パケット代不要の楽曲ダウンロードも──W44Sで受信できるデジタルラジオ(2/2 ページ)

» 2006年11月16日 22時37分 公開
[園部修,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 デジタルラジオの3セグメント放送では、映像や音声、データ放送の視聴を妨げることなく、バックグラウンドでIPベースのファイル送信が可能だ。W44Sで利用できるデジタルラジオのサービスには、この技術を活用して、例えば番組で流している曲をその場で購入する機能を用意している。

 この機能を利用すると、すでに端末にダウンロードされているデータの“ライセンス”を取得するだけで暗号が解除でき、再生できるようになる。楽曲データをパケット通信網経由でダウンロードをする必要がないため手軽な上、放送波を利用するのでアクセスが集中してサーバに負荷がかかるようなこともなく、わずかなパケット通信料で楽曲データが手に入れられるというメリットがある。

 「放送波を利用したファイルダウンロードサービスは、国内では初めての試み。番組を聴いている間に、知らないうちに楽曲データがダウンロードされるので、権利を後から買うだけですぐに音楽が聴ける」(高橋氏)

 なおダウンロードサービスはレーベルゲートが提供する。配信されるデータは着うたフルと新サービスの「LISMO VIDEO CLIP」の2種類で、EZweb経由で販売されているものと仕様はまったく同じ。利用料金は着うたフルが1曲210〜420円、LISMO VIDEO CLIPのデータが1曲315〜630円になる。月額会費などは不要だ。

デジタルラジオのダウンロードサービスに参加するレコード会社

エイベックスネットワーク、ソニー・ミュージックネットワーク、東芝EMI、徳間ジャパンコミュニケーションズ、ドリーミュージック、BMG JAPAN、ビクターエンタテインメント、フォーライフ ミュージックエンタテイメント、ユニバーサル ミュージック、ワーナーミュージック ジャパン (※そのほかのレコード会社も準備中)


3つのチャンネルで展開するTOKYO FMのデジタルラジオ

 3セグメントのデジタルラジオサービス自体はエフエム東京が提供するもので、番組内容などはすべてエフエム東京側で編成したものとなる。TOKYO FMのデジタルラジオは3チャンネル用意される。

  • 701Ch アグレッシブライフスタイルチャンネル
  • 702Ch ハイクオリティチャンネル
  • 703Ch ニュースチャンネル

 3つのチャンネルはそれぞれに特徴を持たせており、アグレッシブライフスタイルチャンネルは、人気DJなどがヒットチャートをもとに音楽を紹介する番組が中心になる。オンエアされた楽曲で気に入ったものがあれば、その場で購入する仕組みも用意されている。ショッピングサイトなどにも簡単にアクセスできるようにするという。

 ハイクオリティチャンネルは、有名DJや各界を代表する人がDJを務める、幅広い音楽ニーズに応えるチャンネル。アグレッシブライフスタイルチャンネルよりも少し大人の視聴者をターゲットにする。さまざまなジャンルの音楽を取り上げるほか、データ放送で写真や絵画なども音楽と一緒に楽しめる。

 ニュースチャンネルは、その名の通りニュースの専門チャンネルで、最新トピックから芸能情報まで、その日に起きた出来事を映像とともに紹介する。

Photo 司会を務めた赤坂泰彦氏

 発表会の司会を務め、デジタルラジオの新番組紹介も担当した赤坂泰彦氏は、自身がパーソナリティを務める番組を持っているだけに、「ラジオの歴史が新しく生まれ変わっていくと思う。ラジオショッピングの形態も変わっていくだろう。トーク番組ではゲストの表情も伝わるし、食べ物の雰囲気や味などもきっと伝えやすくなる。また番組中に時間がなくて紹介できなかったメールをデータ放送で流したりといった使い方もできる」と期待を示した。一方で「夢がふくらむが、しゃべり手としては責任が重くなる。スタジオにだらしない格好で行けなくなってしまう」とも冗談交じりに話した。同氏もデジタル放送でMusic Watchという番組を担当するという。

 具体的な番組名は明らかにされなかったが、DJやパーソナリティとしては菊池浬、KTa★Brasil、ケンタロウ、フローラン・ダバディ、ピーター・バラカン、ジン、絢香などが登場するほか、12月に放送される特別番組では今井美樹も抜擢されている。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  4. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. 「Galaxy A55 5G」のそっくりスマホ「Galaxy A35 5G」が海外で販売中 何が違う? (2024年05月21日)
  7. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  8. 「Galaxy S24 Ultra」のカメラを徹底検証 2億画素の10倍ズームは常用できるレベル AIやSペンを駆使した機能も秀逸 (2024年05月20日)
  9. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  10. 「iOS 17.5.1」配信 削除した写真が表示されるバグを修正 (2024年05月21日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年