ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「シニア」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!シニアライフ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でシニアライフ関連の質問をチェック
「シニア」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

関連キーワード

犬「(ブルブルブル)」 診察台が苦手な14歳の柴犬まろさん 恐怖で震える姿が応援したくなるかわいさ
シニア期の震えかと思いきや……?(2020/8/10)

シニアのスマホ利用者は77.0%、乗り換え検討のきっかけは「3G回線の終了」
MMD研究所は、8月6日に「2020年シニアのスマートフォン・フィーチャーフォンの利用に関する調査」の結果を発表。シニアのスマートフォン利用者は77.0%で、スマホを利用してみたいと思ったきっかけの最多は「3G回線がもうすぐ終了するから」だった。(2020/8/6)

ドローンが自律飛行、山間部の集落に日用品を配送 長野県伊那市でスタート
長野県伊那市が、ドローンを使って山間部の集落に日用品を配送するサービスを開始。伊那市の山間部は過疎化が進み、周囲との高低差もあるため、高齢者が頻繁に買い物に出掛けるのは難しい。ドローンは利用者が購入した食料品など最大5kgを積み込み、約7km離れた地点まで自律飛行する。(2020/8/5)

健康サポートサービス「楽天シニア」が拡充 対象施設を拡大、スマホ教室の定期開催も
楽天モバイルは、8月4日に健康寿命の延伸をサポートするサービス「楽天シニア」の提供内容を拡充。対象施設数の拡充や、スマートフォン教室などをオンラインで定期開催する。(2020/8/4)

奥谷孝司氏と佐々木丈也氏が語る:
「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取るべき行動とは何か。奥谷孝司氏(オイシックス・ラ・大地/顧客時間)と佐々木丈也氏(三井住友カード)が語った。(2020/8/4)

仕事をしているフリ:
コロナ禍で「おじさん労働者」が不利な状況に? 本当か
おじさん社員が不利な立場に立たされている。コロナ禍で、テレワークができていないとか、ネットをうまく活用できないとか。このままでは「大量の中高年リストラが起きるだろう」といった声が出ているが、本当にそうなのか。(2020/7/30)

医療機器ニュース:
生活データとAIで高齢者の虚弱を予知、産学連携のプロジェクトが始動
日立グローバルライフソリューションズと東京大学高齢社会総合研究機構は、高齢者が要介護に至る前の虚弱の予兆を検知する、ソリューションの開発プロジェクトを開始した。生活データとAIで日常生活の活発度を可視化し、虚弱の予兆を検知する。(2020/7/30)

“いま”が分かるビジネス塾:
「何でもスクショ」な若者と「いつでも電話」中高年の意外な共通点――日本特有の“使えない人材”とは
「何でもスクショを飛ばして済ます」若者が話題に。ただ根底の問題は「いつでも電話」してしまう中高年と一緒と筆者は指摘。日本企業の人材、ひいてはマーケティングに横たわる課題とは?(2020/7/21)

テレビのリモコンでさりげなく家族を見守るサービス、JVCとノバルスが販売
JVCケンウッドが高齢者向けのテレビ用「簡単リモコン」にノバルスの「MaBeeeみまもり電池」を組み合わせ、離れて暮らす家族が安否を確認できるパッケージを発表した。(2020/7/20)

「Go To Travel キャンペーン」って何?
何が安くなるの? どうやって申し込むの? いつから始まるの? 旅好き、乗り鉄さん、ドライブ好きの人はぜひチェックを。【更新】7月22日から一部開始。【更新】再度一時見直し、東京は対象外に。【更新】高齢者/若者の団体旅行も対象外に(2020/7/8)

中高年社員にITリテラシー必須の時代! withコロナ時代の“新しい生活様式”
新型コロナウイルス感染症の流行に伴う外出自粛も緩和の方向に向かっているが、元に戻るのではなく“新しい生活様式”への変化が求められている。中高年世代の社員はWeb会議やペーパーレス化などに対応すると同時にITリテラシーの強化も必要になっている。(2020/7/2)

神戸に60歳以上専用のeスポーツ施設 “シニアゲーマー”を育成、福祉施設へ派遣も計画
60歳以上専用のeスポーツ施設「ISR e-Sports」が7月2日、神戸市にオープンする。スタッフが会員へゲームの始め方やプレイ方法を教える。会員をeスポーツを紹介する人材として育成し、福祉施設への派遣も目指す。(2020/6/24)

見守りロボが高齢者の話し相手に 非常時には緊急通報 藤枝市が導入
静岡県藤枝市が、コミュニケーションロボットを活用した高齢者の見守りサービスを市民向けに提供。7月から実証実験を行い、10月から希望する市民に本格提供する。(2020/6/24)

日本初のシニア専用eスポーツ施設が神戸にオープン ゲーム体験レクリエーションを2時間1000円で
経験を積んだ会員を、eスポーツの伝道師として高齢者施設等に派遣する、雇用創出も構想しています。(2020/6/24)

マクドナルド、携帯で注文し駐車場で受け取る新サービス「パーク&ゴー」開始 乗り降りのひと手間を楽に
家族連れや高齢者にうれしい。(2020/6/15)

IoTセキュリティ:
PR:モノづくりを変える「Raspberry Pi」の力、セキュリティを確保する手法とは
産業用途でも活用が広がっているのが、シングルボードコンピュータの「Raspberry Pi」である。Raspberry Piはどのように使われ、モノづくりをどのように変えたのか。活用状況と活用のポイントについて、「Raspberry Pi」のB2B活用支援で多くの実績を持つメカトラックス 代表取締役の永里壮一氏、トレンドマイクロ IoT事業推進本部 IoT事業開発推進部 シニアスペシャリストの堀之内光氏が対談を行った。モデレーターはMONOist 編集長の三島一孝が務めた。(2020/6/10)

オンラインセミナー普及、高齢者もEC 新型コロナがIT化進展契機に
新型コロナ発生以降のこの4カ月余りの間に生活環境だけでなく、仕事の進め方も大きく変化している。(2020/5/29)

みんなを和ませるシニア犬「めろん」くん バラと並ぶとなぜか真顔になってしまう姿がかわいい
はじめましてだワン。(2020/5/28)

高齢者に優しい電話予約:
家事代行のベアーズ、東京都港区と「高齢者向け買い物代行」開始
家事代行を手掛けるベアーズ。東京都港区からの業務委託で高齢者向け買い物代行をスタート。電話予約可で高齢者にも優しく。(2020/5/27)

コロナ禍でも出勤せざるを得ない人に、一時的に別居先を提供するサービス登場
新型コロナ禍でも出勤せざるを得ない人は少なくない。基礎疾患がある人や高齢者が家族にいる場合には家に帰ると感染リスクが上がってしまう心配がある。これを受け、民泊支援会社「matsuri technologies」は、一時的に部屋を借りて別居するサービス「自主隔離.com」を提供している。(2020/5/25)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(5):
家の中でも管理職のように振る舞い、嫌われる65歳元大手電機メーカー役員のリアル
今回のコロナ禍では一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/5/24)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(4):
コンビニやスーパーのレジで暴言 妻に先立たれた61歳元部長がクレーマーと化す現実
今回のコロナ禍では、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/5/23)

「日本スゴイ」では勝てない:
日本の中高年はなぜいまだに韓国を“格下”に見てしまうのか
世代間でイメージが大きく違う国、韓国。特に中高年だと古い印象が強いケースも。国際ビジネスに必要な「ライバルの真の姿」を知るには。(2020/5/22)

ダイキン工業、エアコン連動型の高齢者見守りシステム発売 起床・就寝の状況などアプリに表示、室温の自動調整も
ダイキン工業が、単身高齢者などの見守りシステムを発売した。エアコンの横に設置すると、室内の人の有無や起床・就寝の状況を検知する。室内の状況に応じて自動で冷房などを起動し、室温を調整することも可能。実売想定価格は5万5000円(税別、工事費別)。(2020/5/18)

近くて遠い国、韓国:
日本の中高年はなぜ若者の韓流ブームを全く理解できないのか
中高年に分かりづらい今の若者の韓流ブーム。世代間の認識のズレはどこから生まれるのか。一線の朝鮮半島の研究者とジャーナリストが対談。(2020/5/18)

“在宅”で変貌するサービス:
ネット麻雀、遠隔カラオケ……オンラインでつながり始めたアクティブシニアたち
新型コロナウイルスの影響で人と人を結び付けるネットワークサービスにも変化が現れている。(2020/5/15)

オンライン診療、PC使わなくて大丈夫 情報機器が苦手なら電話で受診を
新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため、特例的にオンライン診療が初診からでも行えるようになっている。一方、「オンライン」という言葉から、情報機器が苦手な人や高齢者など、抵抗感を持つ人もいる。その場合は電話機を使って受診する方法が有効だ。(2020/5/12)

「外出自粛のゆるみ」はどこに:
高齢者はGWに巣鴨の商店街へ殺到したのか 独自データで解明
GW中の東京の有名商店街における外出自粛傾向を調査。特に「お年寄りの原宿」とされる巣鴨は? 位置情報ビッグデータから意外な結果が。(2020/5/12)

オンライン診療 電話での受診も可能 「高齢者は活用を」
新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、医療機関の「オンライン診療」が特例的に認められる中、高齢者への浸透が課題となっている。(2020/5/11)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
ならんでおよいできもちよさそうです! こぐまのケーキ屋さん(80)「こいのぼり」
真鯉の上の吹流しは……おじいさん?(2020/5/10)

激減する競技人口:
ゲートボールがeスポーツに? 衰退する競技、“再生”に「若者」が欠かせない理由
高齢者が楽しむスポーツの代表格だったゲートボール。近年は衰退の一途をたどる。国産スポーツを再び盛り上げるため、eスポーツへの参入、偏見のない若い世代の取り込みなどが行われており、世代をこえて楽しめるスポーツとして少しずつ広がりを見せている。(2020/5/6)

POSデータ活用:
高齢者は朝のドラッグストアへ本当に「殺到」したか 購買データで解明
ドラッグストアに朝「殺到」しているのは本当に高齢者か。購買データから真相を解明した。「トイレットペーパー買い占め」騒動時の動静も明らかに。(2020/5/2)

シニア向け写真SNS「ZUISO」登場 5月11日まで「おうちでお花見」実施
ルクレは、エイジレスライフを支援するシニア向け写真SNS「ZUISO」をリリース。写真日記やコミュニティ、イベントを通して仲間と交流を深められ、5月11日までオンラインイベント「おうちでお花見」を実施している。(2020/5/1)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(27):
OSIモデルにはないが、サービスの創出で重要な「レイヤー8」とは?
静岡県藤枝市は2020年2月14日、2020年度予算案を記者会見で発表した。その中には筆者が手掛けているコミュニケーションロボットを使った高齢者見守りサービスも含まれていた。今回は藤枝市のプロジェクトで気付かされたサービス創出で大切な「レイヤー8」について述べたい。(2020/4/27)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(3):
中高年引きこもり61万人の衝撃 62歳独身男性が「定年を機に引きこもる」現実
今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。一方で、高齢者がなぜそのような行動に走るのかを、自分の将来の姿に重ね合わせながら考えるきっかけにもなった人は多いのではないでしょうか。今回は、定年を機に家に「引きこもるだけ」の毎日を送る男性の事例です。(2020/4/25)

第14回JFMA賞「神奈川県住宅供給公社編(下)」:
既存住宅の省エネ化や地域の活性化などを実現した7つのFM施策
神奈川県住宅供給公社は、賃貸住宅の開発だけでなく、既存住宅や周辺環境を改善する取り組みも進めている。後編では、高齢者の介護認定率を下げたり、エネルギー効率を高めたりなど、7つのFMによる解決策を紹介する。(2020/4/25)

坂の多い街で発車 高齢者のウーバー的送迎支援
電話で利用希望日を伝え、配信を受けた住民サポーターの都合が合えば配車が可能になる。(2020/4/21)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(2):
コロナ禍を機に考える「定年後の自分」 60歳元社長を襲う孤独感「定年後の男性はひとり」
回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/4/19)

製造マネジメントニュース:
IoTで製造業を率いる人材育成を目的に「ファクトリーサイエンティスト協会」発足
由紀ホールディングス 代表取締役社長の大坪正人氏、Roland Bergerのグローバル共同代表兼日本法人 シニアパートナーの長島聡氏、慶應義塾大学環境情報学部 教授の田中浩也氏は2020年4月2日、日本のモノづくり産業をIoT(モノのインターネット)技術を用いてけん引する人材を育成するため「一般社団法人ファクトリーサイエンティスト協会」を設立したと発表した。(2020/4/20)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(1):
コロナ禍を機に考える「定年後の自分」 62歳元部長が地域で悪態をつき孤立する現実
「朝、店頭に並べない現役世代を尻目にマスクを買いだめする老人」「本当は在庫を隠しているのだろうと店員に食い下がる高齢男性」「列に割り込み、注意した人に暴力を振るう70代男性」……。今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/4/18)

中古車「ガリバー」最大3カ月のクルマ無償提供を発表 医療従事者や高齢者、妊婦などを対象に
4月15日10時から。(2020/4/13)

【トップは語る】キングジム アクティブシニアに洗練した商品を
4月からシニア市場に参入し、新ブランド「arema」を立ち上げた。(2020/4/10)

【ねとらぼ10周年企画】記事で振り返るネットの話題:
6年前の今頃は?→「Windows XP」サポート終了 “インターネット老人会”を支えた人気OSとの別れ……
数年前の今日はどんな記事があった?(2020/4/9)

キングジムのシニア向けブランド「arema」始動 商品第1弾は通帳や印鑑など貴重品がまとまるファイル
ポータブルプレイヤー風の集音器もラインアップ。(2020/3/27)

駅・バス停の入り口にスマホをかざすと、時刻表や行き先など表示 NAVITIMEが新アプリ
ナビタイムジャパンが新アプリ「NAVITIME レンズ for au スマートパス」をリリース。アプリを起動して駅の看板やバス停にスマホをかざすと、電車やバスの時刻表や行き先などを表示する。スマホの扱いに不慣れな高齢者などの経路検索をサポートする狙い。(2020/3/26)

キングジムがシニア市場に参入 集音器など2製品を発売
キングジムは、シニア向け新ブランド「arema」を発表、第一弾製品の販売を4月から開始する。(2020/3/26)

キングジム、シニア向けブランド「arema」立ち上げ 一工夫した「自分まとめファイル」、イヤフォンに見える集音器など 「暮らしに“あれま”の驚きを」
キングジムがシニア向けブランド「arema」を立ち上げた。重要な書類などをまとめて保管できる「自分まとめファイル」とイヤフォンにしか見えない集音器を4月から順次発売する。(2020/3/26)

働き方改革:
新菱冷熱工業が4月1日に定年を65歳まで引き上げ、昇給・昇格は継続
新菱冷熱工業は、定年をこれまでの60歳から65歳へと延長する。これに合わせ、昇給や昇格も65歳まで引き伸ばし、シニア人材が働きやすい社内環境の整備に努める。(2020/3/19)

2月の売り上げは前月比2.7倍:
新型コロナの巣ごもり消費で意外なグッズが品切れ 高齢者向けに改良した昭和のおもちゃとは
新型コロナウイルスの感染拡大で巣ごもり消費が拡大。子どものストレス解消のためにあるグッズが品切れ。高齢者向けに改良した昭和のおもちゃとは?(2020/3/18)

ラジスマです:
子どもやシニアに優しい洗えるスマホ「arrows Be4 F-41A」登場
ドコモのミドルレンジスマートフォン「arrows Be」シリーズに第4世代が登場。MILスペックに準拠した丈夫さや、泡ハンドソープで洗えるボディーは保ちつつ、子どもやシニアの利用に配慮した機能を充実させた。(2020/3/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。