ウーファー充電台と317万画素カメラの「W41K」、価格は2万円程度

» 2006年03月10日 14時25分 公開
[杉浦正武,ITmedia]

 KDDIは3月10日、WIN新機種「W41K」を関東、中部、関西、九州エリアで発売した。既にリリースされていたエリアもあり、これで全国で店頭に並んだことになる。都内で調べたところ、ある量販店の新規価格は1万9740円。WIN7機種の中では、「W41CA」と並んでミドルレンジの価格帯となる(2月10日の記事参照)

 W41Kは、オートフォーカス対応の手ブレ補正機能付き317万画素カメラを搭載した端末。背面のハーフミラーパネルも特徴の1つで、有機ELサブディスプレイによる文字やアニメーションが表示される。

 音楽機能にも力を入れており、充電台に重低音を楽しめるウーファーを内蔵。携帯のスピーカーでは再生が難しいとされる1kHz以下の低音の再生をサポートしている。EZナビウォークは声de入力に対応するほか、赤外線やEZ・FM、届いたメールの内容を解析して対応するアイコンを表示する「エモーションメール」などの機能を装備している。

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー