ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「アサヒビール」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アサヒ生ビール(マルエフ)」売れすぎて一時休売を発表 「買っといてよかった」「品薄と聞くと飲みたくなる」の声も
9月14日に発売したばかりです。(2021/9/18)

ガッキー起用で“ぬくもり”表現:
アサヒ、28年ぶりに「アサヒ生ビール」復活 11月には黒生も
アサヒビールは9月8日、飲食店で樽生のみ展開している「アサヒ生ビール」の缶を同14日から全国で発売すると発表した。(2021/9/8)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
小判、ギョーザ、からあげクン オリンピック効果に沸いた“注目”商品とは
東京オリンピックが終わった。オリンピックに関する商戦や経済効果はどうだったのか? 選手村で絶賛されたギョーザや、コンビニだけではない“注目”商品とは。(2021/8/20)

「生ジョッキ缶」年内は月1回の発売に
人気の缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」は12月まで毎月1回の発売になる。(2021/8/4)

県内での認知度は70%:
加熱するRTD市場でどう対抗? オリオンビールのチューハイが関東に本格進出 こだわるのは“沖縄らしさ”
オリオンビールが展開するチューハイブランド「WATTA」が関東に本格進出する。19年に同社初のチューハイブランドとして誕生したWATTA、沖縄県内では70%以上の認知度を誇る。(2021/7/28)

スマートドリンキングを推進:
アサヒ「脱ストロング」にかじ切り ノンアル・低アル飲料を“主流”にするワケ
アサヒビールは7月13日の「2021年スマートドリンキング下期戦略発表会」において、今後は高アルコールの新商品発売を控えると発表した。代わりにノンアルコールや低アルコール商品の拡充を目指す。同社の下半期の戦略について聞いた。(2021/7/14)

人気の「生ジョッキ缶」再登場 一部ネット通販では相場の倍に
アサヒビールは13日、「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を再発売した。人気の商品だけに一部ECサイトでは割高な値付けの商品も見られる。(2021/7/13)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)

週末に「へえ」な話:
4カ月で2万個が売れた! なぜアサヒは食べられる容器「もぐカップ」を開発したのか
アサヒビールが3月に発売した、食べられる容器「もぐカップ」が人気を集めている。販売目標は年1万個を掲げていたが、わずか4カ月で2倍の2万個も売れている。それにしても、なぜ食べられる容器を開発したのか。開発者に話を聞いたところ……。(2021/6/26)

組織委に提言も:
五輪の酒類販売見送りをアサヒビール「支持」
東京五輪・パラリンピック組織委員会が大会会場での酒類販売をしないと23日に発表したことを受け、大会スポンサーのアサヒビールは同日、「組織委の決定を支持する」とのコメントを出した。(2021/6/23)

週末に「へえ」な話:
キユーピーの「ゆでたまご」が、なぜ“倍々ゲーム”のように売れているのか
キユーピーが販売している「そのままパクっと食べられる ゆでたまご」が売れている。食べことも、見たことも、聞いたこともない人が多いかもしれないが、データを見る限り、消費者から人気を集めているのだ。なぜ売れているのかというと……。(2021/6/5)

「生ジョッキ缶」、9月まで月1回の数量限定販売に 10月以降は未定
アサヒビールは販売を休止している「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を6月から9月にかけて毎月1回、数量限定で販売する。(2021/6/2)

「n=1」から始める深いインサイト発見:
「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」 大ヒットを確信させたマーケティングリサーチの舞台裏
アサヒビールのマーケティングチームは話題の「泡の出る缶」を市場に投入するに当たり、どのように消費者の声を聞いてきたのか。マーケティング担当者と調査を担当したマクロミルに、開発の過程で実施した定性調査・定量調査の裏側を聞いた。(2021/5/27)

「生ジョッキ缶」6月15日に再発売 数量限定で アサヒビール発表
アサヒビールは5月7日、生産が需要に追い付かず出荷を中止していた生ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を6月15日に数量限定で再発売すると発表した。(2021/5/7)

大ヒット商品:
アサヒ、「生ジョッキ缶」を6月15日に再発売 数量限定
アサヒビールは、一時休売していた「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を6月15日に再発売する。数量限定。(2021/5/7)

オリオンビール、缶に純アルコールのグラム数表記へ 背景に沖縄の飲酒文化
オリオンビールは26日、缶ビールなどすべての缶入りアルコール飲料に純アルコール量を表記すると発表した。(2021/4/26)

週末に「へえ」な話:
キリンVS. アサヒ 自宅の「あわ」を制するのは、どっちか
2021年上半期の流行語大賞は「あわ」ではないか。そう感じさせられるほど、キリンとアサヒがビールの「あわ」にこだわっているのだ。どういうことかというと……。(2021/4/24)

「生ジョッキ缶」発売翌日に販売休止 6月中旬以降に再出発
アサヒビールは21日、缶を開けると自然に泡が発生する「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の販売を休止すると発表した。(2021/4/22)

アサヒビール「生ジョッキ缶」が販売好調で一時販売休止 再開は6月中旬以降に
一般販売からわずか1日で休止となりました。(2021/4/21)

「生ジョッキ缶」出荷再開、スーパーで20日から販売 コンビニは今後
アサヒビールは20日、缶を開けると泡が自然発生する缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を発売した。スーパーなどで販売している。(2021/4/20)

FCV、大型商用車にも必須 EVは充電量多く停電招く恐れ
 トヨタ自動車といすゞ自動車が資本提携し、トヨタ子会社の日野自動車を合わせた3社は、商用車の「CASE」への対応を推進させていく。小型トラック対象に電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)の開発に弾みがつきそうだ。特に、トヨタが持つFCV技術の転用への期待は大きい。(2021/4/16)

開けると泡が自然発生する缶ビール、販売2日で出荷中止 商品供給追い付かず 
アサヒビールは8日、缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の出荷を一時停止すると発表した。6日にコンビニエンスストア限定で販売を始めたばかりだった。(2021/4/8)

先行発売から2日:
アサヒの「生ジョッキ缶」 注文殺到で出荷停止発表
アサヒビールは8日、コンビニエンスストアで6日から先行発売したビールの新商品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」について、受注が殺到したため出荷を一時停止したと発表した。(2021/4/8)

コンビニ先行販売の「アサヒスーパードライ生ジョッキ缶」が一時出荷停止 無料引換えクーポンは終了へ
4月6日にコンビニで先行販売が開始したばかりでした。(2021/4/8)

後発:
家庭用サーバーで「スーパードライ」“復権” キリンを猛追へ
アサヒビールは7日、ビールサーバーを貸し出してビールを定期配送する会員制の家庭用生ビールサービス「ドラフターズ」を5月25日に開始すると発表した。“ビール一本足打法”と呼ばれるアサヒが、熱烈なファンを取り込むことができるのか。 (2021/4/8)

PR:「こんなのあり!?」「開けた瞬間に泡が」  スーパードライの“生ジョッキ缶”がコンビニで先行発売するので飲んでみた
こんな缶ビール、見たことない!(2021/4/6)

ECはリニューアルで売り上げ200倍:
なぜオリオンビールはアルコール度数「9%」を止めて「2%」の商品を首都圏でも発売したのか
キリン、アサヒ、サントリー、サッポロ。国内ビール市場トップ4社だ。では5位はどこだろう。それがオリオンビールだ。若者のアルコール離れが叫ばれる中、国内シェア約1%の地方発ビール会社は新たな飲酒文化の創造に向けた挑戦を続けている。(2021/4/1)

テレワーク浸透じわり アサヒG、4月から営業拠点半減
アサヒグループホールディングスは4月から国内の営業拠点を半減し、在宅勤務などのテレワークをさらに強化。全職種を対象にした在宅勤務手当も新設する。(2021/3/29)

アサヒビールから食べられるコップが登場! フレーバーは「えびせん」「チョコ」「ナッツ」など4種類
どんな味がするんだろう……?(2021/3/19)

材料技術:
パナソニックとアサヒビールが共同開発するタンブラーがより環境に優しく
パナソニックとアサヒビールは、高濃度セルロースファイバー成形材料を原材料とする飲料容器「森のタンブラー」をリニューアルし、成形材料に含まれるセルロースファイバー(CeF)の使用比率を従来の55%から70%に引き上げ、プラスチック使用量を削減すると発表した。(2021/3/9)

水曜インタビュー劇場(クレーター公演):
あわあわあわ! なぜアサヒビールの「生ジョッキ缶」から、泡が次々に出てくるのか
缶のフタを開けると、泡が自然に発生するビールが登場する。アサヒビールは4月に「生ジョッキ缶」を発売。缶ビールといえば泡がたたない構造をしているのに、なぜこの商品は泡が出てくるのか。同社の担当者に開発秘話を聞いたところ……。(2021/2/24)

白石麻衣&西野七瀬、乃木坂46卒業後初の共演 「またダブルセンター見たいな」と現役時代を懐かしむ声も
胸熱。(2021/1/25)

蓄電・発電機器:
アサヒHDが電力不足に協力、自社工場で35万kWhを追加発電
アサヒグループホールディングスは2021年1月12日、寒波に伴う暖房利用の増加による電力不足に協力するため、グループ傘下の3工場で同年1月6〜15日のあいだ、自家発電設備の発電量を増やすと発表した。3工場で合計約35万kWhを追加発電する予定だ。(2021/1/14)

アサヒスーパードライに缶のまま泡を味わえる「生ジョッキ缶」登場 広いフタを開けるときめ細かい泡がシュワ〜
コップに注がなくとも、泡の味わいを缶のままで。(2021/1/7)

日本初、開けると泡が自然発生する缶ビール「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」
アサヒビールは1月6日、缶ビールの新製品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」を4月に発売すると発表した。フタを全開するときめ細かい泡が自然に発生し、ジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめるという。(2021/1/6)

潜在ニーズを開拓:
アサヒビール、度数0.5%の“微アルコール”投入 飲まない層にも新しい選択肢を提案
アサヒビールは、低アルコール商品を強化する。3月にはアルコール度数0.5%のビールテイスト飲料の新商品を発売する。度数1%未満を「微アルコール」と定義。2025年までに度数3.5%以下の商品構成比を、19年の3倍強となる20%に引き上げる。(2021/1/6)

おいしそうなレシピだらけ! ニッカウヰスキー公式Twitterが人気 その裏側を聞いてみた
人気の料理や旬の食材を、ひと工夫でおいしく。(2021/1/3)

焼酎「大五郎」休売 消毒用アルコール転用 コロナ拡大で政府が要請
焼酎「大五郎」が販売休止。コロナ拡大を受け、原料用アルコールの一部を消毒用に転用するよう政府から要請があったため。(2020/12/28)

ジャガイモが原料:
使い捨てから”使い食べ”へ アサヒビールが「食べられるコップ」開発
アサヒビールは、食べられるコップ「もぐカップ」を丸繁製菓と共同開発したと発表。11月16日から、都内の会員型コワーキングスペースや飲食店でテスト展開する。(2020/11/12)

CAEニュース:
CAE技術で約22%軽量化、アサヒビールが取っ手付き4リットルペットボトルを開発
アサヒビールは、業界最軽量となる取っ手付き4リットルペットボトルを開発した。環境に配慮したパッケージ開発の一環として、プラスチック樹脂をこれまでの容器より1本当たり31.5g削減し、約22%軽量化している。(2020/9/28)

「嵐」と13社が「HELLO NEW DREAM. PROJECT」スタート 歌声合成エンジンで嵐に歌ってもらう企画など
ユーザーが入力した夢を嵐が歌うジェネレーターを公開します。(2020/9/14)

どうやって運ぶ?:
飲料製品とラーメンを同時配送で20%効率化 日本通運・アサヒ飲料・日清食品が協力
日通・アサヒ飲料・日清が9月11日に共同輸送を始める。これまでアサヒ飲料は飲料製品の2段積みができず、輸送の効率化に課題があった。新たな輸送方法にすることで、トラックの使用台数を20%削減できるなど、さまざまな効果を見込んでいる。(2020/9/8)

製造IT導入事例:
国内飲料メーカーが調達プラットフォームを導入、国内調達体制を最適化
SAPジャパンは、アサヒグループホールディングスが、国内グループ企業における間接材調達プロセス改革のため、クラウド調達、購買プラットフォーム「SAP Ariba」を導入したと発表した。(2020/9/1)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
WeWork日本法人がコロナ禍でも拡大路線を続ける理由
コワーキングスペース大手のWeWorkが、2018年2月の日本進出以来、拠点の拡大を続けている。WeWorkとソフトバンクの合弁会社WeWork Japanは、20年7月現在で東京、大阪、福岡など6都市で33拠点を展開。WeWork Japan最高戦略責任者の高橋正巳氏に、「新時代の働き方」に向けた戦略を聞いた。(2020/7/30)

材料技術:
水を使わない全乾式製法を用いたセルロースファイバー成形材料技術
パナソニックはSDGsセミナーをオンライン開催し、「サーキュラーエコノミーに対応するエコマテリアル開発の取り組み」と題し、同社が開発を進めるセルロースファイバー(CeF)成形材料技術について説明した。(2020/7/22)

“いま”が分かるビジネス塾:
コロナ禍直撃のビール業界、特にアサヒに苦境が待ち受ける真の理由
新型コロナで苦境のビール業界。特にアサヒにその影響が直撃。同社本来の「強み」が仇になったと筆者は分析。(2020/6/23)

SNSで話題のフォションの紅茶のお酒を飲んでみた ミルクティー風でもティーソーダ風でもごくごく飲めてしまいます
爽やかで飲みやすい!(2020/6/17)

ビールは鮮度が大事:
新型コロナで余ったビールが消毒用の高濃度エタノールに“変身” キリンとアサヒが協力
新型コロナの感染拡大を受けて飲食店の客数が減っている。飲食店向けのビールが工場から出荷されずにいる。このビールを原料にして高濃度エタノールを製造する。(2020/5/8)

今日のリサーチ:
SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。(2020/3/26)

リフト&シフトは最後の手段:
「『作る』から『やめる』へ」、創業130年のアサヒがパブリッククラウド、コンテナにたどり着いた理由
「アサヒビール」などで知られるアサヒグループホールディングスは、2018年頃から業務システムのパブリッククラウドでの構築・運用を進めている。「クラウドネイティブ・ファースト」が方針で、リフト&シフトによる単純な移行は最後の手段とする。背景には、同グループの事業における根本的な変化があるという。(2020/2/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。