トップ10
» 2004年11月18日 22時31分 公開

Mobile Weekly Top10:携帯にQWERTYキーを付けたい人々

香港で開催中の「3G World Congress & Exhibition 2004」。会場では、携帯にどうQWERTYキー配列を組み込むか? という問いへの答えが、複数見られる。

[杉浦正武,ITmedia]

 先週のトップは、901iシリーズの記事。さすがは注目の901iだけあって、昨日の午後に掲載されたばかりだが上位を独占した。

 ところで、現在香港では「3G World Congress & Exhibition 2004」が開催中(11月18日の記事参照)。CDMA端末などが目立つが、個人的に興味をひかれたのはスマートフォンだった。

 日本では「親指文化」が成立しており、若者は「あいうえお」のテンキーで長文のメールを書く。しかし海外では、QWERTYキーを備えた端末のニーズも存在しており、市場が成立している。

 面白いのは、そのQWERTYキーをどう配置するか。たとえば中国メーカーAMOIのブースに置いてあったスマートフォンは、「Hidden Qwertyフォームファクター」を備える。一見するとただの携帯で、外側の表面にテンキーが付いているが、実はクラムシェル型に開いて中にはQwertyキーボード――というパターン。

Photo OSはWindows Mobileで、アプリプロセッサとIntel Bulverde/300MHzのデュアルプロセッサを搭載する。130万画素CMOSカメラも搭載するというハイエンドモデルだ

 ITmediaでも以前取り上げた「MPx」(2月25日の記事参照)は、「縦にも横にも開く」という不思議なヒンジ構造を巧みに利用している。ズバリ、キーに縦書きの文字と横書きの文字がプリントされており、「縦に読めばテンキー、横から読むとQwerty」という構成。

Photo (上)横に開いた際に、Qwerty配列が眼前に現れる。(下)ヒンジ部はこうなっている。「カチッ」と閉めれば縦開きになる

 Siemensのブースには、「SK65」が展示されていた。こちらは2層構造になっており、下の層を「グリン」と回転させ“十字型”にすることで、縦長端末の両サイドにQWERTY配列を出現させるという仕組み。いずれも日本では見慣れない、面白い機構だ。

Photo 編集部内の評価では、「打ちやすさではこれが一番かも」ということで結論が出たのだった

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう