ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「禁煙」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「禁煙」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
外国人にも人気の「缶コーヒー」が、なぜ2017年から低迷しているのか
缶コーヒーの売り上げが低迷している。「カフェが増えたから」「コンビニコーヒーが伸びているから」といった理由を想像したかもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。どういうことかというと……。(2021/5/25)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
仮想通貨を大暴落に導いた“ESG”とは何者なのか
あのイーロン・マスク氏も太鼓判を押していたビットコインが、今大暴落している。この暴落相場の背景には、中国による規制や、納税のための換金売りのタイミングが重なった点ももちろんあるが、やはり最大の要因はESG懸念に基づくマスク氏の「心変わり」にあると見られている。(2021/5/21)

「総務」から会社を変える:
今、あらためて考える「福利厚生」 総務が押さえるべき3つのポイントとは?
コロナ禍により、従来型の福利厚生の見直しが始まっている。総務としてはどう対応すべきなのだろうか。『月刊総務』編集長の豊田氏は、3つのポイントを押さえるべきだと主張する。(2021/5/19)

有り金持っていかれそうな臨場感だけど健全 組長が出てきそうな「任侠カフェ」名古屋にオープン
組長席にはガラスの灰皿(禁煙)。(2021/5/14)

WELL認証:
竹中工務店の「深江竹友寮」がWELL認証シルバーを取得、集合住宅では国内初
竹中工務店の新入社員向け独身寮「深江竹友寮」が、WELL認証のシルバーランクを取得した。竹中工務店によると、これまで国内での取得実績は、オフィス用途がほとんどで、集合住宅でのWELL認証のシルバー取得は国内初の事例だという。(2021/3/18)

テレワーク時代のWeb分離入門(終):
フローチャートで分かる、貴社のテレワークに最適なVDI代替の選定ガイド
VDI代替ソリューションの分類や、それぞれの仕組み、検討ポイントなどを解説する連載。最終回は、VDI代替ソリューションの方式選定における4つのポイントを解説して、各方式を比較します。(2021/3/4)

全事業所で:
パチンコホール運営の「ダイナム」が就業時間内禁煙を実施 グループ従業員1万6000人が対象
パチンコホールを展開するダイナムが就業時間内禁煙を実施する。全事業所(店舗、本社、物流センター、研修所)が対象。グループ従業員約1万6000人が取り組む。(2021/2/16)

水曜インタビュー劇場(プカ〜公演):
喫煙所でどんなビジネスが生まれているのか スキマ デパートの試みが面白い
東京都内で、喫煙所がじわじわ増えていることをご存じだろうか。設置しているのは、自販機などを扱っている「スキマ デパート」。喫煙所を増やすことで、同社は何を狙っているのだろうか。話を聞いたところ……。(2021/2/10)

“いま”が分かるビジネス塾:
御殿場市の「一見さんお断り」は、ビジネスとしてアリかナシか
静岡県御殿場市が新型コロナの感染を懸念する飲食店に配布した「一見さんお断り」のポスターが波紋を呼んでいる。首都圏からやって来る顧客を断る内容だが、こうした行動はビジネスとして妥当なのか。(2021/2/2)

テレワーク時代のWeb分離入門(2):
日本の多くの自治体が採用する「インターネット分離」「Web分離」とは――課題や新たな方式、VDIとの違い
VDI代替ソリューションの分類や、それぞれの仕組み、検討ポイントなどを解説する連載。今回は、Web分離の概要や課題、新たな方式、VDIとの違いについて。(2021/2/2)

快適な買い物環境を提供:
イオンが国内全事業所で「就業時間内禁煙」へ 従業員45万人対象
イオンが国内115社の全事業所で「就業時間内禁煙」「敷地内禁煙」を開始すると発表した。対象はグループ従業員約45万人。3月までに実施するとしている。(2021/1/25)

内山信二、“裏切り行為”を妻に謝罪 「これで手を打ってあげよう」と“おわびの品”で許される
次怒らせたらヤバそう。(2021/1/21)

「嘘つきのデブ」「このデブ吸いました」 内山信二の妻、夫の“裏切り行為”に悪口がキレキレになる
めっちゃデブって言う。(2021/1/18)

「総務」から会社を変える:
法整備、オフィスの在り方、DX……「総務」の視点で振り返る2020年
『月刊総務』編集長の豊田健一氏による、総務とDXを巡る連載。2020年最終回となる今回は、総務の視点から今年1年のニュースや変化を振り返る。(2020/12/16)

テレワーク時代のWeb分離入門(1):
「仮想デスクトップ一択」ではない――テレワークのVDI代替ソリューションにはどんなものがあるのか
VDI代替ソリューションの分類や、それぞれの仕組み、検討ポイントなどを解説する連載。初回は、主にテレワーク用途で利用できる方式について。(2021/1/8)

たばこマナー、守っていても「吸っていいと思わない」 非喫煙者の16.8%
(2020/12/3)

ニコチン依存症の治療アプリ、“デジタル療法”として初めて保険適用に
CureAppが開発したニコチン依存症の治療用アプリが、12月1日から医療保険の対象になる。ソフトウェアによる治療の医療保険適用は国内初という。(2020/11/11)

喫煙可のコワーキングスペースが恵比寿に登場 非喫煙者に気兼ねなく働ける場所を提供
飲食店や宿泊業を展開するアールエスエフ(東京・渋谷)は、喫煙しながら仕事ができるコワーキングスペース「喫煙喫茶作業室 恵比寿神社裏店」をオープンする。サービスは11月2日に提供を始める。(2020/11/1)

30年前に「あのJR灰皿」を設計したレジェンドが突如降臨 「神か」「これは見たことなかった」ファン歓喜
設計から30年、レジェンドに当時の思い出話を聞きました。(2020/10/7)

総務プロの「攻めと守り」:
総務の仕事は「目立たない」「感謝されない」……戦後最大の「変わるチャンス」到来 36の業務から「求められる役割」を考える
会社を運営するためのベースとなる縁の下の裏方仕事、雑用係というイメージの総務。その中でも「目立つ」仕事は何なのか。(2020/10/6)

従業員の健康促進:
ダイドー、勤務時間中の喫煙を禁止 テレワーク中も適用
ダイドードリンコは9月21日から、従業員の就業時間中の喫煙を禁止した。従業員の健康増進や、健康意識向上の促進が目的。テレワーク中など、事業所外での勤務も適用となる。(2020/9/25)

禁煙した理由も尋ねた:
たばこ値上げ、「喫煙頻度変える?」 増税前に1000人に調査
クルーズは9月23日、子会社のランク王が行った「たばこ税増税に伴う、たばこに関する意識調査」の結果を公表した。10月1日からの増税を機に「喫煙頻度を変えるか?」との質問に、約半数が「今まで通り吸い続ける」と回答。一方、禁煙済みの人にその理由を尋ねたところ、「金銭的負担」や「喫煙所の減少」などの声が多く挙がった。(2020/9/23)

食生活や運動を意識:
コロナ前より「健康になった」が5割 健康への支出減も禁煙対策費用は増加
明治安田生命の調査によると、新型コロナウイルス感染拡大前と比べて「健康になった」という回答が約5割に上った。スポーツジムなど、健康増進への支出額は前年より減少。一方、禁煙対策への支出は増加した。(2020/9/2)

「滋賀なのにライオンズ推し、なぜ?」 ブルーの“元”西武車が元気に走る「近江鉄道」懐かしの旅
西武線といえば「黄色い電車」、あれが滋賀で元気に活躍しています。あー癒やされる景色〜。(2020/8/27)

有終の美感が逆に不安 劇場アニメ「銀魂 THE FINAL」、空知先生描き下ろしの全員集合”卒業ビジュアル“が公開
まだだ……まだ最後だとは信じないぞ……。(2020/8/20)

医療ITニュースフラッシュ
調剤薬局が「オンライン服薬指導」に踏み切れない“想定外”の理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、要件が緩和されたオンライン診療やオンライン服薬指導。実際にはどの程度広がっているのか。関連する新たな製品・サービスは。医療ITの注目ニュースをお届けする。(2020/7/31)

オンライン診療サービス3種を比較【YaDoc編】
患者が生体・生活データを自ら入力、生活習慣の自発的改善を促す「YaDoc」
インテグリティ・ヘルスケアのオンライン診療サービス「YaDoc」は、患者の日々の生活や健康状態を記録し、可視化できる。これらの機能は臨床にどのような効果をもたらすのか。(2020/7/30)

飲食店以外でも「吸えない場所」続々:
PR:喫煙者の半数以上が意外と知らない、改正健康増進法のホントのところ
(2020/8/17)

コメダらしいボリューム感はそのまま! コメダ珈琲店の植物由来にこだわった新ブランド「KOMEDA is □」がオープン
サステナブルなコメダ珈琲店です。(2020/7/9)

「IQOS 3 DUO 数量限定新色 “涼”モデル」世界先行発売 アーティストとのコラボで販促
フィリップ モリス ジャパンは6月30日に、「夏に向けた3つの新製品・プロモーション戦略」第2弾として、夏の涼を感じさせる限定カラーの「IQOS 3 DUO 数量限定 “涼” モデル」を発売した。(2020/7/2)

0.5歩先の未来を作る医療IT
「オンライン診療」普及を後押し 2020年度診療報酬改定の必修ポイント
2020年度の診療報酬改定ではオンライン診療の要件が緩和されるなど、医療機関のIT活用に影響するポイントが幾つかあります。押さえておくべき主要なポイントをまとめました。(2020/6/23)

目と口のある「タバコのぬいぐるみ」がキュート! 愉快な表情が「ゆるくてかわいい」「タバコ吸わないけど欲しい」と人気
めっちゃ良い表情。(2020/6/22)

医療技術ニュース:
禁煙治療用スマホアプリの長期的な禁煙継続効果を確認
慶應義塾大学とCureAppは、ニコチン依存症に対する治療用アプリの大規模多施設ランダム化比較対照試験を実施し、長期的な禁煙継続効果があることを明らかにした。(2020/6/11)

MONOist×AUTOMOTIVE JOBS:
国から認定される健康経営優良法人「ホワイト500」自動車業界の認定企業は?
「ホワイト500」は健康経営優良法人に認定された法人の中で、健康経営度調査結果の上位500法人が認定されます。ここでは、自動車業界で認定された企業をご紹介します。(2020/5/7)

スピン経済の歩き方:
「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」 まさかの新説は本当か
アメリカやフランスの研究チームが、ちょっと信じられない研究結果を発表した。「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」というのだ。まさかの新説の裏に何があるのか。(2020/4/28)

専門家「今こそ禁煙すべき時」「たばこ会社は生産・販売停止を」 新型コロナ重症化のリスク指摘
禁煙には「絶対的に最善の時」とのこと。(2020/4/7)

新型コロナと室内喫煙規制に対応 VAPEが「乗り換え半額セール」実施
法改正をビジネス上の好機と捉え、 国産VAPEリキッドメーカーのMK Lab(東京・千代田)が4月1日〜12日の約2週間、 紙巻たばこからの“乗り換え割り”として半額セールを実施。税抜き5000円以上の商品を購入した場合も、送料を無料にするキャンペーンを実施している。(2020/4/3)

スピン経済の歩き方:
飲食店でタバコを吸えなくなっても、“開き直りおじさん”が増える理由
4月、改正健康増進法が全面施行される。これによって、飲食店などでも原則禁煙になるわけだが、筆者の窪田氏はちょっと気になることがあるという。愛煙家を追い込むことによって、「開き直り喫煙おじさん」が増えるというのだ。どういう意味かというと……。(2020/3/31)

法改正に追われるタバコ業界でフィリップ モリスが加熱式への切り替えを後押し 「ヒーツ」から2銘柄を発売
法改正に追われるタバコ業界――。アイコス専用たばこスティックの「ヒーツ(HEETS)」から「ヒーツ・シトラス・グリーン」「ヒーツ・フレッシュ・パープル」の2銘柄が発売された(2020/3/30)

フィリップ モリス ジャパンが数量限定モデル「IQOS 3 DUO 春限定カラーモデル」発売 改正健康増進法施行を控え
4月1日から健康増進法の一部を改正する法律が全面施行される。フィリップ モリス ジャパンは春らしいカラーリングの「IQOS 3 DUO 春限定カラーモデル」が3月17日に発売した。また、「IQOS 3 DUO」には新色「ルーシッドティール」が3月17日から加わっている。(2020/3/30)

PR:酒場訪問記「渋谷のんべい横丁」 酒クズ喫煙者がタバコを我慢しながら楽しんでみた
吸う人吸わない人も楽しい酒場を訪問!(2020/6/18)

テークアウト限定:
串カツ田中が「コロナにカツセット」を販売 567円
串カツ田中が「コロナにカツセット」を期間限定で販売する。テークアウトのみで税別567円。大手外食チェーンはテークアウト商品を相次いで強化している。(2020/3/27)

「全面禁煙」の事業所が増加:
4月からの「屋内原則禁煙」、業績への影響は? 帝国データバンク調べ
4月に施行される、改正健康増進法。これにより、屋内では「原則禁煙」となる。施行を前に、全面禁煙や完全分煙をうたう飲食店も増えてきたが、4月以降の企業への影響はどうなるだろうか?(2020/3/24)

「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」が発売 4月の改正健康増進法施行を控え
2020年4月1日より健康増進法の一部を改正する法律が全面施行される。これにより、飲食店やオフィスなど多くの場所が原則屋内禁煙になり、喫煙環境が大きく変わることが見込まれる。飲食店やたばこ業界が対応に追われるなか、喫煙環境の変化を好機と捉える動きも出てきた。フィリップモリスジャパンは、加熱式たばこ「IQOS(アイコス)」専用のたばこスティック「マールボロ・ヒートスティック・ブライト・メンソール」を3月16日に発売した。(2020/3/24)

4月1日の改正健康増進法、タバコを吸う人はどのように感じている?
4月1日に施行される改正健康増進法など、喫煙環境の変化に対し、喫煙者はどのように感じているのだろうか。ジョンソン・エンド・ジョンソン調べ。(2020/3/23)

スピン経済の歩き方:
10年で市場4倍! 飲兵衛こそ「ノンアル」に、注目すべき理由
ノンアルコールビール市場がこの10年で、4倍近く拡大している。お酒好きの人にとっては興味のない話かもしれないが、実はそういう人こそ注目しなければいけないニュースなのである。どういう意味かというと……。(2020/3/10)

「ひのとり」デビューで引退へ さよなら往年の新スナックカー「近鉄12200系」を追う
でも、まだ乗れる……! 「狙って乗る方法」も紹介します。【写真26枚】(2020/3/10)

喫煙可能なお店やスポットを探せる機能も JTがオンラインサービスをスタート
6万カ所以上の喫煙スポットを登録(2月26日時点)(2020/3/7)

30代男女に好影響?:
4月以降“原則屋内禁煙”になっても喫煙者の4割は「外食時に喫煙したい」 会社の飲み会にも影響が
4月から喫煙できる飲食店が減少する。それでも「外食時に吸いたい」と思う人の割合はどれくらいなのだろうか? 30代男女には好影響があるようだ。(2020/2/21)

4月からの“原則屋内禁煙”、「知らない」喫煙者が約2割 「少しは吸う人のことも考えて」という意見も
(2020/2/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。