レビュー
» 2008年12月08日 21時34分 公開

写真で解説する「Walkman Phone, Xmini」 (2/3)

[岩城俊介,ITmedia]

 Walkman Phone, Xminiの機能は、音楽に絞った端末だけに非常にシンプル。デフォルトのトップメニュー“Electro Vision”は3列×3行のタイルスタイルで、音楽をすぐ再生できるよう、はじめに「LISMO Player」にカーソルが来る仕様となっている。このほか、赤外線やアラーム、電卓など、普段は“ツール”などのメニュー下にある機能もトップメニューにある。メニューUIはElectro Vision以外に、テキスト上下スクロールスタイルの“Music Style”、左右スクロールスタイルの“Deka-yoko”、3列×2行の大アイコン表示スタイルの“シンプルメニュー”の、計4つをプリセットする。

photophoto
photophoto WalkmanのロゴをモチーフにしたFlash待受を数種類用意する

 タッチセンサーは、触れると操作部が浮かび上がるように淡く光る。メールやWebなど、普段の“ケータイ”利用時は十字キー+決定キーとして、LISMO Player利用時は楽曲操作や再生/一時停止、ボリューム調整用として機能するしくみだ。

photophotophoto LISMO Playerを起動すると「X WALKMAN」の文字。CM採用曲の倖田來未『stay with me』320kbps着うたフルプラス体験版データをプリセットする
photo 閉じている時は誤操作を防ぐために自動でキーロックがかかるが、右側面のロックキー操作でタッチセンサーキーが有効になり、閉じたままでもプレーヤーを操作できるようになる
photophotophoto ランダム・リピート再生設定といった基本設定から、ソニー開発の高音域補完技術「DSEE」(Digital Sound Enhancement Engine)や豊富に用意するイコライザなどの音響効果も設定できる

表面のタッチセンサー十字キーで、端末を閉じたまま“携帯音楽プレーヤー”として利用できる。閉じるとキーロック、開いて・あるいは側面のロック解除キーで解除するといった使い方も可能
(ムービーはこちらからでも参照できます)

 本体の内蔵メモリは約4Gバイト、このうちデータフォルダ用として約3.5Gバイトほど利用できる。1曲平均10Mバイトの320kbps着うたフルプラスの場合、350曲ほど(アルバム30枚分ほど)保存できる計算だ(従来の着うたフルは48kbpsで1曲平均1.5Mバイト)。着うたフルプラスの楽曲データはau oneミュージックやコンテンツプロバイダ(CP)各社サイトから2008年12月下旬から順次配信(CP各社は2009年1月下旬から順次開始)。1曲あたりの価格は今までの着うたフルとほぼ同等になる予定だいう。外部メモリスロットは備えない。

 このほかBluetoothをしっかり搭載。Bluetoothはauが推す“ワイヤレスミュージック”(A2DP)はもちろん、HFP、DUN、BIP、OPPの各プロファイルに対応する。

photophoto マルチタスク操作に対応。タッチセンサーのMULTIキーで操作する(左)。データフォルダは3670016Kバイト(約3.5Gバイト)ある
photophoto BluetoothはA2DP/AVRCP、HFP(ハンズフリー)、DUN(ダイヤルアップ)、BIP(基本印刷プロファイル)、OPP(オブジェクトプッシュプロファイル)に対応する
photophoto ソニー・エリクソン製「HBH-DS205」をはじめ、各種Bluetoothオーディオ機器により、ワイヤレスで音楽再生も楽しめる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう