レビュー
» 2015年05月12日 17時38分 公開

ほぼ“素のAndroid”――冷静に「VAIO Phone」をレビューしてみる(UIとカメラ編)カスタマイズは自分で(2/2 ページ)

[房野麻子,ITmedia]
前のページへ 1|2       

カメラはAFが素早くHDR撮影にも対応

 VAIO Phoneは背面に1300万画素CMOS、フロントに500万画素CMOSのカメラを搭載している。もちろんフォトライトも装備していて、簡易ライトとしても使える。簡易ライトとして使う場合は、通知パネルのボタンでオン/オフできる。

photo 背面に1300万画素のCMOSカメラを搭載する

 画面内のシャッターボタンをタッチして撮影できるほか、音量キーをプッシュしても写真が撮れる。オートフォーカス(AF)の合うスピードはなかなか速く、小気味よい。ファインダー内をタップして好みの場所にフォーカスを合わせることも可能だ。また、接写もかなり被写体まで近寄って撮影できた。

 撮影時のファインダーや設定は以下の画面の通りで、HDR機能や手ブレ補正機能も搭載している。また、動画を撮影中に静止画を撮ることも可能だ。

 アルバムアプリには「ギャラリー」と「フォト」がある。ギャラリーは端末内の写真だけ確認し、編集や加工ができるアプリ。フォトではGoogle+にアップされている写真も表示される。ちなみにGoogle+を使っていなくても、フォトアプリは利用できる。

photophoto 静止画のファインダー画面。右の青いボタンがシャッターボタンで、上部のアイコンをタップしてHDR撮影やシャープネスの変更など、さまざまな機能を設定できる(写真=左)。下のカメラのアイコンをタップすると、動画やパノラマ撮影モードに切り替えることができる(写真=右)
photophoto カメラ設定画面。最大画像サイズは4:3の13M(写真=左)。上部のタブでメニューを切り替え、HDR機能の設定もできる(写真=右)
photophoto ホワイトバランス(写真=左)とフィルタの設定(写真=右)
photophoto 自分撮りに便利なセルフタイマーは2秒/10秒/20秒から選べる(写真=左)。撮影シーンに合わせた撮影モードも用意(写真=右)
photo 動画撮影時のファインダー。撮影中に画面をタップすると静止画を同時に撮影できる

 曇天の屋外と屋内の花、暗めの室内で食べ物を、すべてオートで撮影してみた。屋外の写真は、レンズの周辺で画質の低下がみられた。接写は被写体にかなり寄って撮影できるので、花や食べ物など、手元の小さな物を撮るとき場合でも快適だ。全的に、実物の色味をきれいに再現している。

photo 公園。レンズ周辺で画質の低下(流れ)が見られる
photo 足元の花を寄り気味で。ちょっとノイズが目立つか
photo ぐっと接写でスイーツ。背景のボケも楽しめるが、皿の縁にパープルフリンジが見られた

 VAIO PhoneのUIはAndroid 5.0そのもので、メーカー独自のカスタマイズは特にされていない。シンプルなUIなので、Android端末に慣れている人はもちろん、初めてスマートフォンを使う人でも素直に使いこなせるはずだ。

 ただ、VAIO Phoneならではの機能を期待していた人には物足りないかもしれない。アプリを追加して、自分なりの端末に仕上げる楽しさを体感できると前向きに考えるとよさそうだ。カメラはオートフォーカスが素早く、快適に撮影できる。画質もミッドレンジ端末としては十分のクオリティだろう。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

VAIO | VAIO Phone | Android 5.0 | b-mobile | 日本通信


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

過去記事カレンダー