レビュー
» 2009年11月11日 22時27分 公開

「931SH」から何が変わった?:写真で解説する「AQUOSケータイ FULLTOUCH 941SH」 (3/3)

[田中聡,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
photophotophoto 待受画面に設置できるショートカットとモバイルウィジェットは、いずれもiPhoneのように正方形で表示されるようになった(写真=左)。画面上部をタップすると、バッテリー残量や新着メールなどの情報を確認できる(写真=中)。待受時に十字キーをくるくる回すと表示される「スピンぐるメニュー」も新搭載。ユーザーの利用状況に応じて最適な機能や設定を勧めてくれる(写真=右)
photophotophotophoto 従来のソフトバンクモバイルのシャープ製モデルからメインメニューの内容がやや変更されている。「エンタテイメント」「メディアプレイヤー」「コミュニケーション」がなくなり、「ニュース/エンタメ」「動画/音楽」「ウィジェット」が追加された(写真=左端)。従来モデルの「エンタテイメント」と「コミュニケーション」内にある項目は「ニュース/エンタメ」に集約された(写真=左中)。「設定」内のタブは、従来モデルの「本体」「外部接続」「通話」「ネットワーク」から、「音・表示」「本体・メモリカード」「通話」「ネットワーク」に変更され、分かりやすくなった(写真=右端)
photophotophoto 従来モデルでは「設定」内にあった「外部接続」は「ツール」に移動した
photophoto メールの受信サイズは最大2Mバイトに拡張され、300Kバイト以内か2Mバイト以内に受信サイズを設定できる
photophotophotophoto のぞき見を防止できる「カラーベールビュー」に対応し、サイドキーの長押しで素早くオンにできる。パターンとカラー、濃度の設定が可能
photophotophotophoto プリセットされている待受画像
photophoto AQUOSブルーレイで録画した番組を、941SHに挿入したmicroSDに転送する連携機能にも対応している。360×640ピクセルの高精細な映像を視聴できる
前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう