“Windowsの呪縛”から逃れた超小型マシン――シャープ「NetWalker」に迫る409グラムで10時間駆動(1/3 ページ)

» 2009年08月27日 15時38分 公開
[瓜生聖,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Windowsの呪縛から逃れた超小型マシン

Zaurusではなく、新ブランドとして登場した「NetWalker PC-Z1」。5型ワイド液晶(1024×600ドット)を搭載し、わずか409グラムという小型軽量ボディを実現した。実売価格は4万4800円前後

 8月27日にシャープが発表した超小型マシン「NetWalker」は、MID(Mobile Internet Device)にカテゴライズされる製品だ。OSにはWindowsではなく、カスタマイズ版のubuntu 9.04が採用されている。その結果、「CPUのx86互換性」「1Gバイト超のメインメモリ」「数ギガバイトオーバーの内蔵ストレージ」という、Windowsによって引き上げられてしまう要求スペックの制限から逃れ、大幅な小型軽量化と長時間バッテリー駆動を実現している。それでは早速レビューしていこう。なお、今回の評価は試作機で行ったため、発売までに一部仕様が変更・改善される可能性があることを付け加えておく。

 NetWalkerのCPUは、Netbookに見られるAtomベースのプロセッサではなく、ARM Cortex A8をベースにマルチメディア機能を統合したFreescale i.MX515を採用している。CPUクロックは800MHz、メインメモリ512Mバイト固定、内蔵ストレージは4ギガバイトフラッシュメモリ(うちユーザーエリア約2ギガバイト)だ。低スペックのNetbookと比較しても非力な環境ではあるが、動画再生にも十分なパフォーマンスを発揮する一方で、約10時間のバッテリー駆動時間を実現し、さらにわずか409グラムという超軽量化も果たしている。ネットワーク機能は内蔵モジュールにより802.11b/gに対応する。

 拡張用インタフェースとしては、本体左側にUSB 2.0ポートが1つ、右側にUSB 2.0 miniABポートが1つ、計2ポートを搭載する。USB 2.0 miniABコネクタはホスト・クライアント両方に使用されるコネクタだが、NetWalkerでサポートされているのはホスト機能のみ、つまり周辺機器を接続するためのインタフェースとして使用することになる。

左側面にはUSB 2.0ポートとイヤフォン端子が見える。バッテリーを内蔵したヒンジ部が巨大に見えるほどの小型筐体だ(写真=左)。右側面はUSB 2.0miniABコネクタとACアダプタ、ストラップホルダーが並ぶ(写真=右)。

ヒンジはかなり固いが、特に指をかけるところがあるわけではなく、ちょっと開けづらい(写真=左)。microSD/microSDHCカードスロットは本体底面にある。携帯電話のスロットに似た扱いのようだ(写真=右)

 内蔵ストレージは4ギガバイトのフラッシュメモリだが、microSD/microSDHCスロットが本体底面に用意されている。あまり頻繁に差し替えることは考慮してはいないようだ。なお、現在microSDHCは16ギガバイトで実売5000円前後と、非常に安価になっており、単純に増設内蔵ストレージとして使えばよいだろう。

カラーバリエーションは白、赤、黒の3色。バッテリーを内蔵するヒンジ部がアクセントになっている(写真=左)。フリースケールのサイトに掲載されているFreescale i.MX515の詳細。ARM Cortex A8をベースにOpenGL ES 2.0/OpenVG 1.1ハードウェアアクセラレーションなど、マルチメディア機能を統合している(画面=中央)。/proc/cpuinfoの内容。プロセッサARMv7、BogoMIPSは約800だ(画面=右)

VAIO type P、ポメラ、電子辞書……写真でボディサイズを比較

 ここではソニーの「VAIO type P」、キングジムの「ポメラ」、そしてシャープ製の電子辞書とボディサイズを比べてみた。

ソニーのVAIO Type Pと比べると奥行きはほぼ同じだが、幅が3分の2程度しかない(写真=左)。開いてみるとヒンジ部やオプティカルポイントなどに大きくスペースを取られているため、キーが詰まっている(写真=右)

ポメラとの比較。変形機構を持つポメラと単純比較することは難しいが、NetWalkerのほうがフットプリントは小さくコンパクトだ。ただしキーボードはポメラに軍配があがる(写真=左/右)

外見だけを見ると一番近いのは同社製の電子辞書だ。サイズもほぼ同じ

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年04月18日 更新
  1. 縦折りスマートフォン6機種のスペックを比較する サイズ/カメラ/価格の違いは? (2024年04月17日)
  2. ソフトバンク版iPhone 15 Pro、Pixel 8 Proの一部容量が実質24円(※別途費用あり) 1年で買い替える人向け「新トクするサポート(プレミアム)」の内訳とは (2024年04月17日)
  3. Back Marketの「リファービッシュ製品」が中古と違うワケ 売れ筋はiPhone 13、バッテリー“100%保証”の計画も (2024年04月17日)
  4. 「ポケモンGO」大幅アップデート より自分に近いスタイル変更、現実世界を反映したビジュアルなど (2024年04月16日)
  5. 「改正NTT法」が国会で成立 KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルが「強い懸念」表明 (2024年04月17日)
  6. 「なめてんの?」前澤友作さん、Metaの“他責的声明”に激怒 著名人なりすまし広告問題で (2024年04月17日)
  7. HMDとハイネケン、透明で“退屈な”折りたたみ携帯を発表 (2024年04月17日)
  8. 最新のXperia発表か ソニーが「Xperia SPECIAL EVENT 2024」を5月17日に開催 (2024年04月17日)
  9. バッファロー製Wi-Fiルーターに脆弱性 対象機種は今すぐファームウェア更新を (2024年04月17日)
  10. ソフトバンク、「新トクするサポート(プレミアム)」を4月18日に開始 対象機種は? 現行プログラムとの違いは? (2024年04月16日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年