ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バリューコマース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バリューコマース」に関する情報が集まったページです。

ヤフー、持ち株会社化で「Zホールディングス」に 目指すは「PayPay」の収益化
ヤフーが10月1日をめどに持ち株会社制に移行すると発表。社名を「Zホールディングス」に変更し、「Yahoo!JAPAN事業」を分割した「ヤフー」と、金融子会社を統括する中間持ち株会社をその下に新設する。増収増益に向け、広告事業の強化と「PayPay」の収益化を目指す。(2019/4/25)

10月1日から新体制:
ヤフーが「Zホールディングス」に社名変更 10月に持ち株会社体制に
(2019/4/25)

現場スタッフが“Excel脳”から“データベース脳”に バリューコマースは、Excel職人が活躍する世界をどう脱したのか
会社のあちこちでExcel職人が活躍し、情報の分散と分断が起こってしまう世界からバリューコマースはどうやって抜け出したのか。(2018/6/14)

年間記事ランキング2016 【連載編】:
神田昌典氏特別寄稿他、ITmedia マーケティングで2016年に最も読まれた連載は?
「テクノロジーがマーケティングを進化させる」を合言葉にマーケ×ITの最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に読者はどんな記事に注目したのか、ランキング形式で振り返ります。まずは連載編から。(2016/12/28)

【連載】オムニチャネル時代のコミュニケーションの「ツボ」 最終回:
「カスタマージャーニーを顧客コミュニケーションに落とし込む」とは結局どういうことか
顧客の数だけ「旅」があり「旅」の数だけシナリオがある。適切なタイミングで顧客にメッセージを届けるためには膨大なシナリオを実行する必要がある。言うだけなら簡単。どう実行するか。(2016/12/26)

【連載】オムニチャネル時代のコミュニケーションの「ツボ」 第2回:
「カゴ落ち防止」のつもりで“ネットストーカー”になっていないか?
「枠」から「人」へ。広告の効率的な配信ができるのはネットの強み。ECサイト事業者にとってアドテクを駆使した広告運用は欠かせませんが、実際、ユーザーの立場からすると……。(2016/9/26)

実店舗を持つECサイト事業者向け:
電子スタンプとマーケティングオートメーションでオムニチャネルを簡単に実現
バリューコマースとデジミホは共同で、実店舗を持つECサイト事業者向けに「かんたんオムニパック」の提供を開始したと発表した。(2016/4/27)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
韓国で人気のソーシャルギフト、日本での普及には何が求められているのか
ネットでギフトを贈り合う“ソーシャルギフト”。韓国などでは人気だが、日本でままだまだ広がっていない。ソーシャルギフトを展開している各事業者は、どこに普及の鍵があると見ているのだろうか。(2015/8/14)

成果報酬が倍に、Renta!アフィリエイト 春の定率2倍キャンペーン
通常10%の成果報酬率が期間限定で20%に。(2015/4/24)

「株式上場は“ゴール”ではなく、新たな“スタート”」
(2014/10/14)

【連載】ソーシャルギフトって何?:
第3回 ソーシャルギフトを受け取る/使う文化――ソーシャルギフト先進国韓国
前回はソーシャルギフトサービスに商品を出品する企業のメリットについて解説をさせていただきました。今回は、企業がソーシャルギフトを使ってどのようなキャンペーンを行うことができるか、ソーシャルギフト先進国の韓国の事例を踏まえてお話しさせていただきます。(2014/8/8)

【連載】ソーシャルギフトって何?:
第2回 企業がソーシャルギフトサービスに“出品”するメリットとは?
「第1回 ソーシャルギフト、知ってますか?」ではソーシャルギフトとは何ぞや? という話をしました。今回はソーシャルギフトサービスへ出品する企業はどのような商品が最適で、どのようなメリットがあるのかというお話をさせていただきます。(2014/7/10)

【連載】ソーシャルギフトって何?:
第1回 ソーシャルギフト、知ってますか?
近年メディアでも少しづつ紹介されているソーシャルギフト。文字通りSNSなどのソーシャルメディアでつながっている友人、知り合いにプレゼントを贈る仕組みです。ソーシャルギフトには、既存のギフト文化を変えるインパクトがあります。この連載では、ソーシャルギフトの全体像を示しながら、利用者や企業に与えるメリットなどを海外事例を交えて紹介します。(2014/6/4)

成果報酬率が15%にアップする「電子貸本Renta!」アフィリエイトキャンペーン
電子書籍レンタルサイト「電子貸本Renta!」で成功報酬率を15%とする「Renta!アフィリエイト 春のキャンペーン」を実施する。(2014/4/16)

ヤフー、4四半期連続で2けた成長 EC出店料無料化、下期に営業益30〜50億円の影響
ヤフーの第3四半期は2けたの増収増益に。通期での過去最高益を見込む。(2013/10/25)

ヤフー1Q、2けた成長 3四半期連続
ヤフーが3四半期連続で2けた成長。広告やゲーム、データセンター事業などが好調だった。(2013/7/26)

【連載】アプリビジネスのカラクリ:
第3回 20代前半の女性に浸透するスマホアプリ
日本の情報発信地、原宿。原宿から表参道に向かう大通りでは、若者同士が手すりに座って休んでいる光景を目にすることが多く、これも原宿らしさの1つとなっている。5月某日、実際に原宿に赴き、20代女性に「最近利用しているアプリ」を訊いた。(2013/6/17)

【連載】アプリビジネスのカラクリ:
第2回 レビューサイトがアプリを選定/記事化する基準
アプリ開発に携わる人なら誰でも自分の制作したアプリの認知を広げ、ダウンロードを加速度的に増やしたいと考えるだろう。国内外問わず、多くのアプリレビューメディアが乱立し、ユーザーはメディアが発信するアプリレビューを参考に自身が欲しいと思うアプリ情報を探している。今回はアプリレビューメディアで取り上げてもらうための方法やテクニックを探る。(2013/5/17)

仕事をしたら“けしからん奴”を見つけた:
アフィリエイト市場が拡大している――その要因は意外にもあの業界のお客さん
アフィリエイト市場が拡大している。ある調査会社によると、今後も拡大が見込まれるという。「アフィリエイト」と聞いても、なんだか古い印象があるのだが、なぜ好調が続いているのか。日本で初めてサービスを提供した「バリューコマース」の担当者に話を聞いた。(2013/5/8)

【連載】アプリビジネスのカラクリ:
第1回 Google Play、AppStoreから見る有料アプリのダウンロード傾向
Google Playは8アプリ、AppStoreは33アプリ――。ダウンロード数トップ100位に食い込む有料アプリの数はGoogle Play、AppStoreそれぞれのプラットフォームで大きな違いがある。Google Playと比較してAppStoreではなぜ、有料アプリが数多くダウンロードされるのか?(2013/5/8)

Renta!アフィリエイトで成果報酬20%キャンペーンを実施
パピレスは運営する電子書店「電子貸本Renta!」で「Renta!アフィリエイト 春の定率20%キャンペーン」を開催している。(2013/3/15)

登録アプリ数1200アプリ超:
スマホアプリ支援サービス「Applis(アプリス)」、Windows 8 アプリに対応
バリューコマースは2月26日、同社が運営するスマートフォンアプリ支援サービス「Applis(アプリス)」のWindows 8 アプリ対応を発表した。(2013/2/26)

若手ビジネスパーソンの過半数、英語学習に使ってもいい費用は5000円以下
楽天やユニクロなどが社内英語公用語化を掲げたことなどから、注目が集まっている英語学習。しかし、若手ビジネスパーソンは英語学習にそれほどお金をかけたくないようだ。バリューコマース調べ。(2013/1/21)

BOOK☆WALKERがアフィリエイトサービスを開始 成果報酬率10%キャンペーンも
ブックウォーカーの電子書店「BOOK☆WALKER」で、Webサイトやブログ運営者を対象とした成果報酬型アフィリエイトサービスがスタートした。(2012/12/27)

「電子貸本 Renta!」でアフィリエイトサービス開始
パピレスの「電子貸本 Renta!」で、成果報酬率10%のアフィリエイトプログラムがスタートする。(2012/11/22)

アップル、「Lightning - Micro USBアダプタ」を日本でも発売
アップルが、LightningコネクタにMicro USBケーブルが装着できる変換アダプタ「Lightning - Micro USBアダプタ」の国内販売を開始した。価格は1880円。(2012/11/2)

バリューコマースの新サービス:
アプリ紹介メディアに無料で一括レビュー申請ができるサービス「Applis」(アプリス)
バリューコマースが9月27日に発表した「Applis」(アプリス)は、≪スマフォアプリの開発者≫と≪アプリ紹介メディア≫をつなぐサービスである。同サービスを活用することで、アプリ開発者は複数のアプリ紹介メディアに対し、無料で一括レビュー申請を行うことができる。(2012/10/5)

あなたに合った電子書店を見つけよう:
これでもう迷わない、電子書店完全ガイド――honto
乱立する電子書店。それぞれに特徴があるが、それらを横断的に紹介したものは少ない。そこでeBook USERでは、国内の主要な電子書店を徹底レビューしていく。そう、これは“書店のレビュー”だ。今回は「honto」を紹介する。(2012/9/6)

アフィリエイトサービスのO2O:
バリューコマースとWazoo、Eチケット発行システムと連動した「成果報酬型店舗送客プログラム」の提供を開始
バリューコマースは8月1日、WazooのEチケット発行システムに対して「成果報酬型店舗送客プログラム」(リアルアフィリエイトサービス)の提供を開始したと発表した。(2012/8/1)

レノボ、8万円台からのCore i3/Xeon搭載対応エントリーWS「ThinkStation E31」
レノボ・ジャパンは、エントリークラスモデルとなるデスクトップ型ワークステーション「ThinkStation E31」「ThinkStation E31 SFF」を発表した。(2012/5/29)

ケータイカメラで撮影、販売サイトに誘導――エブリクスとバリューコマースが提供
商品をケータイカメラで撮影すると、販売サイトにアクセスできる――。こんなサービスをエブリクスとバリューコマースが提供する。(2009/6/23)

「リアルな世界でもアフィリエイトを」――DACらがサービス化
来店や商品を購入した利用者に対し、Edyに交換できるポイントを付与する広告サービスをDACらが開始した。広告主は来店や購買の度合いに応じて広告料を支払う。(2009/5/25)

バリューコマースの前期、営業益が6割減
(2008/2/6)

Yahoo!買収で連想買い 日本でもネット企業の株価急騰
MSによるYahoo!買収提案を受け、東京株式市場でもネット企業の株価が急騰。(2008/2/4)

ヤフー、個人ブログにも行動ターゲティング広告配信
ヤフーは12月13日、個人Webサイトやブログに行動ターゲティング広告を配信し、広告収入をサイトオーナーとシェアする「アドパートナー」を始めた。(2007/12/13)

アフィリエイター“ブラックリスト”を共同利用 業界団体、審査時に
主要アフィリエイト企業で構成する業界団体が、不正行為で強制退会処分になったアフィリエイターの情報の共同利用を始める。登録審査時に使い、不正行為の再発を防ぐのがねらい。(2007/6/11)

不正行為や迷惑行為に「No」、アフィリエイトに関する業界ガイドライン
日本アフィリエイト・サービス協会は、広告主とパートナー、サービス提供者がそれぞれ遵守すべき項目をまとめた「アフィリエイト・ガイドライン」をまとめた。(2006/10/20)

コンテンツをベースにする日本型Web2.0 第1回:
Web2.0にもあった日本だけの特徴
日本のインターネット業界でも進むWeb2.0化。ただ、それは本来のWeb2.0化とはちょっと違うようだ。そこには、日本ならではの特徴があるのだ。(2006/9/6)

バリューコマース、コンテンツマッチング広告を開始
(2006/8/29)

相次ぐアフィリエイト企業の株式公開 今度はインタースペース
(2006/8/18)

「Java開発はモスクワが一番」とバリューコマース社長
「開発部隊の技術力が強み」――マザーズに上場したバリューコマースのネルソン社長は胸を張る。同社の開発拠点はモスクワだ。(2006/8/3)

ヤフオクがアフィリエイトに対応
「Yahoo!オークション」がアフィリエイトに対応。出品物への広告リンクをブログなどに貼り付ければ、成果に応じた報酬をもらえる。(2006/8/3)

バリューコマース、初値は公開価格の1.4倍
(2006/7/31)

バリューコマースがマザーズ上場へ
(2006/6/27)

Yahoo!のアフィリエイト、現金受け取り可能に
ヤフーのアフィリエイトプログラムの報酬が、今夏から現金で受け取れるようになる。(2006/6/19)

ものになるモノ、ならないモノ(9):
API公開のずいぶん前からすでにWeb2.0でした
数回にわたり、国内のWeb2.0企業にフォーカスし、その姿を見ていく。まずはAPI公開を先立って行ったビッダーズに効果を聞いた (編集部)(2006/6/13)

Jetrun、携帯サイトに対応したRSS検索エンジンを提供
(2006/5/26)

Jetrunテクノロジ、携帯サイト向けにもRSS検索エンジン
(2006/5/26)

「日本アフィリエイト・サービス協会」設立
(2006/5/16)

ベクターがアフィリエイト開始
(2006/5/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。