ニュース
» 2005年04月15日 15時49分 公開

「W31S」都内で店頭に並ぶ〜新規は約2万円

ソニー・エリクソン・モバイルの音楽ケータイ「W31S」が都内で店頭に並んだ。新規の価格は約2万円。

[後藤祥子,ITmedia]

 ソニー・エリクソン・モバイルの音楽ケータイ「W31S」(3月25日の記事参照)が、都内で店頭に並んだ。ある都内量販店の新規価格は2万790円。同ショップでは、25カ月以上利用した場合の機種変更価格が1万6590円、13カ月から24カ月以上が2万790円となっていた。なおACアダプタの共通化に伴い(4月4日の記事参照)、W31SからACアダプタが別売りになった。ACアダプタの価格は945円。

 “音楽機能全部入り”のW31S。WIN-USBケーブルやSonicStgae Ver3.0、マイク付きミュージックコントローラー&ステレオヘッドホンが付属する

 ほかの端末の価格を見てみると、三洋電機製の音楽ケータイ「W31SA」が1万7640円、フレンドリーデザインのWIN端末「W31K」が1万5540円、Bluetooth機能を備えた「W21T」が8800円。スライドボディの「W22H」、コンパクトボディの「W22SA」は1円で販売されていた。(ITmedia調べ。価格はいずれも新規)。

 4月下旬にもセカンドモデル「W21CAII」(4月8日の記事参照)が登場する「W21CA」は、品切れの店も増えてきた。W21CAは、「在庫販売分で終了」(KDDI)となるため、渋めのボディカラーが好みなら、今のうちに探したほうがいいだろう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう