ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「VBA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Visual Basic for Applications

生成AI、那覇市はどう活用? 職員も思いつかなかった、AIが提案したアイデアとは
2023年12月から生成AIを導入した沖縄・那覇市。利用シーンを6つのケースに絞り、文章のたたき台作成などに用いている。行政が生成AIなどの先端技術を使う意義とは――。(2024/5/13)

PR:「リスキリングって本当に業務に役立つ?」 1カ月間試して分かった“効果の出る”学び方
(2024/4/19)

生成AI 動き始めた企業たち:
生成AI、明治の活用法 社内アイデアソンで生まれた案は?
大手菓子メーカーの明治は1月から社内生成AI「meiji AI Talk」の活用を始めた。活用アイデアの創出に向け、社内ではどのような取り組みをしているのか。(2024/4/18)

煎餅か昼寝かで悩むようなもんじゃ:
お悩みその27 VBAとPython、どちらを勉強した方がいいのでしょうか(40代 女性 SE)
Claude 3とやらが登場したそうじゃのう。どれ、ワシも試してみるかいのう。(2024/4/8)

「Excelより100倍高速」「Pythonネイティブ」をうたう:
Snowflake、Redshift、PostgresSQLと連携可能な表計算ソフト「Row Zero」発表
Row Zeroは、表計算ソフトウェア「Row Zero」を発表した。「Microsoft Excel」や「Google Sheets」のような見た目と操作性を持ちながら、100倍高速だとしている。(2024/3/21)

セキュリティニュースアラート:
GoogleがAI Cyber Defense Initiativeを立ち上げ OSSの防御ツールも公開
Googleは「AI Cyber Defense Initiative」の立ち上げを発表した。同社はこの取り組みをサイバーセキュリティのバランスを攻撃側から防御側へと傾ける大きなチャンスに位置付けている。(2024/2/20)

Google、AI採用のサイバー防御イニシアチブ発表 「Magika」オープンソース化も
Googleは、「防衛者のジレンマ」に対処するための新イニシアチブ「AI Cyber Defense Initiative」の立ち上げを発表した。また、Gmailなどで活用しているAI採用マルウェア検出ツール「Magika」をオープンソース化した。(2024/2/16)

セキュリティニュースアラート:
Excel経由でのマルウェア感染に要注意 Fortinetが新たな手口を公開
FortinetはExcelファイルを通じて情報窃取型マルウェアを配布する新たな手口を発表した。この攻撃はExcelファイル内のVBAマクロから始まり、最終的にWebブラウザのデータまでを窃取する。(2024/2/8)

組み込み開発 年間ランキング2023:
Matterでスマートホームは変わる? 光量子コンピュータおじさんに感じるSF的未来
2023年に公開したMONOist組み込み開発フォーラムの記事をランキング形式で振り返る。1位に輝いたのは、スマートホームの標準規格「Matter」の解説記事でした。(2023/12/25)

大好きなお母さんのベッドに続々と集まる猫たち…… 朝から寝るまで&寝ているときも甘えたい猫たちがかわいい 飼い主に話を聞いた
まるで磁石のよう。(2023/12/24)

山市良のうぃんどうず日記(270):
VBScriptが非推奨、将来削除の対象に――自作管理用のスクリプトはどうする? スクリプトの移植に生成AIは使える?
Microsoftは2023年10月、Windows標準搭載のスクリプト言語「VBScript」を“非推奨”の機能と位置付け、将来のWindowsリリースでの廃止に向けた流れを発表しました。(2023/11/22)

データ活用で導入するべきツールは? 表計算 vs. BI vs. AutoMLの特徴比較
データ活用を始める際、どのツールを導入すべきか悩む企業もいるのではないだろうか。そこで今回は、企業のデータ活用導入を支援するKPMGコンサルティングに“表計算ツール”と“BIツール”、AIを使った“AutoMLツール”について話を聞いた。(2023/11/20)

東京都、全局にChatGPT導入 ガイドライン公開、ルールからプロンプトのコツまで
東京都は、ChatGPTを、全局の職員5万人が利用できる体制を整えた。職員向けの「文章生成AI利活用ガイドライン」も公開した。(2023/8/24)

PR:Excelの“良いとこ取り”を実現した“脱Excel”プロジェクト管理法とは?
Excelでのプロジェクト管理は「どれが最新版か分からない」「取引先と共有しにくい」などの課題がある。Excelの便利さを受け継ぎつつ、そういった課題も解決できるプロジェクト管理法とは。(2023/9/7)

変化するサイバー攻撃手法【第2回】
「Officeマクロ」原則ブロックが生んだのは“安全性だけ”ではなかった
「Microsoft Office」のマクロがデフォルトで無効になったことにより、Officeマクロを悪用したサイバー攻撃は減少傾向にある。攻撃者は新しい手法として、何に目を付けているのか。(2023/6/28)

Cybersecurity Dive:
VBAマクロ型の次は何が流行する? 攻撃者の動きで読むマルウェア配布のトレンド
MicrosoftがVBAマクロのブロックし始めてから、サイバー犯罪者たちは新たな攻撃手法を模索するようになった。(2023/6/24)

@IT読者調査「ローコード/ノーコード開発ツール」導入&活用状況:
「手を動かしたほうが早い」 ローコード/ノーコード反対派が見落としているものとは
@ITは「ローコード/ノーコード開発ツール」に関する読者調査を実施した。それによるとローコード/ノーコード開発ツールは確実に企業に浸透しつつあるものの、ツールの適用の仕方で悩んでいる傾向が強いことが分かった。(2023/6/22)

変化するサイバー攻撃手法【第1回】
Microsoft Officeの「マクロ原則ブロック」がもたらした利点と“想定外の変化”
Microsoftは、「Microsoft Office」におけるマクロ機能をデフォルトでブロックするようポリシーを変更した。これにより、ユーザーやサイバー攻撃者にどのような変化をもたらしたのか。(2023/6/22)

山浦恒央の“くみこみ”な話(165):
業務効率化の道具箱(12)VBSなら面倒な環境構築なしで自作ツールを作れる
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第12回は、Windowsであれば面倒な環境構築なしで使えるVBSのプログラム記述方法を紹介する。(2023/5/18)

ITワード365:
【クイズ】「国内のメガバンク5行の出資会社が運営する、1件あたり10万円までの小口送金サービス」とは? 他
最新IT動向のキャッチアップはキーワードから。専門用語で煙に巻かれないIT人材になるための、毎日ひとことキーワード解説。用語の意味から隠されたIT用語が何なのか当ててみよう。(2023/5/2)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(終):
半年単位で働き方が変わってしまう高度AI時代 中小企業がDXで成功するためには、どうすべきか
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。最終回は、これまでの連載を振り返りながら、高度AI時代に中小企業がDXで成功するための条件を探る。(2023/4/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(164):
業務効率化の道具箱(11)VBAでグラフ描画が可能な自動集計アプリを作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第11回は、VBAによる自動集計アプリのさらなる進化版として、データを転記し、グラフ描画を行うツールを作ってみる。(2023/4/20)

OneNoteがサイバー攻撃対策で120個の拡張子をブロック
MicrosoftはOneNoteを悪用したサイバー攻撃の増加を受け、特定拡張子のファイル処理方法を変更すると発表した。2023年4月のバージョン2304から適用され、特定の拡張子のファイル実行をブロックする。(2023/4/6)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(5):
「教えることは二度学ぶこと」 DX人材を倍々に増やす方法とは
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。第5回は、学ぶ場を創出することでDX人材を倍々に増やす、その方法と事例を紹介する。(2023/3/28)

山浦恒央の“くみこみ”な話(163):
業務効率化の道具箱(10)VBAでさらに高機能な自動集計アプリを作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第10回は、第9回で紹介したVBAによる自動集計アプリのバージョンアップ版を作ってみる。(2023/3/27)

初心者が学ぶべきプログラミング言語【第4回】
「Scratch」をGoogle大物開発者が“条件付き”で初心者に推奨 その条件とは?
視覚的な要素の組み合わせでプログラムを開発するビジュアルプログラミング。その代表格が「Scratch」だ。プログラミング学習の第一歩としてScratchを習得する意義とは何なのか。学習を進める上での注意点とは。(2023/3/26)

半径300メートルのIT:
Emotetが活動再開 対策する前にチェックすべき“組織の仕組み”とは?
複数のセキュリティベンダーがマルウェアEmotetの活動再開を報じています。今回も新たな攻撃手法を駆使しているらしく十分な警戒が必要ですが、対策を講じる前にあらためてチェックしておくべき項目を紹介しましょう。(2023/3/14)

OneNoteが新たなマルウェア感染経路に 具体的な手口と対処法
Microsoft OneNoteを悪用したサイバー攻撃が発見された。VBAマクロに変わる新たなマルウェア感染の侵入経路としてサイバー攻撃者の間で悪用が進んでいるものとみられる。(2023/3/7)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(4):
課題だらけの建設業界でDXの波を生み出す、「学びの場作り」の大切さ
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。第4回は、人材不足などの課題が多い建設業界の中小企業が始めた、DXのための取り組みを紹介する。(2023/2/24)

山浦恒央の“くみこみ”な話(162):
業務効率化の道具箱(9)VBAで自動集計アプリを作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第9回は、VBAによる自作ツール作成の例として自動集計アプリを作ってみる。(2023/2/21)

月単価の高いプログラミング言語ランキング 2位は「Ruby」で87万円、1位は? レバテック調べ
最も月単価の高いプログラミング言語は何か。IT人材の紹介事業を行うレバテックは2月13日、そんな調査結果を発表した。(2023/2/13)

Tech TIPS:
Excelで次々とQRコードを作成する方法
QRコードは、Webサイトへの誘導などさまざまな場面で使われている。QRコードを簡単に作成できるWebサービスなどもあるが、状況によってはこうしたサービスが使いにくいこともあるだろう。そのような場合、ExcelのQRコード作成機能を利用するとよい。その使い方を紹介しよう。(2023/2/6)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(3):
「誰」が「どうやれば」DXを実現できる? やる気やスキルがあってもうまくいかない理由と対処法
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。第3回は、数百人規模の組織のDXに取り組んだ事例を紹介し、どんな要因がDXを成功に導くのかを分析する。(2023/1/31)

「VSTO」がVBAマクロに代わる新たな攻撃ベクトルとして注目されるワケ
Microsoft OfficeのVBAマクロという攻撃手段を失ったサイバー攻撃者にとってVisual Studio Tools for Office(VSTO)が新しい攻撃ベクトルになる可能性が出てきた。この技術を悪用したベクトルはまだほとんどのセキュリティベンダーが検出できていない。(2023/2/4)

山浦恒央の“くみこみ”な話(161):
業務効率化の道具箱(8)ツールがないならVBAで作ってみよう
ソフトウェア開発にとどまらない、PCを使う全ての人が対象となるシリーズ「業務効率化の道具箱」。第8回は、自作ツール作成の第一歩としてVBAを紹介する。(2023/1/24)

「AIで詐欺メールと攻撃プログラムの生成に成功」 セキュリティ企業が注意喚起 知識なくても攻撃可能に
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、ChatGPTを使ったサイバー攻撃が起きる可能性があるとして注意喚起した。フィッシングメールや攻撃プログラムの生成に成功したという。(2023/1/10)

編集部コラム:
需要減でもなお「足りない」半導体/レガシー技術、レガシースキルとの決別/VBAマクロ無効化問題
今年後半によく読まれた記事から、2022年のIT業界事情を振り返ります。(2022/12/30)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(2):
中小企業だからこそ、1人のちからでDXを始められる
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。第2回は、1人で中小企業のDXに取り組んだ事例を紹介し、成功の秘訣(ひけつ)は何かを分析、解説する。(2022/12/22)

編集部コラム:
絶対にパスワード付きzipファイルしか送らせない企業 vs. 絶対にパスワード付きzipファイルを受け取らない企業の戦い
一年を振り返ってみると業務環境の変化に右往左往した自分自身の体験を思い返すことになりました。(2022/12/21)

エンジニアはどう生きるべきか? 実践編:
「あなた」というモジュールを最適化する、というエンジニア生存戦略
元任天堂開発者がエンジニアの真に役に立つことを伝授するシリーズ。「エンジニアの生き方」最終回は、エンジニアという道をどういう指針で進むかです。(2022/12/19)

IT人材ゼロから始める中小企業のDXマニュアル(1):
うちの会社はIT人材不足、だからDXが進まない? 中小企業を取り巻くDXの現状と課題を整理する
DXをどのように進めたらよいか分からず、焦りを覚えている中小企業のDX担当者や経営者のモヤモヤを吹き飛ばし、DX推進の一歩目を踏み出すことを後押しする本連載。第1回は、中小企業を取り巻くDXの現状と課題について解説する。(2022/12/1)

NASAの画像を悪用したサイバー攻撃【後編】
Microsoft Officeでマクロ自動実行はNG? “あれ”があったら要注意
NASAのジェームズ・ウェッブ望遠鏡が撮影した画像を悪用したサイバー攻撃が発見された。この攻撃では“珍しい手法”を用いるという。その内容とは。(2022/11/9)

ITmedia Security Week 2022 秋:
未来へつなげるためには、まず“地固め”を――今アップデートが必要な3つの視点をリサーチャーズが語る
2022年9月に開催された「ITmedia Security Week 2022 秋」の「未来へつながるセキュリティ」ゾーンにおいて、@ITのセキュリティセミナーではおなじみとなったセキュリティリサーチャーズによるディスカッション「疑え!常識!紡いで未来」が行われた。ポッドキャスト「セキュリティのアレ」でも活躍する、根岸征史氏、辻伸弘氏、piyokango氏の3人が“未来”をテーマにしつつ、“地固め”をしていこうという内容で登壇。これからのセキュリティ対策で見逃してはならないポイントを、それぞれの視点で語った。(2022/11/2)

Excelは”凶器“なのか【前編】
もう止まらない「犯罪者のExcel離れ」
メール攻撃を仕掛ける攻撃者の間で「Excel」の“人気”が衰え始めているという。その背景には、Microsoftが下した“ある決断”の影響があると専門家はみる。それは何なのか。(2022/10/23)

「Office 2016」でVBAマクロを実行できない不具合 Microsoftが更新プログラムを公開
Microsoftが、「Office 2016」でファイル名やフォルダー名に2バイト文字が含まれている場合に、VBAマクロを実行できない不具合に対する更新プログラムを公開した。(2022/8/23)

謎の「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回問題【後編】
「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回を専門家が“愚案”と非難する当然の理由
Microsoftが「Microsoft Office」におけるVBAマクロ原則ブロック方針を一時撤回したことを受け、セキュリティ専門家からは「理解し難い」との声が聞こえる。その理由とは何か。(2022/8/12)

経営を動かすファイナンス:
「年季の入った経理システム、どうすれば?」 CFO歴任者が教える、ばかにできないExcel活用術
【Q】当社のファイナンス部門はExcelを中心とした属人的なオペレーションで、経営陣に見せるレポートを出すために手作業や複数の工程を経なければならず、分析や経営陣に対する示唆を出すまでに力尽きてしまいます。しかし、新ツールは予算の関係で導入できません。どうすれば良いでしょうか?(2022/8/10)

VBAマクロを手動でブロックする方法【後編】
Microsoft Officeで「VBAマクロ」をブロックするシンプルな方法
「Microsoft Office」が初期設定でVBAマクロをブロックするかどうかにかかわらず、ユーザー企業は手動でVBAマクロをブロックできる。その手順を説明する。(2022/8/10)

Tech TIPS:
いきなり開くな! マクロ付きExcelファイルの安全性を確かめる方法
取引先などからメールの添付でマクロ付きExcelファイルが送られてきた場合、どのように対処しているだろうか? 場合によっては「Emotet」などのウイルスの可能性もある。安全にマクロ付きExcelファイルを確認するにはどうすればいいのか、その方法を紹介する。(2022/8/5)

謎の「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回問題【前編】
「VBAマクロ原則ブロック」一時撤回をMicrosoftに決断させた“真犯人”とは?
Microsoftが「Microsoft Office」で進めていたVBAマクロ原則ブロック方針を一時的に撤回したことで、ユーザーやセキュリティ専門家の間に戸惑いが広がっている。一時撤回の背景にある“謎”を追う。(2022/8/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。