のAI棋譜記録システム開発 記録係不在でもOK
来月から実証実験を行い、来年4月以降の本格運用を予定している。将来的には記録係不在での対局を目指す。(2019/6/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。