調査リポート
» 2007年08月23日 22時18分 公開

音楽プレーヤー、電子コミック、ワンセグの中で利用経験者が多いのは?──MMD研究所調べ

MMD研究所が「携帯コンテンツに関する利用動向調査part3」の結果を発表。音楽プレーヤー、電子コミック、ワンセグ、おサイフケータイなどの利用経験がある人はどれくらいなのか。

[ITmedia]

 MMD研究所は8月23日、「携帯コンテンツに関する利用動向調査part3」の結果を発表した。調査はストラテイションが運営する「00HPメイカー」、サンハウスの「お金のつぼ」など、計16社、モバイル17サイトの協力を受け、2007年8月3日から同6日まで実施したもので、有効回答数は3120人。

 同調査によれば、ワンセグの利用経験者は25.2%。対応機種を持っているが利用したことがない人は6.1%、現在の携帯電話がワンセグに対応していない人が68.7%だった。ワンセグ対応機種を持っているユーザーの8割以上が、実際にワンセグの利用経験があることになる。なお、ワンセグ経験者の利用頻度は、「1週間に1回」が24.9%で最も多く、以下19.6%の「3日に1回」、17.8%の「1日に1回」が続いた。

 おサイフケータイの利用経験者は14.7%で、対応機種を持っているが利用したことがない人の割合は54.1%。なお、持っている携帯電話が対応していないユーザーは31.2%だった。対応機種のユーザーで、実際におサイフケータイを利用している割合は約2割で、利用率はそれほど高くないことが分かる。

 最近1カ月間でQRコードを利用して携帯サイトにアクセスした人の割合は63.4%、対応機種を持っているがアクセスしていない人は28.5%。持っている携帯電話がQRコードに対応していない割合は、わずか8.1%だった。そのほか、携帯電話のミュージックプレイヤーの利用経験は57.9%、デコメの送信経験は68.7%、電子コミックの閲覧経験は73.9%となっている。

 なお、携帯電話対応のSNSサイトについては、「登録していない」ユーザーが男女ともに半数を超えている。とは言え、パソコン対応のSNSより、携帯対応のSNSの方が利用率が高いことも、今回の調査が示している。携帯向けSNSサイトを利用している場合の登録数は、男女ともに「1サイト」という回答が約21%となり、登録者の約5割を占めた。

 最近1カ月で利用、あるいはアクセスしたサービスは、男性では「天気予報」が61.5%で最多。これに「検索サイト」が60.0%、「アプリゲーム」が55.7%で続く。女性では「検索サイト」が63.3%でトップとなり、以下「待受け」が59.3%、「着うた」が59 .2%と並んだ。男女ともに検索サイトの利用率が高いことが分かる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう