写真で解説する「910SH」(2/2 ページ)

» 2006年09月29日 02時03分 公開
[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 5メガピクセルのカメラは、オートフォーカスを備え、ソフトウェアによる動画/静止画の手ブレ補正なども搭載する非常に高機能なもの。解像度の高さは国内向け端末の中ではダントツなだけに、撮影機能の作り込みにも抜かりはない。

 解像度や画質の変更はもちろん、ホワイトバランスやISO感度、露出補正値の変更機能などもしっかり搭載している。シーンごとに最適な設定を自動的に行ってくれるシーンプログラムを備え、カメラ任せで撮ることも可能だ。画面上にグリッドを表示させたり、手ブレ警告を表示させたりといった細かな機能もある。

photoPhoto 液晶を回転させるとカメラ機能が自動的に起動する。画面上部に操作ガイドが、下部には各種設定状況のアイコンが表示される。ケータイスタイルで撮影する場合は、操作ガイドが下に、設定状況は上に表示される
photophotophotophoto 撮影画面で左ソフトキーを押すとメニューが呼び出せる。メニューは撮影中の画面の上に表示され、十字キーと決定キーで操作する。ケータイスタイルでの撮影時は意外と階層が深い。ホワイトバランスやISO感度の変更は「デジカメ撮影設定」からアクセスする。画質設定は従来どおりハイクオリティ、ファイン、ノーマルの3種。「設定」メニューではアイコンの表示をカスタマイズしたり、画面上にグリッドを表示したり、シャッター音を変更したりもできる

 メインメニューは決定キーで呼び出せる。アイコンの配置は904SHとそれほど変わっていないが、エンタテインメントがあった位置にコミュニケーションという新しい項目ができていたり、VアプリがS!アプリになって位置が変わったりと、細かな変更がある。ただ、最初にフォーカスされるのがカメラになっている点は変わらない。デザインは着せ替えコンテンツをダウンロードできる「カスタモ」からテーマごとデータをダウンロードしてきて変更できる。

PhotoPhotoPhoto 決定キーを押すとメニューが呼び出せる。色鮮やかなアイコンを採用しておりわかりやすい。904SHでは「エンタテインメント」だった項目は「コミュニケーション」に変わり、新サービスの「S!タウン」「S!ループ」「ホットステータス」「サークルトーク」などがここに入った。Bluetoothを利用したちかチャットも引き続きサポートする。ホットステータスやショートカット、ライブモニターのテキストニュースなどを表示する「待受ウィンドウ」は、待受時に上キーを押すと表示できる
PhotoPhoto ホットステータスの状態はさまざまなものが用意されており、最適なものが選べる。状態はオーナー情報の中で変更する仕様だ(画面は開発中のもので、変更されることがあります)

 日本語入力システムは引き続きケータイShoin4を搭載。変換候補は2行表示ではなく1行表示で、上下キーで候補の選択を行う仕様は変わっていない。「られまくっちゃ」問題は修正された物が搭載されている。

Photo 日本語入力システムはケータイShoin4を採用する
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  6. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年