ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「代理店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「代理店」に関する情報が集まったページです。

製品動向:
竹中工務店らが開発した粉じん飛散を防ぐ養生ユニット、3分で現場設置が完了
竹中工務店は、屋内の改修作業で粉じんの飛散を防ぎ、組み立てが3分で終わる養生ユニットを開発し、建機レンタルのアクティオが販売代理店となってレンタルや外販をしていく。(2020/8/6)

ゲーム感覚で保険募集人材教育 エヌエヌ生命がオンライン学習プラットフォーム採用
エヌエヌ生命保険は、Salesforce Platformと連携したオンライン学習プラットフォームを導入した。代理店向けの教育に利用し保険募集人の獲得を目指す。同プラットフォームは、代理店ごとの学習度合いと保険募集人の実績の相関関係を容易に把握できるという。(2020/7/9)

新機能実装で特約付帯率が約2.5倍に:
三井住友海上が代理店サポートにAI活用 B2B2Cモデルで顧客体験価値向上のためにできること
三井住友海上がAIとデータアナリティクスで実現した代理店サポートのためのシステムを構築。これを使って顧客体験価値を向上させている。(2020/7/6)

「セグウェイ」製造終了へ 日本の法人向け保守サービスなどは継続
電動二輪モビリティ「セグウェイ」の生産が7月に終了する。日本の販売代理店であるSegway Japanが展開する法人向けサービスは継続する。(2020/6/24)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省がNTTドコモと販売代理店70社に行政指導――そもそも「わかりにくい改正法」に問題があるのではないか
「不適切な端末代金の値引き」が行われたとして、総務省がNTTドコモの販売代理店70社に対して行政指導を行った。その根拠となった改正電気通信事業法や各種ガイドラインの制定過程では、「曖昧で抵触するかどうか判断しづらい」という指摘もあった。誰でも分かるような明確なルールブックを作るべきではないだろうか。(2020/6/5)

総務省がNTTドコモと販売代理店70社に行政指導 「不適切な端末代金の値引き」について
「不適切な端末代金の値引き」が行われたとして、総務省がNTTドコモの販売代理店70社に対して行政指導を行った。監督役であるドコモにも、指導を徹底する旨の行政指導が行われた。(2020/5/29)

ドコモ、スマホ過剰値引きで行政指導 販売代理店で601件の違反
総務省は、スマートフォンを過度に安売りしたとしてNTTドコモに行政指導をした。2019年10月に導入したスマホ販売の新ルールを破る値引きが同社の販売代理店で601件見つかった。同省は同日、携帯3社に販売ルールの順守を要請した。(2020/5/29)

クルーズ市場最前線:
「この逆境で業界は大きく変わる」クルーズ代理店トップが挑む次の一手
新型コロナウイルスの影響でクルーズ業界は致命的な打撃を受けている。主だったクルーズ船社は2020年前期の航海を取りやめ、その再開のめどはたっていない。その現在と未来をクルーズプラネット代表取締役社長の小林敦氏に聞いた(2020/5/15)

現場管理:
建設現場向け360度画像データ管理システム、日本販売開始
建設現場向け360度画像データ管理システム「StructionSite」について、オーク情報システムとチェンジを国内統括代理店とする正式販売がスタートした。新型コロナウイルス感染症拡大防止対策の一環として、60日間無償で利用できるフリートライアルライセンスも提供する。(2020/5/15)

ファンケルもマスク販売を開始、中国パートナーの協力で オリジナルマスクも開発へ 
ファンケルが不織布マスクの販売を開始する。中国国内の健康食品販売代理店から調達した不織布マスクをECサイトで12日から販売。50枚入りで価格は3190円から3590円(税込)。(2020/5/8)

「コロナウイルスを除菌するエアコンガスができた」 ダイキン工業をかたる電話に注意
ダイキン工業は、一部の販売業者が同社や代理店、特約店を名乗り、新型コロナウイルス感染症対策として空調機器の購入や買い換えを促す電話勧誘を行うケースがあるとして注意を呼びかけた。(2020/4/24)

ドコモショップ六本木店と九州支社のスタッフが新型コロナウイルスに感染
NTTドコモは4月4日、販売代理店のスタッフと社員が新型コロナウイルス感染症の陽性反応が出たことを発表した。感染者の出たのは、ドコモショップ六本木店とドコモ九州支社。当該スタッフの最終出社日は3月31日。(2020/4/6)

エルザ、中国Pico Technology製のワイヤレス接続対応VR HMD「Pico Neo 2」の取り扱いを開始
エルザ ジャパンは、中国Pico Technology製と国内における正規代理店契約を締結、ワイヤレスVR HMD「Pico Neo 2」の国内向け販売を開始する。(2020/4/3)

ソフトバンク販売代理店のスタッフが新型コロナウイルスに感染
3月30日に、ソフトバンク販売代理店のスタッフ1人が、新型コロナウイルスに感染していたことが判明した。当該スタッフが過去2週間に勤務したのは大阪府の3店舗で、現在は休業している。(2020/4/1)

「戦略商材」を売るために:
シンフォニーマーケティング、販売代理店をマネジメントして売る仕組み(PRM)を提供
B2Bマーケティングと営業の仕組みをワンストップで構築するアウトソーシングサービス。(2020/3/13)

情報化施工:
全米で150社以上が利用する建設業向けクラウドサービスが2020年春に国内で発売
全米で150社以上が利用する建設業向けクラウドサービス「StructionSite」が、大林組グループのオーク情報システムとチェンジの2社を統括代理店として、2020年春に国内で発売される。(2020/3/27)

「ものすごく売れている」 2万円台のSIMフリースマホ「TCL PLEX」日本上陸の背景を聞く
TCLの「TCL PLEX」が、2019年末に突如日本に上陸した。取り扱っているのが、BlackBerryやPalmといったTCL製スマートフォンで実績のある代理店のFOX。ミドルレンジモデルながら、税込みで2万9800円というコストパフォーマンスの高さが話題を集めた。なぜFOXがあえてTCL PLEXをこのタイミングで導入したのか?(2020/2/4)

TCT Japan 2020:
金属フィラメントに対応した3Dプリンタの“日本限定モデル”が10万円以下で
FLASHFORGEと同社の日本総代理店であるApple Treeは「TCT Japan 2020」に出展し、金属フィラメントに対応したデスクトップタイプのFDM(熱溶解積層)方式3Dプリンタ「Adventurer3X」の展示デモを披露した。(2020/1/31)

日本ものづくりワールド 2020:
3Dプリンタ用フィラメント「Ultrafuse」を日本市場向けに販売
日本3Dプリンターは、BASF 3D Printing Solutionsと日本代理店契約を締結し、BASF 3D Printing Solutionsの3Dプリンタ用フィラメントブランド「Ultrafuse」の取り扱いを開始したことを発表した。(2020/1/29)

労働環境を悪化させる“ブラック乞客”とは:
ドコモ代理店「クソ野郎」騒動に潜む、日本からブラック企業がなくならないそもそもの理由
NTTドコモ代理店で起こった「クソ野郎」問題が新年早々大きな問題になった。代理店運営の兼松コミュニケーションズだけでなく、NTTドコモも謝罪文を出す事態に。問題の真相はどこにあるのか。労働問題に詳しい新田龍氏はに“ブラック乞客”の存在を指摘する。(2020/1/20)

大規模システムへのPaaS活用
SOMPOグループが保険代理店向けシステムを「Heroku」に移行した理由
クラウドが広く普及する中、運用コストや拡張性などを考慮して、PaaSを導入する企業は少なくなくなった。その中から、「Heroku」で保険代理店向けシステムを構築したSOMPOシステムズの事例を紹介する。(2020/3/2)

なぜ遅れたのか:
ドコモ代理店の「クソ野郎」問題 事件発生から謝罪まで4日間かかった理由を運営会社に聞く
ドコモ代理店で店員がお客を侮辱した問題。事件が発生してから謝罪まで4日間かかっている。なぜ対応が遅れてしまったのか、運営会社に見解を聞いた。(2020/1/14)

「親が支払いしてるクソ野郎」 ドコモ代理店の書類に信じられないメモ書き 受け取った本人に話を聞いた
NTTドコモは「ツイートにあるような不適切な内容のメモを、お客さまにお渡ししてしまったことは事実です」と認めています。(2020/1/9)

3年間で売上高100億円目標:
TED、巨大AIチップのCerebrasと代理店契約締結
東京エレクトロン デバイス(以下、TED)は2019年12月19日、Cerebras Systems(セレブラスシステムズ/以下、Cerebras)と販売代理店契約を締結し、Cerebrasの超高速ディープラーニングシステムの受注を開始したと発表した。TEDでは今後3年間で、同システムの販売を中心にAI(人工知能)/ディープラーニング関連事業で売上高100億円程度を見込む。(2019/12/24)

東京エレクトロンデバイスが受注開始:
「世界最速のAIコンピューター」を引っさげCerebras Systemsが日本上陸
独自開発の巨大ディープラーニング処理チップを搭載したシステムを開発し、米国で話題のCerebras Systemsが、東京エレクトロンデバイス(TED)と販売代理店契約を結び、日本市場への進出を発表した。(2019/12/20)

3Dプリンタニュース:
シングルヘッド採用で手軽さが増したプロ向けFDM方式3Dプリンタ「DreamerNX」
デスクトップ型3DプリンタメーカーのFLASHFORGEの日本総代理店であるApple Treeは、FLASHFORGEが新たにリリースしたプロフェッショナル仕様のFDM方式3Dプリンタ「DreamerNX」の販売を開始した。(2019/12/17)

古田雄介の週末アキバ速報:
Windows 7卒業で肉カード、4TB SSDで寺院巡り――謎コラボキャンペーンが続々!
冬のボーナス商戦が始まり、年末から年明けにかけてメーカーや代理店も絡んだ積極的なキャンペーンが動き出している。自作PCと関係あるものから無いものまで、とりあえず得しておこうぜ!(2019/12/14)

産業用画像技術:
分解能1nmで膜厚を測定できる、キヤノンITSがハイパースペクトル画像事業に注力
キヤノンITソリューションズ(キヤノンITS)は、ハイパースペクトル画像処理ソフトウェアを手掛けるドイツのLuxFluxと販売代理店契約を締結したと発表した。2019年12月上旬から同社製品の国内販売を始める。販売開始から3年後となる2022年の売上高目標は1億円。(2019/12/9)

Nintendo Switch、中国でも発売決定 Tencentが代理販売
中国国内で「Nintendo Switch」が12月10日に発売。任天堂が代理店契約を結んでいるTencent Holdingsが販売する。実売予想価格は2099元(約3万2000円)。(2019/12/4)

3Dプリンタニュース:
従来比2倍高速で高精度、価格40万円と安価な産業向けSLA方式3Dプリンタ登場
XYZプリンティングジャパンは、デスクトップ型の産業用途向け光造形(SLA)方式3Dプリンタの新製品「PartPro150xP」を発表。国内販売代理店であるイグアスを通じて販売を開始する。(2019/11/29)

3Dプリンタニュース:
停電時に自動停止し、復旧後に自動再開できるデスクトップ型工業用3Dプリンタ
デスクトップ型3DプリンタメーカーのFLASHFORGEの日本総代理店であるApple Treeは、FLASHFORGEが新たにリリースした工業用FDM方式3Dプリンタ「Guider2s」の販売開始を発表した。(2019/11/28)

大山聡の業界スコープ(23):
マーケティングオートメーションが半導体商社を危機に追い込む現実
Texas Instruments(以下、TI)は、長年にわたり販売代理店として提携してきた半導体商社との販売特約店契約の終了を相次いで発表している。長年、半導体商社との連携を重要視してきたはずのTIが、なぜこうした代理店リストラを実施しているのか。今回は、この辺りの事情と今後の見通しについて考えてみたい。(2019/11/7)

ビッグデータ分析で顧客ごとに最適な保険商品を――三井住友海上、AI活用の代理店システム「MS1 Brain」を開発
三井住友海上は、AIを活用した代理店業務の支援システム「MS1 Brain」を開発した。顧客の契約内容をはじめとしたビッグデータ分析から、ニーズやリスクの変化を把握して、顧客一人一人に最適化した保険商品やサービスの提供を目指す。(2019/11/5)

製造ITニュース:
ISID、NX対応の金型向けCAMソフトウェアを発売
電通国際情報サービスは、C&Gシステムズの金型向けCAMソフトウェア「CAM-TOOL for NX」の販売代理店契約を締結した。2020年1月より、同製品の国内販売とサポートを開始する。(2019/10/30)

Web手続きも拡充:
ドコモショップが「手続き時間」短縮に向けた取り組み 「来店予約拡大」「サポート内容統一(一部有料)」などを実施
NTTドコモが代理店に委託して運営する「ドコモショップ」。来店後の待ち時間を短縮すべく、来店予約枠を多めに設定した店舗を拡大し、端末の初期設定に関するサポート内容を全店で統一する。(2019/10/29)

ロボット:
自動搬送ロボット「Butler」、国内の新販売代理店にオークラ輸送機
人手不足の問題や人件費の高騰、進まないスムーズな配送体制の構築といった日本の物流業界の成長を妨げる障壁の解消を目的に、GreyOrangeは、自動搬送ロボット「Butler」の販売代理店にオークラ輸送機を2019年5月に迎え、拡販体制を強化した。(2019/10/7)

「義理・人情・プレゼント」営業から脱却:
PR:保険販売の“非効率”をテクノロジーで解消 「保険市場」から生まれたプラットフォームが代理店業務を変える
保険商品の比較情報サイト「保険市場」を運営するアドバンスクリエイトは、保険販売の概念を次々と塗り替えてきた。SalesforceのCRMを活用し、保険代理店に特化した顧客管理システム「御用聞き」と、共通プラットフォームを構築。業界全体のサービス向上を目指している。代理店業務のノウハウを持つ同社が起こそうとしている“変革”とは?(2019/10/16)

FAニュース:
SiC需要拡大に対応しイタリア企業が日本市場に参入、エピ成膜装置を展開
イタリアの半導体製造装置メーカーであるLPE(エルピーイー)は2019年10月2日、日本市場に本格参入し新たに巴工業と代理店契約を行った他、エピ成膜装置の自動搬送型新製品「PE106A」を日本で販売開始すると発表した。(2019/10/3)

スマートアグリ:
既存バルブに取り付け可能なスマートバルブの販売で提携
笑農和とマサル工業は、既存バルブに取り付け可能な農業向けスマートバルブの販売で提携する。マサル工業が、同社の既存バルブに連結可能な笑農和のスマートバルブ「paditch valve 01」の販売代理店となる。(2019/9/17)

製造ITニュース:
制御システム向けセキュリティプラットフォーム、国内で販売開始
東芝デジタルソリューションズは、CyberXと販売代理店契約を締結し、制御システム向けサイバーセキュリティプラットフォーム「CyberX Platform」の販売を開始した。(2019/9/17)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2019:
建機と接触事故を防ぐ、フランス生まれの人とモノを見分けるステレオカメラ
建設機械との接触事故は、高所からの「墜落・転落」、「土砂崩落」と並び、建設業の3大災害に挙がるほど多発している。福井県に本社を置く、エウレカは、建設現場の安全性を向上させる視認支援装置を海外から持ち込み、販売代理店となって国内の市場に多数、提供している。(2019/8/30)

地理と時間の制約を越えて成長する組織とは
どこにいてもどこからでも成長できる――東京海上日動 山陰支店長の人材育成術
管轄2県の従業員と代理店全員が高いレベルで商品知識と販売ノウハウを獲得するには? 移動に疲弊せずに業務をこなすには? 支店長が着手したのは働き方改革と情報共有の効率化、人材育成の3つを一度に変える施策だ。詳細を取材した。(2019/7/26)

MVNOの深イイ話:
“通信と端末の分離”で何が起こる? キャリア、MVNO、端末メーカーへの影響を考える
5月17日に国会で可決された電気通信事業法改正は、「端末と回線の分離」「行き過ぎた囲い込みの禁止」「代理店届出制度の導入」の3つが主な柱です。これらの法改正により何が変わるのか? MVNOはどうなるのか? 端末と回線の分離と行き過ぎた囲い込みの禁止が与える影響をお伝えします。(2019/7/5)

リコー、Appleと正規販売代理店契約を締結
リコーは法人向けにMacとiPadを販売できる。(2019/6/21)

3Dプリンタニュース:
スペインの3Dプリンタメーカーと日本総代理店契約を締結
3D Printing Corporationは、スペインの3DプリンタメーカーBCN3D Technologiesと日本総代理店契約を締結した。日本国内でのBCN3Dの高性能3Dプリンタの販売とサポートを強化する。(2019/6/4)

ベンチマークテストも:
「OneMix2S さくらピンクエディション」開封レビュー!
中国One-Netbook Technologyの超小型PC「OneMix2S」の国内正規版が、代理店のテックワンから5月31日に発売される。早速、カラバリモデルをチェックした。(2019/5/31)

車載ソフトウェア:
モデルベース開発ツールベンダーがエレクトロニクス商社と業務提携
ETASは、ネクスティ エレクトロニクスとの業務提携と、兼松フューチャーテックソリューションズとの販売代理店契約の締結を発表した。(2019/5/29)

量販店でも購入可能に:
テックワンが超小型PC「OneMix2S」シリーズ4モデルを予約販売開始 5月31日発売
中国ONE-NETBOOK Technologyと国内代理店契約を結んだテックワンが、超小型PC「OneMix2S」シリーズの日本オリジナルパッケージを5月23日から予約販売を開始する。発売は5月31日の予定だ。(2019/5/23)

IoTセキュリティ:
IoT機器のライフサイクルを管理するプラットフォームの販売代理店契約を締結
サイバートラストは、IoT機器の製造から廃棄までをサポートする「セキュアIoTプラットフォーム」について、東京エレクトロン デバイスと販売代理店契約を締結した。(2019/4/18)

「OneMix2s」の国内正規版を限定200台でモニター予約受付開始 発売は5月下旬から
超小型ノートPCを手がけるOne-Netbook Technologyと国内代理店契約を締結したテックワンが、「OneMix2s」の国内正規版を5月下旬から発売すると発表、限定200台の先行モニター予約を開始した。(2019/4/9)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。