ニュース
» 2005年09月09日 20時14分 公開

ピクセル、携帯用PCドキュメントビューアーをW32Hに供給

ピクセル製の携帯電話向けドキュメントビューアーが、日立製作所製のWIN端末「W32H」に搭載された。カシオ計算機製「W31CA」に続き2機種目。

[ITmedia]

 Picsel Technologiesは9月9日、日立製作所製の携帯電話向けにピクセル・ドキュメントビューアーを供給することを発表した。同日発売されるKDDI向け携帯電話「W32H」(8月2日の記事参照)に、同社ビューアが「PCドキュメントビューアー」として搭載される。

W32H

 ピクセル・ドキュメントビューアーは、マイクロソフト・オフィスのファイル、PDFファイル、HTML、mHTML形式などをサポート。これにより、「W32H」ユーザーは電子メールに添付されたPCファイルを、携帯電話上で閲覧することが可能になる。

 ピクセル・ドキュメントビューアーを標準の「PCドキュメントビューアー」として採用したKDDI向け携帯電話は、カシオ計算機製の「W31CA」(参照:機種別記事一覧)に次いで、今回が2機種目となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー