ニュース
» 2006年10月20日 22時34分 公開

ようやくランキング変動の予感PHS販売ランキング(10月9日〜10月15日)

W-ZERO3[es]の登場以来、順位の変動がほとんどなくなってしまったウィルコムの販売ランキング。しかし今週、待ち望まれた新端末がWPC TOKYO 2006でベールを脱いだのであった。

[岩城俊介,ITmedia]
順位 先週順位 メーカー 製品名
1 1 京セラ WX300K
2 2 ネットインデックス nico.(WS005IN)
3 3 三洋電機 WX310SA
4 4 シャープ W-ZERO3[es](WS007SH)
5 5 京セラ WX310K
この記事では、マーケティング会社GfK Japan調べによる全国3500店舗の量販店(家電量販店、カメラ販売店、PC専門店)のPOSデータを集計し、モデル別のランキングで紹介しています。
photo

 今回のウィルコム販売ランキング、やはり変動はなかった。

 しかし今週、待ち望んだ新端末が発表された。それがシンプルなストレート型ボディが特徴の「9(nine)」(2006年12月中旬発売予定。そのほか、データ通信カード「WS008HA」やW-OAM対応のW-SIM「RX420AL」も登場する)。おまけに、同社の定額制音声プラン「ウィルコム定額プラン」の適用範囲を、同社以外の事業者が提供するPHS番号も対象とする旨も発表された(2006年10月20日の記事参照)

 この“9(nine)”、2インチQVGA液晶にフルブラウザと標準メーラー搭載といった機能を持ちながら、厚さ11.5ミリ/重量約67グラムを実現するシンプル&スリム&ライトなストレート型ボディがグッと来るではないか。なおカメラや外部メモリカードスロットは搭載しない。そのためウィルコム定額プラン向けとしてはもちろん、「カメラなど使わないからそもそも不要」という人や、カメラ付き携帯は持ち込み不可というセキュリティレベルの高いオフィスで働く人らにも向くといえそうだ。

 これらスペックと新規で1万5500円(W-OAM対応W-SIM同梱セットの場合)ほどという予価から、もしかしたら不動の王者、シンプル京ぽんこと「WX300K」から王座も奪えるのではないだろうかと期待している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

過去記事カレンダー

2022年