写真で解説する「D703i」

» 2007年01月17日 21時05分 公開
[遠藤学,ITmedia]

 三菱電機製の「D703i」は、厚さ9.9ミリを誇る超薄型のストレートモデルだ。重さも83グラムと、FOMA最軽量を実現した。薄型モデルではあるものの、メインディスプレイには2.4インチTFT液晶を搭載する。発売は2月を予定。

 ボタンが表に出ているストレートモデルであることから、D703iはセキュリティにかなりのこだわりを見せる。三菱電機端末ではおなじみとなった、ボタンの誤動作を防ぐプロテクトキーを端末側面に備えているのはもちろん、待受画面で一定時間操作がないと、自動的にプロテクトキーロックが作動する「タイマープロテクトキー」に対応。プライバシーモードは「Bookmark」「画面メモ」「マイドキュメント」「メモ帳」を新たに設定範囲として追加し、メール作成/閲覧時に覗き見を防止する「オンリービュー機能」も備えている。

 生活の中でのオンとオフ──ビジネスシーンとプライベートシーンに分けて、待受画面やメニュー設定などの各種設定を切り替えられる「モードセレクト」を新たに搭載したほか、着信時などにダイヤルキーが光って知らせる「キーイルミネーション」は、27種類の点灯パターンを用意した。

 ミュージックプレーヤーや外部メモリスロットは非搭載だが、着うたフル、デコメ絵文字、メガゲーム、フルブラウザ、ドキュメントビューアに対応。カメラは有効約130万画素CMOSで、端末を横にして利用しても違和感のないスタイルを確立している。フルブラウザも横画面での表示が可能だ。

photophoto FOMA最薄の厚さ9.9ミリを誇る「D703i」。ボディカラーはFrozen White、Bright Red、Carbon Blackの3色を用意する

photophotophoto メインディスプレイは2.4インチTFT液晶を採用(左)。着信時などに表に出ているダイヤルキーが点灯するキーイルミネーションは、ストレートモデルならではのもので、「サイドスクロール」「フラッシュ」「ドロップ」「ビート」など、27種類の点灯パターンを用意する(中央、右)

photophoto 端末の左側面(左)にボタンの誤動作を防ぐプロテクトキーとイヤフォンジャックを備える。右側面(右)にはマクロ切替スイッチとシャッターキー、TASKキーと赤外線ポートがある。外部メモリには対応しない

photo 端末裏面に有効約130万画素CMOSカメラを備える。レンズの位置が真ん中でないのは、「横撮りスタイルを意識した」(説明員)からだという

photophoto 横撮りスタイルはこのような感じになる。メインディスプレイとレンズが離れているため、若干の調整は必要なものの、シャッターキーがちょうど右手の人さし指がかかる位置にあり、スムーズに撮影できる

photophoto フルブラウザは縦画面(左)だけでなく、横画面(右)での表示も可能

photophotophoto 待受画面やメニュー設定などの各種設定を、ビジネスシーンとプライベートシーンに分けて切り替えられる「モードセレクト」を新たに搭載。十字キーの右を長押しすることでモードを切り替えられる(左、中央)。気分を一新したい時などに利用できそうだ。なお、待受画面やメニュー設定を一括でカスタマイズできる「トータルコーディネイト」には、「ブラック&ホワイト」「リーフ」「バーコード」「リゾート」「ホワイトアロー」「カクテル」を用意する(右)

photophotophoto D703iでは、設定によってあるキャラクターが登場する。待受画面(左)やメニュー画面(中央、右)、キャラ電に現れる彼の名は「バー・コードさん」。メニュー画面では、それぞれの項目ごとに異なるアニメーションを用意。個人的にはかなりの癒し系だと考えている

photophoto 待受中やメール着信時などに、キャラクターが登場する「マチキャラ」にも対応。「ドコモダケ」「シャチ」「スケボーマン」をプリインストールする。バー・コードさんとドコモダケのコラボは必見(?)だ

photophoto メール作成時/閲覧時の覗き見を防止する「オンリービュー」を備える。シャッタキーを長押しすることでオン/オフが切り替えられる

photophoto プリセットアプリは「逆転裁判 蘇る逆転 D703i版」(左)、「BLAST GUNNER」、「最速ゼロヨンレース!!」(右)、「リバーシ」を用意しており、メガゲームにも対応する

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年