ニュース
» 2005年04月07日 18時05分 公開

エリクソンのU100端末、ドコモ3G網につながる〜相互運用試験が成功

エリクソン・モバイル・プラットフォームとドコモは、U100プラットフォームを使用したW-CDMAの相互運用試験に成功した。

[ITmedia]

 エリクソン・モバイル・プラットフォーム(EMP)とNTTドコモは、EMPの「U100」プラットフォームを使ったW-CDMA相互運用試験に成功したことを発表した。海外のU100プラットフォーム搭載端末がドコモの3G網に接続可能になることから、海外オペレータとドコモと間でローミングに関するビジネスの可能性が開けるという。

 U100は、W-CDMA/GSM端末向けのプラットフォーム。2004年に世界で販売されたW-CDMA端末のほぼ30%が採用しており、韓LG電子の「U8130」やシャープの902SH、ソニー・エリクソン・モバイルの「802SE」もU100プラットフォームを採用している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう