ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「南カリフォルニア大学」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「南カリフォルニア大学」に関する情報が集まったページです。

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どんな時代でも変わらない「働く」ことについての大切なこと
これからはキャリアは短いけれど、長い期間働くことを意識しなければならないだろう。そのためにはどのような心掛けが必要だろうか。(2019/6/13)

富裕層に有利な高等教育システム:
入試はセレブの“カネ”次第 米名門大「裏口」と「通用口」
米国で3月、大学入試をめぐる過去最大のスキャンダルが発覚した。有名女優や会社経営者、弁護士らセレブが子供を有名大学に入学させるため、仲介者を通じて試験監督やスポーツチームのコーチらに賄賂を支払っていたのだ。こうした不正行為とは別に米大学の多くは伝統的に、巨額の寄付金と引き換えに子供の入学を認めてきたとされる。経済格差への不満が広がる中、富裕層に有利な側面がある高等教育システムをめぐり議論が紛糾している。(2019/4/11)

アナログ回路設計講座(21):
PR:ファーストレスポンダ用高精度測位・追尾システムへのセンサーフュージョンの応用
GPSが届かない場所で活動を余儀なくされる消防士や救命士たち。特に最初に対応を行うファーストレスポンダの位置を正確に把握することは困難である。そこで、ファーストレスポンダを高精度で測位、追尾するシステムを実現する最先端のセンサーフュージョン応用技術を紹介しよう。(2019/1/15)

東京藝術大学がゲームコースを新設 2019年4月より
ゲームも芸術です。(2018/10/31)

【マンガ】「お酒を飲むと顔が赤くなるあの現象、英語でいうと必殺技っぽくなる」って知ってた?
でも、そんなに強くなさそう。(2018/10/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
暴かれた「北朝鮮サイバー工作」の全貌 “偽メール”から始まる脅威
2014年に米国で発生した大規模サイバー攻撃の犯行メンバーとして、北朝鮮ハッカーが訴追。メールやSNSを悪用した犯行の詳細が明らかにされた。北朝鮮という「国家」によるサイバー工作の恐ろしさとは……(2018/9/13)

“5Gの5倍” 100Gbpsの無線伝送、NTTが「OAM多重」で実現
NTTがOAM(Orbital Angular Momentum)多重を活用して世界初となる100Gbpsの無線伝送に成功したと発表した。LTEやWi-Fiのおよそ100倍、5Gの5倍にあたる次世代の無線通信技術だ。(2018/5/16)

アナログ回路設計講座(17):
PR:動くモノのインターネット(IoMT)を推進する高性能慣性センサー
動くモノのインターネット(IoMT、Internet of Moving Things)の実現の鍵は、センサー・ノードの正確なモーション・キャプチャと位置追跡です。そこで重要になるのが慣性センサーです。IoMTのための慣性センサーに求められる要件を見ていきながら、IoMTに最適な高性能慣性センサーを紹介しましょう。(2018/4/4)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

3分で商標出願 AI活用「Cotobox」 弁理士がリリース
商標登録出願の準備が簡単にできるオンラインサービス「Cotobox」β版が公開された。出願書類の作成が最短3分で可能という。(2017/11/20)

「The Next Platform」で読むグローバルITトレンド(11):
PythonはFPGAアクセラレーションの裾野を広げるか
FPGAによる演算処理高速化の恩恵をPythonユーザーが享受できるようにするための取り組みを、科学技術演算分野で南カリフォルニア大学が進めている。Cよりも10倍以上高速な結果が得られたケースもあるという。(2017/9/12)

iPhoneをセットして使うARメガネ「Mira Prism」、99ドルで予約開始
新興企業Mira Labsが、iPhoneをセットして使うARヘッドセットをホリデーシーズンに発売するとして、99ドルで予約受け付けを開始した。(2017/7/19)

Go AbekawaのGo Global!〜Abhijit Shanbhag編:
映像解析技術で世界をより良くする――エンジニア出身社長を突き動かすたった1つの想い
イメージや動画の解析技術を提供し、シンガポールの犯罪減少に寄与するソフトウェアを開発しているテクノロジー企業の代表が常に持ち続けている“純情”な想いとは――。 ※日本のエンジニアへのアドバイス動画付き(2017/2/15)

遠藤雅伸に聞く:ゲームデザイナーとなるには、ゲームの面白さを知るには、どんな本を読めばいいのか?
ゲームデザイナー&研究者・遠藤雅伸インタビュー。(2017/2/2)

医療技術ニュース:
短期と長期の運動記憶の画像化に成功
東京大学は、短期と長期の運動記憶が、脳内で異なる場所に保存される様子を画像で捉えることに成功。早く学んですぐ忘れる記憶と、ゆっくり学んで長く残る記憶の違いを、脳活動計測と数理モデルを組み合わせて実証した。(2015/12/24)

会話の音声解析アルゴリズム、人間関係予測でセラピスト超え
100組以上の夫婦の膨大な量の会話データに基いて構築した音声解析アルゴリズムに複数の夫婦の会話を“聞かせ”てその関係を推測させたところ、プロのセラピストより高い確度で関係性を当てたという。(2015/11/25)

スピン経済の歩き方:
「ベーコンやソーセージでがんになる」研究の伏線は20年前の「ホットドッグ戦争」
世界中のソーセージやベーコン愛好家たちの間に衝撃が走った。国際がん研究機関が、加工肉の摂取によってタバコやアスベストと同じレベルの発がん性があると公表したのだ。しかし、この問題の背景には、さまざまな思惑がからんでいて……。(2015/11/3)

Go AbekawaのGo Global!〜Maverick Shih編:
失敗は恐れるものではない。学び、経験し、共有するものだ
グローバルを股に掛けたキャリアを築いてきたIT業界の先輩にお話を伺うシリーズ。今回は台湾を代表するIT企業Acerで、BYOC部門を統括するMaverick Shih氏に、IoTの可能性や、アジアの島国からグローバルに打って出るときに必要なマインドを伺った。(2015/9/28)

立体物をコピー!:
PR:世界初の3Dプリンター&スキャナー複合機「ZEUS」がいよいよ日本上陸――PCいらずのカンタン3Dプリンターの実力とは?
誰でも簡単に立体の造形物を作り出せる3Dプリンターだが、知識やPCの扱いなどでハードルが高いと感じる人も多いようだ。しかし、3Dスキャナーも一体化した「ZEUS」なら心配無用。その実力を試した。(2015/8/26)

ディルバート(378):
“ファミリーデー”にサボる方法
会社に子供がやってくるイベント「子供訪問日」(ファミリーデー)。最近は実施する企業も増えましたね。しかしイベント当日は在宅勤務にしてほしいとボスに頼むウォーリー。その理由は……?(2014/12/18)

eBookマーケットリーダー:
マンガ家の原稿料、ネット事業者だとどのくらい?
マンガアプリも増えてきたが、中には編集部を立てて、マンガを「内製」している事業者もある。その場合、マンガ家に支払う原稿料はどのくらいだろうか。(2014/12/17)

eBookマーケットリーダー:
マンガボックス、新広告導入で売上は上がるか?
600万ダウンロードを突破し、絶好調の電子コミックアプリ「マンガボックス」。最近になってネイティブ広告も導入したが、これによる売上増はあるのだろうか。(2014/12/10)

eBookマーケットリーダー:
アプリ広告で、さらに稼ぐための「鍵」
無料のマンガアプリも増えてきたが、その多くは広告で収益を上げている。広告だけで一体、どのぐらい稼げるのだろうか。そして、さらに稼ぐための重要な要素とは?(2014/12/3)

eBookマーケットリーダー:
「レンタル」はNGだが「立ち読み」はOK? iOSマンガの裏事情
iOSアプリを開発するすべての人間にとって、App Storeの審査基準は非常に重要だ。コンテンツの見せ方にも、十分注意する必要がある。(2014/11/26)

eBookマーケットリーダー:
マンガ「人気ランキング」の奥に隠されているもの
ハートコミックスの人気作品ランキングを見ると、あることに気がつく。それは、プラットフォーム事業者としての重要なテーマと関係がある。(2014/11/19)

eBookマーケットリーダー:
「何年前のマンガ」が無料で読めるのか? 現状を検証する
過去のマンガ作品を、フリーミアムで提供する……というビジネスモデルが注目されている。では一体、何年前の作品が読めるのだろうか。(2014/11/12)

eBookマーケットリーダー:
マンガでもっと稼ぐには? 「映画モデル」はどうだろう
出版市場は、じわじわ縮小している。マンガではもう、稼げないのか? 筆者は、マネタイズに工夫の余地があると考える。(2014/11/5)

eBookマーケットリーダー:
半年で2億円! ある上場ベンチャーに見る驚きの電子コミック売上
今回から始まる連載「eBookマーケットリーダー」。まず取り上げるのは、ベンチャー企業の株式会社イグニスだ。「全巻無料系」のアプリが叩き出した、驚くべき売上とは……?(2014/10/27)

【連載】MARKETING INNOVATORS:
広告に「学び」と「喜び」を ―― ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏(前編)
自分の気に入った画像を「ボード」と呼ばれる画面に「ピン」で留めていく。そんなシンプルなサービスが全世界でユーザー数を伸ばし続けている。ピンタレスト・ジャパン 代表取締役社長 定国直樹氏に、ピンタレストが持つマーケティングの効果と日本でのビジネス展開について聞いた。(2014/6/25)

伊吹太歩の時事日想:
米国では、女性の5人に1人がレイプに遭っているという事実
最近、米国では大学内でレイプ事件がまん延し、政府が対策を迫られるほどの社会問題に発展していることをご存じだろうか。もはや、世界中のどこにいても、レイプの危険性を頭の片隅に置いておくべきなのかもしれない。(2014/5/8)

窪田順生の時事日想:
マー君にも知ってもらいたい? 伝説の日本人検死官
トーマス・T・野口という人物をご存じだろうか。誰? と思うかもしれないが、米国の法医学界では有名な監察医だ。渡米時、彼の英語は全く通じなかったが、どのようにして成功を収めたのだろうか。(2014/1/28)

ミクさんが実在する世界:
観測せよ、世界はそこにある! Oculus Riftで人の作りし「世界」へ
現実を忘れるOculus Riftの魅力。あざといなさすがLat式あざとい。(2014/1/23)

“カルトライク”な文化が大企業を打ち破る!?
売り上げを5年間で7倍にした驚異のヨガ・ウェア・メーカー、ルルレモン。“カルトライク”と称される企業文化の強烈な求心力が強さの秘密だ。(2013/3/5)

法然上人から学ぶ未来経営
世の中が混沌としていた平安時代末期に法然が説いた「共生」という概念。筆者はこの言葉は今後の企業経営を考える上でのヒントにもなるという。(2013/2/26)

モバイルセキュリティの米Lookout、日本市場に本格進出
AndroidやiOS向けのセキュリティサービスを手掛ける米Lookoutは日本法人を設立する。(2013/2/21)

「会社は終わった」論にひと言、もの申す
「フリー・エージェント」や「ノマド」と、「会社」という組織。「あちらを立てればこちらが立たず……」というものでもない。「個」が活躍できる時代だからこそ、今こそ、組織の存在意義が見直されるべき時。(2013/2/19)

本当の“顧客ロイヤルティ”とは何を意味するのか
顧客ロイヤルティの、「ロイヤルティ」って一体何を意味するのでしょう。世界最大のオーガニック/自然食スーパー、ホール・フーズ・マーケットの逸話に思うこと。(2013/2/5)

バラク・オバマの就任演説と組織論
米国民を結ぶのは、肌の色でも、信仰でも、名前の由来でもない。米国は、「価値観」のもとに建てられた国。オバマの2回目の大統領就任演説を聴いて感じた、「今、日本に求められていること」。(2013/1/25)

アマゾンに勝つための小売店舗ビジネスのあり方とは
新年の祝いのムードもつかの間、米国の小売業界を脅かす過酷な現実。それはネットに押されて、売上が鈍っているということ。小売店舗がその状況を挽回するためにはどうすればいいのだろうか。(2013/1/16)

次代の経営人材をつくる3つの壁と成功の鍵:
うまくいっている企業はやっている 経営人材育成、成功の鍵(後編)
経営人材育成の出発点は、現経営者のコミットメントと候補者の経営者になる「覚悟」(2013/1/9)

次代の経営人材をつくる 3つの壁と成功の鍵:
経営人材育成の前にある、3つの壁(前編)
2000年代に入り経営の難易度、複雑度は急激に高まっている。現経営陣で対応していくことは難しく次代の経営者に対する期待は高まっている。(2013/1/7)

ソーシャル時代のリーダーの条件は“己を知ること”
米国のビジネス界で新たな経営ツールとして注目を浴びる「戦略的企業文化」。戦略的企業文化経営に着手する上での第一歩となるのが、経営者自身が「己を知る」こと。今回はザッポス社CEOトニー・シェイの「パーソナル・コア・バリュー」を紹介します。(2012/11/9)

もいちど知りたい、セキュアコーディングの基本(1):
なぜ、いま「セキュアコーディング」なのか?
多くのソフトウェアが脆弱性を抱えたまま出荷され、不正アクセスや攻撃の脅威にさらされているいま、セキュアな開発に関する技術や経験を有するプログラマがいっそう求められるようになりました。この連載ではC/C++言語を例に、セキュアコーディングで特に重要となるトピックスを紹介していきます。(2012/10/25)

E3 2012総括(前編):
時を少し巻き戻して――今年のE3を復習して今後のゲーム市場を考える
6月上旬に北米カリフォルニア州ロサンゼルスにて行われたE3の概要とプラットフォーマーの総括をした。前編ではE3前日午前中に行われたマイクロソフトのカンファレンスまでをまとめてみた。(2012/6/27)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
スターモデルを使って組織設計の5つの難題を解決する方法
組織の設計は成り行き任せにしてはいけない。「能力、構造、プロセス、報酬、人材」を考慮すること。(2012/6/27)

「上司不在の職場」について考える
米国では「ボスなんかいらない!」という職場が増えており、「中間管理職の絶滅」なんてことも言われ始めている。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事に触発され、その意図するところを考察する。(2012/6/22)

世界最大のオーガニック・スーパーが実践する“チーム”の極意
企業は人の集合体。米ホール・フーズ・マーケットでは、チーム単位のマネジメントを行うことで、個々の従業員の帰属意識や責任感、オーナーシップの向上を実現しているという。(2012/6/8)

企業文化の出発点は存在意義に求めるべき――ドラッカーが教えてくれたこと
先週、ボストン近郊で行われた企業文化のカンファレンスで、ドラッカーの「先見の明」を改めて実感したという筆者。これからの企業戦略はパーパス(存在意義)の追求から始まるのだという。(2012/6/1)

米小売店舗が目指す「アマゾンのショウルーム」からの脱却
店舗がネットショップの「ショウルーム」と化す現象に悩まされる米店舗小売業。突破口をスマホ・アプリの開発などに見出そうという動きもあるが、果たしてそこに解決策はあるのだろうか?(2012/5/25)

「社員の声を聞きまくれ!」がもたらした企業変革
「社員第一、顧客第二」を唱え、目覚しい変革を遂げたインドのITアウトソーシング・サービス会社、HCLテクノロジー。ピラミッド型の組織をひっくり返すべく、CEOヴィニート・ナイアー氏がとった数々の方策は、多くの企業経営者が見落としがちな「企業変革のスイッチ」を指摘するものだ。(2012/3/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。