ニュース
» 2006年06月30日 20時46分 公開

PHS販売ランキング(6月19日〜6月25日):新W-ZEROの起こした風は“心地よい”程度

今回のウィルコム販売ランキングは、先週発売された新W-ZERO3の動向が気になるところ。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX300K
2 2 三洋電機 WX310SA
3 シャープ W-ZERO3(WS004SH)
4 3 京セラ WX310K
5 4 シャープ W-ZERO3(WS003SH)
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo

 今回のウィルコム販売ランキングは、先週登場した新「W-ZERO3」(WS004SH)の躍進が期待されたが、思ったほど販売数は伸びず、3位に落ち着いた。なお5位には型番「WS003SH」のW-ZERO3も入った。ちなみにランキングをかき回すほどの嵐らしい風は吹かなかったため「WX300K」「WX310SA」はそのまま1位、2位に居座っている。WX300Kの連続首位記録は「23」に伸びた。

 前モデルの過熱ぶりと比べるといささか期待はずれだった新W-ZERO3だが、ウィルコムは新たな刺客として2モデル──シンプルでポップなW-SIM端末「nico.」、子ども向け端末「キッズケータイpapipo!」──を発表した。それ以外の新機種も近日発表することを示唆しており、これら新モデルがランキングに新風を吹き込んでくれることを期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう