ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「W42K」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「W42K」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

KDDI、「W42K」のバッテリーパック交換の確認対象を変更
バッテリーパックに発煙や破裂の恐れがあるauケータイ「W42K」について、バッテリーパック交換の対象数が変更され、2008年3月26日以前の解約や機種変更分も確認対象に含まれる。(2011/8/22)

W42Kのバッテリーパックに22件目の事故――KDDIと京セラが再度交換を呼びかけ
発煙や破裂の恐れがあるauケータイ「W42K」のバッテリーパックの利用者から22件目の事故が申告された。KDDIと京セラは、あらためてバッテリーパックの交換を呼びかけた。(2011/6/7)

W42Kのバッテリーパックに21件目の事故――KDDIと京セラが交換を呼びかけ
発煙や破裂の恐れがあるauケータイ「W42K」のバッテリーパックについて、21件目の事故が申告された。KDDIと京セラは、あらためてバッテリーパックの交換を呼びかけた。(2011/4/21)

W42Kのバッテリーパックに18件目の発熱・発煙――解約した場合も要注意
auの京セラ製端末「W42K」のバッテリーパックについて、18件目の発熱と発煙が発生した。KDDIは、同機種を機種変更、解約したユーザーも含めて速やかにバッテリーパックを交換するよう呼びかけている。(2009/8/10)

KDDIの小野寺社長、バッテリーパックの破損事故で謝罪――再発防止策も
KDDIの小野寺正社長が決算会見の冒頭で、「W42K」のバッテリーパックの不具合が引き起こした事故について謝罪するとともに、再発防止策を発表した。(2008/4/24)

3月22日〜3月28日:
5分で分かる先週のモバイル事情
開業1周年を間近に控えたイー・モバイルが音声サービスを開始。千本会長は「3大キャリアの古い慣習を打ち破る」と気勢を上げた。ドコモは4月1日から下り7.2MbpsのFOMAハイスピードを開始。KDDIと京セラは「W42K」のバッテリーの不具合で事故が起こったことを明らかにし、謝罪した。(2008/3/31)

京セラ製携帯電話で13件の事故、KDDIと京セラの対応も後手に
KDDIが販売した京セラ製の携帯電話「W42K」にバッテリー損傷による13件の事故が発生。原因究明後も両社の対応が遅れ、2件の事故が起きた。(2008/3/28)

auの「W42K」に電池パックが発煙・破損する不具合──事故13件、約21万5000台回収・交換へ
KDDIはau「W42K」の電池パックに不具合があると告知。発熱・膨張し、発煙や破損に至る可能性がある。同機種を使用する全ユーザーを対象に、21万4349台を回収・交換する。(2008/3/28)

KDDI、三洋・カシオ・日立・京セラ製au端末のアップデートを公開
KDDIは、三洋電機製「W43SA」、カシオ計算機製「W42CA」「W43CA」、日立製作所製「W42H」「W43H」、京セラ製「W42K」向けのソフトウェアアップデートを公開した。(2007/3/29)

ワイヤレスジャパン2006:
W42K、A5521K、簡単&ビジネスケータイ。ついでに京ぽんとMediaFLO──京セラブース
京セラブースは、auとウィルコムの同社製端末タッチ&トライコーナーや、クアルコムが展開予定のコンテンツ配信技術「MediaFLO」対応試作機などを展示する。(2006/7/20)

タフネスケータイ「G'zOne W42CA」、6月29日から順次発売
「W42K」「W33SA II」「ウォークマンケータイ W42S」に続いてWIN対応のau夏モデルが次々と登場する。6月29日にはタフネスケータイ「G'zOne W42CA」が店頭に並ぶ。(2006/6/27)

携帯販売ランキング(5月29日〜6月4日):
今週はシャープ祭り!?──初登場「SH902iS」の順位はいかに
2006年夏モデルが続々登場し、ランキングが活気付いてきた。先週発売された端末、ドコモ「SH902iS」とau「W42K」は何位にランクインしただろうか。(2006/6/9)

アナログTV+FMチューナー搭載の「W42K」、新規は1万円台半ば
アナログTVとFMラジオチューナー、着うたフルにも対応するマルチメディア端末「W42K」が発売された。新規価格は1万円台半ば。(2006/6/2)

アナログテレビ搭載の京セラ端末「W42K」、6月2日から順次発売
アナログテレビやFMラジオ機能を搭載したLISMO対応の京セラ製端末「W42K」が6月2日から発売になる。(2006/6/1)

写真で解説する「W42K」
京セラ製の「W42K」は、アナログテレビや着うたフル、FMラジオを楽しめるマルチメディア携帯。4色展開のボディカラーに合わせたマイク付きリモコンが付属する。(2006/5/22)

アナログTV+マイク付きリモコン装備──「W42K」
届いたメールの内容でキャラが変わる「エモーションメール」、親密度を表示する「ペアバロメータ」を搭載。ケータイをなくした時に便利な「遠隔マナー解除」機能も備えた。(2006/5/22)

「W42K」がJATEを通過
auの次期モデルと見られる「W42K」が2月21日にJATEを通過した。(2006/3/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。