ニュース
» 2010年01月22日 18時43分 公開

杉山淳一の +R Style:第25鉄 位置情報ゲーム『コロプラ』で“130円大回りの旅”を満喫(完結編) (3/6)

[杉山淳一,Business Media 誠]

まさかの乗り継ぎ失敗! この遅れを取り返せるのか?

14:45 成田駅

 14時42分に成田駅に到着。成田山参詣の駅であり、ここから成田空港への支線が分岐する。久しぶりに大きな駅にやってきた。電車を降りて、さっそくコロプラで位置登録。構内が大きいので、コンコースを歩きながら、他のゲームも位置登録してみた。ついでに「まちつく」で掲示板の返事も書いてみる。そういえば売店はどこだろう? 探してみたけれど、やはりここも改札の外側に売店があって、またしても眠気覚ましのおやつは入手できなかった。「そういえば最近、ガムの自動販売機を見かけなくなったなあ……」などと思いながらとぼとぼと成田線の我孫子方面のホームに降りていくと……。電車が動き出していた!?

 あれ、ちょっと待て、それはもしかして、これから乗る予定の14時45分発我孫子行きではないか? 時計を見るとまさしく14時45分。うわ、しまった! 乗り遅れた!

 実は成田駅の接続時間は3分しかなかった。「ダッシュで乗り換え」というほどではないが、のんびり歩いている暇はなかったのだ。それが眠気とゲームと売店探しに気を取られ、うっかり予定の電車を逃してしまった。今回の旅はかなりギリギリのスケジュールを組んでいるから、どこかで乗り継ぎを失敗すれば、当日中に蒲田にたどり着けないだろう。電車好きとしては“まさかの大失態”である。がっかりだ……。「位置登録は次の電車に乗る直前」と肝に銘じておきたい。

 駅の時刻表を確認すると、次の発車は15時15分。なんと30分も空いてしまった。これから先、列車本数の少ない水戸線や両毛線が控えている。接続によっては、30分の遅れが1時間に拡大するかもしれない。どこかでうまく遅れを取り戻せるかもしれないが、失敗なら、どこかで予定を打ち切らないと、今日中に帰れないかも……。しかし、ここまで来たなら、ギリギリまで行ってみよう。

成田線の我孫子行き。単線なのに10両編成だ

 成田線の我孫子行きは10両編成の通勤電車だ。我孫子経由で上野まで乗り入れる列車があるので、長編成の車両を使っている。でもやっぱり単線の10両編成はアンバランスだ。川越線もこんな感じだった。早くも日差しが傾きかけた車窓から、成田高速鉄道の成田湯川駅の工事現場が見えた。こんなに近いなら写真を撮れば良かったけど、乗り遅れのショックでカメラに手が伸びなかった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう