ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

  • 関連の記事

「Vine」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Vine」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

日本出身メンバーも所属の多国籍アイドル「シークレットナンバー」、デビュー曲が180万回再生の大反響
ガールクラッシュな魅力が止まらない。(2020/5/20)

Vine共同創業者のクイズアプリ「HQ Trivia」終了 資金調達できず
Vineの共同創業者が2017年に立ち上げたライブクイズアプリ「HQ Trivia」が、2月14日の出題を最後に終了した。ラス・ユスポフCEOは全社メールで資金が調達できず、会社を解散すると告げた。(2020/2/16)

Vine創業者、6秒のループ動画を投稿するアプリ「byte」リリース
2017年に終了したVineの後継アプリが登場。(2020/1/26)

Twitterが葬った6秒動画アプリ「Vine」、「Byte」として復活
Twitterが買収して自社アプリとして公開し、2016年に終了した「Vine」の共同創業者が、ほぼ同じ機能の6秒動画アプリ「Byte」をiOSおよびAndroidのアプリストアで公開した。間もなくクリエイター支援プログラムも立ち上げる計画だ。(2020/1/25)

「世界遺産みが深み」 kemio&青山テルマの旅番組がYouTubeで公開、“カオスさ”の裏側を聞いてみた
kemio「楽しんで見て頂けたら幸(さち)です!」(2019/7/12)

Apple Storeでイリュージョンビデオの作り方を教わった
Apple Storeのセッション「ビデオラボ:小さなスクリーンで魔法を起こそう」に参加してみた。(2019/2/7)

Vine共同創業者のコリン・クロル氏、34歳で急逝
Twitterが買収し、終了したVineの共同創業者で、クイズアプリ「HQ Trivia」の共同創業者でCEOのコリン・クロル氏が急逝した。34歳だった。(2018/12/17)

Facebook、ユーザーに無断で通話履歴入手画策など英議会の公開文書で明るみに
Facebookの過去の社内メールなどの膨大な文書を英国議会が公開した。Facebookはこの資料を「偏ったものだ」と抗議しているが、競合しそうなVineへのAPIを遮断しろというザッカーバーグCEOのメールやAndroidアプリのアップデートで権限追加のダイアログを表示させない方法についてのやり取りなどが含まれている。(2018/12/6)

Twitter新プロダクト責任者が語るTwitterの「4本の柱」 新機能への言及も
Periscopeの共同創業者で、Twitterのプロダクトリードに就任したケイヴォン・ベイポーさんを取材しました。(2018/11/15)

10代の若者層がターゲット? Facebookが「Tik Tok」みたいな動画共有アプリを米国で配信へ
以前の「Vine」で見られたネタ動画的なものも作れるようです。(2018/11/11)

Twitterが終了した「Vine」を「Byte」として復活すると創業者がツイート
Twitterが買収し、2016年にサービスを終了した6秒ループ動画アプリの「Vine」の創業者の1人が、2019年春に新しいループ動画アプリを「Byte」という名称で立ち上げるとツイートした。(2018/11/9)

実はハイテク? 若者に人気の動画アプリ「TikTok」は何がすごいのか
若者を中心に人気の口パク動画アプリ「TikTok」は他の動画アプリと何が違うのか。(2018/10/27)

復活してほしいSNSは?:
「先生の裏アカ発見」「言葉づかいが『ぁたしゎ』」……あなたのSNS黒歴史は?
アンケートアプリの開発・運営などを手掛けるテスティー(東京都中央区)がSNSに関する調査を実施。SNS上で起こった珍エピソードから黒歴史となったエピソードまで、さまざまな声が寄せられた。(2018/10/1)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

ITはみ出しコラム:
米IT大手の企業買収にみる悲喜こもごも Microsoft、Google、Amazon、Twitterの場合
米IT大手の企業買収には、その企業の思想や方針が見え隠れします。Microsoft、Google、Amazon、Twitterが過去に行った買収劇を振り返ってみました。(2018/7/1)

ITはみ出しコラム:
YouTubeを超えて広がる「好きなことで、生きていく」のいま
YouTubeは人気YouTuberが離脱するのを防ぐため、広告以外のマネタイズツールを強化しました。Facebookもグループ管理者が収益化できるプログラムのテストを開始するなど、オンラインサービスでのマネタイズ手法が広がりをみせています。(2018/6/24)

「Vine」の後継サービス「V2」、無期限延期に
資金や法的なハードルが理由。(2018/5/6)

“日本が知らない”海外のIT:
世界中の若者が熱狂 自撮りは“口パク動画”の時代へ
世界中の若者が動画アプリに熱狂する中、「口パク動画」といわれる「リップシンク動画」が注目を集めている。(2018/3/2)

ギャルとおじさんのトークで学ぶ用語集 【卍(まんじ)】
「卍(まんじ)」(2017/11/1)

Vineユーザーの一部の個人情報流出でTwitterが注意喚起
Twitterが、1月にサービス終了したVineの一部のユーザーのメールアドレスと電話番号が流出した可能性があるとして、該当するユーザーに注意喚起のメールを送った。(2017/5/20)

リズムキープすごすぎません!? 前足でドラムを叩くワンちゃんが驚異のリズム感
すごいというよりひたすら癒されます。(2017/4/4)

YouTubeで日本のMVの多くが海外から視聴できず 背景にはGoogleとの規約問題、国内レーベルの葛藤
エイベックスなど大手音楽レーベル、ネットの著作権問題に詳しい福井健策弁護士に取材した。(2017/3/12)

ねとらぼ×CodeCamp企画:
PR:マンガ家・やしろあずきがイチからプログラミングを学んで自分の公式サイトを作ってみた
衝撃の公式サイト誕生までの様子をマンガでお届けします。(2017/3/1)

「もしもTwitterがなくなったら」を考えてみた
Twitterがなくなったら割りと困る。(2017/2/1)

Twitter、Vine.coをループ動画のアーカイブとして再公開
1月17日にサービスを終了したVineに2013年〜2017年に投稿されたすべての動画をVine.coで閲覧できるようになった。(2017/1/23)

Twitter、Googleにモバイルプラットフォーム「Fabric」を売却
Twitterが、開発者向けモバイルプラットフォーム「Fabric」をGoogleに売却する。長期的な成長のために重要な製品と事業に集中するためとしている。同社は「Vine」のサービスを終了したばかりだ。(2017/1/19)

Vine終了で、Twitter上の6.5秒以下の動画はすべて自動ループに
Twitterが1月17日、予告通り「Vine」を終了し、アプリは6.5秒の動画をTwitterに投稿する「Vine Camera」に生まれ変わった。このアプリで作ったものを含む6.5秒以下の動画は、Twitter上で自動ループする。(2017/1/18)

「Vine」のサービス終了/新アプリの配信開始が1月17日に決定 動画の保存はお早めに
1月17日を過ぎると投稿済みの動画が保存できなくなります。(2017/1/6)

2017年の新iPhoneはどうなる? Twitter身売り騒動の行方は――2016年“うわさの真偽”総まとめ
来年のiPhoneはどうなる? 注目企業の動向は? 2016年に上がったIT・ネット業界のうわさをもとに2017年を占います。(2016/12/30)

Twitter、Vineアプリを「Vine Camera」アプリに移行 6.5秒のループ動画を作成可能
Vine Cameraは機能を絞ったアプリで、6.5秒のループ動画を作成し、直接Twitterに投稿したり、端末に保存したりすることが可能。(2016/12/18)

「Vine」、部分的に命拾い──1月から「Vine Camera」に
Twitterが、10月に発表した動画投稿サービスVineの終了について、具体的なプロセスを発表した。アプリは1月の更新で6.5秒ループ動画を撮影してTwitterに投稿する機能に限定した「Vine Camera」に生まれ変わり、VineのWebサイトはアーカイブとして存続する。(2016/12/18)

Twitter、モバイルアプリでのライブ放送を可能に(Periscopeは存続)
Twitterが、モバイルアプリから直接ライブ放送を配信できるようにした。Periscopeの技術を使っているが、別途Periscopeをインストールする必要はない。(2016/12/15)

絵画が2次元から出てきたぞ! 映像作家が投稿した夢のあるトリック動画がちょっとロマンチック
いつかの海外ドラマで、こんなシーンがあったような。(2016/12/10)

Amazon、公正なレビュー目指しガイドラインをまた更新
Amazonがカスタマーレビューのガイドラインを更新し、Amazonで購入していない商品についてのレビューは1人当たり週に5件までとした。(2016/11/28)

池澤あやか、IT企業に転職!?:
PR:うつくし過ぎるプログラマー「池澤あやか」は、この先生きのこれるか。ドワンゴのエンジニア兼、人事に聞いてみた
うつくし過ぎるプログラマー、あるいはRubyの女神様など、さまざまな肩書(?)を持つギークタレント池澤あやかさんが、IT企業に転職!?(2016/11/28)

孤高のD.I.Y.:
古代エジプトのパワーで過疎化を止める夏田さん
自身の庭先に「古代エジプト」を作りだした夏田さん。古代人の頃から続くDIYの風景。(2016/11/21)

終了宣言のVine、LINEなど数社が買収に食指のうわさ
Twitterが10月末にサービス終了を宣言した6秒動画サービスVineに対し、日本のLINEを含む数社が買収を申し込んでいるとTechCrunchが報じた。(2016/11/8)

九州最西端の地 交通安全を祈願し続ける発明家 金山さん
意外な形で島の交通安全を支える人物がいた。長崎平戸の天才DIYアーティスト、金山さん。(2016/11/2)

Vine終了の舞台裏──スター達は救おうとしたが折り合わずに去った
Vine終了発表の約1年前に、Vineの人気急落を懸念したスターVinerらがVineに改善案を提供し、最終的には有償でコンテンツを投稿すると交渉したが折り合わず、サービスから去っていたと、Vineとの会合に出た複数のVinerへのインタビューを基にMic Networkが報じた。(2016/10/31)

Vine動画をGIFアニメに変換・シェアできるツール、GIPHYが開発
GIFを作成・検索できるサービス「GIPHY」が発表しています。(2016/10/29)

Vine創業者「会社は売るな!」 サービス終了の発表受け
「自分の会社は売るな!」――Twitter傘下の動画投稿サービス「Vine」共同創業者が、Vine終了の発表を受けてこうツイートした。(2016/10/28)

Twitter、動画アプリ「Vine」終了へ
経営悪化に伴い身売り話も出ていました。(2016/10/28)

Twitter、6秒動画のVineを終了へ
Twitterが9%の人員削減を発表した後、傘下のVineがサービス終了を発表した。当面はアクセスできるが、今後エクスポート方法などが告知される見込みだ。(2016/10/28)

Twitter、9%の人員削減を発表 売上高は予想を上回るもMAUは伸びず
Twitterの7〜9月期の決算は売上高、非GAAPベースの純利益ともにアナリスト予測を上回った。業績発表と同時に、9%の人員削減も発表した。ジャック・ドーシーCEOは「Twitterの未来に自信を持っている」と語った。(2016/10/27)

町工場を音楽レーベルに 機械音と映像をリミックスした「INDUSTRIAL JP」始動
日本の町工場の音と映像をリミックスし、ミュージックビデオとして公開する新たなレーベル「INDUSTRIAL JP」が始動した。(2016/10/25)

Facebookで動画の自動再生を切る方法
(2016/10/24)

人と木が融合する地点 阿蘇山に踊る「フルーツ屋のトピアリー」
阿蘇の高原に居並ぶ奇妙な植木達の影。半世紀に渡って生み出し続けられる古くて新しい生命体。(2016/9/19)

NFLの10試合もライブで視聴できる:
Twitter、ライブストリーミングアプリを「Apple TV」「Xbox One」「Fire TV」でリリース
ライブ動画に注力するTwitterが、AppleとAmazonのSTBおよびMicrosoftの「Xbox One」向けのライブストリーミングアプリ「Twitter」を無料で公開した。TwitterアカウントなしでNFLのTNFやBloombergの生番組をテレビの画面で視聴できる。(2016/9/15)

「セフィロスの人」漫画家・やしろあずきは何者か 母親とともに黒歴史を掘り起こしてみた
セフィロスとの出会いも明らかに。(2016/9/12)

サードウェーブデジノス、VR HMD「Vive」推奨のゲーミングノートPC
サードウェーブデジノスは、ゲーミングPC「GALLERIA」のラインアップにVR HMD「Vive」動作推奨モデルとなるノートPC計2機種を追加した。(2016/9/7)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。