ウィルコム、上限2800円のパケット定額含む新料金プラン発表

» 2009年01月22日 16時02分 公開
[ITmedia]

 ウィルコムは2月5日から、オプションサービスに加入する必要なく、パケット定額を利用できる新料金プラン「新ウィルコム定額プラン」「新トリプルプラン」を提供すると発表した。いずれもパケット通信料の上限が2800円に設定され、パケットを使わなかった月はパケット料が0円になるなど料金を節約できるのが特徴だ。

 月額基本料金2900円の新ウィルコム定額プランは、

  1. ウィルコムへの通話が24時間無料
  2. 他社携帯電話やPCを含むEメールの送受信無料
  3. 音声端末やスマートフォンからのサイト閲覧、PC接続によるデータ通信の上限が2800円

 という料金プラン。2回線目以降はファミリーパックが適用され、月額基本料金2200円で利用できる。

 月額基本料金1900円の新トリプルプランは、

  1. 1時から21時の間、ウィルコムへの通話が無料
  2. 他社携帯電話やPCを含むEメールの送受信無料
  3. 音声端末やスマートフォンからのサイト閲覧、PC接続によるデータ通信の上限が2800円

 という料金プランで、3回線以上で契約できる。

 いずれも1年間の継続契約が必要となり、契約期間中に解約する場合は初年度4200円、2年目以降は2100円の解除手数料がかかる。

Photo 「新ウィルコム定額プラン」「新トリプルプラン」の料金体系

 新ウィルコム定額プラン、新トリプルプラン向けには、月額1050円の専用オプションサービス「新通話パック」が用意され、他社携帯電話や一般加入電話への通話が多いユーザーをサポートする。月額利用料1050円には2100円分の無料通話分が含まれ、発信先が他社携帯電話の場合は最大80分、一般加入電話の場合は最大100分の通話を利用できる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月28日 更新
  1. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  2. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  3. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  4. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  5. KDDIがGoogleメッセージを標準アプリとして採用へ――4000万人の+メッセージユーザーはハシゴを外されたのか (2024年05月26日)
  6. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  7. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  8. 「マイナンバー法等の一部改正法」の一部が5月27日付で施行 海外での「マイナンバーカード」発行など、利用者の利便向上を狙う (2024年05月27日)
  9. ハイエンドスマホ「POCO F6 Pro」が6万9980円からの衝撃 “オンライン特化販売”は日本で根付くか (2024年05月25日)
  10. 本音レビュー:「iPhone 12 mini」から「iPhone 13 mini」に乗り換えて分かったこと (2021年11月08日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年