ニュース
» 2004年11月18日 11時41分 公開

中国メーカーからもW-CDMA端末が登場3G World Congress & Exhibition 2004

香港の展示会場には、欧米メーカーに混じって中国メーカーの姿も。各社ともW-CDMA対応の新製品を展示しており、CDMA市場に影響を与えそうだ。

[山根康宏,ITmedia]

 2004年後半から欧州各国では、英Vodafoneを筆頭にW-CDMAのサービスが本格的に開始されつつある。これに合わせて、日韓欧米の各端末メーカーが同方式の新製品を投入しているが、中国の端末メーカーからもW-CDMA端末が登場してきている。

 中国メーカーといえば、GSM/CDMA端末では大手メーカーと差別化するため、ローエンドモデルに注力しているのが現状。ただしW-CDMA端末では、大手とほぼ同じスタートラインに並んで市場参入を図ってくるようだ。会場ではZTE、AMOI、HUAWEIの3社が新製品を展示していた。

世界最小のW-CDMA端末も

 ZTEの「F808」は88.5×44.6×24.5ミリ、105グラムと現時点で“世界最小、最軽量”のW-CDMA&GPRS/GSMのデュアル端末。GSM端末と比較しても、遜色ない小ささだ。クラムシェル型で、ヒンジ部分に回転型の30万画素カメラを備えている。

PHoto ZTEのF808。サイズと重さは、同じ形状のGSM/CDMA端末とほとんど変わらない

 搭載する機能は、WAP2.0やeメールなどベーシックなもの。W-CDMAのエントリーモデルといえる。発売時期は現時点では未定。展示されていた製品は、動作可能な製品に近いレベルのものとのことだったが、電源を入れてのデモは行われていなかった。

 AMOIの「WMA9507」も、W-CDMA&GPRS/GSMのデュアル端末。ショーケース内に実機が展示されていたものの、試作機であり端末の重さや通話/待ち受け時間などはまだ確定していないとのこと。

Photo AMOIのWMA9507は、ハイエンドなW-CDMA端末ということもあって注目を集めていた

 メインディスプレーは2インチのTFT26万色、167×220ピクセル。サブディスプレイには有機ELを採用していた。130万画素カメラを搭載し、静止画以外にもMPEG-4形式での動画録画が可能。さらにBluetooth 1.1と外部メモリスロット(TransFlash Card)を搭載するなど、ハイエンドモデルという位置づけだ。発売時期は、来年の3月を予定しているとのこと。

 HWAWEIからは、発表されたばかりの新製品「U626」「U326」そして「E600」の3機種が展示されていた。

Photo (左)ハイエンドのU626(右)入門機となるU326
Photo PCカードタイプのE600

 U626は、W-CDMA&GPRS/GSMのデュアル端末。メインディスプレイはTFT-26万色で、QVGAサイズ30万画素カメラを搭載する。Bluetooth、USB端子も備え、MP3/MPEG-4再生にも対応したハイエンド端末だ。

 U326は、W-CDMAシングルモード端末。サブディスプレイなし、カメラも非搭載にすることで徹底的なローコスト化を図っている。GSMからW-CDMAへの乗り換えを促すための低価格なベーシック端末で、発売されればGSM端末と同程度の手ごろな値段になる予定とのこと。

 E600は、PCカード(Type-II)のW-CDMA&GPRS/GSMデュアル端末。データ速度はアップリング384Kbps、ダウンリンク128Kbps。ヘッドセットを装着することで音声通話も可能だ。

 これら3機種は、実機のデモは行っていなかったものの、すでに海外のオペレーターからの引き合いを受けており、来年の早い時期には発売される予定とのこと。また端末は自社ブランドではなく、オペレーターブランド品としての出荷も考えているという。中国メーカーはまだブランド力が無いため、「自社ブランドにこだわることよりもまずは実績を作る」(説明員)ということのようだ。


 各中国メーカーの端末は、いずれもまだ正式には発売開始されていない。しかしメーカーのブースでは、納期や価格の問い合わせをする来訪者の姿も目に付いた。「品質と価格についての問い合わせが非常に多い」(AMOIの説明員)とのことで、低価格を武器にした中国メーカーのW-CDMA端末は早くも各国から注目を浴びているようだ。

 各メーカー共、販売ターゲットはアジアだけではなくヨーロッパを含む全世界のW-CDMA市場となる。端末のラインナップも、来年からはさらに数機種を増やしたいという。

 中国メーカーからローコストなW-CDMA機が登場することは、ユーザーのW-CDMAへの移行をより容易にする効果が期待できる。一方で大手メーカにとっては将来、強力なライバルになることも予想される。中国メーカーの動向は、今後のW-CDMA市場に少しずつ影響を与えそうだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう