ITmedia読者の「ワンセグ」利用シーンは?

» 2007年01月24日 20時58分 公開
[ITmedia]

 「ワンセグ対応携帯の主な利用場所は?」というお題で調査を行った今回の「+D QUICK POLL」。auの春モデルでは10機種中7機種が搭載し、ドコモの春モデルでもソニー製薄型テレビのブランド名を冠した“BRAVIAケータイ”こと「SO903iTV」が追加発表されるなど、いま最もホットな機能として注目を集めるワンセグだが、ITmedia読者はどんな時にワンセグを利用しているのだろうか?

photo

 結果は上図の通り。「外出先」が全体の45%の票を獲得して1位。次いで2位に29%の「電車などでの移動中」が入った。テレビを視聴できない外出先でも、見たい番組を逃さない点が魅力と考えるユーザーが多いようだ。

 ただ、利用シーンに「自宅」を挙げた人も8%いる。布団に寝転がりながらでも視聴できる利便性を考えると、ディスプレイの大きさや美しさが増すに従い、自宅でも利用する層は増えることが予想される。

photo

 「ワンセグでよく視聴する番組ジャンルは?」という質問に対する回答の1位は「ニュース」、2位は「スポーツ」、3位は「バラエティ」となった。短い時間で情報収集できるニュースが1位になったのは必然だろうか。

 野球やサッカーなど、放送時間が2時間以上になる番組も多いスポーツが2位となったのは、意外と言えば意外だ。だが、先の利用シーン調査で「電車などでの移動中」が2位になったことを考えれば納得がいく。スポーツ番組は主にゴールデンタイムに放送されることが多く、この時間は多くの社会人の帰宅時間と重なる。移動中はワンセグ、帰宅後は家庭用テレビでゆっくり、という人が多いと考えられる。

 学生か社会人か? 残業があるかないか? など、個々の環境によって、利用シーンや視聴する番組のジャンルは異なる。だが総合的に見て、外出先でも家庭用テレビ代わりに、短い時間で楽しめる機能として、ワンセグは利用されているようだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月17日 更新
  1. “完全ワイヤレスイヤフォン”を外出先で使わなくなった理由 (2024年06月16日)
  2. スペックダウンでも「Xperia 1 VI」に触れて“納得”した理由 「らしさ」を犠牲にして得たもの (2024年06月16日)
  3. 約20万円でも「Xiaomi 14 Ultra」が想定以上の反響だった理由 ミッドレンジは“企業努力”で価格を維持 (2024年06月17日)
  4. 「Vポイント」の“ためる、使う”でトクする方法 ポイント二重取りとVポイントPayアプリの活用がカギ (2024年06月14日)
  5. 最近はやりの「スマホショルダーストラップ」がダイソーで110円! スマホケースに挟み込むタイプで使いやすいが課題も (2024年06月16日)
  6. KDDIの5Gが“真の実力”を発揮、通信品質の評価を覆せるか 「5G SA」の本格展開も見据える (2024年06月15日)
  7. 好調Tecnoの折りたたみスマホの課題は“重さ” 後継機は薄型軽量化で衛星通信対応か? (2024年06月16日)
  8. 「サイゼリヤ」のスマホオーダーはシンプルだけどスゴいやつ(私もようやく体験できました) (2024年06月15日)
  9. 楽天カード利用で最大3万ポイント還元など 「楽天マジ得フェスティバル」開催 (2024年06月14日)
  10. 新しい「iPad Pro」を手にして分かったeSIMのメリットと課題 iPhoneのeSIMオンリーは時期尚早か (2024年06月14日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー