ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「オムニチャネル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「オムニチャネル」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第4回】
顧客エクスペリエンス向上につながる返品処理 その実現方法とは
オンラインショッピングの普及と共に消費者による商品の返品行動が増加した。商品の発信元である小売業者にとっての改善策にはどのようなものがあるのか。(2024/2/13)

実践事例に学ぶDXの知恵【第2回】
ドミノ・ピザ、ウォルマートなど「顧客視点DX」を追求した企業の実践例3選
普段から利用するあの店の便利さはどこから来ているのだろうか。大手ピザデリバリーチェーンやスーパーマーケットの事例から、DX実践の学びを探る。(2024/2/9)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
結局、店員が常駐……日本の「もったいないセルフレジ」 米小売業との決定的な違いは?
セルフレジに複数人の店員が常駐する日本のスーパーマーケット。米国では日本より少ない人員でスムーズに運用できている店舗が大半だ。両者の違いは一体、どこにあるのか――。(2024/2/8)

テクノロジーで変えるネット通販の返品問題【第3回】
返品したら終わりじゃない――小売業者の苦悩を軽減するテクノロジーの力とは
インターネット通販における返品は小売企業にとって頭の痛い問題だ。返品件数を減らし、消費者の顧客満足度を高めるためには、テクノロジーをどう活用すればよいのかを検討する。(2024/2/6)

今日のリサーチ:
ITフリーランスエンジニアの平均月額単価ランキング
DXの進展でIT・テクノロジー領域の人材需要が拡大しているようです。(2024/2/5)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
「残念なセルフレジ」はなぜ生まれるのか 顧客体験を損なわない方法
レジ業務にかかる人手を減らすセルフレジ。一方で、使い勝手が悪く、現場の人手を返って増やすセルフレジも多い。顧客体験を向上し、現場の負荷を減らすセルフレジの在り方とは――。(2024/2/1)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
レジ待ちの不満が「稼ぐ機会」に? 米小売大手が実践する面白い工夫
小売店舗において、レジ作業を見直せば「ついで買い」を促し、大幅な売り上げ増につながるケースもある。そんなレジの在り方について、小売大手Walmartの先進事例などを交えて紹介する。(2024/1/5)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「パーソナライゼーション」&「A/Bテスト」ツール売れ筋TOP5(2023年12月)
今週は、パーソナライゼーション製品と「A/Bテスト」ツールの国内売れ筋各TOP5を紹介します。(2023/12/12)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
ヤクルト購入率が爆上がり 陳列棚をDX「シェルフサイネージ」の威力とは?
陳列棚の前面につけるコンパクトなデジタルサイネージ「シェルフサイネージ」。実は使い方次第で失敗にもつながる。シェルフサイネージの効果的な使い方とは?(2023/12/8)

EC事業者のGCP活用事例
「Google Cloud」を選んだスタートアップが“急成長”できた理由とは?
スポーツウェアのECサイトを手掛けるGymsharkは「Google Cloud Platform」(GCP)の採用を発表した。どのような背景から移行を決意し、どう活用を進めるのか。(2023/11/21)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本でリテールメディアの成功に不可欠な、3つのポイント
小売業がメディアを運営することで広告収益へとつなげていく「リテールメディア」。米国の小売企業の取り組みを真似するだけでは、成果は得られないと筆者は指摘する。リテールメディアを成功させるために押さえておくべきポイントとは――。(2023/11/13)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本のリテールメディアが攻めあぐねる、3つの理由
近年、日本でも小売業者やメーカーが注目する「リテールメディア」。成功する米小売り大手のモデルを模倣するだけでは、成功は難しいと筆者は指摘する。なぜ模倣だけではリテールメディアは成功しないのか――。(2023/11/2)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
ECで買って店舗で受け取り ウォルマートが導入し話題の「新たな購買体験」とは
ECで購入した商品を店舗で受け取るBOPIS。米小売大手ウォルマートが先駆けて導入し、日本の小売業でも注目を集めています。今回は、9月に筆者が小売視察で訪れた米ニューヨークのBOPISの最新動向を紹介します。(2023/10/2)

DX 365 Life(10):
多国籍チームでビジネスを成長 D&Iに取り組むMicrosoftのトレンドを紹介 (Microsoftのビジネスアプリケーション-AI編その1)
長期的なビジネス成長を考える上で、外国人人材の起用やAIの活用は重要な要素になります。この点、日本企業はどのように取り組みを推進していくべきなのでしょうか。Microsoftの製品が提供する価値と合わせて解説します。(2023/9/29)

Retail Dive:
オムニチャネルのお手本? 「1年間で100万人の顧客を獲得」した実践例を紹介
コロナ禍を機に、小売業界ではオムニチャネルの取り組みが拡大している。これまでIT活用のイメージが薄かったペット業界も例外ではないようだ。他業界との提携やアプリの刷新で顧客を増やした企業の実践例を紹介する。(2023/9/29)

DXを失敗させないための基本【第8回】
KFCはなぜパンデミックでも業績を伸ばせたのか? CTOが語る「DXの理由」
世界中に店舗を持つKFCはDXに取り組んだ結果、パンデミックを経験したにもかかわらず売り上げを増加させることができた。その具体的な取り組みを紹介する。(2023/9/27)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
EC化率「45%の中国」と「13%の日本」 3倍超の差がつく納得の理由
大手の食品小売業ではここ数年、1万坪級に及ぶネットスーパー専用の大型配送センターを開設する動きが顕著になっています。海外には、ネットスーパー専用の大型センターやEC運営の先行事例があります。国内の小売企業がEC運営を成功させるために、海外の事例から押さえておくべきポイントを探ります。(2023/9/19)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】オムニチャネル
オムニチャネルとマルチチャネルはどう違う? O2OとOMOは? オムニチャネル実現のために何が必要?(2023/9/29)

ウォルマートが「広告代理店」になる日 小売りに頼らない未来の稼ぎ方
売上総利益率は70〜80%、ロスも生じず、返品される可能性もゼロ――。ウォルマートが将来を約束された、最強の売れ筋商品とは。(2023/9/14)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
GEO、たった2年で「時価総額が倍増」 店舗数は減ったのに、なぜ?
レンタルショップで有名な「GEO」を運営するゲオホールディングス(名古屋市)の時価総額がここ2年足らずで倍増し、1000億円を突破した。レンタルビジネスに関する周辺環境が悪化の一途を辿る中、同社はなぜ業績を成長させることができたのか。そこには3つの勝因があった。(2023/9/1)

デジタル顧客体験向上のために
なぜIKEAは「オムニチャネル」を採用し、販売をどう変えたのか?
IKEAのフランチャイズ加盟企業が、チャットbotや会話型コマース、リモートでのデザインプランニングサービスなどの機能を活用し、デジタル顧客体験の向上に取り組んでいる。その具体的な中身とは。(2023/9/1)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
売り場をムダに歩き回る店員……店舗出荷型ネットスーパーの成功に必要な4つの視点
店舗在庫利用型ネットスーパーの成功に必要な4つの視点〜同じ商品をヤマダさんがピックアップしてサトウさんが品出しする非効率(2023/8/23)

今日のリサーチ:
生成AIをコンテンツ作成に活用している企業は17%――アドビ調査
国内企業のマーケティングにおける生成AI導入の現状やコロナ規制緩和後のマーケティング施策の変化について調査した結果です。(2023/8/14)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
日本は周回遅れ? ウォルマートを成長させた「データ整備」と「物流改善」の極意
小売業のDXを図る上で在庫管理におけるデータの活用は欠かせない。ウォルマートの事例から、日本の小売業の成長に必要な要素を浮き彫りにする。(2023/8/2)

がっかりしないDX 小売業の新時代:
巨大な店舗で「ダラダラ仕事」 それでも米国小売業が成長できるワケ
なぜ、巨大な店で従業員がダラダラ働いている米国の大手小売業が、キビキビ働いている日本の小売業より生産性が高く成長し続けているのか――長年、小売業のDX支援を手掛けてきた郡司昇氏が解説する。(2023/7/21)

UXも見直し:
ムラサキスポーツ、ECサイトを刷新 OMO戦略を強化
ムラサキスポーツはオンラインストアのサイトリニューアルで、ECプラットフォーム「W2 Unified」を導入。OMO/オムニチャネル対応を実現させた。(2023/6/30)

Retail Dive:
ナイキはオフラインとオンラインでどう販売を強化しているのか
Nikeは自社のデジタルチャネルと実店舗に多額の投資を行っている。そして、さらに卸売パートナーにもエコシステムを広げようと試みている。(2023/6/7)

Payments Dive:
「Text to Pay」に小売業界が注目する理由 北米で躍進する老舗FinTech企業Fiserv
老舗FinTeh企業のFiservが「Text to Pay」を発表した。リッチな支払いアプリが全盛のいま、なぜテキストデータを使った決済が注目を集めるのだろうか。(2023/6/5)

「AI」にマーケティングについて聞いてみた:
ChatGPT自身に聞く、生成AIに広告テキストを作らせる正しいプロンプトの書き方
マーケターが気になるあれこれについて「AI」に質問してみる本連載。今回のテーマは「プロンプトエンジニアリング」です。(2023/5/13)

「リベンジ消費」を取り込めるか:
中国の高級ブランド品購入者が求める体験とは? アリババが指摘する3つのポイント
アリババグループは中国人旅行者に提供すべき買い物体験の3つのポイントを発表。中国の海外旅行需要は急速に回復している。高級ブランド小売り各社はどう対応すべきか?(2023/5/9)

冬の時代続く:
「ここじゃ買えんの?」 地方百貨店のEC戦略が残念な結果になってしまった理由
コロナ禍もあり、全国各地で商業施設の閉店が相次ぐ昨今。そうしたなか、2022年春にひっそりと閉店したデパートがある。その名も「ストライプデパートメント」。「そんなデパートは聞いたことがない」という人がほとんどだろう。しかし、このストライプデパートメントの閉店は、全国各地の地方百貨店に大きな影響を及ぼすものとなった。(2023/5/4)

メーカー幹部が語る「DXの全貌」【第5回】
何のための変革が「DX」なのか? 飲料メーカーPepsiCoに学ぶ
システムの変更を含め、DXのためにさまざまな取り組みを進めるPepsiCo。そうした活動を通じて、同社は事業の何を変えようとしているのか。DXのゴールとは。(2023/4/20)

APACのCIOが重視するIT分野【第3回】
「脱パブリッククラウド」を引き起こす“あの問題”とは
パブリッククラウドのシステムを別のインフラに移行させる動きがアジア太平洋地域(APAC)で起きていることが、IDCの調査で分かった。企業がインフラを選定する際に、何が問題になっているのか。(2023/4/12)

Gartner Insights Pickup(297):
続:ERPは終わったのか
ERPは終わったのか。それとも、未来があるとすれば、それはどんなものなのか。今回は、前回の「ERPは終わったのか」の続編をお届けする。(2023/4/7)

Oracleが新たなバンキングサービスを提供 6つのサービスの特徴は
Oracleの新たなバンキングサービスは銀行が抱える課題を解決するのか。6つのサービスをそれぞれ紹介する。(2023/2/27)

今日のリサーチ:
スマートなCXを実現する5つの条件とは?――Zendesk「CXに関する年次トレンドレポート(2023年版)」
顧客を獲得し、維持し続けるには「スマートCX」の実現が重要であるという認識がますます高まっているようです。(2023/2/20)

Retail Dive:
「オムニチャネル化したくてもできない」 かつての“選択”が災いに転じた老舗企業
コロナ禍の影響が落ち着き、実店舗での買い物を楽しむ消費者が増える中、eコマース事業者は軒並み苦戦している。あのAmazonでさえレイオフを実施する時代を生きのびるための施策を邪魔するのは、かつて良かれと思って選択した“あの戦略”だった。(2023/2/16)

Supply Chain Dive:
「物流会社化」するウォルマート 配送サービスに取り組む巨大小売事業者の目論見とは
ウォルマートは即日配送サービスとフルフィルメントサービスをSalesforceで提供することを明らかにした。すでに同様のサービスを提供しているアマゾンに続き、「物流会社化」するウォルマートの目論見とは。(2023/2/3)

BPO業界の構造改革:
「りらいあ」「KDDIエボルバ」の経営統合目指す三井物産 その狙いと背景は?
コンタクトセンター業務を手掛けるりらいあコミュニケーションズ。KDDI子会社のKDDIエボルバ。両社の経営統合を目指す三井物産の狙いは?(2023/1/26)

Marketing Dive:
一人勝ちの「リテールメディア」にブランドが意外と不満な理由
リテールメディアの存在感が増している。だが一方で、ブランドのリテールメディアに対する不満や不安も高まっているようだ。(2022/12/21)

小売業界を進化させる:
PR:小売業界が抱える課題 EXOTEC NIHONはどう効率化と自動化を実現するのか
小売業界も自動化と効率化が急務だが、思うようにDX(デジタルトランスフォーメーション)が進んでいない。この現状を打破するのがEXOTEC NIHONが提供する「Skypod」だ。(2022/12/15)

Marketing Dive:
Googleが進化を急ぐ背景にある「消費者の検索離れ」の深刻度
シンプルなテキスト検索からマルチメディア検索への脱皮を急ぐGoogle。検索の進化に取り残されないために、マーケターは常識をアップデートする必要がある。(2022/12/15)

物流のスマート化:
ユニクロに続きヨドバシカメラも、フランスの物流ロボットを倉庫に導入へ
Exotecの日本法人Exotec NIHONは2022年12月6日、東京都内で記者会見を開き、Exotecの自動ピッキングソリューション「Skypodシステム」を複数の倉庫に設置、運用するためのパートナーシップ契約をヨドバシカメラと締結したと発表した。(2022/12/8)

B2Bビジネスの未来の鍵は「創造性」【後編】:
カンヌライオンズ2022 クリエイティブB2B部門受賞作から日本のマーケターが学ぶべきこと
B2Bビジネスのオムニチャネル化というトレンドをリードする世界の先進事例とはどういったものか。「カンヌライオンズ2022」に新設されたクリエイティブB2B部門の受賞作を題材に、I&CO Tokyo共同代表の間澤崇氏が解説する。(2022/12/3)

B2Bビジネスの未来の鍵は「創造性」【前編】:
オムニチャネル化するB2Bビジネス 未来を生き抜く企業に何が必要なのか?
B2Bビジネスを取り巻く環境に変化が訪れている。変化を乗り越え、未来を切り開くために何が求められているのか。I&CO Tokyo共同代表の間澤崇氏による特別寄稿前編。(2022/12/2)

今日のリサーチ:
購買のきっかけはYouTubeやフリマアプリ、店舗で買い物中にスマホで情報収集……など 2022年の消費者トレンド
オムニチャネル化が加速しています。アドビが実施した「消費者動向調査2022」の結果から注目すべき4つのポイントをまとめました。(2022/11/28)

「CDP」「BI」「MA」をワンストップで提供:
ECサイトの「グロースマーケティング」を支援 ビービットが「OmniSegment」の国内展開を開始
顧客データを統合・分析し、独自のAI技術によるセグメント別の細かなコミュニケーション施策の実行によって、ECマーケティングにおける高速なPDCAを実現する。(2022/11/24)

Supply Chain Dive:
Gapが「物流企業」に 小売業界で顧客サービスの垂直統合が本格化
SPA(製造小売)ビジネスの経験が厚いアパレル企業にとって、流通最適化はお手のものだ。自社物流網を持つ企業が垂直統合のメリットを最大化させつつある。自社サービスの高度化はもちろんだが、究極の配送網を商売のタネにしようという動きが米国で盛り上がりを見せている。今やアパレルメーカーのGapすら物流企業なのだ。(2022/9/29)

今日のリサーチ:
世界のBNPL市場は年平均36.9%成長、2026年までに6563億ドル規模に――Frost & Sullivan予測
手持ちのお金がないときなどに便利な後払いサービスの市場が急拡大。2026年までに現在の4.8倍になる見込みです。(2022/9/6)

中小企業にモバイルアプリが必要な7つの理由【後編】
“有名ブランド”になりたい中小企業は「モバイルアプリ」をこう生かすべし
顧客との接点として地位を確立したモバイルアプリケーション。中小企業が顧客と関わり合い、マーケティング活動を成功に導く上で、モバイルアプリケーションはどう役立つのか。(2022/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。