ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「炎上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「炎上」に関する情報が集まったページです。

“廃棄前提”炎上ツイートで注目の温泉旅館 オンラインサロン運営者の「炎上マーケティング大成功」発言を「事実無根」と否定
旅館に取材しました。(2020/8/13)

世界を読み解くニュース・サロン:
台頭する“グレー”クレーマーの生態 悪質な苦情にどう対処すべきか
インターネットの普及で企業のクレーム対応は難しくなっている。最近は反社会的勢力による被害が減る一方、一般の消費者が迷惑行為をしてしまう“グレー”なクレームが増えた。どう対処すればいいのか。法律や対処後のフォローを念頭に置いた対応が効果的だ。(2020/8/13)

「5分前にはルームに入室」「深々と頭を下げながら会議終了ボタン」はデマ 大炎上した“謎のテレワークマナー”は誰が広めたのか マナー本出版社も「驚いている」
調べたところ、書籍内にそのようなマナーは載っていないことが分かりました。(2020/8/13)

狩野英孝、不倫報道の渡部建に励ましメールを送っていた 児嶋一哉のYouTubeチャンネルでやりとりを告白
渡部さんに「また一緒にお笑いやりましょう」と励ましメールを送っていた狩野さん。(2020/8/10)

中国で普及する信用スコアは、なぜ日本で定着しない? 「Yahoo!スコア」終了に思うこと
ヤフーの信用スコアサービス「Yahoo!スコア」が8月末に終了する。多くのユーザー基盤を持つヤフーが手掛けたにもかかわらず、このサービスは日本に定着しなかった。一方、中国では、数年前から「芝麻信用」が普及している。なぜ日本と中国で、こうした差が生まれるのか。中国に精通する筆者が、その要因を考察する。(2020/8/6)

スピン経済の歩き方:
日本電産永守会長が炎上! 「即戦力になる新卒」を求めることは、罪深いのか
カリスマ経営者が「炎上」してしまった。日本電産の永守重信会長・CEOである。「カンブリア宮殿」(テレビ東京)に出演したときの言動が問題視されているわけだが、どのようなコメントをしたのか。(2020/8/4)

LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
LINEヘルスケアが即日謝罪しました。(2020/8/3)

「人間の全ての過程を歌いたい」 “超歌手”大森靖子が今、叫びたいこと
「人間はただただ経験して、ボロボロになってひたすら美しくなっていく生き物、それでいいじゃないか」(2020/8/1)

フジテレビ、木村花さん逝去受け「テラハ」検証報告を公表 やらせなど一部報道を否定
SNSの対応や心のケアなどについて制作側の対応を説明しています。(2020/7/31)

生産数わずか20台のスーパーカー「マクラーレン・セナ」が事故で大破 オーナーは元F1ドライバー
事故に遭ったのは、限定モデルの「セナ LM」です。(2020/7/30)

「迷惑系YouTuber」とは何か なぜ迷惑行為を繰り返すのか
最近、「迷惑系YouTuber」という言葉を報道などで聞くようになった。迷惑系YouTuberは、なぜ迷惑行為を繰り返すのだろうか。(2020/7/28)

炎上、ネットいじめ……AI駆使して火消し、新サービス続々
人工知能(AI)を活用してネガティブな投稿を検知したり、デマ情報の拡散からブランドイメージを守ったりするサービスが登場している。(2020/7/28)

結果が出ない:
インプットだけで満足していない? 陥りがちな「学びの罠」3つ
「学びの重要性」が高まっているが、いざ気合いを入れて学び始めてみても、イマイチ結果が出ない。そんな人も多いかと思うが、学ぶときに陥りがちな「学びの罠」を紹介する。(2020/7/23)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ハリアーはアフターコロナのブースターとなるか?
多くの読者はすでにハリアーが今年の大注目モデルであること、そして売れ行き的にもとんでもないことになっていることをご存知のことと思う。7月17日にトヨタから発表された受注状況は、それ自体がちょっとしたニュースになっている。(2020/7/20)

他人の不倫騒動に首を突っ込み、尾行&盗撮。不倫女性からの訴訟に怯える相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
モヤモヤが残る相談……。(2020/7/13)

書籍『カサうしろに振るやつ絶滅しろ!』発売 SNSで集団暴言をはく「イシナ原人」など迷惑行為の絶滅を願う一冊
絶滅を危惧する必要はない。(2020/7/10)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
感染は自己責任? 「コロナ差別」を生み出した“とにかく自粛”の曖昧さ
新型コロナの感染が再び拡大する中、感染者や東京の人などに対する差別が報告されている。ここまで恐れてしまうのは、リスクコミュニケーションが機能していないから。データに基づく行動基準よりも「自粛」という言葉が前面に出ていた。リスク管理と差別を分けて考えるべきだ。(2020/7/10)

あぐらを組んで座れる「キングあぐらチェア」がLOGOSから登場 アウトドアでもベランダでも全力でまったりしたい!
たき火のそばでゆったりくつろいだり、ベランダでチルしたり。(2020/7/7)

世紀の駄作か、新たなマスターピースか―― 賛否両論の問題作「The Last of Us Part II」をそれでも評価したい理由
賛否両論となった「The Last of Us Part II」を“賛”目線でレビュー。【ネタバレあり】(2020/7/12)

スピン経済の歩き方:
「いきなり!ステーキ」一本足打法経営が、なんともビミョーに感じるワケ
「いきなり!ステーキ」を再建させるために、運営元のペッパーフードサービスがアレコレ手を打っている。「ペッパーランチ」を売却したり、店舗数を減らしたり、人員を減らしたり。一本足打法経営がうまくいくのかというと……。(2020/7/7)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
“すれ違い”が注目されたリニアトップ面談「それでも悲観しない」理由
リニア工事を巡るJR東海社長と静岡県知事によるトップ面談は和やかに終わったが、ヤード工事の認識ですれ違いが生じ、県側は再開を認めなかった。それでも悲観する結果ではない。報道や世論で対立を煽るのではなく、トップ同士が意思確認する場を作れたことをまずは評価しては。(2020/7/6)

意味がわかると怖い話:「旧友からの連絡」
放置していたFacebookに届いた、大学時代の友人からのメッセージ。(2020/7/5)

その「リツイート」大丈夫? 削除済み、炎上なしでも名誉毀損に
Twitterのリツイート機能を巡り、リツイート行為の責任を問う訴訟が相次いでいる。元大阪府知事・橋下徹氏が起こした裁判では「経緯や動機を問わず、リツイート主は投稿の責任を負う」として第二審がリツイートによる名誉毀損を認定。専門家は「安易な情報拡散に警鐘を鳴らす判断だ」とする。(2020/7/1)

100日後に振り返る「100日後に死ぬワニ」 作者・きくちゆうきインタビュー
大ヒットと大炎上を振り返る。(2020/6/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「経営の役割分担と相互けん制」で、会社経営の安定と成長が両立できる
With/Afterコロナ時代の中小・ベンチャー企業に求められるのは、経営チーム、「経営の役割分担と相互けん制」による経営だ。(2020/6/25)

コロナと世論の関係:
Twitterユーザーは自粛にいつ“飽き始めた”のか――データ分析で判明
コロナ対策でずっと叫ばれていた「自粛」。一方で自粛疲れ・飽きが早めに発生していた可能性も。Twitterデータ分析からその「世論」の動きを解明。(2020/6/24)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
没収相次ぐ? 1万円の納豆生涯無料パスポート、適正価格は何円?
1万円で納豆定食が生涯無料で食べられるパスポート。しかし「無料パスが没収された」という苦情によりSNS上で炎上している。意図はともかく、金額設定がおかしく、利回り計算するとあまりに無謀だった。では、適正な価格はいったいいくらなのだろうか?(2020/6/19)

専門家のイロメガネ:
元グラビアアイドルが語る、SNSの有名税と誹謗中傷 テラスハウス問題の本質とは
13年間グラビアアイドルとして活動してきた間、活躍するために、そして生き残るために、ネットをいかに活用するかは最も重要だった。「嫌ならSNSを辞めればいい」というものがある。真正面から答えるなら「簡単に言わないで欲しい」の一言だ。芸能活動でSNSは命といっても過言ではないからだ。(2020/6/16)

IT基礎英語:
差別や偏見に根差すracism問題の根深さ
黒人男性の死亡事件に端を発し、全米で激化している抗議活動。racismとは何なのか。(2020/6/15)

ホンダの技術は世界一ィィ!? オイルと冷却材を抜いてぶっ壊れるまでエンジン全開 とある耐久テスト映像が話題に
火を噴くホンダエンジン、停止した……かと思いきや!(2020/6/13)

otsuneの「燃える前に水をかぶれ」:
“繋がりすぎる”ネット時代の誹謗中傷問題、解決策はあるのか
リアリティーショー番組でのSNS中傷を発端として、インターネット上の悪質な投稿に関する議論が盛り上がっている。その内容を整理してみた。(2020/6/11)

女優リア・ミシェル、「glee」撮影現場での差別的言動を謝罪 「生まれてくる子のいいお手本になりたい」
反省の意思が感じられないとの反発も。(2020/6/4)

KINCHO、コロナで「もうどう広告したらいいのかわからないので」と新聞広告を6種製作&全公開 数撃ちゃ当たる作戦に出る
Cタイプが正解に近かったですかね。(2020/5/29)

宇宙は“特別な場所”ではない:
宇宙開発は製造業からインフラ・情報産業へ――インターステラテクノロジズとアクセルスペースが描く宇宙ビジネスの展望
北海道大樹町の宇宙ベンチャー、インターステラテクノロジズ(IST)と、超小型人工衛星事業に取り組むアクセルスペースのトークセッションが、4月20日にオンラインで開催された。ISTのこれまでの道のりと、今後の宇宙開発の展望などを書き下ろしたISTファウンダーの堀江貴文氏の著書『ゼロからはじめる力 空想を現実化する僕らの方法』(SB新書)の出版を記念したものだ。セッションの模様をお届けする。(2020/5/29)

スピン経済の歩き方:
木村花さんへのヘイトを煽ったフジテレビは、「無罪放免」でいいのか
恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中だったプロレスラー、木村花さんが死去した。彼女を死に追いやったと言われている「ネットリンチ」は、なぜ起きたのか。番組を制作していたフジテレビに責任はないのか。(2020/5/26)

「妻と彼はただの友達」 「ビバヒル」ブライアン・オースティン・グリーン、12歳年下女優ミーガン・フォックスとの破局を公表
妻の浮気疑惑にも言及しています。(2020/5/19)

近くて遠い国、韓国:
日本の中高年はなぜ若者の韓流ブームを全く理解できないのか
中高年に分かりづらい今の若者の韓流ブーム。世代間の認識のズレはどこから生まれるのか。一線の朝鮮半島の研究者とジャーナリストが対談。(2020/5/18)

世界を読み解くニュース・サロン:
アパレルから音楽まで、米国で加速するマスクビジネス 日本人が学べる“精神”とは
新型コロナ以前はマスクをつける習慣がなかった欧米で「マスクビジネス」が急速に拡大している。ファッションやスポーツのブランドのほか、音楽業界でも布マスクの販売によって寄付や自助につなげようとする動きが活発だ。日本も学ぶべきメンタリティがある。(2020/5/14)

批判していたのに……芸人が“禁断の果実”YouTubeに流れ込むワケ
新型コロナウイルス感染症の影響で、テレビ各局で番組の収録が行われず、劇場も休演が続いている。仕事にあぶれたお笑い芸人はYouTubeに進出しているが、誰でも成功できるわけではなく道のりは険しい。(2020/4/27)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
電車を止めよう――勇気を持って主張したい、3つの理由
緊急事態の今、感染拡大を食い止め、医療と社会を立て直すために必要なのは、電車を止めることだ。そこまでするべき理由は「感染」「名誉」「経営危機」の3つ。大変なことではあるが、「通勤を止める」「生活費を支給する」方法がないわけではない。(2020/4/17)

マシーナリーともコラム:
死にたくなければ殺せ! いま最高に生きていることの幸せを味わい尽くせるゲーム「DOOM Eternal」を買えッッッ!
すごい手のひら返しを見た。(2020/4/10)

「空回りでした」「とても悩んでいる」 土屋炎伽、炎上呼んだクイズ番組での言動を釈明
「アドバイスはいただきつつも、何事も自分らしく取り組んでいきたい」。(2020/4/3)

「沢山の子供達が待ってる!!」 キラメイジャー主演の小宮璃央が新型コロナ陽性、先輩ヒーローがエール送る
歴代ヒーローの他にも、スーパー戦隊にゆかりのある人たちが励ましの言葉を寄せています。(2020/3/31)

「VALU」がサービスを終了 ビットコインの出金手続きは期間を延長して対応
1月に終了の告知をしていました。(2020/3/31)

新商品開発にも効果:
カゴメが築く「ファンを夢中にさせる」戦略 わずか2.5%のユーザーに注目したワケ
「野菜生活」などで知られるカゴメは、2015年に会員制コミュニティーサイト「&KAGOME」を開設。その背景には「少数のヘビーユーザーが売り上げを支えている」という特徴的な売り上げ構造がある。ファンとつながる取り組みによって、会社や事業に及ぼした影響とは?(2020/3/31)

Qiita、読んだ記事の傾向を合意無しに表示して炎上 批判受け機能停止中
Qiitaがユーザープロフィールページのデザインをリニューアルし、ユーザーの同意無しにユーザーが読んだ記事の傾向を表示する仕様に変更したことが批判を集めている。現在、Qiita運営チームは批判を受け表示機能を停止し、対応を協議しているという。(2020/3/26)

SNSマーケティングの死角:
『100日後に死ぬワニ』炎上、真の引き金は? Twitterデータで迫る
Twitterで毎日連載されていた『100日後に死ぬワニ』が最終回。感動だけでなくステマ疑惑など炎上も発生した。その真のメカニズムにTwitterデータ分析で迫る。(2020/3/26)

世界を「数字」で回してみよう(62) 番外編:
ある医師がエンジニアに寄せた“コロナにまつわる現場の本音”
マスクは、「他人へのウイルス拡散防止」にはなっても、「他人から自分へのウイルス拡散防止」にはならない。こんな非対称的な論理が、なぜ成立するのだろうか――。今回のコラムは、私のこの疑問に対して、現役医師で、私の過去のコラムでも何度もお世話になっている「轢断のシバタ」さんが下さった、1万字以上にも及ぶメールを紹介するものです。(2020/3/25)

ステマ疑惑で炎上の『ワンピース』非公式アートプロジェクト・BUSTERCALL 窓口担当者は「関係各所に確認中」のためノーコメント
声明の掲載日についてはめどが立っていないとのこと。(2020/3/24)

早すぎる:
「100日後に死ぬワニ」は、なぜ炎上したのか
Twitterで話題になっていた、漫画「100日後に死ぬワニ」が完結した。感動的なエンディングで終わるかと思ったが、批判の声が。なぜ?(2020/3/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。