ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「消防」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「消防」に関する情報が集まったページです。

大愚和尚のビジネス説法:
“仏の境地”和尚に学ぶ! 上司・部下に イライラする気持ちと仲良くなる「アンガーコントロール」の極意
部下や上司と付き合う中で、怒りたくても怒れない、反論できずにイライラ……なんて経験は誰にでもあるはず。無理して笑って心の中で舌打ちをして――そんな毎日を送っていたら、心身ともに削られていくだけ。どうすれば、怒りと上手に付き合い、心穏やかに過ごすことができるのか? 和尚に「アンガーコントロール」の極意を聞く。(2021/11/26)

福井県の“全国の7割のアレを作る工場”が話題に 「知らなかった」「焼き物なんだ!?」
あのマーク、セラミックスだったのか!(2021/11/20)

リテール&ロジスティクス:
茨城県稲敷郡阿見町で危険物と通常品の保管に応じる物流施設が竣工、沼尻産業
沼尻産業は、茨城県稲敷郡阿見町で計画を進めていた物流施設「稲敷第一危険物倉庫」が竣工したことを公表した。危険物倉庫の開発は同社初となる。稲敷第一危険物倉庫は、消防法危険物第四類に対応し、敷地内に一般倉庫を併設しており、危険物と通常品の保管を行える。(2021/11/16)

産業動向:
鹿島建設が”首都直下地震”を想定したBCP訓練を実施
鹿島建設は、首都直下地震など大規模災害の発生時に通信環境や支店機能が失われたなかで、建設会社としてインフラ早期復旧や現場保全など、どうのようなBCP対応をすべきか、5つの観点から全社訓練を実施した。(2021/11/10)

デジタル防災を始めよう:
相次ぐ車両内刺傷・放火 テロや犯罪に巻き込まれないためにできること、やってはいけないこと
もしも事件の現場に居合わせたら。ビデオで撮影し、それをSNSに広めるのはいい? 自分を含め、巻き込まれた人の安全のためにすべきことを考える。(2021/11/9)

千葉大病院が導入:
DMM子会社、マイクロバスを「走る救命救急室」に “現場重視”のこだわった機能とは?
千葉大学医学部附属病院が、「エクモカー」を千葉県で初めて導入した。車両を開発したのは、DMM.comの子会社で、消防用資機材や関連製品の販売などを行うベルリング(横浜市)だ。(2021/11/8)

まつげまで完全再現 仮面ライダー俳優・武田航平、『呪術廻戦』五条悟“ほぼ加工なし”コスプレに反響
これが「俳優クオリティ」。(2021/11/5)

あぁぁぁぁぁ! 水路にかけられた跳ね橋でクルマが立ち往生 なんとか耐えようとするも無慈悲に滑り落ちてひっくり返る
どうしてそんなところに。(2021/11/5)

価格は?:
エストニアのデザイン性が高い「家庭用サウナ」が誕生 生活にサウナを根付かせる狙い
エストニアのデザイン性が高い、家庭用サウナが誕生した。サウナを一過性のブームとして終わらせるのではなく、日常として根付かせることが狙いがあるという。月額利用できるサウナ施設が増加している中、自宅用サウナは根付くのか。そのほか、特徴や価格などを紹介。(2021/11/5)

庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
次もアメ車に乗ってほしい。(2021/10/24)

アクセルとブレーキを間違えて急発進 ランボルギーニが湖に飛び込む、水深5メートルの底に沈む
踏み間違えで急発進。(2021/10/24)

AIで「くも膜下出血か脳梗塞か?」を即座に判別 千葉市で年度内に実用化へ
Smart119社が開発した、AIによる脳卒中診断アルゴリズムについての論文が国際科学誌「Scientific Reports」に掲載された。救急患者の容体など情報を基に、脳卒中の中でも「くも膜下出血」「脳梗塞」「脳出血」「主管動脈閉鎖」のいずれに該当するかを判別できるという。(2021/10/18)

LINEが調査:
高校生がなりたい職業TOP3 「教員」と「公務員」、残りの1つは?
LINEは、全国の高校生を対象に将来なりたい職業や、働く企業を選ぶ際に重視しそうなことを調査した。どんな職業がトップ3になったのか。(2021/10/13)

プロジェクト:
「平井」駅北口駅前で延べ4.4万m2の複合施設が着工、野村不動産と阪急阪神不動産
野村不動産と阪急阪神不動産は、東京都江戸川区で2024年度内の竣工に向け、「平井五丁目駅前地区第一種市街地再開発事業」で開発を進める複合施設が2021年3月31日に着工したことを発表した。(2021/10/12)

被害は約1億円……!? 高級車を満載したトレーラーが炎上、シボレー・コルベットが完全に焼失する大惨事に
幸いなことに運転手は無事でした。(2021/10/11)

コニカミノルタ工場、2回爆発した原因は「トナー乾燥工程の静電気」
コニカミノルタのトナー工場で7月と8月の2回にわたって起きた粉塵爆発事故。「静電気が原因の可能性が高い」との調査結果が公表された。対策した上で、11月に生産を再開する計画。↓(2021/9/28)

高根英幸 「クルマのミライ」:
ガソリンには、なぜハイオクとレギュラーがある?
どうしてガソリンにはハイオクとレギュラーが用意されているのか、ご存知だろうか? 当初は輸入車のためだったハイオクガソリンが、クルマ好きに支持されて国産車にも使われるようになり、やがて無鉛ハイオクガソリンが全国に普及したことから、今度は自動車メーカーがその環境を利用したのである。(2021/9/27)

工場ニュース:
半導体不足の遠因となった、旭化成の半導体工場火災で起こったこと
旭化成は2021年9月14日、2020年10月に起きた宮崎県延岡市の旭化成エレクトロニクス 半導体製造工場の火災について事故調査報告書をまとめたと発表した。建屋棟の損傷が激しく火災原因の特定には至らなかったが、発火場所の推定と、再発防止策などの調査結果を公開している。(2021/9/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「世界一の現場力」を犠牲にする、無責任トップの罪
「工夫してほしいですね、現場で」──というのは、若者向けワクチン接種センターの混乱ぶりを見た小池都知事の言葉だ。現場が必要なリソースにアクセスする権利も、意思決定できる裁量権も与えることなく、現場に責任のみを押し付け犠牲にするような動きが、いたるところで起きている。そんな中、リーダーが自覚すべきこととは──?(2021/9/10)

警察・消防などに共同通信システム整備 政府、民間の携帯電話網を
警察、消防、自治体などが連携して救助活動ができるよう、政府が2022年度中に各組織が共同利用できる専用の通信システムを実用化することが分かった。民間の携帯電話網を利用して既存のスマートフォンが使える仕組みとする方針で、情報伝達を大幅にスピードアップすることで人命救助の強化につなげる。(2021/9/9)

酸素濃縮装置の使用中は「絶対にたばこを吸わないで」 自宅療養中に発生している火災について注意喚起
高濃度の酸素吸入中は火気厳禁。(2021/9/4)

「金爆」樽美酒研二、激レアすっぴん披露 ハダケ消防士の圧倒的イケメンオーラに「罪だわ…」「心の臓とまりかけた」
どちらの俳優さんかと。(2021/8/31)

人工知能ニュース:
企業が「責任あるAI」を実現するための4つのアプローチ
アクセンチュアは2021年8月25日、AI設計や活用において企業の社会的責任をいかにして実現するかという、「責任あるAI」をテーマとしたセミナーを開催した。セミナーでは企業が社会的責任を実現するための、4つの具体的なアプローチ方法を紹介した。(2021/8/31)

ICT:
兵庫県西宮市で災害情報の発信や被災状況の把握に役立つシステムを構築、NEC
NECは、災害情報の発信や被災状況の把握に役立つ「防災情報システム」を開発し、兵庫県西宮市に実装した。(2021/8/31)

ワンコが鳴きだすと……まるでオペラ歌手のよう! 伸びやかで美しい鳴き声に聞きほれてしまう
気持ちよさそうです。(2021/8/22)

そこには魔法少女の現実があった―― 憧れの魔法少女は41歳、悲しい生き様を描いた漫画に涙
魔法少女を苦しみから救った魔法とは。(2021/8/14)

課題はコストか:
山火事発生をIoTで検知可能に、新興企業の取り組み
数社の新興企業をはじめとするさまざまな企業が、山火事に関する早期警報を提供することが可能な、ワイヤレスセンサー搭載のIoTシステムの開発に取り組んでいる。現在、こうしたシステムを提供しているメーカーとしては、Dryad NetworksやLADsensors、Seidorなどが挙げられる。(2021/8/4)

木の未来と可能性 ―素材・構法の発展と文化―(5):
防耐火について歴史から考えるー江戸から現在まで
本連載では、一級建築士事務所 鍋野友哉アトリエ/TMYAを主宰する一級建築士の鍋野友哉氏が、近年環境に優しいなどの理由で関心を集める木材にスポットライトを当て、国内と世界における木造建築の歴史や最新の木造建築事例、木材を用いた構法などを紹介する。連載第5回となる今回は、日本の木造建築物と防耐火の歴史や法律について採り上げる。(2021/8/2)

現場管理:
屋外現場にも対応する薄型・軽量の「42インチ電子ペーパー」をリコーが発売
リコーは、建設現場向けに、薄型かつ軽量で防塵・防水の性能も備えた42インチ電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売した。同時に専用のクラウドサービスも展開し、工事現場と事務所など遠隔にあるデバイス同士での図面や情報の共有も可能になる。(2021/7/29)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
爆増した3万ブース超のカプセルホテル “ブーム終焉”の理由はコロナ禍だけじゃなかった
近年、訪日外国人旅行者の激増により宿泊施設不足が露呈、数多くのホテルなどが誕生した。施設数で群を抜いていたカテゴリーが「簡易宿所」といわれる施設で、その代表格が「カプセルホテル」や「ホステル」と呼ばれる宿泊施設だ。(2021/7/28)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
サイバー侵害が発生して当然ともいえる状況では発想や考え方を変えることが重要――サイバーディフェンス研究所 名和利男氏
重要なシステムを安全に管理、利用するために、多くの企業で「境界防御」が徹底されてきた。しかし「組織の内部」を起点にしたサイバー侵害は、境界防御では防ぐことが難しい。(2021/7/26)

「リンキン」チェスター・ベニントン命日に妻がインスタ更新「子どもたちはみんなあなたにそっくり」 2017年に自死
2017年7月20日に死去。(2021/7/21)

組み込み開発ニュース:
「世界初」だらけの42インチ電子ペーパーデバイス、リコーが現場向けに発売
リコーは、建設現場や、工場・プラント、病院などにおける情報共有のデジタル化を推進する42インチの電子ペーパーデバイス「RICOH eWhiteboard 4200」を発売する。同サイズの電子ペーパーデバイスとして、世界最薄となる厚さ14.5mm、最軽量となる5.9kgを実現しており、屋外利用を可能にするIP65の防塵(じん)と防水も世界初だという。(2021/7/19)

ランクル消防車、救急車、給食運搬車まで!? 珍しい乗り物いっぱい「官公庁オークション」参加申し込みがスタート
差し押さえと思わしき高級車も。(2021/7/16)

小1男子「なんでみんな『べんごし』をしらないんだろう」 友達が自分の親の職業を知らないことを嘆く男の子の“気づき”に笑ってしまう
違う、そうじゃない。(2021/7/15)

Japan Drone2021:
ドローンは災害対応にどう役立つか?台風19号と福島県沖地震で見えてきた課題と可能性
2019年の令和元年台風第19号と2021年2月の福島県沖地震時に、福島県南相馬市とテラ・ラボがどのように連携し、災害対応にあたったのかを、南相馬市 市長の門馬和夫氏と、中部大学発ドローンベンチャー企業テラ・ラボ 代表取締役の松浦孝英氏(テラ・ラボ代表取締役)が「Japan Drone2021」のシンポジウムで報告した。両者の説明では、ヘリコプターの弱点を補い、非常時にこそ活躍の場が広がるドローンの災害対応での有効性を提言した。(2021/7/14)

Japan Drone2021:
2022年度に商用化を目指す「水空合体ドローン」、着水後に水中探査の子機が分離
「Japan Drone2021」でプロドローンは、世界初を謳う「水空合体ドローン」をはじめ、トンネル天井面検査や物資輸送や農薬散布、警備といった幅広い用途に対応した多様な機体のラインアップを披露した。水空合体ドローンは、現場まで自立飛行する親機と、水面に着水後に分離して水中を探査する子機から成り、飛行から、着水、分離、潜航、浮上、回収、帰還までを遠隔で制御できる。(2021/7/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
FCAとPSAのステランティスも電動化加速、フレーム車もEV化
さて、今週も自動車業界は電動化に関するニュースが目立ちました。FCAとグループPSAが合併して発足したStellantis(ステランティス)が、電動化戦略と中期的な目標を発表しました。(2021/7/10)

今こそ知りたい電池のあれこれ(4):
リチウムイオン電池の性能を左右する「活物質」とは?【正極編】
今回から数回にわたり、リチウムイオン電池に用いられる代表的な材料にはどんなものがあり、どのようにして電池の特性を左右するのか、解説していきたいと思います。(2021/7/5)

クセが強すぎるバブバブホラー 癒やし(?)の「赤ちゃんプレイお化け屋敷」が7月にオープン
なんという特殊プレイ……。(2021/7/3)

ゴミ収集車の火災が発生 「リチウムイオン電池」や「スプレー缶」を一般ゴミと一緒に捨てないよう一宮市消防本部が注意喚起
モバイルバッテリーによるゴミ収集車の火災例も報告されています。(2021/6/27)

信長がうらやましい! 大原優乃、「戦国無双5」濃姫コスが天下取りそうな“かわいさ無双”ぶり
コスプレ初心者とは思えない。(2021/6/25)

「泡で消す」モリタの消防車「Miracle CAFS Car」、納入2000台突破 国内74%以上の消防本部で活躍
Miracle CAFS搭載車両の無料巡回・点検サービスを開始。はたらくクルマの機能美・信頼です。(2021/6/15)

順番を間違えると:
今後のワクチン接種は、クラスターが発生しやすい場所で働く人たちを優先せよ
医療従事者、そして65歳以上の高齢者が順次、ワクチンを接種されつつあるが、その次の優先接種対象は戦略的に考えるべき。その順番を間違えると……(2021/6/11)

ひえぇ……! イスラエルの病院駐車場に巨大な穴 瞬く間に数台のクルマを飲み込む光景が怖すぎる
最終的に、穴はかなりの大きさに。(2021/6/10)

クルマが民家の屋根に突き刺さってる!? 米ミズーリ州で起きたアクロバティックすぎる交通事故がやばい
クルマは全損。(2021/6/5)

「防爆機器しか使えない」現場でデータを集めたい:
“規制だらけ”の業界にDX 出光の燃料油輸送を変えたアジャイル戦略
規制の多い業界にとって、ニーズに合ったデジタル化やDXは難問になりがちだ。コンプライアンスに対応しつつ、競争や変化が激しくなる中で必要なデータを集約し、制限の多い現場の仕事を効率化するために何が必要なのか。(2021/6/4)

自動車業界の1週間を振り返る:
「人テク展」がオンラインで開幕、バーチャルだからこその発見もあるかも
5月が終わります! 1週間、お疲れさまでした。(2021/5/29)

第16回 総務・人事・経理 Week:
室内の曲線形状でリラックスしやすい、オリバーの高意匠ワークブース
オリバーは、プライベートブース「CAP-CELL」の販売を完全受注生産で2020年11月に開始した。CAP-CELLは、1人用と2人用を用意しており、1人用はオンラインミーティングと個人作業での使用に適し、2人用は対面での打ち合わせや個人面談などでの利用に最適なワークブースとなっている。(2021/5/11)

壁の間に挟まり動けなくなった猫を発見 消防士たちに無事救助される
よかったです。(2021/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。