レビュー
» 2010年07月23日 20時41分 公開

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:最新12Mカメラの実力は?――au「S003」「SH008」「CA005」を徹底比較 (2/4)

[荻窪圭,ITmedia]

屋外で撮影――自動シーン認識を活用

 では3機種で撮り比べだ。まずは象の滑り台。

photophotophoto 左からS003、CA005、SH008で撮影した写真

 S003だけ滑り台が大きく写っているのは焦点距離が違うから。これはもうしょうがない。で、どれも写りは悪くない。

 次はあずまや。

photophotophoto 左からS003、CA005、SH008で撮影した写真

 3モデルとも「自動シーン認識」(おまかせオートを含む)で「風景」と認識されたものを採用した。何ともまぶしい日だったが、S003とCA005はちょっと明るい。SH008は青空や緑色がしっかり出ていて(ちょっとわざとらしいくらい)晴れた日の雰囲気がちゃんと出ている。なかなかすごい。

 さて、SH008は自動保存をオフにすると、保存時に「ダイナミックレンジ補正」をかけられる。処理に時間はかかるが、明暗差が大きい写真を補正してくれる。補正をかけた写真はこんな感じになる。

photo SH008で撮った写真にダイナミックレンジ補正をかけた、

 影で暗くなっていた部分がはっきり見えているのが分かる。晴れていて影が強く出ているような構図で効果的だが、かけ過ぎには注意したい。

 次は青空。

photophotophoto 左からS003、CA005、SH008で撮影した写真

 こちらも自動シーン認識オートで、SH008以外は風景と認識されたので、通常モードよりややコントラストが強く、色も強めに出ている。

 今度はあじさいをマクロで。

photophotophoto 左からS003、CA005、SH008で撮影した写真

 自動シーン認識がオートだと近距離の被写体までピントが合う(つまり自動的にマクロモードになる)が、そうじゃないときはどうか。SH008は通常モードでもマクロ距離までピントが合ってくれるが、S003とCA005はフォーカスをマクロモードにしなければならない。マクロ時の写りは問題ない。

 次は猫を。

photophotophoto 左からS003、CA005、SH008で撮影した写真

 CMOSのS003とCA005がちょっと緑かぶりして暗めの写りなのに対して、CCDのSH008はけっこうきれいに写り、白くて明るい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう