300万画素端末「W41T」「W41K」のカメラを比較する(画質編)荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ(1/4 ページ)

» 2006年03月28日 01時14分 公開
[荻窪圭,ITmedia]

 auの春商戦向け「W41シリーズ」だが、なんだかんだと323万画素CCDだったり、317万画素で手ブレ補正だったりとカメラスペックが高く、なかなか興味深いことになっている。

 じゃあその323万画素CCDは、CMOSよりきれいな絵が撮れるのか。手ブレ補正はどのくらい効くのか、と気になるのが人情というもので、本日から2回に分けてW41シリーズのレビューをする。メインで取り上げるのはHDDを内蔵した323万画素CCDの「W41T」(1月19日の記事参照)と、317万画素CMOSのオートフォーカス(AF)付きで電子式手ブレ補正を搭載した「W41K」(3月10日の記事参照)のハイエンド2機種だ。

 せっかくなのでこの2機種に、200万画素CMOSセンサーながらなかなかよい結果を残した「W41CA」(2月28日の記事参照)を交えて画質を比較してみよう。比較するには面白いラインアップである。

Photo 左が「W41T」。矩形のシンプルなボディで、ディスプレイの裏ヒンジ近くに小さくレンズがついている。HDDを内蔵するためやや分厚くて大きめ。右はW41K。本体裏面ヒンジ部に少し斜めにレンズがついている。このデザインで上手く奥行きを稼いでいると同時に、使い勝手もよくしている

屋外編

 今回、当方の設定ミスで「W41CA」だけが130万画素モードになってました。申し訳ない。よってW41CAの画質についてはディテールより色や階調をみてください。

 まずはお約束の黄色い象のすべり台から。

左から、W41T、W41K、W41CA

 W41Kはちょっと赤みが強く出ているが、そんなにいやな感じの赤ではない。W41Tはダイナミックレンジが狭めで、ちょっと青みが強い結果になった。ディテールはW41TよりもW41Kのほうがしっかりしているが、画素数の差と同時に「AFかパンフォーカスか」の差であると思う。

 次は、曇天という結構な悪条件であずまやを。

左から、W41T、W41K、W41CA

 やはりW41Tはやや青みが強く、そのため緑が比較的きれいに見える。W41Kは、ちょっと赤みが強く出た。W41CAでは結構はっきり出てしまったパープルフリンジ(輝度差の大きなエッジに紫色が現れる現象。あずまやの上にある枝の周りが紫色になっている)がW41Tには見られない。

 続いて菜の花畑。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー