ニュース
» 2007年12月14日 15時39分 公開

ソフトバンクモバイル、2008年2月上旬から3Gのプリペイドサービスを開始

ソフトバンクモバイルは12月14日、2008年2月上旬から3G端末でのプリペイドサービスを開始すると発表した。PDC(2G)サービスの新規契約受け付けが3月31日で終了することを受けたもの。

[ITmedia]

 ソフトバンクモバイルは12月14日、2008年2月上旬から、3G携帯電話のプリペイドサービスを開始すると発表した。

 現在ソフトバンクモバイルがプリペイド端末を提供しているPDC(2G)サービスは、2008年3月31日をもって新規契約の申し込み受け付けを終了することが2006年8月31日に明らかにされている。新規契約の申し込み受け付けを終了した後も、同じPDC(2G)同士の機種変更や「あんしん保証パック」の各種サービス、故障修理などのアフターサービスなどを含むPDCのサービスは継続して提供するが、プリペイドサービスには依然としてニーズがあるため、3G携帯でもこれに対応するという。

 3G携帯でのプリペイドサービスの内容、料金などの詳細は、準備が整い次第発表する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう