ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「シニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!シニアライフ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でシニアライフ関連の質問をチェック
「シニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

楽しみ方にも注目:
「仕事の延長でイヤイヤ」ではない! ゴルフを始める20代が急増している理由
ゴルフを始める20代男女が増えている。仕事の延長線上でイヤイヤプレーしている中高年とは動機が違うようだ。どのように楽しんでいるのか。(2021/11/29)

頑固で怖い祖父からの意外な贈り物 「物事を始めるのに歳など関係なし」と叫ぶおじいさんの漫画が勇気をくれる
互いに刺激し合う祖父と孫。(2021/11/21)

eスポーツで高齢者を健康に 埼玉のNPOが協会設立
さいたま市のNPO法人が、コンピュータゲームの腕前を競う「eスポーツ」の高齢者への普及に取り組んでいる。健康増進やコミュニケーション促進に重点を置く「シルバーeスポーツ」と銘打ち、行政機関や大学からも注目されている。(2021/11/12)

人事が考える「45歳以上の中高年人材」課題 3位「キャリア支援不足」、2位「学びの場の少なさ」、1位は?
法人向け統合人事システムを展開するWorks Human Intelligenceが国内大手54法人を対象に実施したアンケート調査で、人事担当が考える中高年人材の課題1位は「自律的なリスキル(学び直し)の必要性」であることが判明した。(2021/11/12)

オンライン会議時のマナー、60〜70代は「特に何もしていない」が3割 一番マナーを意識するのは20代
NTTドコモ モバイル社会研究所は、オンライン会議のマナーについての調査を実施。会議中のマナーを意識した行動で「特に何もしていない」と答えたのは、60代で30%、70代で35.3%とシニア層ほど数値が高い傾向が明らかになった。(2021/11/9)

高根英幸 「クルマのミライ」:
高齢者の踏み間違えは防げるか? 誤発進抑制機能の有効性
毎日のように報道を賑(にぎ)わせている交通事故として、クルマが商店などに飛び込んでしまうという誤発進による事故が目に付く。そのほとんどは高齢ドライバーが引き起こすもので、「ブレーキとアクセルを踏み間違えた」と自らの運転操作ミスを認める内容の発言も報じられることが多い。(2021/11/8)

男性の家事参加が増加:
「女性のやるべき仕事」からどうなった? 10年でシニアの行動に変化
花王は「シニアの家事行動・意識」についての調査結果を発表した。その結果、シニア女性の家事の位置付けが変化し、男性の家事参加が増加していることが明らかに。(2021/11/4)

SNSの罠 国際ロマンス詐欺 狙われる中高年
国際ロマンス詐欺が近年なって増えている。大阪府警が詐欺に加担したとして6人を逮捕した事件では、30〜70代の男女66人が計約1億4000万円をだまし取られていた。ターゲットになっているのは、懐に比較的余裕のある中高年が中心のようだ。(2021/11/1)

世間の誤解:
80歳超えの従業員も! ノジマが進めるシニア活用は「人手不足だからではない」
ノジマが80歳に定めていた雇用の年齢制限を事実上撤廃したという。「事実上の撤廃」とは、どういうことなのか。なぜ、ノジマはシニア活用に励むのか──。ノジマの人事担当者に話を聞いた。(2021/11/1)

「雇用上限80歳」の家電量販店大手のノジマ 78歳・石澤さん「週3日勤務、4日は自由に過ごせる」
 高齢者の働き方が大きく変わるのか。70歳までの就業機会の確保を企業の努力義務とする改正高年齢者雇用安定法が4月に施行されたが、家電量販店大手のノジマ(横浜市)では、定年後の再雇用契約を上限80歳までとする新たな就業規則を発表し、注目されている。現場でシニア社員はどう活躍しているのか。話を聞いた。 (内藤怜央)(2021/10/28)

HP Digital manufacturing summit 2021:
ゴルフクラブに革新をもたらす3Dプリント技術採用パター、Cobra Golfが製品化
日本HP主催「HP Digital manufacturing summit 2021」の基調講演に、プーマジャパン コブラプーマゴルフ事業部 シニアマネージャーの西川伸一郎氏が登壇し、「ゴルフクラブの未来を切り開く3Dプリントテクノロジー」をテーマに、コブラブランドのゴルフクラブ「KINGパターシリーズ」の開発に3Dプリント技術がどのように生かされているのか紹介した。(2021/10/28)

早すぎる役職定年:
硬直した金融業界を改革する、異色の“シニア専門家集団”とは
「早すぎる役職定年」「専門人材の不足」「過度な内製主義」といった課題を抱える金融業界。シニアを中心とした専門家集団を組織することで、それらの解決を目指すユニークな企業がある。日本資産運用基盤グループ(JAMP)だ。代表の大原氏に、金融業界の人材や組織の課題と、その解決策を聞いた。(2021/10/25)

シニアのiPhoneユーザーはウイルス対策率が低め ドコモが調査
NTTドコモのモバイル社会研究所が、シニア層のスマホセキュリティ対策に関する調査結果を発表。OS別に見ると、のぞき見対策はAndroid所有者、ウィルス対策はiPhone所有者の実施率が低い傾向にあった。(2021/10/22)

シニアの商談獲得数は若手の1.4倍!:
若手リーダーとシニアの衝突はない? 60歳代メインの保険コールセンターに聞く
保険営業のコールセンター事業などを行うフィナンシャル・エージェンシーでは、シニアが多く活躍しており、契約社員・アルバイトのうち55%が60歳以上だという。一方、正社員は若手が多い。若手リーダーとシニアの衝突はないのだろうか? また、優秀なシニアに長く働いてもらうコツとは?(2021/10/21)

プロジェクト:
「幕張ベイパーク」内で延べ4.9万の有料老人ホームが着工、三井不動産レジデンシャル
三井不動産は、千葉県千葉市美浜区で、シニアレジデンス「(仮称)パークウェルステイト幕張計画」の開発に着手した。パークウェルステイト幕張計画は、三井不動産が展開するブランド「パークウェルステイト」の第5号物件で、幕張新都心エリアで開発中の複合施設「幕張ベイパーク」内に誕生する。今回の物件は、三井不動産レジデンシャルウェルネスが運営するもので、2024年秋の開業を予定している。(2021/10/19)

産業動向:
「光触媒除菌脱臭機」による感染弱者への感染症予防効果を確認、日大とカルテック
日本大学 医学部とカルテックは2021年4月に、日本大学医学部付属板橋病院で、共同研究を行い、カルテック製「光触媒除菌脱臭機」が感染症対策に効果があることを確認した。共同研究では、実使用環境下で、感染弱者である免疫力が低い高齢者や基礎疾患を持つ患者に対し新型コロナウイルス感染症だけでなく、一般の細菌やウイルス、真菌の感染症予防で光触媒除菌脱臭機が役立つことが判明した。(2021/10/18)

「らくらくスマートフォン」と「あんしんスマホ」 シニア向けスマホを2機種並べたドコモの狙いとは?
NTTドコモが2022年春商戦向けモデルとして、FCNT製の「らくらくスマートフォン」と京セラ製の「かんたんスマホ」の2機種を投入する。どちらもシニア向けスマートフォンで、ほぼ同時期に発売される予定となっている。なぜ、わざわざシニア向けスマホを2モデルも用意するのだろうか。狙いを考察してみよう。(2021/10/8)

イーアス春日井:
大和ハウス、愛知県春日井市に新商業施設 日常の「モノ」から休日の「コト」消費まで対応
大和ハウス工業は10月22日、愛知県春日井市にファミリー層からシニア層まで、幅広いニーズに寄り添うコミュニティ拠点を目指す大型商業施設「iias(イーアス)春日井」を開業する。(2021/10/7)

ドコモから京セラ製の「あんしんスマホ」 ケータイ風のボタン配置、ワンタッチで画面メモ撮影
NTTドコモは6日、京セラ製の「あんしんスマホ KY-51B」を発表した。これからスマホデビューするシニア層を対象とした製品で、通話キーやメールキーを装備。スマホならではの使い方を紹介するコンテンツも提供する。【更新】(2021/10/6)

業界最軽量の電動ママチャリ パナが12月発売
パナソニックは4日、一般的な「ママチャリ」タイプとしては業界最軽量の電動アシスト自転車「ビビ・SL」を12月3日に発売すると発表した。総重量は19.9キロで、同タイプの標準的な製品と比べて3キロほど軽く、駐輪や押し歩き時の負担を軽減。買い物や子供の送迎のほか、運転免許を自主返納した高齢者の利用を想定している。(2021/10/5)

トヨタ、約34万円の立ち乗り型EV発表 大型施設内の移動を想定、将来は公道も
トヨタ自動車は10月1日、立ち乗り3輪BEV「C+walk T」の販売を始めた。空港内やショッピングモールなど、広大な施設内での移動やシニアの歩行負担の軽減、アクティビティーツアーといった利用を想定しており、将来は公道での使用も見据える。(2021/10/4)

【漫画】廊下のつきあたりからどんどん出てくる…… 祖父の家で見た「怪異の行列」にゾクリ
おじいさんの姿をした百鬼夜行。(2021/10/3)

厚生労働省の調査:
100歳以上の高齢者数が過去最多 人口10万人当たりで最も多い都道府県は?
厚生労働省は9月15日時点で100歳以上の高齢者が過去最多の8万6510人を記録したと発表した。1年前の8万450人から6060人増という結果に。人口10万人当たりで、100歳以上の高齢者が最も多い都道府県は?(2021/9/27)

「ガラケー」に迫る終焉 携帯3G、来年から各社で終了
スマートフォンの普及や5G通信システムのエリア拡大など通信の高速化が進む裏側で、旧方式の3Gサービスが来年から段階的に終了していく。携帯電話大手は主に高齢者を対象にしたスマホ教室などで、4Gや5Gに対応した機種への乗り換えを支援しており、20年前に携帯電話に革新をもたらした3Gの終焉(しゅうえん)が近づいている。(2021/9/22)

なぜこんなことに? 公園で「石像になったおじいさん」を見かけた漫画 「愛を感じる」「経験ある」と反響
ほのぼのする理由。(2021/9/22)

シニアは「扱いづらい」「ITに弱い」はもう古い! “企業を元気にする”成功例
シニア層の求職者が増えている。しかし、企業側がシニア採用に対し「コミュニケーションが難しそう」「ITに弱く、業務が困難なのでは」という懸念を取り払えないでいるケースも多い。そんな中、うまくシニア人材を活用している企業には共通点があった──。(2021/9/16)

3Gサービス終了を知らないフィーチャーフォン利用者は26.4% MMDのシニア実態調査から
MMD研究所は、9月15日に「シニアの3Gサービス終了に関する実態調査」の結果を発表。終了を知らないと回答したフィーチャーフォン利用者は26.4%で、3Gサービスが終了する時期を約3割が知らないと答えている。(2021/9/15)

モビリティサービス:
デンソーの視認性向上技術で高齢者も使いやすいUI、京都で配車サービス実験中
デンソーは2021年9月1日、地域情報配信システム「ライフビジョン」を活用したデマンド交通予約機能の実証実験を京都府伊根町で実施すると発表した。同町の住民がタブレット端末から配車サービスを手軽に利用できるようにする。実証実験の期間は同年10月31日までを予定している。(2021/9/15)

シニアの心理は?:
敬老の日が「楽しみ」なシニア女性は9.0% 「自分はむしろ祝う側」という意識が強い
50〜84歳の女性を対象に「孫と敬老の日に関する意識調査」を実施した。敬老の日を楽しみにしているというシニア女性は9.0%だった。(2021/9/11)

使った項目は:
シニアが孫に使ったお金はどのくらい? 昨年と比べ
ソニー生命保険は9月8日、「シニアの生活意識調査2021」の集計結果を公開した。シニアがこの1年間で孫のためにお金を使った項目や金額、日頃スマートフォンを何に使っているのかなどを聞いている。(2021/9/9)

接触確認アプリ「COCOA」、高齢者・障害者にも使いやすく 22年3月までの達成目指す
厚生労働省が、新型コロナ接触確認アプリ「COCOA」を高齢者や障害者にも使いやすいようにする方針を発表した。2022年3月までに達成を目指す。(2021/9/8)

渋谷区とKDDI、高齢者の情報格差解消に向け、無料でスマートフォンを貸し出す実証事業を開始
高齢者(65歳以上)の25%がスマートフォン未所有とのこと。(2021/9/7)

KDDI、渋谷区の高齢者1700人にスマホ無償貸与 利用ログを分析、デジタルデバイドの解決案探る
KDDIは、東京都渋谷区に住むスマホを持っていない約1700人の高齢者(65歳以上)を対象に、スマホを無償貸与する実証事業を同区と共同で始めた。(2021/9/6)

就業年齢の上昇は7割が「歓迎」:
シニア世代が「早期退職してもよい」と思える割増金額は?
サイボウズチームワーク総研は、55歳以上のビジネスパーソン約3000人を対象に「職場との関わり」についての意識調査を実施。シニア世代が「辞めてもよい」と思える早期退職割増金額や職場でのコミュニケーション状況などが明らかになった。(2021/9/2)

キャリアニュース:
シニア社員が「正直いや」なのは「自分の経験則が通じない」こと
サイボウズ チームワーク総研が「シニア社員の職場との関わり」についての調査結果を発表した。回答者の76%が、職場の人に「気軽に話しかけてほしい」と考えており、「正直いや」な状況として、51%が「自分の経験則が通じない」ことを挙げた。(2021/8/25)

70歳の働く場【後編】:
噴出する「働かないおじさん」 識者に聞く「“お荷物”と呼ばれない中高年の働き方」
高年齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。後編ではミドル・シニア層の実態について考えてみたい。(2021/8/26)

新型コロナウイルス拡大でシニアのスマホ乗り換え意向は? MMD研究所が調査
MMD研究所が「2021年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の第2弾を実施し、結果を発表した。スマホの契約を検討しているシニアの35.2%が、新型コロナウイルス拡大を受けて利用してみたいと思うと回答したという。(2021/8/24)

「しゃべるお守り」と暮らすおじいさん、その正体は…… どんな姿でも愛し合う老夫婦の漫画にほっこり
仲良しな夫婦の会話にほっこり。(2021/8/24)

70代の“シニアインスタグラマー”とファッションブランド立ち上げ 起用の背景は?
SNSの普及が進む中、あるEC事業者が70代のインスタグラマーと協力してファッションブランドを立ち上げた。フォロワー1万人超えの“シニアインスタグラマー”を起用した背景とは。(2021/8/23)

高性能AIチップで世界へ シニアベンチャーの挑戦 ArchiTek取締役に聞く
大手メーカーのサラリーマンから40代後半で起業した半導体関連のシニアベンチャーが、小型で低消費電力、低価格の自社チップを開発した。IoT機器の内部でデータを扱うエッジAIや画像処理技術に特化し、日本からグローバル市場に挑戦する。(2021/8/23)

老夫婦が大変身! 女装じいさんと男装ばあさんの漫画に「こんな夫婦憧れる」の声
新婚当時から仲の良いまま年取ったみたいで微笑ましい。(2021/8/21)

顔を認識して名前を呼ぶ「あみちゃん人形」、タカラトミーがシニア向けに発売 持ち主以外は少し“塩対応”
タカラトミーは18日、AIを活用して持ち主の顔を認識し、会話するコミュニケーション人形「うちのあまえんぼ あみちゃん」を発表した。(2021/8/18)

シニア向けコミュニケーション人形「あみちゃん」登場 持ち主の顔を認識し孫のようにしゃべりかける
一緒に歌ったり早口言葉に挑戦したり。ファッションチェックもしてくれます。(2021/8/18)

防災系アプリは約半数がインストール、シニア層の割合が高い傾向 ドコモの調査
NTTドコモのモバイル社会研究所が、防災に関する調査結果を発表。スマートフォン所有者のうち防災系アプリを1つ以上インストールしている人は47.3%で、種類は「Yahoo!防災アプリ」が最多となった。(2021/8/18)

「PCサポート詐欺」コロナ禍で拡大 狙われる高齢者……電話かけさせリモート操作、マルウェア仕込む
PCのサポートを偽った詐欺被害が拡大している。PCが壊れたと誤認させ、サポート先と称する番号に電話をかけさせ、リモートアクセス権限を入手してマルウェアを仕込む手口だ。(2021/8/17)

シニア社員が抱える悩みは?:
シニア社員が、職場で嫌だと思うシチュエーション 2位「敬語を使われない」、1位は?
サイボウズは、55〜64歳のビジネスパーソンを対象に、「シニア社員の職場との関わり」の意識調査を実施した。職場で正直嫌だと思うシチュエーション、働く上で周囲から求められることと備わっていることを聞いた。(2021/8/17)

「年下の上司」はそんなに気にならない:
シニア世代が「本当はいやだけど我慢していること」 サイボウズが、職場との関わり方に関する調査結果を発表
サイボウズは「シニア社員の職場との関わり」についての意識調査の結果を発表した。職場の人から気軽に話し掛けてほしいと考えているシニアが多く、職場の同僚といかに関わるかを意識していた。(2021/8/17)

「SNSで家族と会話」は80代がシニア層でトップ、70代と大きな差──DMMのネット調査
離れて暮らす家族とSNSでやりとりしているシニア層は80代に多い──DMMファイナンシャルサービスのネット調査でそんな結果が。(2021/8/16)

シニアの長所を生かす:
おじいちゃんIT人材が爆誕!? AI分野で、どんな業務を任せているのか
定年の65歳延長を控え、企業がシニアをどう活用していくかが課題となっている。高齢者には縁遠いイメージのあるAI分野の業務にシルバー人材を活用するライトカフェ(東京都渋谷区)に、雇用の背景や円滑に業務を進めるための工夫を聞いた。(2021/8/13)

シニアの半数がスマホへ乗り換え意向あり きっかけ上位は「3G回線の終了」――MMD研究所調べ
MMD研究所が、シニア(60〜79歳)を対象に行った「シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の結果を公表した。調査当時にフィーチャーフォン(ケータイ)を利用していた人のうち、48.2%がスマートフォンへと乗り換える意向があると答えたという。(2021/8/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。