ニュース
» 2007年07月30日 15時49分 公開

究極の“フルコーディネート”ケータイ「fanfun. 815T」、8月8日発売

ソフトバンクモバイルは約2億4000万パターンものカスタマイズが行えるという、東芝製の“フルコーディネート”携帯「fanfun. 815T」を8月8日に発売する。

[岩城俊介,ITmedia]
photo 「fanfun. 815T」

 ソフトバンクモバイルは7月30日、東芝製の“フルコーディネート”ケータイ「fanfun. 815T」を8月8日に発売すると発表した。

 fanfun. 815Tは、計12パターンの基本本体色に加え、本体上下のコーディネートパネルや、ディスプレイ面およびダイヤルキー面のインナーシート、操作画面・待受画面デザインなど、ユーザーの好みに合わせたコーディネートを自由に楽しめる携帯。純正オプションとして計100種類ものコーディネートパネルを用意し、花柄などをあしらったデザインパネル70種類を本体と同日に、そのほかの素材パネル約30種類を9月以降から順次発売する。

 主なスペックは「814T」と共通。メインディスプレイにQVGA(240×320ピクセル)表示対応の2.4インチ液晶、サブディスプレイに0.8インチの有機ELを採用し、美肌撮影+AF付きの有効196万画素カメラやS!FeliCa、PCサイトビューア、着うたフル再生対応の音楽プレーヤー、くーまんなどを搭載する。

 なお本機の標準セットに、店頭で好みのコーディネートパネルと引き替えられる「コーディネートパネル引換券1050円相当 10枚(税込み1万500円相当)」を同梱。コーディネートパネルのデザインと連動した“携帯デココンテンツ”は、コーディネートパネルに付属するQRコードを読み取り、該当サイトへアクセスすることでダウンロードできる仕組みを採用する。


photophoto 色や柄が特徴的なものから、皮革風や毛皮風、ラインストーン入りなど立体的に装飾を施したパネルも多数用意する
機種名 fanfun. 815T
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約50×102×16ミリ
重量 約107グラム
連続通話時間 約160分
連続待受時間 約420時間
アウトカメラ AF付き有効約196万画素CMOS
インカメラ 有効約32万画素CMOS
外部メモリ microSD(別売、最大2Gバイト)
メインディスプレイ 約2.4インチQVGA(240×400ピクセル)約26万色クリアスクリーン液晶
サブディスプレイ 約0.8インチ(96×39ピクセル)モノクロ有機EL
表示文字数 63文字(7文字×9行)、81文字(9文字×9行)、110文字(11文字×10行)、182文字(13文字×14行)、399文字(19文字×21行)
メール保存件数 受信:最大1500件、送信:最大300件
ボディカラー ホワイト、ブラック、シルバー、シャンパンゴールド、ベビーピンク、ビビッドピンク、オフホワイト、グレー、パールピンク、ローズ、ブラウン、ブルー

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう