ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「年収」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「年収」に関する情報が集まったページです。

20代の転職観、年収・給与は「最優先ではない」が最多 理由は?
就活情報サイトを運営する学情は、働く20代を対象に、「給与」に関する調査を実施。20代のビジネスパーソンは「昇給」や「給与」をどのように捉えているのか。(2024/7/12)

IT系上場企業の平均年収を業種別にみてみた 2024年版 ネットベンチャー、ゲーム、メディア系
ネットベンチャー、ゲーム、メディア系企業の平均年収を有価証券報告書から調査。(2024/7/10)

KADOKAWAグループ、セキュリティエンジニア募集中 最大年収800万円 「0→1を経験」
6月に受けたサイバー攻撃がネット上でさまざまな反響を呼んでいるKADOKAWAグループは7月3日現在、セキュリティエンジニア職の求人を求人サイトに掲載している。最大年収は800万円という。(2024/7/3)

OpenWorkの調査:
30歳の「推定年収」が高い企業ランキング 1位は「JPモルガン証券」、2位以下は?
OpenWorkは「30歳の推定年収が高い企業のランキング」を発表した。1位は「JPモルガン証券」の1618万円だった。2位以下は?(2024/7/3)

30歳前後の転職、最も重視するのは「給与アップ」 希望する年収帯は?
学情が調査結果を発表した。(2024/6/30)

今日のリサーチ:
年収1000万円超えユーザーの利用比率が高いメディアは? ――オトナル調査
「YouTube」や「LINE」「LinkedIn」「テレビ」など国内24メディアの利用実態を年代や性別、職業、年収などの切り口で調査、分析しました。(2024/6/28)

「給料」と「仕事の機会」、人事評価を反映してほしいのはどっち?
リクルートマネジメントソリューションズは、「働く人の本音調査2024」を実施した。25〜59歳の正社員で現在の年収に満足している人は27.2%だった。(2024/6/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
“年収1500万円”が夢じゃなくなる「資格」はこれだ
キャリアアップの近道になり得るのが、自らの専門性を示す「資格」の取得だ。年収アップといった具体的な成果につなげるためには、どのような資格を取得すればよいのか。(2024/6/21)

組み込みエンジニアの採用ニーズが高まっている、5つの理由:
「組み込みソフトウェア」の決定年収が最も上昇、なぜ? パーソルキャリアが調査結果を発表
パーソルキャリアは「2023年度 職種版 決定年収レポート」を発表した。2023年度は14職種中12の職種で決定年収が上昇。2022年度から2023年度の1年間の決定年収上昇幅が最も大きかったのは「組み込みソフトウェア」の職種だった。(2024/6/18)

なぜ? 「残業が半減」したのに「年収27%アップ」──元ブラック企業が取った、思い切った施策
あるIT企業が掲げた「残業時間を50%減らしつつ、年収は20%アップ」という目標は、3年間でいずれも目標を上回る形で達成した。また、多くの上場企業が今なお実現できていない「女性管理職比率30%」を早々に成し遂げている。掲げた目標を次々に達成できた訳とは?(2024/6/13)

攻撃対処のプロフェッショナル【後編】
やはり稼げる? 「インシデントレスポンダー」という“激務な仕事”の平均年収
組織で攻撃に対処する「インシデントレスポンス担当」はキャリアアップの有望分野だ。この仕事に就くと、年収はどれくらいになるのか。具体的な数字で見てみよう。(2024/6/11)

キャリアアップ:
初任給9%アップやチーフ年収1.8倍増など待遇改善で、積水ハウスの社員工3.4倍採用
積水ハウス建設は、2024年4月入社の住宅建築を担う社員工「クラフター」として、前年の3.4倍にあたる134人を採用した。併せて2024年度から、自社訓練校の育成カリキュラム見直しや新たな人事評価制度の導入など、多能工人財の育成強化と待遇改善を図った。(2024/6/7)

Z世代が考える自分らしい働き方 将来の目標年収はどのくらい?
教育事業などを展開するヒューマンホールディングスは、企業や団体に勤める20〜28歳の男女を対象に「仕事観と自分らしさに関する調査」を実施。自分らしい働き方で多かったのは「ワークライフバランスを保つ」「仕事とプライベートをきっちり分ける」、将来の目標年収で多かったのは「400万〜500万円」という回答だった。(2024/6/5)

年収で現金利用とキャッシュレス決済に差 年収が低いほど現金派が増加
ネオマーケティングは、全国の20歳以上の男女を対象に「新紙幣とキャッシュレス」について調査した。普段利用する支払い手段では、年収が高くなればなるほど利用するキャッシュレス決済が多くなることが分かった。(2024/5/29)

教えて!あの企業の20代エース社員:
GMO「新卒年収710万円」1期生のAI研究者が語る未来 「技術の進歩は、予想を超える」
将来有望な新入社員に、高額な初任給を――。人手不足が進む中、高額な初任給で優秀な人材を確保しようとする動きが波及している。「新卒年収710万プログラム」が話題となったGMOインターネットグループもそのうちの一社だ。このプログラムの1期生でAI研究者である杜博見さんは、なぜAIに惹かれ、どのような未来を描いているのか。話を聞いた。(2024/5/29)

20代正社員のリアル 理想の年収は? 子どもは欲しい?
マイナビは20代の正社員男女を対象にした「仕事・私生活の意識調査2024年(2023年実績)」の結果を発表した。理想の年収と現実には200万円以上の差があり、4人に1人は「子どもが欲しくない」と考えていることが分かった。(2024/5/23)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
「君が欲しい」と言わせるIT部門の資格 年収アップ、転職のコツも解説
IT部門のキャリアパスで効果的に働く資格や、キャリアチェンジでお勧めの資格を紹介する。また、IT部門が効率良く年収アップするための評価制度の作り方、年収交渉のヒント、転職のコツについても解説する。(2024/5/20)

入社は「狭き門」:
総合商社を辞めた人の退職理由 人気があって高スコアなのに、なぜ?
就活生の「就職ランキング」を見ると、総合商社は上位に並ぶ。人気があって高年収であるにもかかわらず、なぜ辞めていくのか。総合商社を辞めた人の退職理由に迫った。(2024/5/14)

今日のリサーチ:
広告業界の平均年収上昇率ランキングトップ10
国内540万社の企業情報を網羅した日本最大級のデータベース「SalesNow DB」が、上場企業における広告業界の平均年収上昇率ランキングトップ10を発表しました。(2024/5/11)

建設業の人材動向レポート(54):
「2023年に建設業の平均年収は567万円、大手と中小の格差が拡大」建設業の給与動向
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、厚生労働省の「賃金構造基本調査」をもとに、2023年の建設業での給与動向を探った。(2024/5/9)

CIOの採用市場【後編】
IT系の転職で「年収が上がる」のはこんなリーダーだ
CIOをはじめとする上級技術職の収入は、IT市場の不調が続く中でも増加傾向にある。収入アップを実現した人にはどのような共通点があるのか。(2024/5/8)

社会人2年生に聞いた「30歳時の目標年収」 平均額は「647万円」、昨年に比べると?
ソニー生命保険は、24年4月から働き始める社会人1年生、または就職してから1年が経つ社会人2年生を対象に、「社会人1年目と2年目の意識調査」を実施した。社会人2年生に30歳時点の目標年収を聞いたところ、最多は「500万〜600万円未満」だった。(2024/5/2)

CIOの採用市場【前編】
CIOの「平均年収」は上位層で“4000万円”級 業種別、規模別のまとめ
厳しい経済情勢の中でも、最高情報責任者(CIO)の給与は伸びる傾向にあるようだ。ただし、その程度は企業によって差がある。特に昇給を見込める企業の特徴とは。(2024/5/1)

Cybersecurity Dive:
管理職なら年収2000万円超え サイバーセキュリティという困難だが“もうかる仕事”
サイバーセキュリティの仕事は難しく、常に感謝されるわけでもなく、燃え尽き症候群の報告も多いが、給与は悪くないようだ。ISC2の調査からセキュリティ業務に携わる人たちの平均年収が明らかになった。(2024/4/28)

転職後の給与 管理職は30代で52万8000円アップ、非管理職は?
Indeed Japanは、直近5年以内に転職活動経験のある正社員を対象に「管理職への転職に関する調査」を実施した。管理職に転職した人と非管理職に転職した人では、年収面や仕事への満足度で差が生じたことが分かった。(2024/4/16)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第4回】
“年収1500万円”の高収入エンジニアになれる「サーバの必須スキル」はこれだ
サーバエンジニアとして高収入を得るには、サーバ分野のどのような知識やスキルを持っておく必要があるのか。基本となる必須項目を押さえておこう。(2024/4/15)

フリーエンジニアの6割超が「フリーになって年収アップ」 現在の年収のボリュームゾーンは?
ランサーズが調査結果を発表した。(2024/4/13)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第3回】
年収1500万円も夢じゃない 有能エンジニアが持っている“クラウドの必須知識”
サーバエンジニアが活躍するにはクラウドサービスの知識が求められるようになった。具体的にはどのような知識やスキルを持っていることが望ましいのか。要点をまとめた。(2024/4/8)

管理部門・士業の年収中央値 3位「経営・戦略コンサル」、2位「弁護士」、1位は?
MS-Japanは、「管理部門・士業の年収中央値ランキング2024」を発表した。職種・資格別の年収中央値の1位は「公認会計士」(950万円)、2位は「弁護士」(800万円)、3位は「経営・戦略コンサルタント」(720万円)だった。(2024/4/4)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第2回】
“年収1500万円エンジニア”が備える資格並みに大事な「スキル」はこれだ
サーバエンジニアの需要は引き続き旺盛なため、頑張り次第では年収を上げていくことも可能だ。そのために必要なのは認定資格だけではない。必要なスキルをまとめた。(2024/4/1)

ミドル世代の転職、年収が上がりやすい職種は? 転職コンサルタントに聞いた
エン・ジャパンが転職コンサルタントを対象に実施した「ミドル世代の転職」に関する調査結果を発表した。(2024/3/30)

使用者の年収が高いエンジニア言語 3位「Python」、2位「Kotlin」、1位は?
CAMELORSが調査結果を発表し、フリーランス・副業におけるエンジニア言語使用者の「平均年収」が明らかになった。(2024/3/29)

キャリアニュース:
仕事、私生活の意識調査、共働き世帯の46%が「家計が苦しい」と回答
マイナビが「共働き世帯の正社員に聞いた 仕事、私生活の意識調査」の結果を発表した。共働き正社員の46.1%が「家計が苦しい」と感じていた。また、年収の高さは私生活と仕事の満足度に関係ないことが分かった。(2024/3/29)

蔵出しブックレット
「年収1000万円」の高収入エンジニアになれる、お薦めのクラウド資格とは
就職や転職の成否を左右する可能性があるのが、資格の有無です。本ブックレットはクラウドエンジニアとして成功したい人にお薦めの、高収入を狙える資格を紹介します。(2024/3/29)

マイナビ調べ:
「家計が苦しい」と感じる平均世帯年収は「711.9万円」 理想は?
マイナビは共働き世帯の正社員を対象に「仕事・私生活の意識調査2024年(2023年実績)」を実施した。(2024/3/27)

老後の不安:
あなたは何歳まで働く? 世帯年収別にみた実態
20〜50代の働き世代は、将来いつまで働こうと考えているのだろうか。(2024/3/27)

稼げるサーバエンジニアの資格とスキル【第1回】
エンジニアで“年収1500万円プレーヤー”になれる「資格」はこれだ
サーバ分野のエンジニアの需要は引き続き旺盛だ。「できるサーバエンジニア」として評価され、キャリアを築き、年収を上げていくには何が必要なのか。認定資格を含めて整理した。(2024/3/25)

実態は:
普段よく見るSNS、「年収別」の傾向明らかに
各世代において、世帯年収別に最も利用されているSNSは何か?(2024/3/22)

年収の賃上げ率、+4.8%を下回ると「給与に不満を感じる」
年収の賃上げ率が平均「+4.8%」を下回ると給与に不満を感じ始める──こんな調査結果をIndeed Japanは発表した。(2024/3/19)

CIO Dive:
最高年収2500万円超も夢じゃない 生成AIに並ぶ“稼げる”AIスキルとは?
2024年に入りAIの導入に注力する企業が増えていくにつれて、AIを使いこなせる人材の需要も高まりを見せている。生成AIのスキルを持つ技術者は最高で17万4727ドル(日本円で約2500万円)の平均給与が期待できるという。(2024/3/18)

東京23区の新築マンション、価格上昇いつまで? 平均価格は初の1億円超
東京23区の新築マンションの平均価格が昨年、初めて1億円の大台を超えた。高嶺の花と言われた「億ション」だが、低金利が続く中、夫婦共働きで世帯年収が高い「パワーカップル」や富裕層を中心に需要は強く、資材や人件費の高騰を価格に反映しやすい状況だ。(2024/3/12)

「転職で大幅な職種変換をする人は一部」:
40歳以上の転職で年収を上げるためには何が必要か パーソルキャリア
パーソルキャリアは「ミドル層の異業種・異職種転職実態レポート」を発表した。40歳以上の転職希望者数は6年で1.5倍以上に増えており、異業種への転職が約65%を占めていることが分かった。(2024/3/11)

年収が高いと「この会社で働き続けたい」と思う人は増える? 出世願望とともに調査
リスクモンスターが調査結果を発表した。性別や年代、年収別に勤続希望や出世願望を聞いた。(2024/3/11)

プレミアムコンテンツ:
「年収1000万円エンジニア」が狙えるクラウド資格とは
クラウドサービスの利用が広がれば、必然的にクラウドエンジニアのニーズが高まる。こうした状況でクラウドエンジニアが求職活動を有利に進める手段が、クラウド認定資格の習得だ。注目資格を紹介する。(2024/3/1)

2023年の給与、前年より「上がった」が約4割 期待する賃上げ率と現実にはギャップも
Indeed Japanは、2023年の賃上げに関する調査を実施した。その結果、22年と比べて23年に基本給と年収が「上がった」の割合は基本給で40.5%、年収では36.1%だった。(2024/2/28)

外部のプロとして働く人材 年収が高い職種は?
プロシェアリング事業を運営するサーキュレーションは、外部のプロとしてフリーランス・副業・起業で働く人を対象に「プロ人材実態調査」を実施した。年収1000万円以上が多い職種は「M&A/業務資本提携/CVC」「中期経営計画策定/組織戦略策定」だった。(2024/2/28)

正社員の6割が「金銭的な不安あり」 年収、理想と現実は?
マイナビが正社員を対象にした調査結果を発表した。理想と現実の年収や、現在の収入への満足度が明らかになった。(2024/2/21)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【後編】
ITエンジニアのキャリアと年収が伸びそうな「急成長の都市」はここだ
ITエンジニアの需要は世界中で高まり続けている。給与が上がるキャリア形成を考える場合、「どのような技術を身に付けるか」とともに「どの都市で働くか」も考慮したい。成長株の都市を紹介する。(2024/2/17)

フリーランス向け求人が増えている職種 3位「データサイエンティスト」、2位「Webディレクター」、1位は?
フリーランス向けの求人が増えている職種は何か。また、その職種の平均年収はいくらか。CAMELORSが調査結果を発表した。(2024/2/16)

データサイエンティストより年収が上がりやすいIT職種とは? dodaが平均年収レポートを公開
パーソルキャリアの転職サービス「doda」は「IT職種の転職前後の平均年収レポート」を発表した。調査によると、転職前後の平均年収増加幅ではデータサイエンティストを抜いてあるIT職種が1位となった。(2024/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。