ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「羽田空港」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「羽田空港」に関する情報が集まったページです。

搭乗ゲートまでスイスイ自動運転で 羽田空港の「WHILL自動運転システム」が国内線出発ゲート全域まで拡張、6月14日から
わぁぁこれいいかも。ゲートラウンジ、とても長ーいですからね。(2021/6/15)

ワイヤレスジャパン2021:
OKIの本庄工場がAIエッジ×ローカル5Gでスマート化、工場版ZEBも実現へ
OKIは、「ワイヤレスジャパン2021」において、本庄工場(埼玉県本庄市)に導入しているAIエッジとローカル5Gを組み合わせた「外観異常判定システム」を披露。同工場は、敷地内にあるITSテストコースでもローカル5Gを用いた実証試験が可能になっている他、消費する一次エネルギーの収支をゼロにする新工場を2022年4月に稼働させる予定だ。(2021/6/3)

JAL、羽田国内線で初、飛行機の「ショートプッシュバック」を導入 6月1日開始
ショートプッシュバックって……何?(2021/6/1)

混乱を解消したい:
本格導入はいつ? JALが実証実験を進める3つの「デジタル健康証明書」
新型コロナの感染拡大を受けて、空港が大変なことになっている。日本から海外へ渡航する際、各国ごとに必要な手続きや入国後の制限が大きく異なり、航空会社にも利用者にも混乱が広がっているのだ。こうした騒ぎを解消するために……。(2021/5/19)

空港勤務者をメインターゲットに:
「ファーストキャビン関西空港」の営業再開を発表、羽田空港でも
2020年4月に運営会社が自己破産した簡易宿泊施設「ファーストキャビン」の関西空港店が、5月11日に営業を再開する。(2021/5/9)

三井住友カード、UNIQLO Payに登録+買い物でVポイント20%還元
三井住友カードは、ユニクロのキャッシュレス決済サービス「UNIQLO Pay」へ対象の三井住友カードを登録して買い物をすると、Vポイントを20%還元するキャンペーンを行う。期間は5月10日〜5月27日。(2021/5/6)

ANAも:
JAL、ラウンジでの酒類提供を一時中止 緊急事態宣言を受けての措置
日本航空が空港のラウンジでの酒類の提供を一時中止する(2021/4/28)

クイック検査1800円:
羽田空港に「PCR検査センター」、15分で結果が分かる
日本空港ビルデングと木下グループは4月10日、羽田空港の第1ターミナルと第2ターミナルそれぞれに、常設の「新型コロナPCR検査センター 羽田空港店」を開業する。(2021/4/9)

「まじ勘弁」 石田ゆり子、妹・ひかりの出迎え失敗で本音 愛猫がおびえた旗振り練習に「ホントに爆笑」との声も
ゆり子さんの荒い言葉って珍しい。(2021/4/7)

コロナ陰性の電子証明 国内では慎重論も
新型コロナウイルスに関する電子証明は「ワクチンパスポート」とも呼ばれ、人の往来や経済活動がより円滑に再開できると期待されている。航空会社などは導入に積極的だが、規格はバラバラで、差別を助長する懸念もある。(2021/3/31)

スピン経済の歩き方:
なぜ京急で社員からの「内部告発」が相次いでいるのか
「京急愛」なんて言葉もあるほど、多くの鉄道ファンから慕われている「京急電鉄」。その京急に対して、内部告発記事が続いている。その背景に何があるのか。筆者の窪田氏は……。(2021/3/30)

製造マネジメントニュース:
複数のカメラ映像を俯瞰合成するモニタリングシステムの実証実験を実施
OKIは、複数のカメラ映像を俯瞰合成し、リアルタイムに映像を表示するモニタリングシステム「フライングビュー」を、羽田空港で運用中の遠隔操作ロボットに搭載する実証実験を実施したと発表した。(2021/3/29)

成田と羽田で“顔パス”搭乗スタート 顔認証でチェックインなどを非接触化
NECが成田空港と羽田空港で、顔認証技術を活用した搭乗手続きの実証実験を4月に始める。搭乗券やパスポートの提示をなくし、スムーズな搭乗手続きを実現するとともに人と人との接触を減らす。(2021/3/25)

空港の自動チェックイン機、タッチパネルを非接触化 JALが国内初
JALは、空港内の自動チェックイン機にタッチレスセンサーを取り付け、操作画面に直接触れずに搭乗手続きができるようにする。国内初の試みという。(2021/3/23)

羽田→関空、羽田→広島、明らかに直線距離が違うのにフライト時間はほぼ同じ、これはなぜ?
フライト時間はどちらも約1時間25分です。(2021/3/19)

オリラジ・中田敦彦、シンガポール移住で2週間の隔離生活 「ドラゴンボールの精神と時の部屋」とつらさを告白
新型コロナウイルス感染症に対する水際対策としての隔離です。(2021/3/12)

羽田空港運営会社、「世界の機内食」をネット通販 12日から数量限定
コンセプトは「空の旅をオウチで楽しむ」。新型コロナウィルス感染拡大の影響で、海外旅行に制限がかかっている状況ならではの試み。(2021/3/11)

d払い、ユニクロで20%還元キャンペーン 初回ユーザーは最大70%還元に
NTTドコモは、3月1日から31日まで「ユニクロ『d払い』20%還元キャンペーン」を開催。キャンペーンサイトからのエントリーは2月25日から受付を行い、キャンペーンとの併用で初回ユーザーは最大70%還元となる。(2021/2/25)

大幅に下方修正:
日航、出向は1日1000人で最長2年に 最終赤字予想は?
日本航空は1日、令和3年3月期の連結業績予想を下方修正し、最終損失が前回発表の2400億〜2700億円から3千億円(前期は480億円の黒字)に膨らむとの見通しを発表した。(2021/2/1)

東京駅から羽田空港まで18分:
羽田空港アクセス線に事業許可 JR東、29年度中の開業目指す
JR東日本は1月20日、「羽田空港アクセス線」の鉄道事業許可を国土交通省から受けたと発表した。整備区間は、東京貨物ターミナル〜羽田空港新駅(仮称)間の約5キロ。2029年度中の開業を予定している。(2021/1/21)

JR東の「羽田空港アクセス線(仮称)」、2029年度に開業へ
東京駅から羽田空港まで乗り換えなしで約18分。(2021/1/20)

昼はネコ、夜は工場夜景 都会のローカル線ワンダーランド「鶴見線」のひみつ10選
日中は1時間に3往復、「密にならない」都会のローカル線を愛でましょう。(2021/1/20)

山浦恒央の“くみこみ”な話(137):
ソフトウェア技術者のためのバグ百科事典(16)青海青梅問題もビックリ、勘違いが原因のバグ
ソフトウェア技術者に向けて、バグに関する基礎知識をまとめていく新シリーズ「バグ百科事典」。第16回は、誰もが経験する「勘違い」に起因するバグを取り上げます。たかが勘違いといっても大事件につながる可能性もあるので要注意!(2021/1/19)

【実食レビュー】ファミレスにいちごの季節がやってきた! 「デニーズ」「ココス」「ロイヤルホスト」のパフェを食べ比べてみました
3店舗の個性が光るパフェを食べてみました。(2021/1/15)

琉球銀行とOKI、画面に触れずに操作できるATMの実証実験
琉球銀行と沖電気工業(OKI)は1月13日から、画面に触れることなく操作できるATMの実証実験を始める。OKIが開発した「ハイジニック タッチパネル」の技術を使い、画面の数センチ上に指をかざすことで操作できる。新型コロナの感染防止対策の一環。装置への接触を減らすことを狙う。(2021/1/12)

「05」「34L」 滑走路に必ず書かれている謎の数字、これ何? 意味が分かるとちょっと楽しい
離着陸のときの楽しみに。(2020/12/29)

5G:
ALSOKが羽田第3ターミナル駅で2021年1月に、5Gを活用した次世代の警備業務で実証
ALSOKと京浜急行、NTTコミュニケーションズは2021年1月に羽田空港第3ターミナル駅で、5Gを警備業務に活用して、地域課題の解決を実現するモデル構築と遮蔽(しゃへい)物の多い閉鎖空間でのローカル5Gの技術検証を開始する。(2020/12/28)

試着はARで! 羽田空港に”1坪”の無人靴店オープン
靴の販売店・メーカーの支援サービスを行うフリックフィットは、羽田空港第1ターミナルに1坪の靴販売店舗を開設すると発表した。(2020/12/16)

京都「よーじや」の2021年福袋! 人気アイテムを販売価格の2倍分つめこんだお得なセットです
冬にうれしい保湿アイテムもたっぷり入っています。(2020/12/4)

ディズニー「ファンタジア」をデザインした東京ばな奈「見ぃつけたっ」登場 スポンジケーキにミッキーや星など
「ファンタジア」ポストカードが2枚付いてきます。(2020/12/2)

南城市とうるま市、観光型MaaSの実証実験としてパッケージツアーを開催
沖縄県南城市およびうるま市は、NECソリューションイノベータらと共同で、MaaSを利用して両市内の世界遺産などを巡る2泊3日のパッケージツアーを企画し、観光型MaaSの有効性を探る実証実験を行う。期間は2021年2月5日から3月28日まで。2020年11月20日から参加者の募集を開始した。(2020/11/24)

ドローンを移動させながら高精細な映像を送信できる:
警備分野でのローカル5G活用効果を測定 綜合警備保障らが実証実験を実施
綜合警備保障と京浜電鉄、NTTコミュニケーションズは、ローカル5Gに関する実証実験を推進する。京急電鉄の羽田空港第3ターミナル駅で、ローカル5Gを活用したドローンやロボットによる自動巡回や遠隔巡回を実施する。(2020/11/24)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線「函館駅乗り入れ」の価値とは? 80億円で実現可能、道内経済に効果
北海道新幹線の函館駅乗り入れ構想に関する資料を入手した。現状、新函館北斗駅を新幹線駅とし、函館駅には直通していない。建設費80億円程度で乗り入れを実現する方法とは? 本州や札幌から新幹線で函館駅に行けるようになれば、経済への波及効果も見込める。(2020/11/20)

機体に巨大ミッキー! JALのミッキー特別塗装機「JAL DREAM EXPRESS FANTASIA 80」を見てきたよ
機体も機内もミッキーたくさん。国内主要路線で活躍します。(2020/11/19)

月刊乗り鉄話題(2020年11月版):
渋谷の青ガエルはどこ行った? 東急5000系を追いかけて秋田・大館のモンスター駅弁を食らう旅
渋谷駅前にあったミドリ色の電車、覚えていますか? いま、秋田にあるんです。(2020/11/19)

東京商工リサーチ調査:
空港運営ビルの半数、コロナ禍で減収――3社は経常赤字
空港運営ビルの約半数が2020年3月期決算減収。コロナ禍でインバウンド需要や国内旅行激減。東京商工リサーチ調査。(2020/11/19)

プロジェクト:
日本橋一丁目再開発で、52階建て複合ビルに“ヒルトン”のホテルブランドが日本初出店
日本橋一丁目で計画されている再開発事業で、52階建て高層ビルの上層階に、ヒルトンの最上級ラグジュアリーホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」が入ることが決まった。同ブランドは今までに世界で32件を展開しており、日本での出店は初。(2020/11/18)

センシング:
LiDARの小型化と広視野角の両立へ、三菱電機の社内にそろっていた基盤技術
LiDARを手掛けるサプライヤーが多い中、どのように技術的な強みを発揮するか、三菱電機 先端技術総合研究所 先進機能デバイス技術部長の山向幹雄氏に話を聞いた。(2020/11/17)

「モンスト」XFLAGの常設店舗「XFLAG STORE」が閉店へ
東京・渋谷、大阪・心斎橋の2店とも営業終了に。(2020/11/16)

現場管理:
リアルタイム位置情報システムをBIMと連携、羽田隣接の「HICity」で施設運営ツールに導入
鹿島建設は、GNSS環境が無い現場でも、資機材や作業員の位置を把握する現場管理システムをBIMとリンクさせることで、商業施設内の人やロボットの動きを可視化して、施設運用の効率化につなげることを目指している。(2020/11/10)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
ドコモの「ミリ波5G」ってどう? 「Wi-Fi STATION SH-52A」で実力をチェックしてみた
NTTドコモがミリ波(30GHz前後の帯域)を使った5G通信サービスを開始しました。10月27日現在において唯一の対応機種である「Wi-Fi STATION SH-52A」(シャープ製)を使って、その実力をチェックしてみました。(2020/10/27)

水戸駅「偕楽園弁当」(1250円)〜偕楽園の梅の花を愛でていただく水戸の幕の内駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 茨城県・水戸駅「偕楽園弁当」です。(2020/10/23)

PR:丸亀製麺のうどんは「秘伝の膨大なメモ」が支えていた? 20年の歴史を知る職人に知られざる創業秘話を聞いた
お得な「創業感謝セット」は2人前でも「うどん2つ+天ぷら5つ+いなり2つ」で1200円(税込)。おなかいっぱい!(2020/10/23)

イオングループのコックス、羽田空港にファッションマスク専門店を期間限定オープン
イオングループのコックスは羽田空港第1ターミナルと第2ターミナルに、ファッションマスク専門店「Mask.com EXPRESS」をオープンした。(2020/10/20)

近距離モビリティ:
羽田空港で走行! 自動運転が可能な「WHILL」は移動手段になるのか
車いすでもバイクでもないパーソナルモビリティ「WHILL」に、注目が集まっている。今年6月、自動運転システムを搭載したタイプが羽田空港で実用化。また、世界各国の空港でも導入の検討が進んでいるというWHILLは、新時代の移動手段となりえるのか。(2020/10/15)

地域共通クーポンを活用:
京急、Go To トラベル専用1日フリー乗車券発売 沿線の観光需要を創出
京浜急行電鉄は、地域共有クーポンで購入できる1日フリー乗車券を発売する。期間は2020年10月10日〜2021年2月1日まで。Go To トラベルを契機に観光客の需要を取り込みたい考え。(2020/10/13)

3DEXPERIENCE Conference ONLINE:
CIMとパラメトリック機能を駆使、一品生産される土木構造物でも“設計自動化”へ
道路や橋、堤防などの土木構造物は各現場の地形や地質に合わせて単品生産されるため、その設計施工では種々の2D図面を作る必要があった。この膨大な手間や各図面間の不整合は現場の大きな課題となっている。建設コンサルタント大手のパシフィックコンサルタンツは、3D CAD「3DEXPERIENCE CATIA」を用いたCIMで解決を図っている。本稿ではオンラインセミナー「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN ONLINE」で、同社の鈴木啓司氏、菊池将人氏、千葉洋一郎氏が行った発表を紹介する。(2020/10/9)

台風から身を守るには 2019年台風19号を振り返り教訓とすべき点
大きな爪あとを残した令和元年東日本台風(2019年台風19号)が、大型で強い勢力で伊豆半島に上陸して、ちょうど1年。教訓を生かすため当時を振り返りながら、今後の台風への備えやコロナ禍での避難のポイントなどをまとめました。(2020/10/8)

いまさら聞けない建築関係者のためのFM入門(6):
ファシリティの現状を知り、CAFMを活用するためには?
本連載は、「建築関係者のためのFM入門」と題し、日本ファシリティマネジメント協会 専務理事 成田一郎氏が、ファシリティマネジメントに関して多角的な視点から、建築関係者に向けてFMの現在地と未来について明らかにしていく。今回は、ファシリティの現状を知り、CAFMを活用するための術を説いていく。(2020/10/6)

船も「CASE」:
日本郵船の避航操船AIが学ぶ、「ベテラン船長の技」とは
日本郵船は日本の大手“海運”会社の1つだ。そのグループ企業には船舶関連技術の研究開発に取り組む日本海洋技術とMTIがある。彼ら日本郵船グループが手掛ける研究開発案件は、自動運航関連からリモートメンテナンス、環境負荷低減、高効率舶用ハードウェア、船舶IoT、航海情報統合管理システム、操船支援システム、船陸情報共有プラットフォームなど多岐にわたる。(2020/10/12)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。