インタビュー
» 2008年11月19日 00時00分 公開

触れると分かる「本当の使いやすさ」に自信──Wオープン3代目の集大成「P-01A」開発の真意(後編)開発陣に聞く「P-01A」(3/3 ページ)

[岩城俊介,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

“ジミ”だが重要──ユーザーの要望に応えた改善ポイントも多数

── ドコモの新サービス「iアプリオンライン」対応のアプリは何か入っていますか。

野中氏 プリインストールはありませんが、弊社の携帯サイト「P-SQUARE」で何らかのタイトルを配信する予定です。別途、「機動戦士ガンダム U.C.0079(体験版)」や「バーチャファイターモバイル for P」などの配信はすでに決まっています。

── ドコモの新サービスといえば、P-01Aは「iウィジェット」「iコンシェル」にもちろん対応しますが、これらを搭載するにあたり、何か難しいことなどはありましたでしょうか。

ソフトウェア担当の鈴木直行氏(以下、鈴木氏) 基本的にはキャリア標準のVIVID UI(アクロディア製)でテンプレートやエンジンが提供されていますので、単に実装すること自体は困難はありませんでした。

 ただ開発当初は、実装方法により動作がかなり遅くなってしまうこともありました。iコンシェルと連動する待受3Dキャラクター「マチキャラ」機能のチューニングは少し苦労しましたね。マチキャラは常に起動しているものなので、フレームレートを含めてどのくらいのレベルに落とし込まないとならないのかといった調整をかなり時間をかけて行い、ほぼ意識しなくてもよいレベルに仕上げられました。もともとキャラ電で行っていた技術を応用し、待受画面のフレーム処理に応用したのです。

photophoto 新サービスの「iウィジェット」や「iコンシェル」、このほか“P”端末では初めて「マチキャラ」にも対応する

── このほか、折りたたみ端末なのにキーロック機能を新設したようですね。こちらはなぜでしょう。

野中氏 実は以前からかなり要望があった機能なのです。自分はよいが、お子さんがいじって、通話履歴からリダイヤルしてしまった……といったことがあったようでして、これは対策を設けないと、と思いました。ロック設定は決定キーの長押しで行えます。

── なるほど。“P”端末はワンプッシュオープンボタンや“変身”するWオープン機構など、子どもが“おもちゃっぽく使えてしまう”ものがたくさんありますからね。ましてや今回のP-01Aは“変化”する2WAYキーもありますね(笑)

野中氏 ……(笑)。このほか、ユーザーさんの要望で、内蔵メモリを100Mバイトから250Mバイトに増やすとともに、横からののぞき見防止機能「ビューブラインド」の使い勝手も向上させました。

鈴木氏 ビューブラインドは、設定画面で効果をプレビュー表示できるようにしました。今までは効果レベルを選ぶだけでは効果を確認できず、決定しないと有効になりませんでした。

 ちなみにビューブラインドは[8]キーの長押しでオン/オフを切り替えられます。このほか、[5]の長押しでバックライトの輝度もワンタッチで下げられます。バッテリーが減ってきたときなどにちょっと便利に使えると思います。

 さらに“ちょっとジミだけど便利になった機能”つながりで、アンテナとバッテリーのピクトアイコン“だけ”を変える機能も設けました。

 従来の端末もきせかえツールで一括変更できましたが「そうではない、ピクトアイコンだけ変えたいのだ。なぜなら常に表示されているものだからだ」という声をかなりいただきまして。別デザインのピクトアイコンはP-SQUAREでも配信する予定です。



沢村氏 このように、新しい2WAYキーだけでなく、確実に使いやすく便利にする改善も行っています。11月19日に発売されるP-01Aの進化を、ぜひ携帯ショップなどで手に取って確かめていただきたいと思っています。


P-01Aで、少し「寝坊」しにくくなるかもしれません

photo 左はP905i、右がP-01Aの「目覚ましスヌーズ中の画面表示」。写真の時刻は17時17分だが、P905iは“アラームを設定した時刻”が大きく表示される。“寝ぼけまなこ”の再現として、目を薄く開く“薄目”で見てみよう

 携帯を目覚まし時計として活用する人は多い。詳しくはこちらを参照願いたいが、今までの“P”端末は、目覚まし機能に“かなり大きな欠点”があった。

 それは「スヌーズ時の画面表示時刻」である。今まで、スヌーズ中画面に大きく中央に表示されるのは“設定したアラーム時刻”であり、現在時刻は下に小さく表示される仕様だった。

 ある日、「寝坊して遅刻した。どうしてくれる」という悲痛の声が届いた。6時にセットしたアラームで、スヌーズ機能を利用して2度寝、3度寝の「あと5分」な心地よい眠りに。なぜなら寝ぼけながら確認したスヌーズ画面はまだ6時だから。もちろん寝ぼけているので「さっき見たときも6時だったよね」とも認識できない。それを何度か繰り返し、とっくに出社すべき時間が過ぎていたというオチのようだ。

鈴木氏 はっと思い、急遽対応しました。ソフトウェア開発チームにおいて、実は今まで誰も気がつきませんでした。P900iあたりからずっと同じ仕様だったのです。P-01Aから「現在時刻を大きく表示する」仕様に変えました。


 このほか、ユーザーの要望でこれらの改善も行われた。

  • ブックマークの最大登録件数 100件→300件に増加
  • 画面メモの最大登録件数 100件→300件に増加
  • アイコン時計のフォントを6種類から選択できるようにした
  • 文字サイズ設定に「特大表示」を追加
  • データBOXから表示したときのデコメ絵文字を大きく見やすくした
  • プライベートメニューもVGAフォント表示対応に
  • フォントに「明朝体」追加 計3種類に
  • 同じ時刻に複数のスケジュール登録可能に
  • スケジュールの最大登録件数2500件に増加
  • メール作成画面からカメラを起動すると、自動でメール添付に適する「待受サイズ」に変更するようにした
  • 横向きメニュー時も時計の表示位置を変更できるようにした

 など。



新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。



前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう