ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「労働時間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「労働時間」に関する情報が集まったページです。

定年延長のリアル:
想定以上に「組織が高年齢化」 シニア層の“新しい仕事”を創出し、意識を変える方法
将来的なシニア層の増加が、会社が当初想定した以上に深刻な問題を引き起こすケースがあります。具体的にどんな問題が生じ得るのか、過去に筆者が見聞きしたことのある事例をベースに考えていきましょう。(2021/7/28)

圧倒的な配送スピードと抜群の成長スピード:
PR:桁違いの量と段違いのスピードを支える、AmazonのOpsTech ITの業務とは
Amazonの迅速な配送を確実に実現するために、エンジニアたちは日々奮闘している。ときにはほこりまみれになりながら!(2021/7/28)

「法は守っている」だけでは不十分:
不正や人権問題を防ぐため、これからの企業に求められるコンプライアンス対応とは?
企業が直面する環境変化を象徴するコロナ禍、ESG/SDGsは、企業に求められるコンプライアンス対応にも大きな影響を与えています。環境変化により発生するリスクに適応するためのコンプライアンスのポイントを解説します。(2021/7/27)

製品動向:
BuildeeとLINE WORKSが連携、LINEのチャット機能追加の効果を大成建設らが解説
建設現場向けの施工管理サービス「Buildee」を提供するイーリバースドットコムと仕事用のLINEとして知られる「LINE WORKS」を展開するワークスモバイルジャパンが協業を開始した。今回の協業で、BuildeeとLINE WORKSが連携し、BuildeeからLINE WORKSのチャットが使えるようになる。(2021/7/27)

ものづくり白書2021を読み解く(1):
COVID-19は日本のモノづくりに何をもたらしたのか、マクロ指標から読み解く
日本のモノづくりの現状を示す「2021年版ものづくり白書」が2021年5月に公開された。本連載では3回にわたって「2021年版ものづくり白書」の内容を掘り下げる。第1回ではCOVID-19の影響を色濃く受けた日本のモノづくりの現状についてまとめる。(2021/7/26)

残業時間に変化は?:
テレワーク環境で悪いと思う点 労働時間や評価方法を抑え1位になったのは?
webメディア「テレワーク・リモートワーク総合研究所」を運営するLASSICは、テレワークに関するアンケート調査を実施した。(2021/7/21)

強制的にタイムカード:
「勤務先はブラック企業」3人に1人 ブラック企業の定義は?
自身の勤務先がブラック企業だと思っている人は、どのくらいいるのだろうか。20〜40代のビジネスパーソンに聞いた。(2021/7/21)

「スマレジ・タイムカード」登録事業者数、10万突破
販売データプラットフォーム運営事業を展開するスマレジは7月20日、クラウド勤怠管理システム「スマレジ・タイムカード」の登録事業者数が10万事業所を突破したと発表した。(2021/7/21)

筆者の思わぬ「失敗」とは?:
生産性が落ちたので、海辺のホテルでワーケーションをしてみた
なんだか最近、生産性が下がった気がする──そう思った筆者は、上司に相談して1週間のワーケーションを行ってみた。(2021/7/21)

社労士200人に調査:
企業の「週休3日制度」 導入時の課題1位は?
「週休3日制度」に関する調査を発表した。導入時の課題3位は「利用期間の決定」2位は「制度対象者の決定」となった。最も大きな課題は何だったのだろうか?(2021/7/20)

助成金・補助金の一覧も:
サテライトオフィス選び、6つのポイント メリット・デメリットまとめ
サテライトオフィスを導入するケースが増えています。自宅でのテレワークがうまくいかない従業員が救済されるほか、家賃の削減も可能となります。中小企業が導入するメリット・デメリットについて検証します。(2021/7/20)

労働時間管理の工夫も:
ライオン流「働きがい」改革 “成長につながる”副業とは?
消費財でおなじみのライオンは、2019年7月からライオン流「働きがい改革」を推進している。今回主に取り上げる副業も働きがい改革の重要な要素の1つである。その副業も社員が他社で働くだけでなく、他社からの副業者も受け入れている。(2021/7/19)

チェックリスト:
希望退職を募集して、応募者が「やっぱり辞めません!」と言ったら、どうする?
希望退職実施に当たって、どんなことを決めておくべきでしょうか。今回は、退職者への優遇措置員〜応募人員が少なかった場合の対応、再募集の有無までを解説します。(2021/7/14)

視点:
HRテックを活用したニューノーマル時代に必要な組織・働き方改革
価値観の多様化と生産人口が減少していく中で、競争力を維持・高めるには、多様な人材を活用してくことが必要だ。そのためには、組織・働き方改革が不可欠である。(2021/7/12)

アフターコロナの時代に求められる、データドリブンアプローチによる業務改革(1):
「1時間に90回以上コピペ」という業務は問題ない? 業務見直しから始まる「DXジャーニー」
長時間労働の是正で止まっている「働き方改革」をもう一歩進め、「業務変革」を実現する。その手法を紹介する本連載。第1回は「変われない現場」と題し、ワークログを使った業務の可視化について解説する。(2021/7/12)

転職する際に重視する条件 3位「休暇日数」、2位「勤務地」、1位は?
パーソルキャリアが運営する転職サービス「doda」による、転職に関する意識調査。(2021/7/6)

中小企業の今夏賞与の支給相場を予想する
新型コロナウイルスが猛威をふるうようになって3度目の賞与がやってきました。この影響が、賞与にどう表われるのか占ってみました。(2021/6/29)

建設専門コンサルが説く「これからの市場で生き抜く術」(2):
【第2回】建設業は“残業規制”にどう対処すべきか?工事監督の業務時間を1日1.5時間削減した事例から
本連載では、経営コンサルタント業界のパイオニア・タナベ経営が開催している建設業向け研究会「建設ソリューション成長戦略研究会」を担う建設専門コンサルタントが、業界が抱える諸問題の突破口となる経営戦略や社内改革などについて、各回テーマを設定してリレー形式で解説していく。第2回は、建設業にも差し迫る時間外労働の上限規制にどのように対応していくべきか、業務改善の事例を交えレクチャーする。(2021/6/25)

導入事例:
大東建託が現場管理職に“コアタイム無し”フレックスを導入、現場ごとで柔軟な働き方を
大東建託は、現場ごとで職場環境が異なる工事職を対象に、2019年度に導入したフレックスタイム制度を社内の声をもとに見直し、より柔軟な働き方が現場でもできるようにコアタイムを撤廃した。(2021/6/24)

キャリアニュース:
働きがいを感じるポイントは「仕事の難易度」「チームや会社への貢献」
プラスアルファ・コンサルティングが「ミドル以降の世代の働きがいとモチベーション実態調査」の結果を発表した。約43%が「今の仕事に働きがいを感じている」と回答し、「仕事の難易度」や「チームや会社への貢献」がやりがいをもたらしていた。(2021/6/24)

会議の調整はどうする:
テレワークや子育て社員への対応で、フレックス制を検討しています。うまく運用するには?
Q: 子育て中の女性従業員から、保育園の送迎のためにフレックスタイムを導入してほしいという要望がありました。しかし、フレックスとなると、皆がバラバラの時間に出勤してくるので、会議などの調整がむずかしいのでは?と懸念しています。上手く運用するにはどうしたらよいでしょうか?(2021/6/24)

「総務」から会社を変える:
夢のワーケーション導入、総務がやるべきことは? 課題が盛りだくさんの状況を整理する
注目を集めるワーケーションだが、総務がやるべきことは盛りだくさんだ。何から手を付ければよいのか、状況を整理する。(2021/6/21)

チェックリスト:
希望退職を募集して、優秀な社員が「辞めたい」と言ったら、どうする?
希望退職実施にあたって決めておくべきことは多岐にわたります。今回は退職人員、退職日、募集期間、募集対象、退職者への優遇措置、再就職支援措置、会社の承認の有無、そして「優秀な社員からの希望があった場合の対応」について解説します。(2021/6/17)

「ファクト」から考える中小製造業の生きる道(4):
平均値から1割以上も低い日本の「労働生産性」、昔から低いその理由とは
苦境が目立つ日本経済の中で、中小製造業はどのような役割を果たすのか――。「ファクト」を基に、中小製造業の生きる道を探す本連載。第4回では「労働生産性」に焦点を当てていきます。(2021/6/14)

仮想現実でも無限に働ける 「刺身の上にタンポポをのせるだけの簡単なお仕事」を体験するVRゲーム配信中
インターネット・ミームとしておなじみのお仕事を体験!(2021/6/12)

キャリアニュース:
役職を外れる「ポストオフ」への適応、ポイントは学ぶ姿勢とフラットな人間関係
リクルートマネジメントソリューションズが「ポストオフ経験に関する意識調査」の結果を発表した。ポストオフに良好に適応している人には、必要な知識を学び続ける姿勢やフラットな人間関係の構築が見られた。(2021/6/10)

働き方の「今」を知る:
技能実習生は今も「低賃金・重労働」の担い手なのか? 「夕張メロン問題」から考える
夕張メロンの減産がニュースになり、その理由が「技能実習生不足」ということから大きな話題を呼んだ。「低賃金・重労働」を押し付けられ、過酷な事情を耳にすることも多い同制度だが、実情はどうなっているのか。(2021/6/10)

ブラックじゃないけどつらい:
“グレー職場”って何だ!?  社員の声から見る“あるある”風土とは?
働き方改革や法的な残業上限規制、コロナ禍によるリモートワークの導入など労働時間マネジメントが推進されていますが、ブラックと言われるほどひどくなくても、なんらかの問題を抱えている“グレーなもの”は職場単位では数多く存在しているのではないでしょうか。ここでは、ブラックではないけどホワイトになり切れない、グレー職場について迫ります。(2021/6/8)

セキュリティ担当者のメンタルヘルスを守る6つの方法【中編】
仕事に不満のセキュリティリーダーが部下の燃え尽きを防ぐ“発想の転換”とは?
セキュリティ担当者の「燃え尽き」を防ぐためには、何をすればよいのか。具体的な施策として、プロジェクト管理の新しいアプローチと、インセンティブの扱い方のこつを解説する。(2021/5/27)

ワーケーション 次はサーフィンと
旅先で休暇をとりつつ仕事もする「ワーケーション」が注目され始めた。新型コロナウイルス禍でテレワークが普及し、パソコンがあれば場所を選ばず仕事できる環境が整ってきたからだ。ワーケーションが移住者増加につながれば、地方再生の切り札にもなる。(2021/5/26)

テレワークで広がる「ワーケーション」 地方再生の“切り札”なるか
テレワークの普及により注目を集めるワーケーション。これを移住者増加のチャンスと捉え、地方再生につなげる動きも出てきている。(2021/5/26)

日本市場拡大に向けた施策を展開:
100人超のサイバーアナリストの分析プロセスを学習 “AIセキュリティ人材サービス”とは何か
セキュリティベンダーのダークトレースは、日本市場での事業拡大戦略に関する説明会を開催した。企業におけるセキュリティ人材の不足が深刻化する中、これを解決するコンセプトとして同社が提唱するのが“AIセキュリティ人材サービス”だ。詳細を聞いた。(2021/5/24)

すぐできる社員のストレス軽減策リスト【第1回】
“コロナ疲れ”解消の秘策とは? 社員のストレスを和らげる方法
長く続くコロナ禍において、従業員のストレスをどう軽減するかは企業にとって大きな課題になりつつある。企業がすぐに取り組めるストレス軽減施策を紹介する。(2021/5/21)

カット野菜もシャキシャキ AIが仕切るスマート農業
IoTやAIを活用して作物を育てるスマート農業。技術実証を行っている愛媛県西条市と愛媛大学が、これまでの取り組みを報告するシンポジウムを開催した。労働力低減などの聖火が得られた一方、コストの問題も明らかになった。(2021/5/20)

キャリアニュース:
2回目の緊急事態宣言下では、テレワーク実施率は減少傾向に
リクルートワークス研究所が、「全国就業実態パネル調査2021」の臨時追跡調査の結果を発表した。1回目の緊急事態宣言下で急速に伸びたテレワーク実施率は、2回目の宣言下で減少していることが分かった。(2021/5/20)

社労士が解説:
希望退職、退職勧奨の違いは? 経営者・人事が知っておくべき「チェックリスト」
コロナ禍で業績が悪化した会社が数多く出ています。会社存続のために打つべき手として、希望退職、退職勧奨があります。両者の違いは何でしょうか。(2021/5/21)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(77):
残業時間は減ったけど、気持ちが休まらない日が続く。そんなときには……
休日はちゃんと休んでいますか? 頭を休めていますか? いい仕事をするためにも、休みはしっかりと取りましょう。自戒を込めて。(2021/5/19)

学び直し:
留学・通学のために時短・休職も可能、パーソルキャリアの「FLASH」制度
パーソルキャリアは2016年から、社員が働く日数・時間・場所・休業/休職を選択できる制度「FLASH」を導入している。具体的には、どんな仕組みなのか。(2021/5/17)

2021年集計:
中小企業が知っておきたい! 賃上げ労使交渉の最新情報
毎年、春には賃上げ労使交渉が行われています。本稿では、2021年の集計結果を報告します。これからの社員の賃金決定の参考にしてください。(2021/5/13)

ワーケーションの認知度51%、経験者は6% 整備はまだこれから?
「興味がある」人は増えていますが、あらためて懸念項目も。(2021/5/10)

調査で判明:
ワーケーション実施者の4割が「隠れワーケーター」 観光業界にも明るい兆し?
クロス・マーケティングと山梨大学の研究グループは、直近1年間にワーケーションを実施した1000人を対象に行った「ワーケーションに関する調査」の結果を発表した。(2021/5/8)

本業がおろそかに:
「副業を認めていない」64.3%、その理由は? 都内の企業に聞く
従業員の副業を認めている会社は、どのくらいあるのだろうか。東京都内に本社を置く企業に聞いたところ……。(2021/5/4)

労働時間の常識を捨てて自由になる 「土日は休み」 ではない生活
宮崎市在住の小寺信良さんは、テレワークの普及により変わりつつある労働スタイルについてこんなふうに感じている。(2021/4/30)

医療ITニュースフラッシュ
徳島県がNTTドコモの「5G」「クラウド」で遠隔医療システム構築 その目的は?
徳島県が5Gサービスとクラウドサービスで県立病院向け遠隔医療システムを構築した事例や「オンライン資格確認」の導入に役立つ新サービスなど、医療ITに関する主要なニュースを取り上げる。(2021/4/30)

スローガンには要注意:
にわかに進む「週休3日制」議論が空虚な“改革ごっこ”に陥りそうだと思うワケ
「週休3日制」の議論が進んでいるが、筆者はスローガン先行の現状に警鐘を鳴らす。真の改革を伴わない“改革ごっこ”に要注意。(2021/4/28)

メンタル不調につながる恐れ:
何がリモハラ? 判定基準と対策 相手が「目の前にいない」から、気を付けるべきこと
連載「リモートワーク下での『労働時間・賃金制度』再設計」第3回は、リモートワーク体制の労務管理の注意事項をみていきましょう。(2021/4/22)

産業動向:
「建設業の年収は521万円、コロナ禍で減少した製造業を上回る」ヒューマンタッチ総研
ヒューマンタッチ総研は、国内における建設業の人材市場動向をまとめた2021年4月分のマンスリーレポートを公表した。今月のトピックスでは、建設業の給与と労働時間についてレポートしている。(2021/4/21)

コロナ禍で出社率50%以下に:
固定席を廃止、役員もフリーアドレス化 ブラザー販売の「回遊型オフィス」
ブラザー販売が、名古屋本社オフィスをリニューアル。アフターコロナを意識した新オフィスは固定席を廃止し、役員も含めてフリーアドレス化。コミュニケーションが生まれやすくした「回遊型オフィス」だ。(2021/4/13)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
「テレワーク百選」に選ばれた向洋電機土木の建設業に効く、テレワーク活用法
向洋電機土木は、2008年にテレワークを導入して以来、2018年度には従業員の平均労働時間を2008年度比で300時間減の1800時間とすることに成功した。また、テレワーク環境を整備したことを評価され、2018年度の採用に関しては、新卒の応募者数は2008年度比で299人増の300人となり、中途の応募者数は同比596人増の600人に及んだ。(2021/4/2)

“いま”が分かるビジネス塾:
「仕事中に下品なことを言う」人の未来がない、これだけの理由
東京五輪・パラリンピック大会組織委員会の森喜朗前会長による女性蔑視発言、テレビ朝日「報道ステーション」のCMなど、このところジェンダー問題が噴出している。この問題を回避する方法はあるのか。筆者はシンプルな方法を考えていて……。(2021/3/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。