連載
» 2006年02月28日 02時50分 公開

W41CA、薄型化でカメラは「犠牲」になったのか?荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(2/5 ページ)

[荻窪圭,ITmedia]
左がW41CA、右がW21CA

 これも、むしろW41CAの方が上。いい感じで青みがかっていて葉っぱもキレイだし、ディテールもしっかりしている。2倍くらいに拡大してみると、W41CAに「ちょっと無理してメリハリを付けているかな」という不自然さはあるが、トータルでは十分。

 次は青空ものを2つ。

それぞれ、左がW41CA、右がW21CA

 W41CAの青空には、ちょっと色がかぶっている。W21CAの方が晴天っぽい爽やかさはあるし、白いものが白く出てるんだけど、W41CAも十分実用レベルの色は出ている。ダイナミックレンジもW21CAと変わらない。

 さらに……

左がW41CA、右がW21CA

 けっこう赤がトビそうで難しい構図だが、W41CAの方がうまくおさめているし、ダイナミックレンジを広く使ってメリハリがある。

 続いてマクロ。

左がW41CA、右がW21CA

 W41CAの方が赤が飽和しかけているが、派手めに上手くまとめてきた感じだ。最後は室内編。だるまづくりで行ってみよう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう