ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「空港」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

搭乗ゲートまでスイスイ自動運転で 羽田空港の「WHILL自動運転システム」が国内線出発ゲート全域まで拡張、6月14日から
わぁぁこれいいかも。ゲートラウンジ、とても長ーいですからね。(2021/6/15)

関空に自動PCR検査ロボット 川崎重工、今夏ごろ稼働
川崎重工業が、新型コロナウイルスのPCR検査を自動を行うロボットを、関西国際空港に配置した。ロボットを使った検査では、当日中に証明書を発行できるという。(2021/5/21)

3Dプリンタニュース:
タッチパネル向け除菌器を共同開発、3Dプリンタで実現したアタッチメント機構も
ホタルクスと成田国際空港は、タッチパネルの表面に近紫外線のUVA(紫外線A波)を照射して除菌する「HotaluX TOUCH」を共同開発した。除菌対象の形状や素材に合わせて、タッチパネルとの接触部分の仕様を柔軟に変更できる3Dプリントアタッチメント機構を採用。丸紅情報システムズの協力の下、一部のパーツを3Dプリンタで製作することで同機構を実現した。(2021/5/21)

ANA航空券で新幹線に乗れちゃった 「こんなことあるんだ」「珍しい!!」空港で渡された「振替乗車票」が話題に
A320→N700へ振り替え。(2021/5/19)

混乱を解消したい:
本格導入はいつ? JALが実証実験を進める3つの「デジタル健康証明書」
新型コロナの感染拡大を受けて、空港が大変なことになっている。日本から海外へ渡航する際、各国ごとに必要な手続きや入国後の制限が大きく異なり、航空会社にも利用者にも混乱が広がっているのだ。こうした騒ぎを解消するために……。(2021/5/19)

職員がアバターで接客、フライト情報を案内 中部国際空港で実証実験
遠隔接客ツールなどを手掛けるUsideUが、中部国際空港の案内所でアバターを活用した遠隔案内の実証実験を5月30日まで実施。新型コロナ対策が求められる中、空港利用者と非対面で対応ができ、スタッフ同士の接触機会も減らせる。(2021/5/17)

空港勤務者をメインターゲットに:
「ファーストキャビン関西空港」の営業再開を発表、羽田空港でも
2020年4月に運営会社が自己破産した簡易宿泊施設「ファーストキャビン」の関西空港店が、5月11日に営業を再開する。(2021/5/9)

ANAも:
JAL、ラウンジでの酒類提供を一時中止 緊急事態宣言を受けての措置
日本航空が空港のラウンジでの酒類の提供を一時中止する(2021/4/28)

「ポケモンストア」2カ所閉店 ゴールデンウィーク後に
ポケモンセンター社は「ポケモンストア中部国際空港店」(愛知県常滑市)と「ポケモンストア デパートリウボウ店」(沖縄県那覇市)を5月9日に閉店する。(2021/4/12)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【後編】
空港職員の安全を支えた米国運輸保安庁(TSA)の「BIダッシュボード」の中身
米国運輸保安庁(TSA)はCOVID-19の拡大局面において、手指消毒剤などの個人用保護具(PPE)の供給を管理するためにBIツールを活用している。そのダッシュボードはどのような要素で構成されているのか。(2021/4/6)

東京駅で人気のディズニースイーツが中部国際空港に初出店! 今だけ「ファンタジア」仕様の東京ばな奈を味わいたい
10日間の期間限定販売なので要チェック!(2021/4/5)

Googleマップに空港内ARナビや大気品質レイヤーなどのAI採用新機能
Googleが年内ロールアウト予定のAI関連新機能を5つ紹介した。これまで屋外でしか使えなかったARナビ「Live View」を一部の空港やショッピングモールで使えるようになる他、経路検索のUI変更や大気汚染状況や気象を確認できるレイヤー追加などだ。(2021/3/31)

製造マネジメントニュース:
複数のカメラ映像を俯瞰合成するモニタリングシステムの実証実験を実施
OKIは、複数のカメラ映像を俯瞰合成し、リアルタイムに映像を表示するモニタリングシステム「フライングビュー」を、羽田空港で運用中の遠隔操作ロボットに搭載する実証実験を実施したと発表した。(2021/3/29)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

米国運輸保安庁(TSA)のBI活用術【前編】
空港職員にマスクや消毒剤を安定供給 「BI」でやってみたら意外と簡単だった
新型コロナウイルス感染症が拡大する中、企業はマスクや消毒剤などの供給を監視し、従業員の安全を可能な限り確保する必要がある。そのためのシステムを、BIツールを使って構築したのがTSAだ。その取り組みとは。(2021/3/23)

コロナ前は141店舗:
新型コロナ、空港を直撃 那覇空港で13店舗が撤退 休業も31店
新型コロナの感染拡大の影響で、那覇空港ビルディングに入居する飲食店や物販のテナントが13店舗撤退していることが分かった。(2021/2/20)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
施設内の移動手段で役立つモビリティ、1台の操作で複数のモビリティを追従走行可能
パナソニック プロダクションエンジニアリングは、空港や商業施設、駅で、人やモノを運搬するサービスで使用するモビリティとして「Piimo」を開発した。Piimoは、優れた追従走行技術を搭載しているため、1台のPiimoを手動により操作することで、複数のPiimoを目的地まで運べる。(2021/1/25)

バス運賃をVISAタッチ決済で 北海道の空港連絡バスが今春開始
空港連絡バスを運営する北都交通が、NFCを使った非接触決済を運賃の精算に導入すると発表。サインの記入やパスワード入力の手間を解消し、支払いを効率化する。(2021/1/20)

旅客機や地上交通からの乗り換えも:
「空飛ぶクルマ」のルートをヘリで飛行 ANAHDなどが実証実験
中日本航空、名古屋鉄道、ANAホールディングス(HD)は、ヘリコプターを使って「空飛ぶクルマ」の飛行ルートを想定した実証実験を行うと発表した。三重県志摩市から中部国際空港(愛知県常滑市)までのルートを飛行する。(2021/1/6)

「かわいい」「遊園地の乗りもの?」 ヒューストン空港内を走るミニ地下鉄、実は「ディズニー・ワールド」と同じもの
実はすごい。(2020/12/25)

ロボットがスーツケースを積み込み、自動運転車で運搬 ANAが九州佐賀国際空港で実験
ANAと豊田自動織機が、航空機への手荷物の積み込みをロボットで自動化する実証実験を行う。共同開発した手荷物の積み付け(効率の良い配置)ロボットと、自動運転に対応したトーイングトラクターを使用。安全性や使いやすさを検証する。(2020/12/8)

世界を読み解くニュース・サロン:
感染者最多の米国に「海外出張」 空港で実感した水際対策の違いとビジネス渡航の現状
新型コロナの感染者が最も多い米国に出張した。現地の入国では、新型コロナに関して緩い対応。一方、日本入国の際は多くの書類を渡され、一時隔離されて検査を受けた。訪問先の国によって対応も異なる。十分な情報収集と細心の注意があれば、ビジネス渡航は可能だ。(2020/12/3)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
温度測定の精度が±0.2度で複数人の検温と顔認証が可能なセキュリティゲート
大倉は、オフィスや学校、商業施設、医療機関、駅、空港などで、複数人の同時検温とアクセス制御を非接触かつ迅速に行える高性能セキュリティゲート「HESTA Security Gate」を上市した。(2020/11/30)

東京商工リサーチ調査:
空港運営ビルの半数、コロナ禍で減収――3社は経常赤字
空港運営ビルの約半数が2020年3月期決算減収。コロナ禍でインバウンド需要や国内旅行激減。東京商工リサーチ調査。(2020/11/19)

近距離モビリティ:
羽田空港で走行! 自動運転が可能な「WHILL」は移動手段になるのか
車いすでもバイクでもないパーソナルモビリティ「WHILL」に、注目が集まっている。今年6月、自動運転システムを搭載したタイプが羽田空港で実用化。また、世界各国の空港でも導入の検討が進んでいるというWHILLは、新時代の移動手段となりえるのか。(2020/10/15)

「LEDの壁」を設置した日本初の撮影スタジオ、サイバーエージェントが公開 CG合成が容易に、撮影後の作業効率アップ
サイバーエージェントはLEDの巨大液晶パネル「LEDウォール」と照明を組み合わせた「LED STUDIO」を11月からカムロ坂スタジオ(東京都目黒区)に設置すると発表した。コロナ禍で撮影場所などが制限される中、駅や空港などの風景をスタジオ内で再現可能。(2020/10/7)

認証率99.9%:
マスクを外さず顔認証 コロナ禍で待望の新技術、NECが開発
マスクを外さず顔認証ができる技術を、NECが開発した。10月下旬以降、空港での手続き、オフィスの入退室などの用途向けに提供する。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、顧客から要望が多かったという。(2020/9/24)

自動運転技術:
国内初の自律走行バスが走る、羽田空港跡地のスマートシティーが本格稼働
羽田みらい開発が手掛ける大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」が2020年9月18日、本格稼働を開始した。「先端」と「文化」の2つをコア産業に位置付けており、これらのうち「先端」を意識したスマートシティー関連の取り組みとなる、モビリティやロボティクスの実証実験を積極的に行う“場”としても期待を集めている。(2020/9/23)

ドコモ、ミリ波の5Gサービス提供へ 対応エリアは全国164カ所
NTTドコモが28GHz帯の「ミリ波」を利用した5G通信サービスの提供を9月23日に始める。対応エリアは成田国際空港や羽田空港など164カ所を予定(9月末時点)。(2020/9/18)

空港係員がアバターに JALが「リモート案内」サービス
JALがアバターを用いたリモート空港案内サービスの実証実験をスタート。非接触・非対面でも高品質な接客を目指す。(2020/9/9)

リモートで:
非対面でも笑顔、羽田空港に“アバター案内人” JALとパナが実験
羽田空港で、JAL係員がリモートで案内する実験が始まる。ディスプレイ上のアバターを通して、搭乗客に出発ロビーなどを説明する。(2020/9/8)

JAL、空港までの相乗りサービス提供 ベンチャーと連携、AIで同乗者ピックアップを最適化
JALがベンチャーと連携し、自宅やホテルと空港の移動をスムーズにする相乗りサービスをスタート。AIで同乗者ピックアップを最適化し、空港利用前後のシームレスな移動を実現する。(2020/9/8)

記念写真を自動撮影、売店で手ぶら決済 JALとNEC、空港で顔認証の実験
JALとNECが、ITを活用した旅行サービスの分野で協業。南紀白浜空港や羽田空港で映像分析や生体認証の実証実験を行う。主な実験は、記念写真の自動撮影や、顔認証によるキャッシュレス決済など。(2020/9/4)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
リニア駆け引きの駒にされた「静岡空港駅」は本当に必要か
富士山静岡空港を利用した。コンパクトで機能的、FDAという拠点会社があることも強みだ。しかし、アクセス鉄道がない。空港駅はリニア工事問題で引き合いに出された不運もあった。新幹線ありきの計画を見直し、静岡県民のために最も良いルートを検討してもいいのでは。(2020/9/4)

JAL、自動チェックイン機の操作を非接触で可能に 赤外線センサー活用、羽田で実験
JALは、タッチパネル式の自動チェックインに赤外線センサーを搭載することで、画面を指で直接触れずに、非接触で搭乗手続きなどを行う実証実験を羽田空港で始めた。(2020/8/25)

月刊乗り鉄話題(2020年8月版):
飛行機、トロッコ、SLも!? 富士山から秘境駅まで「静岡名所」を巡る夢の乗り物コラボツアーが楽しすぎた
「日帰り」なのに超濃厚! FDA、富士山静岡空港、大井川鐵道がコラボすると、こんな楽しすぎる旅になりました。(2020/8/18)

22日から導入:
国内線で初! 唾液の新型コロナ検査、那覇空港
政府の観光支援事業「Go To トラベルキャンペーン」が始まることを受け、沖縄県は那覇空港で唾液による抗原検査を実施すると発表した。(2020/7/22)

ハワイ州、主要5空港にNECの感染症対策ソリューションを導入 非接触検温や顔認証で水際対策を実現
NECは、ハワイの主要5空港に、顔認証・映像分析技術とサーマルカメラを活用し、渡航者の体表温度の測定と体表温度の高い人物の特定を効率化するソリューションを導入する。新型コロナウイルス感染症への水際対策として、ハワイ州の観光とビジネスの復活に貢献するという。(2020/7/20)

ベンダーロックインさせないためのインフラ整備とは:
ANAが「リアルなサンドボックス」から発信する、5Gのオープンイノベーション
ANAは、羽田空港を再現する訓練施設として設置した拠点「ANA Blue Base」にローカル5Gのインフラを敷いた。同社の構想する「ハニカム構造のイノベーション」を支える、IT部門の取り組みを追った。(2020/7/15)

何これかわいい! え、うっそ、めっちゃ速ぇ…… ヒースロー空港のハイテク不思議乗り物に思わずガン見
かわいい車体なのに予想外のパワフルな走り。(2020/7/3)

VRで英会話学習、目の前に外国人がいるような感覚再現 中学校で実証実験
NTTコミュニケーションズは、VRを活用した英会話の学習システムの実証実験を中学校で行った。空港のシーンで、目の前に入国審査官がいるかのような感覚を再現するなど、リアルな教材で学習してもらった。(2020/6/16)

水上バスも運航開始:
リムジンボートで羽田空港へ JR東などが竹芝エリアで実証実験
JR東日本は、新たに整備する東京・竹芝の船着場と羽田空港を結ぶ「羽田空港アクセス船」の実証実験を7月13日に始める。また、竹芝から浅草や両国などに向かう水上バスの運航も6月19日に開始。船を活用した移動や観光の活性化を図る。(2020/6/11)

NEC、画像解析でソーシャルディスタンシングを可視化する技術
NECは、駅や空港、店舗などに設置されたカメラ映像を解析し、人と人との十分な距離(ソーシャルディスタンシング)が保てているかをリアルタイムに可視化する技術「ソーシャルディスタンシング判定技術」を開発したと発表した。(2020/6/11)

モビリティサービス:
車いす型自動運転モビリティが羽田空港に正式導入、COVID-19対策にも貢献
WHILLは2020年6月8日、羽田空港第1ターミナルにおいて、車いす型の自動運転パーソナルモビリティの導入が決まったと発表した。(2020/6/10)

羽田空港、無人運転で人を運ぶ小型モビリティを導入 世界初
電動車椅子を開発するWHILL(神奈川県横浜市)は、羽田空港第1旅客ターミナル内に、人を運ぶ車椅子型の自動運転システムを導入した。空港が人の乗り物に自動運転システムを取り入れるのは世界初としている。(2020/6/8)

「銘菓 東京アラート」の絵が話題に 駅や空港で売られていそうなパッケージに「同じ発想の人がいた」と共感の声
思わず頭に浮かんだ東京土産イメージをイラスト化。(2020/6/4)

プロジェクト:
大成建設がバンダラナイケ国際空港の旅客ターミナルビル拡張工事を受注
大成建設は、2007年に増築と改修工事の施工を担当したスリランカにあるバンダラナイケ国際空港の旅客ターミナルビル拡張工事を受注した。(2020/6/4)

マスク着用「必ず」空港や機内で ANAが利用客に呼びかけ、状況によっては「搭乗拒否」も示唆
感染症予防対策の一環として実施されます。(2020/5/21)

「海外旅行が中止になって……」GW自粛下の那覇空港 それでも沖縄に
ゴールデンウイーク(GW)が始まり初の祝日を迎えた29日、那覇空港到着ロビーには例年のような行楽ムードはなく……。(2020/4/30)

プロジェクト:
竹中工務店がシンガポールの「チャンギ国際空港第2ターミナル拡張工事」を受注
竹中工務店は、シンガポールのチャンギ国際空港第2ターミナルで、2006年の大規模改修工事に続く、大型拡張工事を受注した。(2020/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。